キャリアの神様

リンクアイ

リンクアイ

リンクアイの新卒紹介は怪しい?勧誘ひどい?口コミ評判を徹底解説

大学3年生の方は、リクナビ・マイナビなどの就活情報サイトに登録して情報を集め始めている方も多いかと思います。この時期は、企業側が秋・冬のインターンを開催しています。就活生であれば、参加して色々な企業を実際に見て研究します。

多くの学生がリクナビ・マイナビなどの大手の情報サイトを使って情報を得て、就職先を自分で探していると思います。しかし、それ以外にも新卒者向けの就職エージェントを利用して、就活をすることも出来ます。

しかし、エージェントってどんなところを選んだらいいか難しいですよね。そこで今回は、そんな新卒者向けの就職エージェント会社の1つである、リンクアイについての口コミや評判をご紹介していきます。

あなたの強みと適職が分かる「高精度自己分析ツール」

キミスカ 強みと適職を診断する

\ AIが最適な企業をマッチング!/
jobspring

【独自調査】リンクアイのエージェント利用者アンケートの結果は?

キャリアの神様

リンクアイのエージェントを使ったことのある人を対象として、キャリアの神様独自のアンケートを実施したから紹介するぞ。
総合評価:starstarstarstarstar3.9

調査概要

調査期間:2020年10月29日(木)〜11月3日(火)
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査対象:2023年までに大学または大学院を卒業した社会人並びに、卒業見込みの就活生
有効回答数:211
評価詳細
  • エージェントの雰囲気
    star3.2】
    堅苦しかった / 相談するタイミングがなくて雰囲気が分からない
  • 紹介企業数
    star2.5】
    参考にはなる程度だった / 直接バイネームの会社を紹介されたわけではなく、独自の企業説明会みたいなものに誘ってもらった形だった
  • 連絡のとりやすさ
    star2.7】
    LINEだったので連絡が取りやすかった / 連絡はいつでも取れる状態であった
  • 紹介された求人の納得感
    star3.2】
    まあまあだった / 無難だった
  • 選考サポート
    star2.5】
    サポートはほとんどなかった / 担当者の方は優しく丁寧に疑問点に答えてくれた
  • 総合評価:
    starstarstarstarstar4.2

    早稲田大学教育学部2015年卒

    学生によってサポート度合いを変えている印象。私はがっつりお世話になったわけではなかったが、人によっては最初から最後まで丁寧にフォローしてもらえるのだと思う。意識高い系の学生には、ベンチャー含めて幅広い企業の選択肢を提供してくれそうな気がする。

  • 総合評価:
    starstarstarstarstar3.9

    慶應義塾大学教育学部2021年卒

    有名企業を紹介すると言いつつ、有名企業はあまり多くなかった。またわざわざ紹介していただかなくても、自力で本選考を通過できた。総じてこのエージェントにお世話になる意義をあまり感じなかった。選考対策も他社の方がよりしっかりと指導をしていただけて役に立った。

  • 総合評価:
    starstarstarstarstar3.4

    立命館大学経営学部2017年卒

    正直あまり印象に残っていない。 理由として、紹介企業のターゲットが少し違う気がしていたことが大きい。また、同じサービスを利用する学生のレベルは高かったが、同じ考え方をしている人が多く少し気になってしまった。

  • 総合評価:
    starstarstarstarstar3.4

    東京大学医学部2016年卒

    確か何らかのコミュニティを通じてエージェントを紹介された。実際会ってお話はしたし、一度はセミナーにも参加した。就職先を検討する上での参考とはなったが、具体的な選考過程においては特段活用することはなかった。

  • 総合評価:
    starstarstarstarstar3.4

    同志社大学心理学部2016年卒

    最初、スタッフさんの印象は非常によく、積極的に連絡をくれていたが、一度集団説明会に参加して以降、連絡がなくなってしまいました。 その後も紹介や連絡等はありませんでした。自分からも特に相談したいことはなかったので、そのまま連絡はしませんでした。

