キャリアの神様

面接緊張対策

面接緊張対策

面接で絶対に緊張しなくなる方法完全まとめ!30種類以上の対策を紹介

面接の練習はしたけど緊張してうまく話せなかったらどうしよう・・・
そのせいで採用に落ちたらどうしよう・・・

就活生ならだれもが経験する道です。

しかし、緊張感のなさは思わぬハプニングを引き起こす可能性がありますし、緊張感は面接には必ず必要なものです。

さらに必要なポイントさえ押さえておけば、過度に緊張したとしても面接で採用される可能性は十分にあるのです。

今回は、緊張しすぎててうまく話せなかったらどうしようと悩んでいるそんなアナタのために、面接で抑えておくべきポイントと緊張しない方法をわかりやすくまとめてみました!
就活面接 19卒大手内定である先輩の私が面接対策について7000文字で徹底解説【全文無料公開】

1.面接における緊張の要因

よしお

今から面接なんだがwww緊張しすぎてやばいんだがwww
よしおよ、緊張してしまう理由は人によって違うので自分の緊張の要因がどれに当てはまるのかをこの記事を読んで理解しておくと効果的な対策方法が見つけられるぞ。

キャリアの神様

よしお

うぃっすwww

1-1.心理的要因

– 過去の失敗体験

過去に失敗した、恥をかいたなどの経験があると、同じような場面に遭遇した場合緊張してしまいうまく話せなることがあります。この理由で面接時に緊張してしまう場合は、「発表で失敗した」「学芸会で笑われた」など過去に起きた自分の失敗が原因となって緊張を引き起こしています。

– プレッシャーを感じている

就職面接などの面接は自分の人生を左右する大舞台です。その際に失敗してしまったらどうしよう、偉い人がいるから失敗できない、自分をよく見せなければならない、といったプレッシャーが緊張の原因となる場合があります。

– 人前で話すのが苦手

人には生まれ持った性格があり、人前で話すのが得意ではない性格の人がいます。人前で話すのが得意ではない人は初対面の人と話す場合特に緊張してしまいパニックになりやすい傾向にあります。

こういった理由が緊張の原因となっている人は「人前で話す経験が普段からない」「話す機会を作らない」といったことが要因で人前で話すことに慣れておらず緊張してしまうのだと考えられます。

– 劣等感

「自分はできない」「自分は無能だ」といった劣等感が強いと自分を過小評価し、仮に面接の対応がきちんとできたとしても過度に自分を批判してしまうのです。特に周囲に自分よりもできる人、優秀な人が居ると劣等感を強く持ちやすい傾向にあります。

劣等感による「自分はできない」という自信の無さも緊張を引き起こす要因の一つです。

– 準備不足

通常面接の練習は事前に行うものですが、面接の練習が十分でないと感じている場合は本番が近づくにつれ不安に駆られ緊張してしまいます。もし現在準備不足だと感じている人はもう一度自分が準備しておくべきことを見直し、面接にしっかり備えましょう。

練習を何度しても不安で仕方がないという人は上記の緊張の要因のどれかが根本的な原因となっていると思われます。そういった場合はもう一度自分の不安が何なのか明らかにして、面接に備えましょう。

1-2.緊張の反応と原因

– 緊張の身体反応

緊張により、体に起きる反応はいくつかあります。わかりやすい反応で言うと「発汗」「動悸」「震え」です。これは多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。緊張により額や腋がジワーっと熱くなったり、手が震えるなどです。なぜこのようなことが起きるのでしょうか?

– なぜこのような反応が起きるか

一言でいえば、血液中の「ノルアドレナリン値」が上昇することによるものです。ノルアドレナリンは緊張や不安を感じると活発に分泌されます。こうしたことが原因となり発汗や動機、震えなどの症状が起きるのです。興奮や緊張で眠ることができないのもこのノルアドレナリンの分泌によるものです。

よしお

あ、俺面接の練習してねーわwww
自分の緊張の理由がわかったかな?次はどのようにすれば緊張を抑えられるかについて解説していくぞい

キャリアの神様

2.緊張対策

緊張対策のケースは大きく分けて4つに分かれているのじゃ。「日ごろの習慣」「事前準備」「面接当日」「面接中」この4つの状況に応じて緊張の対策法は異なってくるのじゃ。状況に応じた対策を講じることでより効果的に緊張せずに面接に臨めるようになるからぜひ実践してみてほしいぞ。

