キャリアの神様

面接 短所

面接 短所

面接で短所を聞かれる3つの理由と失敗しない答え方!【例文あり】

面接で聞かれる「あなたの短所はどこですか?」という質問。就活生のあなたはこのように不安に感じるのではないでしょうか。

なんで短所なんか聞くんだろう?
正直に答えてしまって、相手にマイナスなイメージを持たれないだろうか?

選考を通過してきて、どうしても内定を取りたい方は、「短所」についていきなり質問されると非常に答えづらいものです。

あまりマイナスなことを言わないようにと、本当は自分の短所ではないのに、無難に対処しようとする方も多いかもしれません。

しかし、ほとんどの人が答えにくいこの「短所」に関する質問。実は意外にも自分をアピールするチャンスだったりするんです!逆に考えるのです。

この記事を読めば、なぜ面接で「短所」を聞かれるのかについてや、「短所」を聞かれた時の上手な答え方について他のどの情報をよりも具体的に知ることができます!

面接突破は面接力にかかってる!?
平均点は59点!あなたの「面接力」は?

  面接力を診断する  

【22卒必見!】優良インターンがザクザク見つかる神サイト!

有給インターンシップも見つかる『インターンシップラボ』

【22卒必見!】優良インターンがザクザク見つかるのに無料で使える神サイト!

有給インターンシップも見つかる『インターンシップラボ』

1.なぜ面接で「短所」を聞かれるのか?

面接官が「短所」について聞いてくる理由として大きく分けて以下の3つの理由が挙げられます。

  1. 課題解決能力が備わっているか知りたい
  2. 自分を客観視出来ているかどうか知りたい
  3. 自社の雰囲気とマッチしているかどうか知りたい
就活面接 19卒大手内定者である先輩である私が面接対策について7000文字で徹底解説

1-1.課題解決能力が備わっているか知りたい

面接 短所 答え方 意図

面接官は、ただなんとなくあなたの短所や弱点について聞いている訳ではありません。

短所というのは、人間であれば、誰でも1つや2つ持っているものです。仕事をする上でも、それを理解しつつも、他人と関わり合い、仕事をしていきます。

面接官は、あなたがその短所に対して、どのように自分で対処しようとしているのかを知りたいのです。短所を自分自身で理解しつつも、その短所をどのように克服しようと努力しているのか、具体的な行動や姿勢があるのかどうかを見ています。

こういった姿勢は、仕事においても「苦手なこと」に対して、逃げずに対処していけるかどうかにも繋がります。そのため、仕事における姿勢についてもこの質問で読み取ろうとしているのです。

1-2.自分のことを理解出来ているか知りたい

面接 短所 答え方 意図

自分の短所は、自分自身を理解せずして語ることは出来ません。

面接では、自分のことをアピールするのが主なので、「これが出来る」「こんなことをやってきた」など自分をよく見せようとすることが多いです。

あなたも、自分を大きく見せようとしたことが1度くらいあるのでは?

しかし、実は面接官は「あなたにどんな短所があって、どういった場面でそれが出てしまうのか、どういった対処をしているのか」について自己認知出来ているか、チェックしています。

それに、自分のいいところだけを言う人より、きっちり短所も述べられる人の方が信用出来ますよね。短所について理解するのは、長所を理解する以上に重要なのです。

客観的にあなたの強みと適職が分かる!

キミスカ 【すでに70,000人が利用】高精度自己分析ツール

1-3.自社の雰囲気や職種とマッチしているか知りたい

面接 短所 答え方 意図

短所を聞くことで、自社の雰囲気や職種と応募者が合っているのか知りたいという意図もあります。

社風は企業によって異なりますし、職種も営業や事務・経理、企画、開発など様々です。

企業側の目線に立つと、意図を理解できます。例えば、本当は適正が無いのにも関わらず入社させてしまい、結局入社してからわずか数週間で退職されてしまうことを企業は大きなリスクとしています。

したがって、短所を聞くことで、どのようなことが出来ないのか、自社の雰囲気と比べてこの人はやっていけそうかどうか知ることが見ています。

就活生は、入社後に自分の首を自分で締めないためにも、短所をきちんと相手に伝えることが重要です。

“短所を聞くのは◯◯が知りたいから!?”
面接官の視点が理解できるようになる『面接官評価シート』は以下のリンクから無料でダウンロード出来ます。

  回答してギフト券ゲット!

