キャリアの神様

DODA新卒エージェントの特徴や評判

DODA新卒エージェントの特徴や評判

DODA新卒エージェントの評判と実態を検証!【CMでおなじみ】

この記事にたどり着いたあなたは

DODA新卒エージェントってどう?
ブラック企業を紹介されない?
評判はいいのだろうか?

のような疑問を持ってるでしょう。

DODA(デューダ)は大手転職サービスですが、就活生向けサービスもやっており6万人以上の学生に利用されています。

本記事では、「信用性」「特徴」「どういう人に合うか」の3点を中心にDODA新卒エージェントがどんなものかをお伝えします。

この記事を読むことで、DODA新卒エージェントを使うべきかどうかを判断してもらえます。

1.DODA新卒エージェントとは

doda ホーム画像

doda新卒エージェント:大手就職エージェントの1つ

DODA新卒エージェントは

・ベネッセホールディングス社(進研ゼミでおなじみの)
・パーソナルキャリア社(大手転職エージェントDODA)

の2社が合併した「株式会社ベネッセi-キャリア」という会社が運営しているサービスで業界の大手です。

DODA新卒エージェントのサービス実績は

・契約企業数3500社以上
・18卒利用学生数60,000名以上
・利用満足度97%

となっており利用学生が多く、業界の中でも求人数が多いサービスです。

よしお

でかい会社だし信用できそうだな!
求人数が多く大企業も狙えるが、質の低い求人がたくさん紛れ込んでいるのも事実。DODAはカウンセリング力が強みじゃからうまく活用すると良い。詳しく説明していくぞ。

キャリアの神様

2.DODA新卒エージェントの特徴

コンサルタント 即内定 非公開求人

全て無料で受けられるサービスです

2-1.DODA新卒エージェントは新卒支援サービスの大手

就活エージェント 特徴

就職エージェントの1つであり以下のような特徴を持っています。

・最短2週間で内定
・厳選された非公開求人がある
・就活プロのアドバイスが聞ける
・ナビサイトから行いづらい特定職種での採用ができる
・通常の募集とは異なる時期での採用もできる
・出身地・勤務地などエリアでの採用もできる
・サービスがすべて無料で受けられる

就職エージェントとは
登録した就活生一人一人に個別のサポーターがつき、内定が取れるまで面接練習やES添削、就活に関する相談ごとから非公開求人の紹介まで様々なサポートを無料で受けられるサービスです。

 

なぜ無料かというと、就活エージェントは契約を結んでいる企業を学生に紹介し、のちに企業から報酬を得ているため学生からは取る必要がありません。

 

「ちょっと怪しくない?」と思うでしょう。実際によくない企業を紹介されるケースもあります。ですが、なるべく自分に合ったサービスを選び、サービスの良い部分だけを使うようにすれば、見つけにくい優良企業を発見できたり、スピード内定を達成できたりと大きなメリットを得ることができます。

 

2-2.DODA新卒エージェントとリクナビ就職エージェントとの違い

doda リクナビ 比較

同じ大手就職エージェントであるリクナビと何が違うのかをみてみましょう。

リクナビ就職エージェント DODA新卒エージェント
求人力 業界1位 業界トップに1歩劣る
カウンセリング 電話とメールのみ 対面がある
面接練習 なし あり

リクナビと比べて求人力では少し劣りますが、面接対策やキャリア相談ではカウンセラーと面談できるDODAの方がより手厚いと言えるでしょう。

3.DODA新卒エージェントを使うメリット

3-1.面接の合否の理由が聞ける

合否理由聞ける

面接の合否の理由を教えてくれるというのは他にはないDODA新卒エージェント独自のサービスです。

面接の合否理由は普通は聞けません。ですがDODA新卒エージェントのサービスを経由することで面接後、たとえ不採用でも人事からのフィードバックを聞くことができます。

よしお

一回一回の面接が次に活かせるから無駄にならないってわけだな。ちょっとやる気が出てきたー!
合否理由を聞けることはDODA新卒エージェントならではの強みじゃ。これを目当てにサービスを利用してみるのもありじゃのう。

キャリアの神様

3-2.質の高いカウンセリングを受けられる

相談 国家資格

大手就職エージェントはカウンセリングがあまり充実していないことが多いですが、DODAは他の大手と比べてカウンセリングにかなり力を入れています。

DODA新卒エージェントの社員はキャリアカンセラーの国家資格であるGDCFという資格を積極的に取得しています。

「やりたいことがない」「面接での話し方がわからない」「ESに自信がない」「自分にあった職種がわからない」などの悩みに対しプロの目線でアドバイスをもらい、しっかり就活に活かしましょう。

4.DODA新卒エージェントを使うデメリット

4-1.東京と大阪にしかオフィスがない

2都市でサポート

DODA新卒エージェントの対面でのカウンセリングを受けられる場所は

・東京(新宿)
・大阪(大阪市北区)

の2箇所だけなので、住んでいる地域によっては面接練習などのサポートが受けづらいでしょう。地方にお住いの方は通話や専用アプリでのサポートを受けることができます。

4-2.求人メールの管理が大変

メール 管理できてない

求人が多い分、自動で送られてくる雑多な求人メールも多くなります。すると自分の担当のサポーターからのメールとごっちゃになり、「あっ大事なメール見逃した!」といったトラブルがちらほら起こっています。

必ず読みたいメールのアドレスをvip扱いにするなど工夫した方がいいでしょう。

5.DODA新卒エージェントはどういう人に合うか

doda おすすめ

いいとこ取り!中途半端とも言える

たくさんの求人を見て選び、なおかつ就活対策でカウンセラーにも頼りたいー!