キャリアの神様

よしお

これこれwwこれが知りたいんだよなーw

2-1.日ごろの習慣

– 初対面の人と話す機会を作る

初対面の人と話すのが苦手ということで緊張するなら、初対面の人と話す機会を多く設けましょう。学校や外であまり関わりのない人に気さくに話しかけてみる、またパーティーやボランティア、クラブ、バーといった所へ積極的に出向いて初対面に人に話しかけ、慣れてしまえば面接の本番でも緊張する可能性は大きく下がります。

同年代だけでなく年上の人と話すこともよい対策になります。また、初対面の人と話すのは知らなかった世界を知ることができたり、価値観が広がり話すのに慣れるだけでなく視野が広がるというメリットもあります。

– 自分なりのルーティーンを作る

自分が落ち着ける行動や集中できる行動をあらかじめ作り、それを行うのも有効な方法です。好きなアロマのにおいをかぐ、音楽を聴く、ポーズをとるなど自分の決めたルーティーンを作ってみましょう。NLPのアンカリングという技術も有名なルーティーンによるリラックス技術の一つです。

– アンカリングとは

アンカリングとは簡単に言えば「条件付け」です。ラグビーの五郎丸選手のキック前にするポーズなどもアンカリングと呼ばれる条件付けの一種です。

特定の刺激(出来事)が起きた際にアンカリングという決められた動作を行うことにより自分の望む反応(行動)を起こすことができるようにするのです。

– 自分の心理状態を分析する

自分は今どういう心理状態なのか、緊張しているのか、不安なのか、など普段から自分の心理状態を分析できるようにしましょう。

そうすることにより自分のストレスの改善方法を考え出すことができるので面接時の緊張に策を講じやすくなります。これは面接時だけでなく日常でもストレスへの対処技術が高まるので意識して行いましょう。

– たくさん面接を受ける

とにかく場数を踏む。これがとても重要です。何度も何度も面接を受けてしまえば「面接なんてただの面接」「いつものこと」といったように作業として慣れるようになります。アルバイトをしたことがある人は「最初は緊張したけど慣れたら作業でしかなくなった」という経験がある人は多いのではないでしょうか?

2-2. 事前準備

– 徹底した面接練習

面接は面接官により方式や質問内容が違うのは間違いありません。そのため面接は本番勝負という印象が強い人は多いかもしれません、しかし面接は練習により確実に上達します。面接練習をする際に重要なポイントは2つです。

– 第3者に客観的に評価してもらう

面接練習をする際は、面接官役を用意するだけでなく誰か別の人に客観的に面接のやり取りを見てもらうことにより、自分が気付いていない思わぬ点に気づかされることがあります。

また話していてわかりやすい、良かった部分と分かりづらかった、よくなかった部分を客観的に判断してもらうことができます。面接官役の人にも面接官の身からしてどうだったかという事も貴重なフィードバックとなります。

– 本番に近い環境で行う

面接練習はできるだけ本番に近い環境で行いましょう。面接は単純に質問と回答を繰り返すのではなく、ノックや着席などの細かい動作も評価に入ります。そのため椅子や机が用意された環境が望ましいです。そういった本番に近い環境で行うことで、本番でも戸惑うことなく受け答えに集中できます。

– 事前に話しておきたいことをメモしておく

学生時代の成功体験や自分が達成した目標など「必ず伝えたい」と思うことはメモに要点をメモしておき、面接時にうまく話せるようにしておきましょう。

– 受ける会社について調べておく

その企業について書かれた記事や本などを熟読しその企業が必要とする人材はどういった人材なのか予め把握しておくことが重要です。その会社で働いた経験がある人のインタビューやブログなどからも情報収集することが可能です。

– 服や持ち物は前日のうちに用意する

当日になって服や持ち物を用意していては貴重な面接準備時間がもったいないので、服や持ち物など前日中に用意できるものは用意しておき、面接当日は面接だけに集中できる様にしておきましょう。