2.面接で話す短所の選び方のポイント

面接 短所 答え方 選び方

自分の短所を冷静に捉えるためには、自分で振り返ること、他者からの客観的な意見を取り入れること、の両方を行うことが効果的です。

でも、面接で短所を聞かれても、そもそも自分の短所がよく分からない・・・

と頭を抱えてしまう人も多いでしょう。

ここでは、面接で短所について聞かれた時に答えられるように、「自分の短所」の選ぶ方のポイントについてご紹介していきます。

2-1.自分の人生を振り返って考える

短所が明確に思い浮かばない人は、過去自分の人生に起きた出来事を振り返ってみましょう。

覚えている範囲で、小学生、中学生、高校生・・・となるべく詳細まで振り返ってみると、自分が経験した失敗であったり、苦手なことや、できなかったことなどから、自分の短所が思い出せるはずです。

自分で思い出したら、とりあえず紙にその出来事や短所だと思う部分を書き出していきましょう。

書き出し終わったものの中から、「これなら面接でも使うことが出来そうだ!」というものを面接で話す際の材料として考えれば良いのです。

2-2.周りの人に聞いて他己分析をする

他己分析をするのは、とてもオススメです。

なぜならあなたの周りの家族や友人などの親しい人物はあなたの良いところや悪いところを客観的に見て知っています。そのため、あなたが自分で考えるより客観的でリアルな意見を聞くことが出来るのです。

自分の短所を考える際に、1人で考えても答えは出にくいものです。困っている人は、周りの親しい人に聞いてみると良いでしょう。

2-3.逆に長所から考えてみる

長所と短所は表裏一体です。

長所の裏返しが短所であることも非常に多いのです。自分が長所だと思っているポイントの裏返しが短所になるケースについて考えてみましょう。

例えば、「自分の長所は責任感があるところだ」とあなたが思っているとしましょう。責任感が強いということは、確かに仕事をする上で非常に有利になるポイントではあります。しかし、反面、責任感が強すぎるあまり、「自分で解決しなくては!」と一人で問題を抱え込んでしまうこともあります。

このように、自分が長所だと思っていることも、別の視点から見てみると、実は短所になってしまったりするものです。短所が見つからない人は、自分の長所から考えてみるのも1つの方法ではないかと思います。

長所から考える短所【一覧】

  1. 「積極性がある」と「自己主張が強すぎる」
  2. 「協調性がある」と「人に流されやすい」
  3. 「忍耐力がある」と「あきらめが悪い」
  4. 「コミュニケーション力がある」と「しゃべりすぎ」
  5. 「真面目である」と「応用や融通が利かない」
  6. 「負けず嫌いである」と「強引なところがある」
  7. 「行動力がある」と「自分で判断してしまう」
  8. 「論理的に話せる」と「話が理屈っぽくなる」
  9. 「リーダーシップ力」と「強引すぎる」
  10. 「気配りができる」「自分を出し切れない」

2-4.プロからアドバイスをもらう

“短所=マイナス面”ではあるので、短所の選び方や伝え方によってはあまり良い印象を持たれないこともあります。

短所として使えそうな題材が見つかっても「本当にそれを面接で話していいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。

面接で話す短所やその伝え方に迷ったら就活のプロに相談してみましょう。

”その短所を答えていいのか”、”伝え方に問題はないか”、”もっとアピールにつなげるにはどうしたらよいか”などを、人事と直接やり取りしている就活のプロの目線でアドバイスしてくれます。

プロのアドバイスを受けておけば短所がただの自虐ネタで終わらず、しっかりとしたアピールにつなげることもできるのです。

エージェントならどれを使っても一緒だと思われがちですが、キャリアの神様は懇切丁寧に応対してくれるJobSpringをおすすめします。

3.短所を答える時のNGポイントって?

面接 短所 答え方 NG

人事の立場を無視した言動をすれば、高い確率で損をするか、無駄な発言になってしまいます。せっかくなので良い対応を知って得をしましょう!

短所を答える際には、絶対に言ってはいけないポイント3つをご紹介します。

3-1.短所はありませんと言ってしまう

自分の短所が見つからないからと言って、「短所はありません」と言ってしまうのは、絶対にやめましょう。

面接官は短所を聞くことで、あなたが人物的にどのような面を持っているのかを知りたいのです。

自分の長所はアピールすることが出来ているのに、短所を答えられないということは、自分自身をしっかりと理解出来ていないということであり、誠実さがないような印象を与えてしまいます。

したがって、面接で「短所がありません」というのではなくて、しっかりと答えを考えておくことが重要です。

3-2.努力で治らないような短所を選んでしまう

面接で短所を答える際には、結論としては自分が短所とどう向き合って、改善しようとしているのかを述べることが重要です。

そのため、短所にはなるべく努力や工夫でカバーできることを選ぶことがポイントです。

確かに短所の中には、努力してもどうにもならないようなものもありますが、そういった短所を選んでしまうと、本当に伝えたい、「自分が短所を改善するためにどのような努力をしているか」を伝えられなくなってしまいます。

短所について答える際は、努力で治らないような短所を選ぶのはやめましょう!

