キャリアの神様

【手厚いサポートNo1】JobSpring(ジョブスプリング)の特徴と利用メリット

・JobSpringって他の就活エージェントとなにが違うの?
・紹介されるのはブラック企業ばっかなんじゃないの?
・JobSpringの評判は?

この記事にたどり着いたあなたもこのような疑問を抱いているのではないでしょうか。

この記事を読むことで、JobSpringの特徴やメリット、デメリットが分かった上でJobSpringを利用するかどうかを検討できます。

いくつもの就職エージェントサービスを見てきた僕からすると、JobSpringのサービスは、自己分析のやり方が分からない人や履歴書・ESが作成できない就活初期段階の人におすすめです!
では、詳しく紹介していきます。

\後悔しない就活をしたいなら登録必須!/
Jobspring

JobSpringに相談してみる(無料)

あなたの強みと適職が分かる「最強の自己分析ツール」

キミスカ 強みと適職を診断する

女子学生だけが使える会員制就活サイト『女子キャリ』

女子キャリ ANA/コーセー/キリンなどが参加!

1.エージェントによる手厚いサポートNo.1といわれるJobSpring

JobSpringのトップページ

Rootsが運営する就活エージェント『JobSpring』

JobSpringは、株式会社Rootsが運営する就活エージェントサービスで、自己分析のサポートや、AIによるマッチング結果を利用した企業紹介、選考対策、内定後のフォローなど、プロのエージェントが6名1チームで、学生の就活を手厚く支援してくれます。

就活エージェントサービスは、大手ナビサイトを使った就活よりも、プロのサポートを受けながら短期間で効率的に就活を進められることが魅力です。その中でもJobSpringは、「学生の市場価値を高める就活のサポート」をコンセプトに掲げ、入社後に学生が活躍できる企業の紹介にこだわった就活サービスを提供しています。

1-1.株式会社Rootsが運営

株式会社Roots

株式会社Roots 概要

社名 株式会社Roots
設立 2014年4月
資本金 10,000,000円(資本準備金含む)
代表取締役 中島 悠揮
職業紹介事業許可番号 13-ユ-309029
事業内容 人材紹介事業、HRテック事業
コーポレートサイト https://roots-holdings.com/

株式会社Rootsは新卒専門の就活・採用支援をおこなっています。人材紹介や、就活イベントの企画・運営以外には、人事領域の課題にテクノロジーでアプローチするHRテック事業にも力を入れています。

具体的には、企業向け採用管理ツールの提供や、『JobSpring online』『後期就活ナビ』『女子就活ナビ』など特化型就活ナビサイトの運営もおこなっています。

キミスカの自己分析ツール
キミスカの自己分析ツール

2.JobSpringの2つの特徴

  1. エージェントによるカウンセリングとAIの診断を合わせたうえでの企業紹介
  2. 自己分析から応募書類の作成・面接対策など選考を全面支援

2-1.エージェントによるカウンセリングとAIの診断を合わせたうえでの企業紹介

AIとカウンセリングで適した企業を紹介してくれる

JobSpringは、企業と学生の「最適なマッチング」に強みを持っており、紹介企業への学生による内定承諾率は85%にのぼります。JobSpringの精度の高いマッチングは、適正検査『CUBIC』とエージェントのノウハウを組み合わせた企業紹介によるものです。

JobSpringでは最初の面談の冒頭で、適性検査CUBICを実施します。
CUBICは約5万人の基礎データを元に構築されたシステムで、個人の資質や特性を客観的に評価できることから、選考に導入する企業も増えています。

面談ではCUBICの結果と学生の過去の経験や将来のキャリア観を踏まえ、適性のある業界や企業について提案を受けることができます。

2-2.自己分析から応募書類の作成・面接対策など選考を全面支援

JobSpringでは、キャリアカウンセリングに始まり、企業紹介、選考日程の調整、選考対策、内定後のフォローと、プロのエージェントから一貫した就活支援を受けることができます。

エージェントは、1人の学生に対し6人1組のチーム体制でサポートをおこなうため、就活の方針が担当エージェントの個人的な考えに左右されてしまうという心配はありません。

