キャリアの神様

得意な学科

得意な学科

履歴書の「得意な学科」を面接官が聞く理由は?内定者が徹底解説

就職活動で履歴書を書く際、「得意な学科」の欄に何を書いたらいいか、困ってしまいますよね。

「得意な学科」といわれても、「国語」「数学」など高校の時の得意科目を書けばいいのか、「社会学」「国際経済学」「建築学」など大学で専攻した学科を書けばいいのか分からないですよね。

就活生の中には、「なぜこんな項目を書く必要があるのか?」と疑問に思う方もいるかと思います。

そこで今回は、なぜ履歴書を「得意な学科」聞かれるのかについてや、どういったことを書いたら採用担当者にとって有利に働くのかなど、履歴書の「得意な学科」の書き方について解説していきます。

面接がうまくいく人は面接力が高かった!?
平均点は58点!あなたの面接力は?

人気のエージェント!

就職エージェントneo

1.なぜ履歴書で「得意な学科」を聞かれるのか?

まず最初に、なぜ履歴書で「得意な学科」を聞かれるのか、採用担当者の意図について解説していきます。

理由は大きく3つあります。

  1. 専門性があるかどうか知りたい
  2. 学業にどう向き合っていたか知りたい
  3. 個性を把握したい

1-1.専門性があるかどうか知りたい

1つ目の理由は、採用担当者が、応募者自身が大学でどのようなことを学んで、どのようなことを身につけたのか。つまり、どのような「専門性」があるのかについて知りたいからです。

大学で身につけた知識は、会社にとっても利益に繋がる、大切な要素です。特に理系の学生の場合は、学んだことに直結する企業を目指すことが多いです。したがって、得意な学科を用いてあなたの専門性をアピールしましょう。

1-2.学業にどう向き合っていたのか知りたい

2つ目の理由としては、採用担当者が、応募してくる学生が学業とどう向き合ってきたのか知りたいからです。なぜ得意なのかを詳しく記述してあれば、その学生がどのくらいの本気度で、その学問に向き合っていたのかを知ることが出来ます。

学生の本分は勉強なので、学業にしっかりと向き合って、真剣に研究していた学生の方が、会社に入ってからも、いろいろなことを積極的に勉強してくれるのではないかという評価をされます。

1-3.個性を把握したい

3つ目の理由は、採用担当者が応募者の個性を把握しておきたいためです。例え、応募者の中で得意な学科が被ってしまったとしても、「なぜその学科が得意なのか」を説明する部分は大きく被ることがないので、その学生の個性を知ることが出来ます。

2.履歴書で好印象な「得意な学科」の選び方

「得意な学科」といっても、どんな学科・科目を書いてもいいというわけではありません。ここでは、履歴書で採用担当者に好印象を与えることが出来る「得意な学科」の選び方についてご紹介していきます。

2-1.専門性をアピール出来る学科を選ぶ

意外と多いのが、高校の時に得意だった教科「世界史」や、「数学」などを書いてしまう人です。しかし、単純に得意な学科を書けばいいということではありません。採用担当者が求めているのは、大学でどのように学んだのかについてです。

そのため、就活生は専攻した学問を選ぶと、内容自体も詳しく語ることができるので、好印象を与えることができます。この時に気をつけて欲しいのが、具体的に書くことです。ゼミなどで専攻した内容を詳しく書くことが出来ると専門性をアピールすることが出来ます。以下に例をいくつか挙げました。

  • 英米文学(ジョン・スタインベックと恐慌期のアメリカの貧困)
  • 社会学(北欧の社会福祉政策が国民に与える影響)
  • 経済学(東アジアにおける経済成長について)
  • 電子工学(装置の実装と解析など)
  • 機器分析学(食品の非破壊検査)

上記のように、ただ「〇〇学」と抽象的に書くのはおすすめしません。

もっと具体的に「卒論の内容」や「特に自分が特化して学んだ内容」などについて実践的に学んでいくと自信を持って答えることができ、自分の専門性や学業に取り組む真面目さをアピールすることが出来ます。

2-2.応募先の業界の業務と関連している学科

志望している企業の業種と近い学科を専攻している場合は、その専攻している学科を「得意な学科」として書くと良いでしょう。業務に関連する学科を書くことで、自分の専門知識を職場で活かすことが出来るという大きなアピールになります。

また、専門的な知識をつけていることもアピールできることに加えて、入社した後も積極的に仕事に関して学習出来る人であるという評価を受けることが出来ます。そのため、なるべく応募先の業界の業務と関連している学科を書くと好印象をもたれやすいでしょう。

3.「得意な学科」がない時は?

