キャリアの神様

エントリーシートの自己PR書き方

エントリーシートの自己PR書き方

エントリーシートの自己PRが劇的に良くなる書き方まとめ【完全理解】

エントリーシート自己PRの書き方が分からない…
そもそも自己PRをうまく言えない…
自分の書いた自己PRに自信がない…

この記事をご覧になったあなたは、エントリーシート自己PR欄を書くのに悩んでいるのではいでしょうか。

この記事では、「自己PRの考え方」「自己PRの書き方」「添削は誰にお願いするべきか」これら3点を網羅しています。

この記事を最後まで読めば、自己PRをきちんと考えられた上で、エントリーシートではどのように書けば良いのか理解でしょう。

この記事を3行でまとめると...
  1. エントリーシートで自己PRを書く前に準備が必要
  2. エントリーシートの記述はフォーマットには頼るべきでない
  3. 就活エージェントを利用すればエントリーシートのサポートをしてもらえる

1.あなたの能力・長所を理解してもらうために自己PRは必要

企業がエントリーシートで自己PRを書かせる理由は、「企業が求める能力や長所を学生が持っているか」確認するためです。

例えば、あなたの志望先がチーム体制の作業が多い企業としましょう。

その場合、企業側の採用者は「この人はチームで課題を達成できる人材だろうか?」ということを知りたがるはずです。

そして、新卒に求めていることは企業によって異なるため、自己PRの内容も志望先によって変わります。

エントリーシートの自己PR欄を埋めようとする前に、あなたの志望先が求める能力・長所が何のか、先に理解するようにしましょう。

2.エントリーシート自己PRに必要な準備

以下では、自己PRを考えるためにどのような準備が必要なのか、具体的に5つのSTEPに分けて説明しています。

これらを参考にして、実際に自己PRを考え直してみましょう。

  • STEP.1
    企業が求める人材像を理解する

    「自分が志望する企業がどのような人材を求めているのか」まだ理解できていない人は、一度立ち止まって準備を先にしてみましょう。

    「企業研究や合同企業説明会、OB・OG訪問」などを利用して、企業が新卒に何を求めているのか明確にしておくと、自己PRをスムーズに考えられます。

  • STEP.2
    自分の良いところ「ブレスト」

    ブレストとは、会議でよく使われるアイデアを見つけるための方法です。質よりも量を意識して自由にどんな意見でも出し合うのが特徴です。

     

    自分の良いところを探すとき、「自分が良いと思っているだけじゃないか…」と気持ちにブレーキをかけてしまう事があるのではないでしょうか。

     

    ブレストは、気持ちのブレーキなどの「制限」を設けないのが特徴なので、あなたが気づかなかったような長所が見つかることがメリットです。

     

    ブレストのコツ

    ①自分を客観的に見てくれる人と一緒にする

    ②条件は設けない

    ③とにかく多くの特徴を出す

     

    ・笑顔がいい
    ・数字をずっと見ていても疲れない
    ・自分の意見はけっこう納得してもらえる

    例えば、上記のようにささいな特徴でも構いません。

  • STEP.3
    自分の良いところ「仕分け」

    下記の特徴を参考にして、STEP.1で書き出した自分の特徴を「①自分に関わる力」「②他人に関わる力」「③課題に対する力」に分類しましょう。

    エントリーシート自己PR 一覧

  • STEP.4
    自分の良いところ「マッチング」

    次は「企業が求める長所・能力」と「自分の特徴」がマッチするものをピックアップします。

     

    例えば、志望先の企業が以下のような人材を求めているとします。
    「営業先の顧客に分かりやすく自社サービスをプレゼンできる人材」

     

    この場合は、次のような特徴をピックアップできるでしょう。

    ・理解力
    ・わかりやすく伝える力
    ・親しみやすさ

     

    以上のように企業に刺さるような自己PRを選択していきます。

  • STEP.5
    自分の良いところ「エピソード」

    最後に、STEP.3でピックアップできた特徴に関係する「過去のエピソード」を思い返します。
    例えば、次のようなエピソードが良いでしょう。

     

    ダンスサークルのレベルアップのために、リーダーである自分が短期集中セミナーに参加。

    セミナーで得た知識をしっかりと習得して、サークルメンバーに伝授し、メンバー全体のスキルアップが実現できた。

     

