キャリアの神様

ES趣味欄 書き方

ES趣味欄 書き方

エントリーシートの趣味欄を攻略!7つの書き方と人事からの評価ポイント4つを伝授

エントリーシートや履歴書の趣味に何を書けばいいかわからない、趣味がない。

そんな人でもどのような趣味に何をかけばよいのか、趣味が思いつかなくてもうまく解決する方法を解説します!

この記事では、「趣味や特技欄を書く理由」「書く際のポイントや注意」「趣味がない場合の対処法」に大きく3つに分けて紹介します。

この記事を読めば、すぐにエントリーシートの趣味の欄が埋まること間違いなしです。

1.エントリーシートの趣味で見られる4つのポイント

まずはエントリーシートの趣味では何が見られるか。人事側も理由があって聞いているわけじゃからのう。簡単に説明するぞ。大きく分けるとこの4つじゃ。

キャリアの神様

  1. 趣味に対する取り組み方と実績を見るため
  2. 性格や指向、人間性を知るため
  3. どのぐらい企業に貢献できるか見るため
  4. 面接時に学生の緊張をほぐすため

よしお

ほんじゃ解説頼むわ

1-1.好きなことに対する取り組み方と実績

エントリーシートに書かれた趣味から人事が知りたいことの一つに、好きなことに対する取り組み方と実績があります。

あなたが好きなことに対し、どのぐらいの熱量を持って、どのように取り組んだのか、どういう結果を残したのか、ということを知りたいと思っています。

好きなことというのは、大変なことであっても続けられますし、上達することもできます。言い換えると、好きなことであるにも関わらず続けられない、結果を残せないという人は、さらに大変な仕事の場合は活躍できないということが言えます。

趣味については、必ずしも優れた実績や結果を出している必要はなく、最終的に何を得たのか、どのように取り組んだのかといったことも重要視されます。そのため、良い実績がある場合はそれをアピールすればよいですし、良い実績がなくても、どのように取り組んだかという過程や、得た物をアピールしましょう。

1-2.性格や指向、人間性を知るため

あなたがどのような人で、人間的にどのような魅力を兼ね備えているかといったこともエントリーシートの趣味から人事が知ろうとしていることの一つです。

趣味によって、性格や趣向がわかる上に、どのような人間であるかということも理解できうるからです。

人事は、エントリーシートを受け取った時点ではあなたのことを全く知りませんし、どのような人かもわかりません。しかし、趣味から人柄や性格を想像するのは容易です。

それに、一風変わった趣味を持っていれば、注目されますし、面接をしてみたいと思ってもらえたり、印象にも残ります。

しかし、ありきたりな趣味やマニュアル通りの回答をしていると、他の人に埋もれてしまい、目立たなくなる可能性が非常に高いです。

もちろん、必ずしも変わった趣味を持っていなければならないわけではありませんし、ありきたりなものでも良い実績を残していれば注目もされるので心配はありません。そのため、趣味自体よりも、どのように書くかといったところが重要視されると言えます。

1-3.どのぐらい企業に貢献できるかを見るため

エントリーシートはあなたのことを知るためのものではありますが、単にそれだけではなく、企業で活躍できる人材かどうかを判断するためのものでもあります。人事はエントリーシートの趣味から、実際にあなたが入社した場合にどのように貢献することができるかとううことを考えており、企業で活躍することができるかどうかも判断されています。

趣味自体がチェックされるのは当たり前ですが、それだけでなく、取り組み方などをチェックして、入社した場合の貢献がどの様になるかを推測するために聞いている場合もあります。

趣味であろうと真剣に取り組んでいるのなら、物事に対してなんでも真剣に取り組めることがわかりますし、仕事でも活躍することができる人であると判断されます。

趣味への取り組み方にも人間性は出るので、人事はそれを判断しようとしています。

1-4.面接時に学生の緊張をほぐすため

人事としては、学生の緊張をほぐすための話のネタとして、趣味を聞く場合もあります。エントリーシートを通過したら、殆どの場合面接が設けられています。

その際はエントリーシートを見ながら面接官が質問をしてくる場合がほとんどです。そうなると学生は緊張してしまうのが当然ですし、面接官もそれを理解しています。そのため、学生の緊張をほぐそうと趣味について尋ねるのです。

学生にとっては自分が得意なことや好きなことなので、他の質問に比べて答えやすいですし、緊張も自然とほぐれやすくなります。面接官も学生がガチガチに緊張したままでは本当のあなたを知ることはできません。そのため、できるだけ普段のあなたに近い状態で面接に臨んでもらいたいという思いで趣味を聞くのです。

