キャリアの神様

面接辞退

面接辞退

【面接に行きたくない人向け】楽に面接辞退するための3つのポイント

この記事をご覧のあなたは、企業の面接日が近づいてきたけど

なんとなく行くのが嫌だ…
ぶっちゃけめんどくさい
志望度の高い企業の選考と被ってしまった。。。

などなど、とにかく面接を辞退してしまいたいなと考えているのではないでしょうか。

この記事では、面接を辞退する方法について詳しく述べていくとともに面接辞退をすることに罪悪感を抱えているあなたの気持ちを少しでも楽な方向に持っていきます。
就活面接 19卒大手内定である先輩の私が面接対策について7000文字で徹底解説【全文無料公開】

1.面接辞退の方法

「就活の面接が近づいたけど、事情があって辞退したい…」「どうやって辞退すればいいか分からない…」この記事を開いてるあなたはこのような悩みを持っていませんか?

そのような方に向けて、この記事では以下の3点をお伝えします。
・断り方を考える
・電話での断り方
・メールでの断り方

「前日になり急に面接に行けなくなった」「面接続きで疲れていて辞退したい…」といった話はよく耳にします。ここでは具体的な面接の断り方をご紹介します。ぜひご参考にください。

1-1.断りかたを考えなければならない2つの理由

最初にドタキャンは厳禁です。理由は以下の2点です。

1.マナーとして相応しくないから
2.これからの就活に悪影響が出る可能性があるから

1-1-1.マナーとして相応しくないから

企業側は面接のために綿密に準備をして下さっています。そのためドタキャンをしてしまうと「社会人としてマナーがなっていない…」と評価が下がる可能性が高いです。

断り方によっては採用担当者が別の日を確保して面接を延期して下さる事もあるので、適切な断り方をするように心がけましょう。

1-1-2.これからの就活に悪影響が出る可能性があるので、断り方を〜

また、採用担当者は同じ業界の他の企業の採用担当者と話す機会も良くあるようです。そういった時に「最近このような応募者がいた…」と話題になる事もあります。

その他企業の採用担当者が自分がこれから志望する企業の担当者であったというケースも考えられます。そうなればこれからの面接にも悪影響がでてしまう可能性があります。

面接をどう断ろうか…と考えるのはしんどいかもしれませんが、これからの就活のためにも誠実な断り方を心掛けましょう!

そして断り方は状況によって電話かメールに使い分けます。


当日、前日では電話で断る
前日までの連絡ならメールで断る

このように状況によって相応しい断り方は分かれてきます。しかし、自分の評価を下げないためにも誠意を伝える必要はあります。そのためどんな状況であっても電話で断る方が良いでしょう。

次の見出しではそれぞれの断り方について具体的にお伝えします。

1-2.電話での断り方

面接の当日に辞退の旨を伝えたい場合は電話での連絡がベターです。理由は以下の2点です。

①担当者に最も伝達がしやすいから
②誠意が伝わるから

1つ目が特に重要です。担当者は会場の準備や時間調整など面接当日になるとかなり忙しいです。また担当者に来るメールは就活生からはもちろん担当者同士でのやりとりなど、かなりの量になります。

こういった状況の中、より確実に辞退の旨を伝えたられるのは電話に限ります。2つ目は誠意を伝えるのは社会人としても自分にとっても大切な事になります。

より誠意を伝えるためにも電話での連絡を心掛けましょう。ここからは面接辞退を電話で伝える時のポイントや例文をお伝えします。

●ポイントまとめ
①理由を的確に伝える
②感謝の気持ちを伝える
③誠意を伝える

1つ目は例文の(理由を聞かれたら)の次にある通り、一言で的確に伝える事が大切です。事前に電話で伝える内容をまとめておいて、慌てずに冷静に伝えるのが良いでしょう。

2つ目は、「面接の機会を設けて下さった事」に対する感謝の気持ちです。前述の通り担当者は面接のために力を入れて下さっています。その事に対する感謝の想いはきちんと伝えるべきです。

3つ目については既にふれていますが、誠意を伝えて自分の評価を落とさないようにして、社会人として相応しい行動をとるようにしましょう。

1-3.メールでの断り方

メールで辞退するのは前日までにしましょう。当日、前日にメールで辞退するのは担当者に辞退の旨が伝わる確率が低いためおすすめしません。

ここからはメールで辞退の旨を伝える時のポイントや例文をお伝えします。
●ポイントまとめ
①理由を的確に伝える
②感謝の気持ちを伝える
③誠意を伝える

ポイントとしては電話の時と変わりはないです。今回の例文だと、以下の3点を参考にしましょう。
①2段落目の最初に理由が的確に述べられている点
②2行目にきちんと感謝の気持ちを述べている点
③2段落目の2行目より謝罪の気持ちとして誠意を示している点