    上記のエピソードでは、
    ・セミナーの学びを習得できたという「理解力」
    ・メンバーに分かりやすく技術を伝えたという「伝える力」

    これら2点は十分に伝えられるでしょう。

3.エントリーシート自己PRの書き方

自己PRの書き方順序

  1. 自分の強み(結論)から書く
  2. 強みを裏付けるエピソード
  3. 仕事でどのように活かされるか
  4. 採用担当者の心に刺さる文章をつくる

3-1.自分の強み(結論)から書く

最初に結論から書くことで、読みやすい文章になります。

例えば、以下のような書き出しが良いでしょう。

私の長所はリーダーシップをとれる事です。【結論】

 

学生時代には、テニスサークルの幹事長となり、メンバーの意見を上手く吸い取り、みなが納得するサークル運営を心がけてきました。

(以下省略)

結論から伝える事で、読者はその先の文章にどういった内容が書かれているかイメージできます。そのため、採用担当者に自分の強みを上手く伝えることができるでしょう。

3-2.強みを裏付けるエピソード

しかし、上記のように結論だけを伝えても、強みを裏付ける根拠がないために説得力にかけます。そのため、強みを裏付けるためのエピソードが必要となってきます。

「なぜリーダーシップに自信があるのか」

その根拠を裏付けるエピソードも一緒に伝えることで、より説得力を持ったエントリーシートに仕上がります。

注意

エピソードには根拠を具体的に書きましょう。そうしなければ、信用できない自己PRになってしまいます。

読んでもらえない自己PRの例文

私はリーダーシップに自信がある。

 

学生時代には、テニスサークルの幹事長となり、メンバーの意見を上手く吸い取り、みなが納得するサークル運営を心がけてきた。人の立場に立って考えることで、隠されていたメンバーの不満を発見することも意識してきた。

 

このリーダーシップを活かして、社会に出た後の活躍していきたと考えている。

上記の例文は、実際に存在する文章です。読んでもらえない理由は「すべてが曖昧だから」です。

例えば、「みなが納得するサークル運営を心がけてきた」という記述。みなが納得するサークル運営とは何なのか具体的にイメージできません。

また、「隠れていたメンバーの不満」とはどのような不満なのか、具体性に欠けています。

本当に上記の例文のような経験をしていても、エピソードに具体的な根拠がないため、信用することはできません。

以下のようにエピソードに具体性を持たせると、読んでもらえる自己PR

読んでもらえる自己PRの例文

私の長所はリーダーシップをとれる事です。

 

学生時代には、テニスサークルの幹事長となり、メンバーの意見を上手く吸い取り、みなが納得するサークル運営を心がけてきました

 

例えば、メンバー内で方針AとBに意見が分かれた場面がありました。

 

方針A
「試合が近いため週に3回以上トレーニングする必要がある」

 

方針B
「メンバー全員がバランスよくスキルアップする必要があるため、週に2回以下のトレーニングが限界だ」

 

私は幹事長として、それぞれの意見を汲みとった結果、方針Aの意見をくれた人はみな試合出場メンバーであることが分かりました。

 

よって試合が近づくと、週に3回以上の特別トレーニングを、試合出場メンバーだけが行う方針に決定しました。

 

以上のように、メンバーの意見を汲み取り、組織全体が納得のいく決定をできるリーダーシップ性が私の強みです。

 

このような強みを活かして、社会に出た後の活躍していきたと考えています。

信用できない例文と比べると、どのような場面でリーダーシップを発揮したのか、エピソードに具体性がでてきました。

このように、根拠の裏付けとなるエピソードを具体的に書くことで、採用担当者はあなたの強みを鮮明にイメージできるため、説得力が増します。

3-3.仕事でどのように活かされるか

自分の強みを「仕事でどのように活かすか」伝える事で、採用担当者はあなたが仕事でどのように活躍できるか具体的にイメージできます。

「仕事でどのように活かすか」伝えるためには、志望先企業の仕事内容を理解しておく必要があります。

そのため、企業研究から始まり、業務内容まで理解しておくと良いでしょう。

WEBエンジニア職希望の例

ー状況ー

・WEBエンジニアとして就職したい

・志望先のベンチャー企業では、「マーケティング部門、営業部門など」様々な職種の方と共同でプロジェクトに取り組む

・職種の違いから意見が分かれる事も多々あると予想される

ー強みー

リーダーシップに自信がある

ー自己PRー

(結論・エピソード部分は省略)

