キャリアの神様

面接で特技を聞かれた時の答え方

面接で特技を聞かれた時の答え方

面接で特技を聞かれる理由・好印象を与えれる回答のコツ【例文あり】

自分の特技が何だかわからない・・・
特技なんてそもそも持っていない・・・

あなたは今「面接対策における特技」について頭を抱えてはいないでしょうか。

人事である私の目線からしても、「特技で自分をアピールしなければ!」と必要以上に気負ってしまう学生は多い印象を受けます。

ご安心ください。

面接官が、「特技」を聞くことでどのようなことを知りたいのか分かっていれば、いきなり聞かれても怖くありません。

また、特技を選ぶ際にどんなことを気をつけたらいいのか、NGな特技は何なのかなども考えておくと良いでしょう。より万全な態勢で臨むことが出来ます。

この記事を読めば、面接で「特技」について聞かれた時に、どうやったら好印象な答え方が出来るのかについて完璧に理解できるようになるでしょう。

面接官の気持ちが丸分かりに!?面接官が使っている評価シートを以下から無料でダウンロード出来ます。

1. 面接官はなぜ就活生に「特技」を聞いてくるのか?

面接官が就活生に「特技」を聞いてくる意図としては、以下の3つが挙げられます。

  1. 人間性を見るため
  2. 論理的思考力があるか判断するため
  3. アイスブレイクをするため

1-1. 人間性を見るため

趣味や特技に関しての質問は、面接官としてもそこまで深く突き詰めたくて質問をしているわけではありません。

もし、聞かれたとしても相当変な回答をしない限り、特に問題なくパス出来るでしょう。

とはいっても、面接官も全く意味のない質問をしているわけではありません。

志望動機などの主要な質問をクリアした上で、その人の人物面、つまり人間性を把握しておきたいという意図から、質問することが多いです。

ここで、趣味や特技を聞いておくことで、自社の雰囲気とマッチした存在であるかどうか、入社後やっていけそうかなど、人間性的にどうかというところを見ています。

そのため、どんな特技であっても、スムーズかつ簡潔に述べることができるようにしておくと好印象を持たれやすいです。

1-2.論理的思考力があるか判断するため

自分の特技というのは、当然自分が得意としていることなので、アピール力がある人であれば面接官にたくさん伝えたいことがあるはずです。

しかし、「たくさんアピールしたい!」という感情が先走ってしまうあまり、感情的に話してしまうと、相手に考えを上手く伝えることが出来ないかもしれません。

社会人になると、物事を論理的に解釈して考え、相手にそれを説明する力を求められる機会が多々あります。そのため、したがって、論理的思考力があるかどうかは非常に重要なポイントなのです。

論理的に物事を話すためには、以下の順序で特技を伝えることを忘れてはなりません。

1. 結論(私の特技は〇〇です。)
2. 具体例、結論に対する論拠(◇◇に取り組み、××に対して努力しました。)
3. 最終的な成果(その結果、△△を得ることが出来ました。)

まず、面接において結論から述べるというのは、ほとんど鉄則です。

結論を述べてから中身を語り、最終的にどんな成果を得たのかを語ること。そうすれば論理的に物事を話すことが出来ます。

特技だからといって、何も考えずに感情的に話してはいけません。論理的に話すことで、わかりやすく相手に自分の考えを伝えられるようにしましょう。

1-3.アイスブレイクをするため

実は、単純にアイスブレイクをするために、この質問をしているということもあります。

面接の質問の中でも比較的に就活生側が話しやすそうな話題を意識的に降ったりします。

面接官としても、緊張して本音が聞けない就活生と対話することは本意ではありません。そのため、緊張をほぐすために就活生にこの質問をしているという意図も含まれているようです。

面接官としても、よりくだけた感じで話しをしたいという考えもあるので、落ち着いてしっかりと答えられるようにしましょう。

2. 特技はどうやって選んだらいいのか?