– 会場への行き方を事前確認しておく

予め会場の場所、会場への行き方を確認しておくことで面接当日に慌てず、落ち着いて行動できるようになります。心の余裕が持てるようになるので前日のうちに会場への行き方や交通手段は確認しておきましょう。

– 良質な睡眠をとる

睡眠不足は体調不良の原因になります。面接前日はストレッチをしたり、本を読むなどできるだけ早く、良質な睡眠をとれるように努めましょう。

2-3.面接当日

– 成功体験を思い出す

人は「自分が活躍した瞬間や輝いていた瞬間」を思い出すことで、ポジティブになり自己肯定感が高まります。それにより自信を持って面接に臨めます。面接前には自分が活躍した瞬間を思い出し「自分ならできる」と信じて臨みましょう。

– 早めに会場へ到着する

当日は余裕をもって会場へ到着できるようにしましょう。ギリギリに出てしまうと、電車が止まった、渋滞していて時間通りに着かない、といった思わぬアクシデントに巻き込まれてしまい貴重な機会が無駄になりかねません。

そういった目に遭わないように、面接前に心に余裕を持てるように、面接当日は余裕をもって会場に到着しておきましょう。

– ツボを押す

手の甲にある「合谷」と呼ばれるツボや、手のひらの「労宮」などは、血行改善や自律神経を整え、緊張の緩和などに非常に効果があります。

– ストレッチ

ストレッチも体の血行を良くし、疲れや緊張をほぐしてくれます。

2-4.面接中

– 多少の失敗は受け入れる

「失敗してはいけない・・・」、そう思えば思うほどプレッシャーがかかり緊張しやすくなってしまうものです。面接は長い人生の1場面でしかありません。あとから挽回するチャンスは何度でもあります。

「失敗してもいい、あとから取り返せる」「多少のミスは仕方ない」、そう考えることで心に余裕が生まれリラックスしやすくなります。

– ゆっくりと落ち着いて受け答えをする

ゆっくり話すことで話す内容を整理し、考えをまとめることができます。早口で話してしまうと面接官に内容を理解してもらない可能性がありますが、ゆっくりと話すことにより理解してもらえやすくなりますし、落ち着いた人間だという印象を与えます。

また滑舌が悪い人でもゆっくり話すことで滑舌に気を配りながら話すことができるという事もメリットです。

– 緊張を恐がらない

緊張してはいけないと思う事こそ緊張のもとです。それに「多少緊張してもいい」と思うと、逆に緊張が解けてリラックスできます。催眠術師は被験者をリラックスさせるために「緊張しないでください」という事は絶対にありません。彼らは「少し緊張してもいいので」と言ってリラックスさせるのです。

– 質問に対して端的に答える

面接官に質問された場合、できるだけ端的に答えるようにしましょう。短く要点だけを伝えることにより面接官からは「論理的に話すことができる」「話が分かりやすい」という印象も与えますし、理解してもらえやすいです。

面接官に「なぜ」を聞かれた場合はその原因や理由を端的に伝えるなど聞かれたことの要点を捉え手短に答えましょう。

– 答える内容を丸暗記しない

よく面接対策に話す内容を決めて丸暗記する人が居ますが、それは面接時に命取りになりかねません。なぜなら、面接時に想定していなかった質問をされたり、想定外のことが起きた場合に対応できず取り乱してしまう可能性が高いからです。

それに「自分は回答内容を覚えているから大丈夫」といった過信が失敗につながることも多いのです。暗記するのであれば、聞かれる可能性のある質問に対する回答を要点だけまとめて覚えておくのが効果的です。

– 笑顔を意識する

人は笑顔になると「エンドルフィン」という物質が脳内で分泌され、それだけで体にリラックス効果をもたらします。また、エンドルフィンは微笑みかけられた人の脳内でも分泌されるので、自分だけでなく面接官にもリラックス効果をもたらします。お互いリラックスして臨めるので本番中は笑顔をしっかり意識して受けましょう。

– ジェスチャーを使ってみる

身振り手振りを使って話すことで自分の話の説得力や、自分の主張がより強調されます。さらにジェスチャーを使うことで話のテンポが良くなり話しやすくなるのです。

よしお

うはww面接マジカモwwww緊張するわけねーw

3.緊張したら面接に落とされる?