私はこのリーダシップを活かして、御社のWEBページ制作のプロジェクトに貢献します。

御社のように様々な職種のメンバーと共同でプロジェクトに取り組む場合は、意見の食い違う場面があると思います。

私は自分の強みを活かしてメンバーの意見をまとめあげ、リーダシップを発揮し、組織に貢献していきます。

3-4.採用担当者の心に刺さる表現を入れる

正直に言うと、採用担当者は就活生一人ひとりのエントリーシート全文を読むことはありません。

そのため、採用担当者にエントリーシートを読み進めてもらうために、キャッチーなフレーズを入れるとより良いエントリーシートになります。

例えば、「コミュニケーション能力」を強みとして伝えたい場合は以下のような書き方をするのも良いでしょう。

【伝えたいこと】

外国人と上手くコミュケーションをとる事ができます

【実際に書いた言葉】

3分あればどんな南米人とも仲良くなれます。

上記は、私が実際に大企業のエントリーシートで書いた強みで、採用担当者からの反応が良かった例です。

以上のように、伝えたい強みをキャッチーなフレーズに変えると、採用担当者がエントリーシートを読み進める可能性があがるでしょう。

4.エントリーシート自己PRの例文

以下3点に分けて、400字程度の例文をまとめているので、ご参考にください。

  1. ー志望先ー
  2. ー結論ー
  3. ーエピソードー
  4. ー活かし方ー

ー志望先ー
金融業界の大企業

ー結論ー

私の強みはリーダーシップがとれる事です。

ーエピソードー

私はテニスサークルの幹事長をしていた経験があります。

その時にメンバー内で「週に3回以上トレーニングの必要がある」「メンバーのバランスを保つために週に2回以下のトレーニングが限界だ」という2つの意見に分かれた事がありました。

私は幹事長としてそれぞれの意見をくみ取り、週に3回以上トレーニングしたいのは試合出場メンバーだと分かりました。

よって「試合出場メンバーだけが週に3回以上の特別トレーニングを行う」と決定しました。

以上のように、メンバーの意見を汲み取り、組織全体が納得のいく決定をできるリーダーシップ性が私の強みです。

ー活かし方ー

このような強みを活かして、私は御社のWEBページ制作のプロジェクトに貢献します。

御社のように様々な職種のメンバーと共同でプロジェクトに取り組む場合は、意見の食い違う場面があると思います。

私は自分の強みを活かしてメンバーの意見をまとめあげ、リーダシップを発揮し、組織に貢献していきます。

5.無料のエントリーシート添削サービスがおすすめ

しかし、上記の例文が正しいと鵜呑みにして「フォーマット通り」のエントリーシートを書くのは、良くありません。

志望先の企業や業界によって求めている強みは異なるため、エントリーシートの内容も変える必要があります。

例えば、志望先が銀行だとすれば、採用担当者の心に刺さるようにと、キャッチーなフレーズを使うのはリスクが高いです。

一方で、大企業で志望者がすごく多いとしたらフォーマット通りの文章では採用担当者に見てもらえる可能性が低くなります。

最終的に、あなたが志望する企業がどういった自己PRを好むのかは、自分自身で判断するしかありません。

もし、自分で判断するのが難しいようでしたら、色んな業界の知見がある「就活支援のプロ」にエントリーシート添削を頼むのも、ひとつの手でしょう。

就活エージェントを無料で使ってみる

必見!知らないと損する!19卒の先輩が厳選する就活サービスランキングTOP3

 1位 就職エージェントneo

就職エージェントneo プロのキャリアコンサルタントが、内定までを無料でサポートしてくれるサービス。特に大手の求人もあるので、大手志望は必見!

\強者は勇気を出して人に頼る!/NEOの詳細をみる
※4月になると混み合って対応が遅くなる可能性があります。申し込むなら今!

  2位 ビズリーチキャンバス

高学歴なら登録必須!大手企業のOBと繋がれる就活サービス。

ビズリーチキャンパスの詳細をみる

 3位ジョブスプリング

非公開求人1000社から内定先を紹介している就活エージェント。1人1人に合わせたサポートにより、内定率91.7%。早期退職率0.1%の実績!

ジョブスプリングの詳細をみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です