2.趣味を工夫する2つのメリット

エントリーシートの趣味を見るのには理由があるのがわかったかな。では今度は趣味の書き方を工夫することでどのようなメリットが有るのかについて解説するぞ

キャリアの神様

2-1.自己PRができる

限られた時間の中で、あなたの良さを効率的にアピールするためにも、趣味に関して自己PRができる要素を入れましょう。

また、その趣味があなたの志望する企業が求める人物像に沿ったものであるとなおのこと良いです。

2-2.面接(会話)が盛り上がる

珍しい趣味や、他の学生と差別化を図ることができるような趣味では、面接時に場を盛り上げることができるので有益なものとなる場合があります。

面接官からすると、履歴書の中でひときわ目立つ趣味があると気になりますし、学生としても自分の趣味や得意分野に関する話題は自信を持って話すことができます。

そのため、変わった趣味などは面接官とあなたの会話を盛り上げてくれるので、場の雰囲気も和ませますし、面接官に対しても心地よく会話ができたということで良い印象を与えることができます。

また、「営業職志望だが独自の研究を行っている」「プログラマーとして働きたいが格闘技をしている」などギャップのある趣味も興味を惹きます。

3.エントリーシートの趣味の書き方時のポイント7つ

このステップが非常に重要じゃ。どのように趣味を書いていくかについて説明するぞ

キャリアの神様

趣味の書き方のポイント
1企業や職種ごとに内容を変える
2.アピールポイントを明確にする
3.箇条書きではなく文章にする
4.要点をまとめてわかりやすく書く
5.具体的なエピソードを絡める
6.アルバイトでの経験を書く
7.数字を入れて印象に残す

よしお

企業や職種ごとに内容を変えるってのは具体的にどういうことだよジジイ
言われんでも詳しく解説していくから黙っておれ

キャリアの神様

3-1.企業や職種ごとに内容を変える

エントリシートを書く際に重要なことは、「人事がこのエントリーシートを読んでどう感じるか」といった観点で文を書くことです。

業界や業種によって、その企業がも求める人物像はことなります。そのため、会社によってアピールすべきポイントも異なります。

例えば、外資系企業ではTOEICや英検の成績が良いのは大きなアピールになりますし、営業職の場合は自分の部活動経験やアウドドア趣味などを書くと体力や行動力があるということでアピールすることも可能です。

エントリーシートの自己PRに共通することではありますが、エントリーシートの趣味も選考を受ける業界や業種によって違いをもたせ、その企業に適したアピールをしましょう。

3-2.アピールポイントを明確に

人事は、あなたのエントリーシートを読んで書類選考を通過させるかどうか、面接で何を質問するかといったことを考えます。そのときに重要なのは「その趣味を通してどのようなことをアピールするか」です。

チームスポーツが趣味の場合でも、アピール内容に変化をもたせることができます。

  • 「リーダーシップ」をアピールしたいのなら、「チームのキャプテンをした」ということ
  • 「貢献的であること」をアピールするのなら、「チームのために買い出しに行ったりみんなに何かをしてあげた」ということ

このように「チームスポーツ」ひとつをとっても、アピールするポイントを明確にすることで違った印象を与えることができます。

企業によって魅力的であると感じるアピールポイントは異なるので、企業が欲している人材に沿うようにアピールポイントを強調するというのが重要です。

3-3.箇条書きではなく文章で書く

エントリーシートの趣味・特技欄は短い文しか入らないようなスペースしかありません。そのため、よく箇条書きで書く人がいますが、具体的に述べるほうが人事に対してはわかりやすいので、あなたの趣味に関して高く評価してくれる可能性があります。

旅行を例に出すと、どこか特定の国や地域に何度も行くことを好むのか、行ったことのない国へ行くことを好むのかでは大きく印象が異なります。

「旅行」という単語だけ書くのではなく、「学生のころに、自分が行ったことのない国を24カ国めぐりました。」と書かれている方がよりあなたのことを理解してもらえます。

3-4.要点をまとめる

エントリーシートの趣味・特技欄は非常に小さいです。その為書く際は要点をまとめてわかりやすく書きましょう。

面接の際に、あなたの趣味についてさらに知りたいと思った場合、間違いなく質問をしてくるので、具体的なエピソードや深掘った話を話せるように準備しておきましょう。

3-5.具体的なエピソードを絡める

エントリシートで趣味を書くときには、曖昧な内容や抽象的な言葉は避けて、踏み込んだ具体的な内容を書きましょう。

特に、「なぜそれが趣味なのか」、「どのように取り組んでいるのか」といったことを相手が理解しやすいように書く工夫をしましょう。

スポーツなどが趣味である場合は、過去の実績や活動内容、部活動であった場合はどのような立ち位置にいたかなどを書くとわかりやすいです。

読書が趣味である場合は、好きなジャンルや今まで読んだ中で気に入っている本と理由などを書くとよりわかりやすくなります。

料理が趣味である場合は、どのようなことに気をつけて料理をするか、どのように工夫するかなどが具体的でわかりやすいです。

3-6.数字を入れて印象に残す

趣味を書く際は、印象に残るインパクトのある数字を入れることにより、相手の印象に残りやすく、説得力も増します。

例えば、ストイックで規則正しい生活に気をつけているというのであれば、「毎朝5時に起きて、ランニングをし、毎晩20時から読書をし、22時に就寝する。」といった数字を交えるとわかりやすく、印象にも残りやすいです。

しかし、「毎朝7時に起きる」というのは、社会人にとっては当たり前のことなので印象は薄れます。このようにインパクトが弱まってしまうと感じた場合は、数字にこだわらず、心得やコツなど、別の角度から具体例を添えましょう。

よしお

これさえ守っておけばいいってことだな!サンキュー爺さん!