3-3.社会人としてNGな短所を言ってしまう

そもそも社会人として、NGな短所を言ってしまうと面接官に悪いイメージしか持たれません。

例えば、「時間にルーズ」、「仕事をするのが雑」、「コミニュケーションが苦手」などの短所は、面接官からすると「この人は社会人として基本的なことが出来ない人なのかもしれない」と思われてしまうので、社会人としての資質がないと判断されてしまいかねません。

短所を聞かれた時は、なるべくこういった、社会人としてのマナー・礼儀などの当たり前に出来なければいけないことを短所として答えるのは絶対にやめましょう。

4.短所を答える時は、「どう改善しようと努力しているのか」を答える

面接 短所 答え方 コツ

面接の前準備として、人事の意図をなるだけ理解しよとする努力は有効です。「短所を聞く意図」を知ることも一歩です。

「なぜ面接で短所を聞かれるのか」の項でも前述しましたが、面接官が聞きたい本質としては、あなたが「短所に対してどう向き合っているか」というところです。そのため、短所を答える時のポイントとしては、「どう改善しようと努力しているのか」を伝えることが一番重要なのです。

短所を聞かれた時にありがちなのが、「短所を言いっ放し」にしてしまうことです。

例えば、短所を「我が強い」ところにした時に、「私の短所は、我が強いところです。周りの意見よりも自分の意見を通したがるところがあります。」と言って終わりにしてしまうと、面接官は「この人は協調性がないのではないか」と思い、不安になってしまいます。

しかし、ここで「自分の意見だけでなく、他の人の意見をなるべく聞くようにしています」と述べるなど、自分で改善しようとしたり、周りへの配慮をしようとしている姿勢が見られれば、面接官の印象も大きく変わるでしょう。

4-1.伝える短所は1つに絞る

面接で短所を伝える際は、要点は1つに絞りましょう。

面接で話しているうちに、「自分の短所は優柔不断なところもあり、時間にもルーズで~」と並べてしまっていませんか?短所は言い出せばキリがないですよね。

短所が1つもないと、自分を客観的に見ることができていないという評価になりますが、短所が多すぎるのも自信のなさが伝わり、マイナスの印象です。

【NG例】
私の短所は、計画的に物事が進まないとイライラしてしまう点です。暇をもて余すことが苦手であり、アルバイトでもプライベートでも、スケジュール通りに生活したいと考えています。そのため、計画的に物事が進まないと、周りとの共同作業であっても自分が巻き取って進めます。

上記は「計画的に物事が進まないとイライラする」という短所に加え、「共同作業でも自分が巻き取る」短所も伝えています。

積極性や主体性を伝えているつもりかもしれませんが、このような伝え方ではチームでの仕事ができない自己中心的な人柄に映ってしまいます。

【改善例】
私の短所は、計画的に物事が進まないとイライラしてしまう点です。暇をもて余すことが苦手であり、アルバイトでもプライベートでも、スケジュール通りに生活したいと考えています。計画通りに進んでいない場合は、なぜ物事が進んでいないのか原因を知ることで、イライラはなくなります。アルバイトでは、自分のデキる範囲でなるべくスケジュール通りに進められるようサポートに回るようにしています。

注意点をもとに変更してみました。「自分のデキる範囲でなるべくスケジュール通りに進められるようサポートに回るようにしています」と添えることで、どのように改善しようとしているのかがよく分かる文章になっていますね。

