キャリアの神様

気になるニュース

気になるニュース

面接で最近気になるニュースを聞かれた時に100%バッチリ回答する方法

面接では、この時事ネタを話そうと決めてるけど大丈夫かな?

今だったら最近気になるニュースって、何を選ぶべきなのかな?

就活の面接時に尋ねられる代表的な質問の一つに「最近気になるニュース」があります。就活生は、この質問をされた時に、いったいどう答えたらいいのでしょうか。

大学生の中でも、普段からニュースをチェックしている人であれば、回答するのにそこまで苦労しないと思います。しかし、普段からチェックする習慣が無い人は、困ってしまう人が多いのではないでしょうか。

実際に面接練習をしていて、この質問に苦しんでいる就活生も多いですが、実はいくつかポイントを押さえておけば、答えるのもそれほど難しくないんです。

そこで今回は、そんな悩める就活生のために、面接で「最近気になるニュース」を聞かれた時の好印象を与える方法についてご紹介していきます!

あなたの「面接力」は何点?質問に答えるだけであなたの面接力がわかっちゃう!

1.面接官が最近気になるニュースを聞く理由は?

面接官が最近気になるニュースを聞く理由

就活生を試している…?

そもそも面接官は、なぜ「最近気になるニュース」を面接で就活生に質問するのでしょうか。質問の意図が分かっていると、こちらも何を答えたらいいのかが分かります。

ここでは、面接官が「最近気になるニュース」を聞く3つの理由について説明します。

1-1.経済や社会問題に関心があるか

最近気になるニュース 社会の関心

これから仕事をしていく上で、経済や社会の問題について関心を持っておくことは非常に重要です。面接官は、世の中の事についてどのくらい知っているのか、どう考えているのかについて知りたいと思っています。

世の中の情報に対して常にアンテナを張っておける人は、仕事をする上でも知的好奇心を持って、様々な情報を吸収してくれるのではないかという期待が持てます。

特に、銀行や新聞社などの経済や社会的な問題と密接に関わっている企業は、こういった問題に関する知識があるかどうか学生に問うことで、自社に適した人材であるか判断しています。そのため、経済や社会問題に関心があるか質問しているのです。

1-2.日頃から情報を集める習慣があるか

最近気になるニュース 情報収集

社会人になれば、日々自分の業界の情報について知っておく事が必要不可欠です。

なぜなら社会人は、特に業界の情報について知っておかないとお客様とのコミュニケーションが取れませんし、日々新しい情報を得ていくことで、自分が今後どういったことをしていったら、仕事にプラスに働くのかなど、先を見据えて仕事をしていくために不可欠な力であるためです。

特に、お客様と常に接する営業職であったり、新たなものを生み出す企画・開発職などの情報収集をする事が不可欠な職種を志望する際は、日頃から情報収集する習慣があるかどうかは非常に重要な習慣なので、聞かれる事が多いようです。

1-3.そのニュースに対して自分の意見をしっかり持てているか

最近気になるニュース 自分の意見

気になったニュースを聞く際に重要視されているのは、

  1. ニュースをきっちり理解する事ができているか
  2. そのニュースに対して自分の意見を持つ事が出来ているのか

という2つの点です。

仕事をする上では、集めた情報を元に自分の頭で考えて意思決定をしなければなりません。

そのため、まず面接官はニュースの内容をきっちり理解しているかを見ることで、情報を正しく理解出来ているかを判断し、ニュースに対してどんな意見を持っているのか聞くことで、しっかり自分の頭で意思決定することが出来ているかどうかを判断しています。

「最近気になったニュース」について述べるときには、ニュースの内容をただ話すだけでは意味がありません。自分でそのニュースに対してどう思ったのか、意見を述べる事が重要です。
就活面接 面接対策にめっぽう強いオススメの就活エージェント10選!

2.面接官に好印象な最近気になるニュースの選び方

最近気になるニュースの選び方

どのニュースを選べば…?