4.エントリーシートに書いてはいけない趣味

ここまでは書き方を説明したが、次は書かないように気をつけるべき趣味について説明するぞ

キャリアの神様

4-1.ギャンブル

ギャンブルが趣味である人は、どうしても「お金のトラブル」や「享楽的なことに溺れやすい」といったネガティブな印象を持たれてしまうので、エントリーシートに書くべきではありません。

「自制心がない」「堅実でない」といったネガティブな印象にも繋がります。

4-2.政治・宗教

政治や宗教など、その人の個人的感情や個人的価値観に強く基づくものは、企業や人によっては良い印象を抱かない場合があります。

そのため、エントリーシートには政治や宗教に関連したことを書くのは避けましょう。

4-3.特になし・空欄

エントリーシートに趣味がないからと言って、「特になし」などの記述がされることがありますが、このような回答はあまり良い印象は与えません。

なぜなら、興味をもつことはストレス発散やリフレッシュなどにつながるので、ストレスを発散させる能力やその方法にも企業は目をつけています。仕事をする上でストレスを抱えてしまった場合に、それに対処できない人は企業にとってはよくない存在となる場合が高いからです。

そのため、自分の好きなことや興味のあることは些細なことでもいいので積極的に書きましょう。

4-4.犯罪を想起させるもの

「ハッキング」や「生物の解剖」などといった、犯罪を想起させるような趣味に関しては書かないほうが無難です。

そういった趣味を持つ人間であるというだけで、「リスク」とみなされ、書類審査の時点で落とされる可能性が高いからです

4-5.偽りの趣味

自分がかける趣味がはっきりしていないからと言って、偽って書くのは良い手ではありません。

もし、内容を深掘りされたり、具体的なことを聞かれた際に答えられない場合は嘘であるとバレますし、それに関して話そうとしない場合は著しくコミュニケーションん応力の低い人間だるとみなされます。

嘘がバレた場合は、不誠実な人であるとしてその時点で落とされる可能性も高くなります。そのため、趣味を偽って書くのはやめましょう。

どれにも共通して言えるのは、企業側が悪い印象を持つような発言は基本的にしてはいけないということじゃな。以上の点に気をつけてエントリーシートを書いてくれ

キャリアの神様

5.エントリーシートに書く趣味がないときの対処法2つ

よしお

趣味ない大学生なんだが異端か?w
趣味がないというやつの大半は自分の趣味があることに気づいていないだけということが多いのじゃ。よしおのように趣味が思いつかない人のために対処法を2つ用意したぞ

キャリアの神様

5-1.趣味を作る

趣味がない場合は、気になっていることや興味のあることを始めてみると良いでしょう。

長く続けていなければ評価されない、と思うかもしれませんが、そんなことはありません。兄か新しいことに挑戦するための決断力や行動力が評価される場合もあります。

5-2.休日の過ごし方を思い出す

自分が普段休みの日などに何をしているか思い出してみましょう。趣味がないと思っているかもしれませんが、何かしらあるはずです。

また、それが趣味書けるものではないと思うかもしれませんが、どのようにアピールするか、何をアピールするかが重要なので、「自分がよくやっていることは大した事ではない」と勝手に判断するのはやめましょう。

6.まとめ|エントリーシートの趣味は中身が重要!

エントリーシートの趣味を書く際に重要なのはどのようなことを書くかです。変わった趣味も目を引きますが、それよりもあなたがそれを通じて得たものや、どのようなことをしたかといった過程のほうが重要視される傾向にあります。

また、具体的なエピソードを交えて、企業の求める人材に沿ったアピールの仕方をすることでとても有効な自己PRとなります。

もしも趣味がなくて困っている場合は、新たに何かを始めてみると意外と熱中してしまったり、自分に才能があることに気がつくかもしれません。前から興味があることや気になっていることをなにか始めてみましょう。

よしお

おっしゃ趣味のボランティア行ってくるぜえええええええええ!!!!

必見!知らないと損する!19卒の先輩が厳選する就活サービスランキングTOP3

 1位 就職エージェントneo

就職エージェントneo プロのキャリアコンサルタントが、内定までを無料でサポートしてくれるサービス。特に大手の求人もあるので、大手志望は必見!

\強者は勇気を出して人に頼る!/NEOの詳細をみる
※4月になると混み合って対応が遅くなる可能性があります。申し込むなら今!

  2位 ビズリーチキャンバス

高学歴なら登録必須!大手企業のOBと繋がれる就活サービス。

ビズリーチキャンパスの詳細をみる

 3位ジョブスプリング

非公開求人1000社から内定先を紹介している就活エージェント。1人1人に合わせたサポートにより、内定率91.7%。早期退職率0.1%の実績!

ジョブスプリングの詳細をみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です