キャリアの神様

面接ノック回数

面接ノック回数

就活生はノックの回数などくだらないことは気にするな時間の無駄である

まずは、少し煽り気味のタイトルとなってしまい申し訳ありません。しかし、こんなタイトルにしたのには少し理由があります。

その理由は、最後まで読んでいただければお判りいただけると思います。

ともかくこの記事をご覧のあなたは、

面接時に何回ノックをするのが正しいのか
ノックの回数など気にする必要あるのか

など就活中の面接における「ノックの回数」についてくだらないと思う節もありながら、「一応調べておくか」と考えているのではないでしょうか。

この記事では、一般的に言われているビジネスシーンにおけるノックの回数についてお伝えした後に著者の実体験に基づいた個人的な見解を述べさせていただきます。
就活面接 19卒大手内定である先輩の私が面接対策について7000文字で徹底解説【全文無料公開】

1.ビジネスシーンにおける正しいノックの回数

結論から言うと、日本の就活においてノックの回数は何回でも構いません。

国際標準マナーに則った場合、正式な場面においてのノックの回数は4回となっています。フォーマルな場面や目上の人の部屋に訪問する際には4回ノックするのが望ましいようです。

しかし、日本のビジネスシーンにおいては統計上ノックは2回が一般的となっています。すなわち、就職活動中においては2回であろうと、3回であろうと問題ありません。

1-1.国際標準ルールに基づいた正式なノックの回数

念のため国際的に標準とされているノックの回数についてお伝えします。

– 2回:トイレのドアをノックするとき
– 3回:親しい友人や知人を訪れたとき
– 4回:国際標準マナーに則った、ビジネスシーンでドアをノックする回数

ノックの回数2回はトイレ用

日本人ではビジネスシーンにおいても2回が一般的ですが、国際標準では、2回のノックはトイレ用と設定されています。

2回のノックは、トイレやホテルの清掃員などが空室を確認する際などに使われるものという認識もあるようです。

ノックの回数3回は親しい相手用

回数が3回のノックは、家族や友達・恋人がいる部屋に入るときなど、親しい相手の場合におこなう回数とされています。

ということから国際的なビジネスシーンにおいては、面接でのノックの回数は、4回がふさわしいといえます。外資や今後海外と取引するような企業に就職する方は覚えておいて損はないと思います。

1-2.就活の面接で良いとされるノックの回数とは

先ほどもお伝えしたように日本においてはビジネスシーンにおいてもノックの回数は2回が一般的です。ですので、2回であっても特に問題はありません。

しかし、一方でビジネスの場面においてノックはゆっくり3回おこなうのがマナーという情報も見受けられます。

3回のノックには、それぞれの回数に意味があり、1回目と2回目は空室確認を意味し、そして3回目は入室確認の意味を表しています。

国際基準では4回ノックが正しいとされていますが、日本では少しくどいと思われることが多いようです。

もし、ノックを4回おこなう場合は、「コンコンコンコン」と続けて叩くのではなく、「コンコン、コンコン」と2回に分けておこなうのが無難です。

ここまで、色々述べてきましたが結論としては、本当に何回も良いです。

1-3.面接室のドアが開いている場合

面接会場に入ろうとすると、すでに入口のドアが開いている場合があります。

ドアが開放されていたとしても相手のスペースに入るわけなので、ノックで合図するのはビジネスマナーを守った作法だ、必ずノックはおこなうようにしましょう。という意見もあります。

しかし、実際の場面を想定して頂きたいのですが、既に解放されているドアをノックするのはどう見ても不自然です。

したがって、「すみません、失礼します。」などと話しかけるのが状況的には一番合理的かと思います。

その後、「どうぞお入りください」と聞こえてた段階で入室しましょう。話したと同時に、相手の反応を待たずにドアを開けてしまうと悪い印象を与えてしまう場合があります。

1-4.好印象を与える入室時のマナー

「面接は話の中身だけでなく、入室するところから評価されています」と言われることが多いですが、多くの企業では実際気にされないことがほとんどです。

ただし、ホテルや、キャビンアテンダント、秘書などはマナーを実践することが業務と直結しているため当然チェックさせています。

また、金融や一部のコンサルなどいわゆるお堅い業界においてはマナーというよりかは「信頼できそうか」という目線で服装などが厳しく見られることもあります。

基本的にはよほど態度がひどい場合を除いて、マナーを意識しすぎることで緊張し表情が暗くなってしまったり、自然な笑顔が出せないことの方がマイナスな印象を与えてしまうことが多いです。