またチームには、学生とコンタクトを取る担当エージェントの他に、企業の採用支援をしている法人営業担当者も参加しており、学生は採用する側の「顔」を知る担当者からも情報を得ることができます。

こういった情報は選考対策に生かすことができるとともに、企業についての理解を深め、入社後のミスマッチを減らすことにも繋がります。

3.JobSpringの3つのメリット

メリット
  1. 早期離職の可能性が低い
  2. 内定後、入社するまでフォローがある
  3. 対面だけでなく電話やメールでのフォローも可能

3-1.早期離職の可能性が低い

厚生労働省が毎年発表している新規学卒就職者の離職状況によると、大卒の卒業後3年以内の離職率は、1995年から20年以上30%を超える水準で高止まりしています。内閣府が公表している平成30年度版 子供・若者白書では、離職理由の上位に「仕事が自分に合わなかった」ことが挙げられています。

JobSpringは、「3年後のキャリア形成まで見据えた後悔のない内定」をコンセプトに掲げ、AIによる適性診断に基づく企業紹介やプロのエージェントによる就活支援をしています。
その結果、JobSpring利用者の入社後の早期離職率は0.1%と非常に低い水準になっています。短期的な利益を優先した、企業への学生の押し込みや、強引な企業紹介などがあればこういった数字は出ません。

3-2.内定後、入社するまでフォローがある

JobSpringは、入社までの間、気になることがあればエージェントに相談することができます。

内定獲得後「内定ブルー」といった症状に悩まされる学生は少なくありません。
内定ブルーとは、内定を承諾した後に、社会人として働くことへの不安や、もっと自分に合う企業が他にあったのではという疑問によって気分が落ち込んでしまうことをいいます。

選考の中で接した内定先の社員や内定者懇親会などで出会った同期と自分を比較して自信を失ってしまった時、内定先と他の企業の事業規模や待遇、福利厚生を比較したり、内定先のネガティブな情報に接したりした時は、エージェントに相談しましょう。入社前の不安を解消するためのアドバイスを受けることもできます。

3-3.対面だけでなく電話やメールでのフォローも可能

JobSpringの面談は、基本的には対面式で、東京都千代田区にある運営会社である株式会社Rootsのオフィスにて実施されます。東京で就職を希望する地方の学生は、自宅にいながらオンラインで面談を受けることもできます。

面談時間は約1時間で、内定を得るまで平均3~4回の面談をおこないます。

担当エージェントとのやりとりはLINEでおこなわれます。LINEでのコミュニケーションは、日程の調整や選考の状況など、会話形式で気軽にやり取りできる点、Webリンクを共有・確認しやすい点などのメリットがありますが、プライベートなアカウントを使用するのに不安がある学生は、メールや電話でのやりとりも可能です。

\手厚いサポートNo.1!/
Jobspring

JobSpringに相談してみる(無料)

4.JobSpringの2つのデメリット

デメリット
  1. 登録企業が少ないため興味のある企業を紹介されない可能性もある
  2. 口コミが少ないので心配

4-1.登録企業が少ないため興味のある企業を紹介されない可能性もある

JobSpringには1,000社を超える企業が登録をしており、ITコンサル関連のベンチャーや中小企業の求人を多く取り扱っています。

東京に拠点を置く企業が多く、JobSpringの利用者も東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に住む学生が中心ですが、Web面談を実施しているため、東京で就職を希望する地方学生も利用可能です。

就活エージェントというサービスの性質上、大手企業やJobSpringに登録のない特定の企業に就職を希望する場合、絶対にこの業界・職種に就きたいなど、こだわりがある場合は、企業紹介が難しいことも。

一方、どの業界を受けるか方向性を定めたい、自分では絞りきれない、という学生には企業紹介の利用をおすすめできます。

知らなかった企業を紹介されることで視野は広がる

志望する業界や職種を絞る際、自己分析をし、適性を把握すること、企業選びの軸を定めること、その前提としてどんな業界や職種があるかを知ることが必要です。しかし自分を客観視することは意外に難しく、業界研究に割ける時間も限られています。