  \ 最短1週間内定!/
ジョブスプリング
キミスカの自己分析ツール

1.リンクアイは怪しい?事業内容について

リンクアイ公式HP

リンクアイは、大手人材コンサルティング会社である、リンクアンドモチベーショングループのグループ会社の1つです。リンクアンドモチベーションは、東証一部にも上場している有名な企業で、国内では初めて、「モチベーション」に着目して人材採用のコンサルティングを行なっている会社です。

リンクアイの事業内容としては、新卒向けの就職支援事業を行なっていて、「志を持って働きたい学生と、志のある企業とのベストマッチング」をコンセプトに、事業を行なっています。

リンクアイの強みとしては、登録してもらった学生に、講座やセミナーを受けてもらうことで、学生の成長を支援しながら、就活をサポートしていくという体制を取っているという点です。

講座やセミナーに参加した就活生に対し、キャリアアドバイザーの方と1対1で1時間以上の面談を3〜4回ほど行い、自分がどういったことに向いているのかについてを相談することが出来ます。就活する上で、最も重要な自己分析も支援してくれるので、就活の不安を取り除いてくれます。

ネットの検索ワードでは、「リンクアイ 怪しい」などの検索キーワードが上がってきますが、グループ会社自体も上場している、大きな企業ですし、しっかりと調べてみると悪い口コミは特に見当たらないので、信頼出来る会社であると言えるでしょう。

リンクアイの面談までの流れ

リンクアイの最大の強みは、キャリアアドバイザーとのマンツーマンの面談が出来ることだと前述しました。しかし、登録した後すぐに面談が出来るかというとそうでは無いようです。リンクアイでは、就活生との面談までに、以下のようなプロセスを経ていきます。

  • STEP.1
    会員登録

    まずリンクアイのホームページ(https://www.link-i.co.jp/entry/)から会員登録を行います。

  • STEP.2
    BRIDGE-iを受ける

    BRIDGE-iとは、実際に企業で人材の特徴を把握するために使われているものを学生向けにアレンジしたもので、働く上で求められる力の中で、強みや弱みを数値化することが出来るツールのことです。

    BRIDGE-iを受けることで、自分の現状を客観的に知り、自分はどう成長していくべきなのかを見定めることが出来るというメリットがあります。

    BRIDGE-iで測れる力は、学生が「会社に求めるもの」、「仕事をしていくに当たって大事にしていくもの」を理解するためのモチベーションタイプと、「対課題力」、「対自分力」、「対人力」などの業界や業種を超えて持ち運べる自分のスキルであるポータブルスキルの2種類があります。

    これらを解析し、数値化することで、学生に自分自身の力を客観的に理解してもらっています。

  • STEP.3
    キャリアスタートセッション(セミナー)への参加
    面談や企業紹介のサービスを受けるためには、このキャリアスタートセッションというセミナーに参加しなければなりません。セミナーの内容は、最初に軽くアイスブレイクをした後、自己分析のワークや、グループディスカッションを行うようです。
  • STEP.4
    面談

    上記のステップを踏んだ後に面談があるようです。この面談では、提携先企業のインターンに選考なしで参加させてくれたり、自分にあった企業の選定をしてくれたりします。

    キャリアアドバイザーは、比較的に若い方が多いですが、経験とスキルが豊富な方が多いので、学生が話しやすいように面談をしてくれるようです。

2.リンクアイのTwitterでの口コミ・評判

ここからは、リンクアイの口コミや評判についてご紹介していきます。

今やSNSでも多くの人が利用しているTwitter。就活生も多くの人が利用していますし、ベンチャー企業の採用担当者の方も採用活動に使っていますし、大手企業もアカウントを作ったり、広告を出したりして、積極的に採用活動をしています。

そんなツイッターから就活生のリアルな口コミをいい意見と悪い意見の両方をご紹介します。

2-1.リンクアイの悪い評判・口コミ

リンクアイは1度登録して相談したことがある学生には、しつこく「友達を連れてきて」と勧誘されることが多いようです。そのため、たくさん届く連絡を鬱陶しく感じる学生も多いです。