4-2.長所と矛盾のないようにする

短所を伝える際は、長所との矛盾が生じないように気をつけてください。

短所が「計画的に物事が進まないとイライラする」だった場合、長所は「計画性がある」です。短所と長所に一貫性がないと、話に信憑性がなくなります。

自己分析の甘さや、本当は別の短所があるのではないかとも捉えられますので、短所と長に一貫性があるのか確認しましょう。

また、面接で話すうちにどんな短所を言ったのか分からなくなり、長所を話すときに一貫性のないものを伝えていたというケースもあります。

長所と短所の質問は面接では多くされますので、面接前には自分の長所と短所はなにか、具体的なエピソードはどんなものがあるか、あらかじめ用意しておきましょう。

5.面接で短所を聞かれた時の回答例

では、実際にありがちな「短所」をいくつか挙げて、それに即した回答例をご紹介していきます。当てはまるものがある人は、是非とも参考にしてみてくださいね。

5-1.緊張

私の短所は、緊張してしまいがちなところです。特に大勢の前で何かを発表したりする時は、緊張して頭が真っ白になってしまうこともあります。しかし、そうならないよう、事前に何度も準備や練習を行うようにしています。予め準備しておくことで、大きな失敗に繋がらなくなりました。

5-2.マイペース

私の短所は、マイペースすぎるところです。常に自分のペースで物事を進めてしまうため、他人と何かを一緒に進めるのが苦手です。そのため、なるべく自分自身で計画性を持ってどのくらいの時間で何を終わらせるか明確にすることで、先にスケジュールを確認しておいたりする工夫をしています。

5-3.心配性

私の短所は、心配性なところです。細かいところを気にしてしまったり、絶対にそうならないことでも悪い方に考えてしまったりします。このようなことを防ぐために、どうしようもなく不安になったら、今何を心配しているのか、そして、何をしなければならないのか、紙に書き出すようにしています。こうすることで、不安自体を可視化し、自分を安心させることに努めています。

5-4.優柔不断

私の短所は、優柔不断なところです。物を買う時もなかなか選ぶのに時間がかかってしまいますし、1つの意見を出すにしても、他の意見に忖度してなかなか自分の意見が言えなかったりします。そのため、何かを決める際には、「これは〇分以内に決める」と制限をかけることで、決断をするのを早めています。

5-5.せっかち

私の短所はせっかちなところです。常に何かの結論を出すことに焦ってしまったり、なんでも早くやろうとしてしまう癖があります。そのため、相手の意見をきっちり理解する前に、行動に移してしまい、失敗したことが何度もあります。こういったことを防ぐために、まずしっかりと物事を理解して、落ち着いて行動に移すことを意識しています。

5-6.気分屋

私の短所は気分屋なところです。気分が乗らないと、何かをやるのが遅くなったり、周りの人に冷たくなったりしてしまいます。しかし、自分の気分が乗らないだけで、周りの人に迷惑をかけているのはあまりにも良くないと考え、最近は、なるべく気分で左右されるのではなく、「これは〜だからやらないければいけない」と、より論理的に物事を進めるようにしています。

5-7.優しすぎる

私の短所は優しすぎるところです。自分が嫌われたくないがために、人に対して厳しくすることが出来なかったりしてしまい、言いたいことが言えなかったりします。これでは、自分や周りのためにも良くないと思い、その人のために言った方がいいことはなるべく指摘することが出来るように努力しています。

5-8.恥ずかしがり屋

私の短所は恥ずかしがり屋なところです。初対面の人と話すと何を話せばいいのか分からなくなって、上手く話せなかったりして、気まずくなってしまうことが多かったです。しかし、それでは自分の人としての幅が狭まってしまうと考え、会話が途切れそうになった時に相手が話やすくなるようなネタを予め考えておいたり、鉄板の質問ネタをいくつか用意しておくようにしています。

6.面接で短所を聞かれた時にしっかり準備しておきましょう

今回は、面接で短所を聞かれる理由と、短所を聞かれた時の失敗しない答え方について解説してきました。自分の長所であったり、アピールポイントは準備することが多いですが、短所に関しては目を向けない人が多いですよね。

面接でいきなり聞かれて、戸惑わないように予め自分の答えを準備しておくことが重要です。

他の学生と差がつく「最強の面接対策」とは!?

就活面接 19卒大手内定者である先輩である私が面接対策について7000文字で徹底解説

24の質問であなたの面接力を診断

面接力診断

平均点は59点!
あなたの面接力は?

80〜100点 Sランク
面接力高い
60点〜79点 Aランク
面接力普通
40点〜59点 Bランク
面接力低め
39点以下 Cランク
対策を見直す必要あり

診断結果が出たら、対策を始めよう!
   

就活生に人気のサービスTop3

ビズリーチキャンパス
3位

頼れるOBが探せる!
就活の不安はOBに相談して解決!『ビズリーチキャンパス』

Jobspring
3位

入社後早期離職率0.1%『JobSpring』
手厚いサポートが自慢!

offerbox
2位

あなたの強みと適職を特定!
適性診断の結果を基に業界大手・一流企業からスカウトが届く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です