履歴書に「得意な学科」を記入する欄があったとしても、「特に得意な学科なんてない・・・」と思う方もいるのではないでしょうか。ここでは、履歴書で「得意な学科」が特に無かった時にどのような学科を書けば良いのかについて解説していきます。

3-1.努力した学科を選ぶ

「得意な学科」と言われても特に思いつかない場合、自分が努力した学科を選んでみてください。努力した学科というのは、得意では無かったけど、頑張って努力したら理解出来るようになった学科のことです。

採用担当者としては、あまり得意では無かったけども努力する姿勢は非常に評価出来ます。なぜかというと、苦手を克服しようとする姿勢は、仕事においても困難や壁にぶつかった時に、辛いからといって逃げてしまうのではなく、なんとか努力して乗り越える力があると評価してもらえるからです。

3-2.得意な語学を選ぶ

自分が学生時代に、ゼミに入っていなくて専攻らしい専攻を深く学んだことのない方は、得意な語学を選ぶといいでしょう。できれば、「TOEIC800点」、「スペイン語検定2級」など、履歴書に書けるレベルの実績を書ければ、とても評価されます。

しかし、別にここでは、履歴書に書けるレベルの実績でなくても構いません。自分がこの語学がなぜ得意なのか、どう学習したのかを書くことで、面接官は語学の習得に対して努力したのだということを評価してくれます。

ただ、企業のレベルにもよりますが、得意というからにはtoeicは800ないと厳しいというところもあります。「好き」と「得意」は違うので、面接で相手に欲しいと思ってもらえる人材かどうかからの逆算することも時には必要でしょう。

得意な学科がない場合の対処法を2つほど紹介しましたが、それでも何の学科を書けば良いのか迷ってしまっている場合は、他の人がどのように書いているのかを参考にしてみましょう。

自分では思いつかなくても、他の人の回答例を読んだときに、そういえば自分もあの学科の勉強でこういうことを頑張ったなといったように、自分の経験を思い出すこともあります。

また、他の人の着眼点を参考にすることで、書くほどでもないと思っていたエピソードの活かし方を学ぶことにもつながるのです。

他の人の書き方を参考にするには『内定者のES100社まとめ』を利用するといいでしょう。

メガバンクや商社、広告業界など様々な業界に内定した先輩たちのESがまとめられているので、あなたが受けようとしている業界の内定者ESからその業界で受けそうな書き方も学ぶことができます。


何かと役立つ内定者ES集

無料でダウンロードできる!

4.履歴書の「得意な学科」の例文7選

では、実際に履歴書で「得意な学科」についてどのようなことを書けば良いのか、例文を7つほどご紹介していきます。

4-1.得意な学科が「文学」の場合

私の得意な科目は文学です。昔から小説などの文学作品を読むのが好きだったので、もともと文学には人より詳しかったです。大学では特に明治~昭和初期の日本文学を中心に学びました。授業で取り上げられた題材は必ず自分ですべて読みました。今では週に1冊ペースの読書週間がつきました。

4-2.得意な学科が「金融論」の場合

私の得意な科目は金融論です。将来金融系の仕事をしたいと考えていたので、FPの資格を取ろうと勉強したところ、金融の面白さに気づき、意欲的に勉強するようになりました。そのため、大学では金融について学べる科目を中心に履修しました。特に金融論は、金融についてはじめて専門的・体系的なことを学ぶことができました。

4-3.得意な学科が「心理学」の場合

私の得意な科目は心理学です。単純に「面白そう」という興味で履修しましたが、ある経営者の自伝を読んだ際に、経営的な視点から、心理学が応用できることを学んでさらに興味をもち、人より数倍勉強するようになりました。卒業論文にもテーマとして取り上げる予定です。

4-4.得意な学科が「電気電子工学」の場合

私の得意な科目は電気電子工学です。機械を自分で作るのが非常に好きなので、電気電子工学は非常に得意です。実際に装置を動かしてデータを集め、解析する経験を積むことができました。特に、演習のようにやり方が定められていないなかで試行錯誤したのが非常に良い経験でした。