特技といっても、自分でいくつか「特技」と呼べるようなものを持っている人もいるかもしれません。そんな時は、どんな特技を選んだらいいのか迷ってしまいがちですよね。

そこで、ここでは特技はどんなものを選んだらいいのかについてご紹介していきます。

2-1. 仕事に関連しそうなものを選ぶ

面接で特技を聞かれた際に、仕事に全く関連のないものを選ぶのと、関係しそうなものを選ぶのはどちらが好印象を与えると思いますか。言わずもがな、後者ですよね。

例えば、特技がランニングであれば、「いつも、毎週2回は10km程度走るようにしていて、私はこれを2年間ずっと続けています。そのため、継続することに対しては自身があります。」と言うことで、自分自身をアピールできる、かつ、仕事にも結びつきそうな特技ですよね。

趣味や特技を活かして、仕事への意欲を相手に示すことも非常に重要です。

2-2. 本当に自分が好きなものを選ぶ

本当に自分が好きなものでないと、相手にもそれが伝わってしまう可能性があります。面接官も人事担当者として、会社の戦力になる人材を本気で選んでいるため、就活生がつく分かりやすい嘘はすぐにバレてしまいます。

アピールする側としても、本当に自分が好きなものであった方が、自信を持って相手に伝えることができます。そのため、面接官から質問されてきても的確に答えることが出来ますし、あなた自身の人間性も相手に伝わりやすいでしょう。

何より、堂々とした態度や、楽しそうに話す姿勢が相手に好印象を与えることも多いので、自信を持ってアピールできるものを話すようにしましょう。

2-3. 自分の強みや長所と関連して語れるものを選ぶ

特技自体が自分自身の強みの一部でもあります。自分の強みや長所と関連して語ることのできるものを選ぶと、相手により効果的にアピールすることが出来ます。

例えば、自分の特技が「フットサル」で、長所・強みが「責任感」だったとしましょう。この場合、

「特技のフットサルでは、毎シーズン、サークルの友人達と大会に出場しています。私はチームの全体を把握する司令塔的な立ち位置についています。私の仕事は仲間達と連携を取りながら、ポジショニングを詳しく指示することです。私の指示が、曖昧だと相手に隙を見せてしまい、点を取られることにも繋がるので、強い責任感を持ち、このポジションを務めています。」

などと少しでも長所に関係しそうなことを伝えると、後の質問にも良い影響を与えることが出来るでしょう。

3. 面接官に印象の悪いNGな特技は?

では、逆に面接官に対して印象を悪くしてしまう特技はどんなものでしょうか。NGな特技を選んでしまうと、それだけで面接官の印象を悪くしてしまうので、気をつけましょう。

3-1. 嘘の特技

「特技はどうやって選んだら良いか」でも前述したように、嘘の特技を言うのはやめておいた方が良いでしょう。万が一、この質問で面接官にバレなかったとしても、後々質問をしていく中でバレてしまうことが多いものです。

嘘の特技だとバレてしまうと、一気に面接官の信用を失ってしまいます。それに、この質問はそこまで面接の結果を大きく左右するようなものではないので、本当のことを言った方がプラスに働くことの方が多いです。

3-2. ギャンブルなどの特技

「麻雀」や「パチンコ」、「競馬」など学生のうちは様々なギャンブルに手を出す人も中にはいるでしょう。もちろん、ギャンブルをするかどうかは個人の自由なのですが、就活の面接においてこういったギャンブルを「特技」として述べるのは適切ではありません。

一般的に、ギャンブル自体はネガティブな印象が非常に強いために、相手に「この人は大丈夫なのだろうか」と不安に思われてしまいます。そのため、ギャンブルを特技として述べるのは避けた方が賢明でしょう。

4. 特技がない場合はどうしたらいい?

中には「特技らしい特技が思いつかない・・」と思っている方もいるはずです。特技が現状特に見つからない場合、以下の方法を実践して特技を探してみてください。

4-1. 周りの人に聞いてみる

あなたは、自分をどういう人間だと考えているでしょうか。もしかしたら、あなたが思っている性格は相手から見た自分と大きく乖離している部分があるかもしれません。もし、自分で特技が見つからないとしても、周りの人に聞いてみることで意外な発見があるかもしれません。

友人や家族などの親しい人たちであれば、あなたが普段から素を出している人たちなので、本来のあなたを知ることが出来るかもしれません。また、バイト先やサークルの先輩や後輩など外向きな関係の人にも聞いてみると、違った意見が出てくるかもしれません。

4-2. 最近を振り返って、気づいたらやっていることなどを思い出す

やはり、特技や趣味は気づいたらやってしまっていることなどです。まずは、最近を振り返ってみましょう。きっと何かあなたの好きなことや得意なことを勝手にやってしまっているものがあるはずです。

自分が普段気づいていないことに目を向けてみると、「そういえば、あれは得意かもしれない」と思えるものが出てきたりするものです。最近の自分の生活を一度冷静に振り返ってみると何か新しい発見があるかもしれません。

5. 面接で特技を聞かれた場合の例文

ここからは、実際に例文をご紹介していきます。今回は、5つご紹介するので、自分に当てはまる特技がある人は参考にしてみてくださいね!