最近気になるニュースを聞かれた時の対策として、どんなニュースを選んだらいいのか考えるのは非常に骨が折れますよね。

ニュースを選ぶ際には、どんなニュースでもいいという訳ではありません。当然、面接官に好印象なニュースと、悪い印象を与えてしまうニュースが存在します。

ここでは、最近気になるニュースの選び方について「面接官のウケが良い悪い」という視点でご紹介します。

2-1.好印象なニュース

最近気になるニュース 好印象

面接官が興味はあるが知らないニュース

好印象なニュースを選ぶ際は、面接官が興味はあるけども、知らないニュースを選ぶのがベストです。よく「応募先の業界に関連するニュースを選ぶべき」ということを聞きますが、業界のニュースであればなんでもいいということではありません。

面接官は応募先の業界にもう何年も勤めているので、業界の誰もが知っているようなニュースを述べても、知識の豊富さでは敵いません。そのため、深く突っ込まれた時に答えられなくなってしまうこともあります。

それよりも、応募する業界には関連するけども、他の人があまり知らないようなニュースであれば、面接官が興味を持ちはしますが、そこまで突っ込んで来ることはありません。

また、面接官が知らないニュースを話すことで相手も「そこまで詳しく業界のことを調べているのか!」と思ってくれれば、面接官の印象に残ることが出来ます。そのため、面接官が興味はあるけどもあまり周知されていないようなニュースを選ぶことは大事です。

相手の論点に合わせるのは面接を攻略する上で、鉄則じゃ

キャリアの神様

なるべく最新のもの

やはり「最近」気になったニュースと聞かれているので、なるべく最新のものを答える方がいいでしょう。新しいニュースの方が、面接官側としてもイメージしやすいですし、共感も得やすいものです。

2、3年前のニュースを言われても、新しい情報を集められていないのかな?と思われてしまうので、期間的には1年以内に起こった出来事を話すようにしましょう。

2-2.避けたほうが良いニュース

最近気になるニュース 悪印象

スポーツ関係のもの

スポーツに関係するものは、基本的にあまりおすすめ出来ません。スポーツ業界を志望するのであれば、そういった話題を話す事はむしろプラスの評価を得る事が出来ます。

しかし、それ以外の業界で、スポーツの話題を話しても、先ほども「面接官が最近気になったニュースを聞く理由」の項でもお伝えしたように、面接官側が求めている回答と異なってしまいます。

スポーツ関係の話題を述べても、「この人は、ここでそれしか言う事が無いのか?」と思われてしまうので必ず避けるようにしましょう。

政治や宗教的なもの

政治や宗教的なものも、選ぶニュースとしては避けた方がいいでしょう。なぜなら、こういった話題は、個人の感情が入りやすいからです。

面接官も公平に選考を行なっているとはいえ、人間です。相手がどんな政治や宗教的な価値観を持っているのかは分かりません。

例えば、「この前の選挙で、私はA党を支持していたのに、B党が勝ってしまった。」といった事を述べた場合に、もし面接官がB党を支持していた場合、気分を害してしまう事に繋がってしまいます。

そのため、政治的なものや宗教的なものを選択するのもやめましょう。

神様関連の話をするのはよすのじゃ

キャリアの神様

3.最近気になるニュースを聞かれた時の答え方のポイント

気になるニュースの対策法

2つのポイント

最近気になるニュースを聞かれた際には、選ぶニュースももちろん重要ですが、答え方もそれと同じくらいに重要です。ここでは、聞かれた時の答え方のポイントをいくつかご紹介していきます。

3-1.答える時の構成に注意する

最近気になるニュース 構成

まず、重要なのは答える時にどういった構成で答えるかです。気になるニュースを答える時には、以下の順序で答えるようにしましょう。

1.結論(私が気になったニュースは〇〇です。)
2.理由(〜だったので興味を持ちました。)
3.意見(私は、〇〇だと思いました。)

これは、どの質問に答える際にも絶対に守っておいて欲しい事ですが、最初に結論から述べるということです。最初に結論を述べておかないと、ダラダラと内容を話し続けてしまうので、面接官に何を伝えたいのかよく分からなくなってしまいます。