大切なことは、相手に不快な思いをさせないということなので、それほど意識しすぎずに少し緊張感をもっていれば面接官に悪い印象を抱かれることはほとんどありません。

2.ノックの回数など全く重要なことではない

2-1.マナーとは何か

ここまで、ノックの回数についてお伝えしてきましたが、就活においてノックの回数など本当にくだらないので気にする必要はありません。

そもそも、マナーとは・・・「礼儀作法。社会生活上で気持ち良く生活するための知恵、気遣い。」と定義されています。

あなたはノックの回数などという至極どうでもいいことまで調べなければ気が済まないほど慎重な人間なわけですから、その時点で元来「気遣い」ができている人間なのでしょう。

そんなあなただからこそ、マナーという言葉にあまり臆することなく「本質」を見ていただきたいと私は考えています。

2-2.ノックの回数を逐一チェックするような企業で働きたいと思うか

そもそもですが、あなたはノックの回数などというどうでもよいことを逐一チェックするような企業に勤めたいと思いますか?

もし、あなたがそれでも「勤めたい」と思うのであればそれでよいと思います。しかし、ノックの回数をわざわざチェックしてくるような企業で働きたいと著者は全く思いません。

その会社の社風と自分の価値観が本当に一致しているのかという思考がなければ入社後に間違いなく後悔することになります。

就職支援事業を行っているハタラクティブの2018年度調査において入社したことを後悔している新入社員は6割以上にも上ることが明らかとなっています。

このことからも、入社後に社風や環境が合わないと思った社員は相当数いることがわかります。ぜひ会社の社風が自分の価値観とあうのかという視点は大切にしてください。

2-3.就活の「本質」はノックの回数ではなく自分に合った企業に会うこと

ノックの回数やマナーがきっちり守れるという学生が結果を残せているのであれば、マナーをとことん突き詰めるべきですが、就活において実際に重要なことは早く、多くの企業と出会うことです。

とはいえ、良い企業と出会うために何社も何社も不効率に企業の選考を受け続けるのも嫌ですよね。

もし、あなたが効率的に相性の良い企業に巡り合いたいと考えているのであれば、あなたと企業両方の希望を聞きつないでくれるキューピット的な存在が必要不可欠です。

しかし、学生と企業をつなぐサービスを提供する会社の中には、学生の将来など考えることなく、ただ企業に学生を売り渡そうとするものも存在しています。

あなたが粗悪なサービスを利用することのないよう1つだけおすすめできるキャリアチケットというサービスを紹介しておきます。

利用すれば優秀なコンサルタントが無料でかつマンツーマンであなたの希望に合う企業を見つけ出し、望めばあなたが内定を得られるまでサポートしてくれます。

キャリアチケットに相談してみる

よしお

こんなサービス知らんかったから使えんかったわ、あーちくしょうwww

3.まとめ

ノックの回数などという「本質的」にはくだらないことで多くの就活生が悩んでいる現状そのものに私は問題意識を感じています。

マナーが大切だということには著者も当然同意していますが、過度になり就活生が自分らしさを出せない環境であるのは企業側にとっても個々人の個性が見れないため、デメリットではないでしょうか。

内定を得るために企業側に合わせることも時に必要ではありますが、ありのままのあなたを受け入れてくれる企業をどうやって探すのかを考えることも重要なのではないでしょうか。

他の学生と圧倒的に差がつく「最強の面接対策」とは!?

就活面接 19卒大手内定である先輩の私が面接対策について7000文字で徹底解説【全文無料公開】

必見!知らないと損する!19卒の先輩が厳選する就活サービスランキングTOP3

 1位 就職エージェントneo

就職エージェントneo プロのキャリアコンサルタントが、内定までを無料でサポートしてくれるサービス。特に大手の求人もあるので、大手志望は必見!

\強者は勇気を出して人に頼る!/NEOの詳細をみる
※4月になると混み合って対応が遅くなる可能性があります。申し込むなら今!

  2位 ビズリーチキャンバス

高学歴なら登録必須!大手企業のOBと繋がれる就活サービス。

ビズリーチキャンパスの詳細をみる

 3位ジョブスプリング

非公開求人1000社から内定先を紹介している就活エージェント。1人1人に合わせたサポートにより、内定率91.7%。早期退職率0.1%の実績!

ジョブスプリングの詳細をみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です