4-5.得意な学科が「機器分析学」の場合

私の得意な科目は機器分析学です。以前から分光学の本を自分で読んだりするほど、興味があり、機器分析学への知識は豊富にありました。大学では、主に電磁波を使った機器分析法を中心に学びました。特に、紫外可視近赤外分光法による、食品の非破壊検査の演習では、具体的に化学が産業を支えている実感を得ることができました。

4-6.得意な学科が「建築史」の場合

私の得意な科目は建築学です。将来的に意匠設計の仕事をしていきたいと考え、色々な建築に興味を持ち始めました。そこで、建築の歴史についても学んでいくことで、自分の作品にも深みが出るのではないかと感じ、勉強しはじめたところ、建築史の面白さにのめり込みました。大学では、主に日本建築史を中心に学びました。授業で取り上げられた日本国内の建築物は全部で70にも及びますが、公開されている建築物に関しては、3年かけてすべて自分の目で見ることで、より理解を深めることができました。

4-7.得意な学科が「スペイン語」の場合

私の得意な科目はスペイン語です。授業の第二外国語で履修してから興味を持ち、学習を始めました。しかし、友人とスペインに旅行に行った際に、自分のスペイン語がほとんど使えなかったことが悔しかったため、そこから必死に勉強するようになりました。文献をスペイン語で直接読めるようになることを目標に学習した結果、今では、専門課程のレポートであれば問題なく読むことが可能です。

(参考:キャリマガ)

5.まとめ | 得意な学科をアピール材料にうまく活用しよう

今回は、履歴書に「得意な学科」の欄が設けられていた時に、どのようなことを書けば良いのかを中心に解説してきました。

一見、簡単なように見えますが、考えて書いてみると意外と難しいのがこの項目です。

得意な学科をしっかりとアピールすることで、自分が学生時代にどのようなことを学んだのか、またその学問に対してどのように取り組んだのかを採用担当者に伝えることが出来ます。

「何を書いたらいいか分からない・・・」と悩んでいる就活生の方は、是非とも本記事を参考にしてみてくださいね!


ESを添削してもらうなら就活のプロがおすすめ

ESも面接も就活のことならなんでもおまかせ!

【人気企業100社分!!!】内定者のESから通るESの特徴を学ぼう

内定者のES

エントリーシートをどうやって書いていいかわからない

面接に進むための通過点として重要なエントリーシート。しかし、自己PRやガクチカなどをどうやって書いていいか悩む人も多いもの。

そこで人気企業100社の内定者が実際に提出したES回答集をプレゼント!

基本的な書き方から、評価されるポイントを詳しく解説。内定者のエントリーシートを基にすれば、魅力的な文章を効率よく書けるでしょう。

掲載企業:ANA/JAL/トヨタ/日産自動車/花王/電通/博報堂/三菱UFJ銀行/みずほ銀行/三井住友銀行/伊藤忠商事/三菱商事/ 三井物産/NTTデータ/JR東日本/JTB/HIS/リクルート/サントリー/日清/明治/森永製菓/IBM/ゴールドマン・サックス/ モルガン・スタンレー/BCG/NHK/東京海上日動/三井住友海上火災/野村證券…(他)

\人気企業100社分!/

他の学生と圧倒的に差がつく「最強の面接対策」とは!?

就活面接 19卒大手内定である先輩の私が面接対策について7000文字で徹底解説【全文無料公開】

 

就活生に人気のサービス

1位 キャリアチケット


最短2週間の最速内定。手厚いサポートで利用者の95%が満足したエージェントサービス!

JobSprengの公式HPへ

  2位 ジョブトラ


早期内定直結型イベント!
⼈気企業やメガベンチャーの役員や⼈事担当者に直接、 ⾃分の魅⼒や”やる気”を伝えるチャンス!

イベント予約してみる

  3位 就職エージェントNeo


ES添削〜面接対策まで徹底サポート。業界大手だからこその安心感と圧倒的な求人数。短期間での内定獲得が可能!

就職エージェントNeoの公式HPへ

 4位 digmee


LINE1つで就活を超効率化!優良ベンチャー多数と出会える最近話題のサービス

\3年生に大人気!/
友だち追加してみる

  5位 ジョブコミット


ES、面接不要!最短4時間で当日内定を狙えるイベント

詳細・エントリーはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です