特にニュースの場合は、色々な情報を盛り込まなくてはいけないので、内容から入ってしまうと大変です。答える際は上記の流れを意識するようにしましょう。

3-2.ニュースに対する自分の意見をはっきりさせる

最近気になるニュース 自分の意見が大事

結論から最初に述べる事も大事ですが、意見のところが1番大切です。就活生の中には、こういった意見を自分で考えようとせずに、予め例文などを覚えておいてそれっぽい事を言う人がいます。

しかし、面接官も多数の応募者を見ているので、自分の頭で考えた意見でないものはすぐに分かってしまいます。そのため、意見を述べる際には、自分で考えたものをはっきり述べるという事が重要です。

ニュースに対してどのような意見を持ったらいいか分からない人は、日頃からニュースに対して自分がどんな考えを持っているのか、書き出してみる、または普段から意見を持っておく癖をつけておくことで、面接で聞かれた時も柔軟に答えることが出来ます。
就活面接 面接対策にめっぽう強いオススメの就活エージェント10選!

4.ニュースを見つける時に便利なおすすめサービス3選

最近気になるニュース ニュースサービス3選

どれか1つ使ってみよう

「最近気になったニュースと言われても、普段からニュースをチェックしてこなかったし・・・」と思っている就活生もたくさんいますよね。そんな方のためにここでは、ニュースを見つける際にはおすすめのサービス3選についてご紹介します。

4-1. NewsPicks

NewsPicksは、「経済を、もっとおもしろく。」がコンセプトの、ビジネスパーソンや就活生のためのソーシャル経済メディアで、専門家や著名人の解説コメントでニュースがわかる、SNSっぽいニュースアプリサービスの事です。

今まで、ニュースを読んだことの無い方は、いきなり新聞を読むには少しハードルが高かったりしますよね。しかし、NewsPicksであれば、スマホさえあれば、いつでもどこでも簡単に読む事ができますし、国内外の最先端の経済ニュースを厳選して紹介しているので、簡単に情報を得る事ができます。

また、専門家や著名人が各ニュースに関してコメントしているので、そのニュースに関してどういった視点から読めばいいかイメージもつきやすいこともメリットです。

4-2. ダイヤモンドオンライン

ダイヤモンドオンラインは、書店でよく見かけるビジネス週刊誌、週刊ダイヤモンドを出版しているダイヤモンド社が運営しているポータルニュースサイトで、日々多数の記事がタイムリーに更新されています。

政治・経済はもちろん、経営戦略やキャリアなど幅広いテーマを取り上げているのが特徴で、新聞よりも読みやすい記事が多く、初心者の方にも利用しやすいサービスです。

4-3. LINEニュース

今や、日本のスマホ利用者の8割が使っている、メッセージアプリ「LINE」。もはやインフラといっても過言ではないくらいに普及しているアプリだからこそ、誰でも簡単にニュースを確認する事ができるという点が特徴です。

エンタメやコラムなどのイメージが強いですが、経済ニュースも扱っているので、手軽にタイムリーな話題を確認する事ができてとっても便利なニュースアプリです。LINEのホーム画面の右下に「ニュース」とあるので、タップして確認してみて下さい。

5.最近気になるニュースを聞かれた時の回答例3つ

最近気になるニュース 回答例

選考を受ける業界別の気になったニュース回答例

ここまで紹介してきた事を踏まえて、最近気になるニュースを聞かれた時の回答例を3つほどご紹介します。気なるニュースの回答に悩んでいる就活生はぜひ参考にしてみて下さい。

①自動車業界志望の例

最近気になっているニュースは、電気自動車が過疎地域から需要が伸びそうだという日本経済新聞の記事です。エコカーには、電気自動車や燃料電池車、ハイブリットカーがあると思いますが、私は自動車メーカーに勤めたいと思っていますから、メーカー各社が今後エコカーをどんな配分で強化しようとしているのかに興味があります。