という人はDODAでの就活が合っています。大手の高い求人力をもち、かつ個別のサポートが他の大手エージェントよりもの充実しているからです。

一方で、「とにかくより多くの求人を見て選びたい人」や「手厚いカウンセリングを最も重視したい人」にはお勧めしません。

なぜなら、「求人力」「サポートの手厚さ」のどちらか片方だけを見たとき、DODA新卒エージェントより特化された就職エージェントがあるからです。

求人数の多さなら  :リクナビ、マイナビ
サポートの手厚さなら:キャリアチケット、ミーツカンパニー

また、単なる情報収集の手段と考えて、いくつかのエージェントに同時に登録してみるのもありです。

なぜなら就職エージェントからは、それぞれのサービス限定の特別なオファーを見つけることができるからです。

例えば、秋頃になってもまだ採用が終わらなかった企業や内定を辞退された企業が穴埋めになる人材を求めてエージェントに頼ることがあります。

よしお

登録とかなんか面倒だなあ。
情報にアンテナを貼るために色々なサービスを見回ることは賢いやり方じゃぞ。これから先、就活エージェントによる就活が主流になるともいわれるほど、使う学生も企業も増えておるのじゃ。

キャリアの神様

6.DODA新卒エージェントの評判・口コミ

doda口コミ

青が良い口コミ、赤が悪い口コミ

批判的な意見

DODAは求人数こそめちゃ多いけど、担当外の方からの求人提案メールもめちゃくちゃ多くて、ごちゃごちゃする。
あと利用者も多いからか、担当の方ともそんなに連絡取らなかったな。
キャリアアップとか、明確な転職基準があるならオススメだけど、短期離職の新卒には向いてない気がした。
主観。

DODA新卒エージェント使ってるけど担当によるだろうなって思うね。仲介だから率直な感想伝えた上で支援してくれるのはすごく有難い。時期も時期だしなあ。

肯定的な意見

昨年お世話になりました。
マイナビとネオキャリアとDODAで、
1番DODAが一緒に親身になって考えてくれました!
オススメですよ!

インテリジェンスさんには、昨年度お世話になりました。
よく電話もしてくれて、面接の相談にも丁寧に乗ってくださいます。
他のエージェントも同じかもしれませんが、私はオススメです。

※インテリジェンスとはDODAの運営会社の旧会社名のこと

いろんな人の意見を見て、DODA新卒エージェントのサービスの雰囲気を捉えましょう。

7.DODA新卒エージェントで登録から内定獲得まで

実際に登録から内定までの手順は以下の6ステップです。流れを確認し、使う様子をイメージしてみましょう。

  1. 登録
  2.  カウンセリング
  3.  企業紹介
  4. 面接対策
  5. 面接
  6. 内定
  • STEP.1
    登録

    まずは公式サイトから以下の情報を入力して会員登録します。(DODA新卒エージェントの登録ページ

    氏名
    性別
    生年月日
    メールアドレス
    携帯電話番号
    PCメールアドレス
    住所
    学校名
    学部名
    学科名
    文理区分
    卒業見込み年
    卒業見込み月
    弊社を知ったきっかけ
    紹介者名

    登録ができたらメールか電話で連絡が来るのでその際に面談の日程を相談します。

  • STEP.2
    カウンセリング

    プロのカウンセラーに自分の強みや価値観を分析してもらいます。合わない企業を紹介されないためにも望みや自分のことは正直に伝えましょう。 

  • STEP.3
    企業紹介

    カウンセリングの情報を元に、自分に合っていそうな企業が紹介されます。1社だけの場合もあれば、複数社紹介されることもあります。

    紹介はあくまで紹介なので、絶対に面接を受ける必要はありませんし、他の企業の選考をやりながら受けても問題ありません。

  • STEP.4
    面接対策

    面接が決まったら、内定のための面接練習をします。

    面接で必要な基本的なことから、エントリー企業で求められている人材の分析という踏み込んだ対策まで行えます。

    また不採用になった場合は、不採用の理由を聞き、面接の問題点を洗い出します。そして次に繋がる対策をしっかりと行います。ただし合否理由が聞けない場合もあります。

  • STEP.5
    面接

    スピード内定を狙える特別選考枠のオファーがあることもあります。

    突如予定が入ることもあるので、スケジュールに余裕を持たせておくと良いでしょう。

  • STEP.6
    内定

    第一志望の内定が得られた時点で就活は終了ですが、就職活動を続ける場合は引き続きDODA新卒エージェントのサービスを受けることもできます。

    また「面接前の求人票の内容と実際の待遇が異なる」ということがわかるようなトラブルが合った場合にもサポートを依頼してみましょう。

    自分の代わりに交渉してもらえる場合があります。

8.DODA新卒エージェント まとめ

doda まとめ

メリットとデメリットから検討

DODA新卒エージェントは

  • たくさんの求人を見て選び、なおかつ就活対策でカウンセラーにも頼りたい人
  •  情報収集の手段を増やしたい人
  •  合否理由を聞き、次回の面接に活かしたい人

が使うことでメリットを得ることができます。

「自分に合いそうだ」と思う人はDODA新卒エージェントの強みを存分に活用して就活を前進させると良いです。

反対に「自分にはあわないな」と感じた人は、DODAにこだわらず他の自分にあったサービスを検討しましょう。

自分にぴったりのエージェントを発見できる

おすすめ就活エージェント10選!実際に使った先輩が徹底比較

 

当サイトから1ヶ月で
100名以上の就活生に登録されてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です