2.面接辞退は当たり前に起こっている

面接を辞退しようと思っても、「こんな事するのはおかしくないか…」と不安になると思います。しかし、他の就活生を見てみると意外と辞退している人は多いです。

ここでは、就活生の面接辞退の実情をまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

1.データで分かる辞退の実情
2.体験談の紹介
3.辞退する事は悪い事じゃない

これからこの3点についてお伝えいたします。

2-1.データで分かる面接辞退の実情

就活生にとって辞退している人は意外と多いです。今この記事をご覧になっている方の中には辞退する事に対して不安な気持ちになっている方がいらっしゃると思います。

でも、まずは面接の辞退は「よくある事なんだ」「誰でも経験している事」という考えを持って前向きになりましょう!

2-1-1.アンケート「面接前に辞退した経験」

就活生を対象としたアンケート調査では4800人中54%が「面接前に辞退した経験」があります。

このデータから分かるように、就活生にとって面接を辞退するというのは良くある事です。右側のグラフでは半数以上の就活生は少なくとも2社以上の面接を辞退している事も分かります。

2-1-2.アンケート「辞退理由」

また、面接を辞退するに至った経緯は人によって異なると思います。次のデータでは前日までに面接の辞退をした人の辞退理由が示されています。

ファイルパス: images/jobs-data-02.png

このデータから辞退理由の特徴を2つに分ける事ができます。

①辞退せざるを得ない理由
②改めて良く考え直している理由

1つ目は、「面接の連絡がつかなかったため」「他社での選考が通過した・内定が決まった」など辞退するしかない状況にある人の理由です。

2つ目は、面接の予定を組んだが、改めて自分で考え直して辞退しようと決めた人の理由です。

もっとも多いのは「面接前に再考し、仕事内容や条件が希望と異なると判断した」50%です。面接の辞退理由は具体的な理由よりも抽象的な理由の方が多い事が分かります。

「他にもネット上でよくない噂を聞いた」といった理由が34%もある事から、必ずしも予定を組んだのに辞退してしまうのは自分が悪い訳ではありません。

これらのデータから面接を辞退する人は意外と多くて理由は様々であり、辞退するのが決して悪い事ではないという事を認識しておきましょう。

2-2.面接を辞退することは悪いことではない

多くの就活生は、面接を辞退することに対して「申し訳ない」というような感情を抱いているかと思います。 しかしながら、面接を辞退することは全く悪いことではありません。

前提として、企業側と選考を受ける学生側は立場的には同等です。企業側も多くの学生を選考中に落としていきます。

それと同じ様に学生側もまた選考を経ていく中で「合わないな」と思った企業をお断りすることは当たり前のことと言えます。

3.まとめ

複数の企業の選考を受けている場合、時には面接を辞退しなければならない時もありますし、人間なので単純に行きたくないと思うこともあると思います。

ですので、選考を辞退すること自体はなんら問題ありません。

しかしながら、一応、あなたのために時間を割いてくれている採用担当者もいますし、変に揉めるのも面倒なので相手が不快にならないように辞退することも重要です。

特に身構える必要もありませんが、お伝えした3点については意識して話すとスムーズに電話できた印象があるので、ぜひ頭の片隅においていただければと思います。

他の学生と圧倒的に差がつく「最強の面接対策」とは!?

就活面接 19卒大手内定である先輩の私が面接対策について7000文字で徹底解説【全文無料公開】

必見!知らないと損する!19卒の先輩が厳選する就活サービスランキングTOP3

 1位 就職エージェントneo

就職エージェントneo プロのキャリアコンサルタントが、内定までを無料でサポートしてくれるサービス。特に大手の求人もあるので、大手志望は必見!

\強者は勇気を出して人に頼る!/NEOの詳細をみる
※4月になると混み合って対応が遅くなる可能性があります。申し込むなら今!

  2位 ビズリーチキャンバス

高学歴なら登録必須!大手企業のOBと繋がれる就活サービス。

ビズリーチキャンパスの詳細をみる

 3位ジョブスプリング

非公開求人1000社から内定先を紹介している就活エージェント。1人1人に合わせたサポートにより、内定率91.7%。早期退職率0.1%の実績!

ジョブスプリングの詳細をみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です