緊張が面接官に伝わると不採用になってしまうと思われがちじゃが、実際はそういうわけでもないんじゃ。面接官がどこを評価するか、何をすれば逆に採用してもらえるか解説していくぞ。

キャリアの神様

3-1.面接官はどこを評価しているのか

– 求めるスキル、能力を持っているか

起業や部署ごとに求める人材や必要なスキルは異なります。その部署や企業にとって必要なスキル、能力を持っているかどうかは面接官がチェックする重要なポイントです。

– 社会人として必要なマナーが備わっているか

礼儀作法や言葉遣い、社会人として恥ずかしくない振る舞いができているかは、取引などをする際に重要なため面接でももちろんチェックされます。

– 本音で話しているか

いくらいい人材であっても経歴や話していることが嘘だった場合、採用側が損をこうむることになります。その上、正直で誠実な人間ではないというのは企業側にとって好ましくありません。

そのため話していることが本当かどうか、本当に入社したいと思っているかどうか、などがチェックされます。

– コミュニケーションがうまく取れているか

質問に対する回答が的確かどうかは面接では重要視されます。要点を簡潔に話す、スムーズに会話ができる、などは面接時の印象として大きく残ります。

逆に一方的な会話やとんちんかんな回答をした場合は面接官からの評価は下がってしまいます。

3-2.緊張は評価に響かない!

– 人柄を評価するのが面接

面接というのは、書類ではわからないその人の人間性を見るために行われているものです。そのため、緊張していてもあなたの人柄が評価されれば十分に合格する可能性はあります。

面接官も人間なのであなたが緊張していても理解を示してくれるはずです。場合によってはリラックスできるように声をかけてくれるかもしれません。

また、企業について調べておき企業が求める人材を演じるという事も有効です。営業職に就く人間が緊張して面接を受けるという事は好ましくありませんが、自分の人間の良さを最大限出せるように努めましょう。

– 言いたいことを伝えよう

緊張してうまく話せなかったとしても、自己アピールは絶対に成功させましょう。緊張のせいで受け答えがうまくできなかったとしても、内容さえうまく伝われば内定がもらえるという事は十分あります。しかし、自分のアピールが弱い場合には落とされてしまうかもしれないので注意が必要です。

3-3.面接官の反応が気になる

– 面接官の反応だけでは判断できない

面接官がニヤニヤしていた、不機嫌そうだった、など面接官の反応が気になるという人は多いかと思います。しかし、実際は面接官の反応だけでは合否は全くわかりません。

その人がもともとそういう見た目、性格だったという可能性の方がはるかに高いです。仮に反応が悪かったとしても、自分のことを評価してくれていれば採用されますし、逆に反応が良くても評価が悪ければ採用されることはありません。

4.まとめ

面接時に緊張して落ちてしまったらどうしよう、と思っている人は事前準備と日ごろの習慣で緊張感は克服できます!また、面接では自分の長所や話の内容を簡潔に伝えられれば、緊張していても採用される可能性は大いにあります。ネガティブに考えずポジティブに考えていきましょう。

よしお

まぁ落ちてもいっかwww家帰ったすぐ寝よwww

他の学生と圧倒的に差がつく「最強の面接対策」とは!?

就活面接 19卒大手内定である先輩の私が面接対策について7000文字で徹底解説【全文無料公開】

必見!知らないと損する!19卒の先輩が厳選する就活サービスランキングTOP3

 1位 就職エージェントneo

就職エージェントneo プロのキャリアコンサルタントが、内定までを無料でサポートしてくれるサービス。特に大手の求人もあるので、大手志望は必見!

\強者は勇気を出して人に頼る!/NEOの詳細をみる
※4月になると混み合って対応が遅くなる可能性があります。申し込むなら今!

  2位 ビズリーチキャンバス

高学歴なら登録必須!大手企業のOBと繋がれる就活サービス。

ビズリーチキャンパスの詳細をみる

 3位ジョブスプリング

非公開求人1000社から内定先を紹介している就活エージェント。1人1人に合わせたサポートにより、内定率91.7%。早期退職率0.1%の実績!

ジョブスプリングの詳細をみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です