5-1. 私の特技は「スポーツ(全般)」です

特技はリフティングです。私は、小学生からサッカーを続けていて、大学でも体育会の部活動に所属していました。小さいころから、リフティングは友達と競うように練習していたので、今でも100回以上は連続で出来ます。

リフティングを続けていたお陰で、試合中でも思いがけない足技で相手を抜くことが出来たり、ボールのキープ力が上がったりしました。リフティングを継続したことで、何事も継続することは重要なことなのだと感じることが出来ました。

5-2. 私の特技は「料理」です

私の特技は料理です。上京してきてから、一人暮らしを始めたことをきっかけに、自炊の楽しさを覚えました。今では、本やYouTubeなどを見て手の込んだ料理に挑戦することが趣味のひとつにもなっています。

どんな料理を作ろうか考えていると、想像力が掻き立てられ、創作意欲がどんどん湧いてくるので、レシピを考えることがとっても好きです。休日には、スパイスの調合からこだわった本格インドカレーを作って、友人たちに振る舞ったりもしていて、人との繋がりも出来る点も料理の魅力だと感じています。

5-3. 私の特技は「ピアノ」です

私の特技はピアノです。母親が音楽好きで、4歳の頃から近所の教室に通っていました。小学生高学年の頃には県のコンクールに出場したり、合唱コンクールで伴奏を担当したりしました。

大学生になっても友人とバンドを組んで、当時流行っていたバンドのコピーをしたり、細々とですが音楽に関わる活動は続けています。最近は、息抜きで好きなアーティストの曲を耳コピして演奏するのに挑戦しています。

5-4.私の特技は「早起き」です

私の特技は早起きが出来ることです。どんなに早い時間でも、今まで1度も遅刻したことがありません。大学時代はカフェでアルバイトをしていましたが、店を開ける業務を担当していたので、朝の5時には出勤しなければなりませんでした。

私が遅刻をすると、他の従業員だけでなく、お客様にまで迷惑をかける結果になるので、絶対に寝坊しないように日頃から早寝早起きを心がけました。更に、アルバイトの前日はできるだけ早めに寝るようにしました。アルバイトは4年間続けましたが、それらを心がけた結果一度も遅刻することはありませんでした。

5-5.私の特技は「掃除」です

私の特技は掃除です。学生時代はコンビニでアルバイトをしていたのですが、常に汚れている場所はないかどうか気を配りこまめに掃除をするようにしていました。汚れている場所に気づくことは、問題発見能力のひとつであると考えています。

汚れている場所をみつけたときには放置せずに、雑巾で拭いたり掃除機をかけたり、すぐに行動を起こしてキレイにしています。こうすることで、自分だけでなく周りの人もいい気持ちになるので、これからも掃除は続けていきたいと考えています。

6.面接で特技を答える際は肩の力を抜きましょう

今回は、面接で特技を聞かれた時の好印象な答え方についてご紹介してきました。就活をしていると必ず1回は聞かれるであろう、この質問。焦らず落ち着いて正直に自分の意見を述べることが非常に重要です。

「特技」と聞いて、アピールすることばかりに気持ちが先行してしまう気持ちも非常によく分かります。しかし、そこで論理的に相手に自分の気持ちを述べることで、相手に簡単に好印象を与えることが可能なのです。就活生の皆さんは、本記事を参考にし、特技で面接官に好印象を与えましょう。

24の質問であなたの面接力を診断

面接力診断

平均点は59点!
あなたの面接力は?

80〜100点 Sランク
面接力高い
60点〜79点 Aランク
面接力普通
40点〜59点 Bランク
面接力低め
39点以下 Cランク
対策を見直す必要あり

診断結果が出たら、対策を始めよう!

他の学生と圧倒的に差がつく「最強の面接対策」とは!?

就活面接 19卒大手内定である先輩の私が面接対策について7000文字で徹底解説【全文無料公開】

 1位 キャリアチケット

プロのキャリアコンサルタントが、自己分析・面接対策・ES添削などの相談に乗ってくれるサービス。申し込み殺到!

\強者は勇気を出して人に頼る!/キャリアチケットの公式HPへ ※5月になると混み合って対応が遅くなる可能性があります。申し込むなら今!

  2位 doda新卒エージェント

20卒限定!ES不要で選考へ進める就活サービス。業界大手だからこその安心感と圧倒的な求人数。行きたい企業が見つかる!

doda新卒エージェントの詳細はコチラ

 3位 digmee

ライン一つで就活を超効率化!優良ベンチャー多数と出会える最近話題のサービス

digmeeの公式HPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です