2-2.リンクアイの良い評判・口コミ

おそらくBRIDGE-iを受けた後なのではないでしょうか。自己分析の結果、改めて自分について認識することができることは大きなメリットですよね。

リンクアイのセッション私が選んだ時間私しかおらんくて、担当者との個人面談みたいになったけど、
色々方向性見えてきたかもしれん😸

2018年7月19日

自分の方向性が見えてきたという感想です。自分がどんなことをしたいのか分からないという学生が多い中で、個人面談で方向性が見えてきたというのはいい傾向ですよね。

こちらは、BRIDGE-iの診断結果の画像を載せていますが、こんな感じでグラフで数値化された値が出てくるようです。

就活生の方ではないですが、採用事業に携わっている方の意見です。リンクアイは、他の人にも勧められているくらい、人気のある企業なのですね!

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。 My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。


3.リンクアイは成長したい学生にオススメのサービス

リンクアイに向いている学生は、以下の項目のような特徴を持っている学生におすすめです。

– 高い成長意欲を持っている人
– 成長できる環境で自分を磨きたい人

リンクアイでは、冒頭でも触れたように、志のある学生と志のある企業のマッチングをすることを念頭に置いています。そのため、当然自分の将来に対してパッションがあり、成長意欲のある学生でなければ、リンクアイ側も求める学生像とはズレてしまいます。

また、リンクアイが行なっている、セミナーや講座も非常にレベルが高いと言われていて、参加する学生も優秀な方が多いです。社員ももちろん志を持って仕事をしている方が多いので、本気で成長したいという学生には、そういった会社を紹介してくれやすいです。

以上のような理由から、リンクアイは高いモチベーションを持っている学生が利用するといいでしょう。

4.リンクアイ総括

今回は、新卒者向けに就職支援事業を行なっている、リンクアイの事業内容や口コミについてご紹介してきました。新卒者向けの就職エージェントは意外と色々な会社があると思いますが、その中でもリンクアイは知名度もある程度あり、評価も悪くない会社です。

就活を始めているけど、自分についてあまり理解できていない・・・と考えている学生の方は、一度登録して見ましょう。

【最短1週間内定!】就活のプロが内定獲得まで全力サポートしてくれる!!

jobspring

まだ納得のいく内定が取れていないあなたに本気でおすすめしたいエージェントサービスがJobSpringです。

JobSpringはHRクラウドが運営しており、『とりあえず内定を取らせる』という姿勢ではなく、『最適なマッチングを実現する』ことを重視して就活支援サービスを提供しています。
CUBIC適性検査を活用して徹底したカウンセリング。厳選に厳選を重ねた3〜5社を紹介してくれるんです。
JobSpringおすすめポイント
  1. 入社後早期離職率、驚異の0.1%
  2. AI×手厚いサポートで納得のキャリア選択ができる
  3. 最短1週間のスピード内定可能!
エージェントといえば企業紹介をする人というイメージを持っている人が多いですが、企業紹介以外にもESの添削や面接対策など就活全般のサポートもしてくれます。

JobSpringは特に、カウンセリングから内定まで手厚くサポートしてくれることに定評があるエージェントですから、
この先のキャリアを見据えた上であなたに最適な企業から内定を獲得するのに最もおすすめのエージェントと言えます!

\ 納得いく内定が欲しい人なら使って損はない!/
 JobSpringに相談する 

 

就活生に人気のサービスTop3

JobSpring
1位

手厚いサポートNo.1!
厳選企業の紹介と徹底サポートで最短1週間内定!『Jobsprig』

自己分析
2位

【23卒】大手/有名企業からオファー!
10万人以上が使用する自己分析ツール『キミスカ』

【全国開催】限定ルートで最短即日内定
3位

就活生の4人に1人が登録する「キャリアチケット」
専任アドバイザーのサポートで内定率は39%もUP!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です