地方では過疎化の影響により、ガソリンスタンドが廃業に追い込まれています。電気自動車は充電スタンドの普及や走行距離の短さから、まだまだ普及が難しいのではと考えていましたが、簡単な工事により自宅で安い夜間の電気で充電すれば、経済的です。

電気自動車も一気に普及しそうな予感があります。過疎化した地域では、製品を普及させていくのは難しいものだと考えていましたが、その地域のマイナスの状況も、見方を変えれば、電気自動車のようにチャンスにもなるのだということが分かり、非常に勉強になりました。

②商社志望の例

原油の価格高騰を受けて、様々な製品の価格もまた高騰している旨のニュースです。

私は、この問題については正直折り合いをつけるのが難しい問題だと考えています。理由は、消費者と企業の両方が一番良い結果となるように調整することが極めて困難だと感じているからです。

天候不良や国際情勢などにより、原料や材料の確保が困難になることも多く、一定の価格を維持し続けることが企業としてはネックとなります。また、消費者側としては今まで購入していた価格より値上がりしてしまうと、その分家計を圧迫してしまうため、代替品を探す傾向にあります。

そうすると、企業の売上が下がり、採算を取るためにまた価格の改定を行う可能性が高くなります。両者にとって良い結果をもたらすためには、これからもさらなる調整が必要となり、今後もなかなか解決しない問題だと思っています。

③旅行業界志望の例

私が関心を持った記事は、日本を訪れた外国人観光客の数についてです。観光庁が発表した情報によると、訪日外国人客数は前年同月比よりも増え、月間での過去最多を更新したとのことでした。

特に、中国をはじめとする近隣諸国からの観光客が多い傾向にあります。近年はLCCの登場により、日本と外国を結ぶ就航便も増え、より日本が身近になっています。その一方で、日本人にとっても海外が今までよりも身近になっているということもできます。

為替の影響も関係しますが、訪日観光客や日本人の国内旅行により経済も潤い、日本にとって良い影響があると考えます。国内外問わずに観光客をより増やすためには、今よりももっと様々なことを企画・計画・工夫をする必要があります。色々なツアーを始めとする施策を各地方自治体や旅行業者が行うことにより、さらなる経済発展ができるのではないかと思い、関心を持ちました。

(引用:履歴書Do)

6.まとめ

最近気になるニュース ポイントおさらい

ニュースを答えるポイントおさらい

今回は、面接で「最近気になるニュース」を聞かれた時の好印象な回答方法についてご紹介してきました。「面接で気になるニュースを聞かれても、どう答えたらいいか分からない・・」と不安に思っている就活生の方も多いかと思いますが、しっかりとポイントを抑えておけば、それほど恐れる事はありません。本記事を参考にして、本番でもはっきり答えられるように準備をしておきましょう。
就活面接 面接対策にめっぽう強いオススメの就活エージェント10選!

24の質問であなたの面接力を診断

面接力診断

平均点は59点!
あなたの面接力は?

80〜100点 Sランク
面接力高い
60点〜79点 Aランク
面接力普通
40点〜59点 Bランク
面接力低め
39点以下 Cランク
対策を見直す必要あり

診断結果が出たら、対策を始めよう!

1位 キャリアチケット

プロのキャリアコンサルタントが、自己分析・面接対策・ES添削などの相談に乗ってくれるサービス。申し込み殺到!

\強者は勇気を出して人に頼る!/キャリアチケットの公式HPへ ※就活が進むにつれて混み合って対応が遅くなる可能性があります。申し込むなら今!

  2位 就職エージェントNeo

ES添削〜面接対策まで徹底サポート。業界大手だからこその安心感と圧倒的な求人数。短期間での内定獲得が可能です!

就職エージェントNeoの公式HPへ

  3位 ジョブコミット

ES、面接不要!最短4時間で当日内定を狙えるイベント

詳細・エントリーはこちら

 4位 digmee

LINE1つで就活を超効率化!優良ベンチャー多数と出会える最近話題のサービス

digmeeの公式HPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です