JobSpringはAIを利用した適性検査により、客観的な自己分析が可能です。また検査結果をもとに、業界や職種、企業に精通したプロのエージェントに企業紹介してもらうことで、「適職」を選択するための視野が広がります。

JobSpringは、内定は獲得したものの納得するまで就活を続けたい。持ち駒がなくなり就活を仕切り直したいという学生にもおすすめのサービスです。

4-2.口コミが少ないので心配

JobSpringのデメリットは口コミが少ないところでしょう。
実際に使った人の声を聞かないと不安、という人にとっては利用しづらいかもしれません。

Twitterで見つけられたのこれぐらいだったぜ!

よしお

Twitter以外では、JobSpringを実際に利用した学生の感想は、googleレビューなどで見ることができます。

高評価の口コミでは、担当エージェントの対応の丁寧さや、紹介企業が自分に合っていた、といった感想が見られました。

一方、低評価の口コミには、担当エージェントの対応の悪さや、面談予約がとりにくい、といった感想が見られました。

就活エージェントとの相性は実際に会って話をしないとわかりませんが、面談の中で信頼関係が築けないと感じた場合は、何時でも担当者変更を申し出ること・退会することが可能です。

JobSpringは初回の面談で適性検査の受験・フィードバックまでしてもらえるため、まずは面談を受けてみて、企業紹介を受けるか検討するのも良いでしょう。

他のエージェントとも比較したい方はこちらも参考に!

おすすめの就活エージェントをまとめました 本当におすすめできる就活エージェントを10個厳選

JobSpringならエージェントによる選考対策もあり最短2週間で内定獲得

「学生の市場価値を高める就活のサポート」をコンセプトに掲げ、「入社後学生が活躍できる」企業の紹介にこだわった就活サービスを提供するJobSpring。

AIによる適性検査の結果を利用したプロのエージェントによる企業紹介は85%を超えるマッチング率を誇り、利用者の早期離職率も0.1%と低い水準です。

JobSpringでは、面談から企業紹介、書類作成、選考対策、内定後のフォローまで一貫したサポートを受けることができ、内定獲得までの期間は就活の後半において2週間〜1ヶ月と、就活を効率的に短期間で進めることができます。

就活の進め方がわからない、内定は獲得したものの納得いく就活をしたいと悩む学生は、まずはサイトに登録して、カウンセリングを受けてみましょう。

\後悔しない就活をしたいなら登録必須!/
Jobspring

JobSpringに相談してみる(無料)

【最短1週間内定!】就活のプロが内定獲得まで全力サポートしてくれる!!

jobspring

エージェントは企業紹介だけでなく面接対策も無料で行っている


まだ納得のいく内定が取れていないあなたに本気でおすすめしたいエージェントサービスがJobSpringです。

JobSpringは株式会社Rootsが運営しており、『とりあえず内定を取らせる』という姿勢ではなく、『最適なマッチングを実現する』ことを重視して就活支援サービスを提供しています。
JobSpringおすすめポイント
  1. 入社後早期離職率、驚異の0.1%
  2. AI×手厚いサポートで納得のキャリア選択ができる
  3. 最短1週間のスピード内定可能!
エージェントといえば企業紹介をする人というイメージを持っている人が多いですが、企業紹介以外にもESの添削や面接対策など就活全般のサポートもしてくれます。

JobSpringは特に、カウンセリングから内定まで手厚くサポートしてくれることに定評があるエージェントですから、
この先のキャリアを見据えた上であなたに最適な企業から内定を獲得するのに最もおすすめのエージェントと言えます!

\ 納得いく内定が欲しい人なら使って損はない!/
 JobSpringに相談する 

 

就活生に人気のサービスTop3

丁寧な面談が好評のキャリアチケット
1位

最短2週間で内定!『キャリアチケット』
ブラック企業を避けたいならこのエージェント

Jobspring
2位

入社後早期離職率0.1%『JobSpring』
手厚いサポートが自慢!

高精度自己分析ツール
3位

あなたの強みと適職が丸わかり!『高精度自己分析ツール』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です