キャリアの神様

就活 不安 アイキャッチ

就活 不安 アイキャッチ

就活を不安に思う必要はない!3つの根拠と解消法を徹底解説

就活がとにかく不安で仕方がなく焦ってしまう
就活がうまくいく気がしなくて不安しかない
みんなが活動しだして急に不安になってきた

この記事をご覧のあなたは上記のような心境に陥ってしまってはいないでしょうか。今までに経験したことのない就職活動にはやはりどうしても不安になることもありますよね。

私自身も就職活動を行う最中は「自分なんかに内定が本当にもらえるのか」「うまくいかないんじゃないか」と不安に思っていた時期もありました。

特に選考に何度も何度も落ちたりネガティブなことが起こった時には不安は一層増していきました。しかしながら、結論を伝えると就職活動を不安に思う必要は全くありません。

と言われても不安に思ってしまうのが人間ですので、この記事では就活を不安に思っているあなたに不安を解消する方法と不安に思う必要がない理由についてお伝えしていきます。

最後まで読んでいただけますと、今感じている就活にたいしての不安が和らいだり、少し落ち着いた状態で余裕を持って就職活動を行うことができるようになるでしょう。

1.就職活動は誰しもが不安に思う時期があるもの

就活 不安 みんな 誰でも

就活を不安がることは危機を知らせる良いサインだと認識し、あとは行動していきましょう!

就職活動を始める前、もしくは就職活動を始めてうまくいっていない時には誰しもが多かれ少なかれ不安な感情に苛まれるものです。

ですので、不安な感情を抱くこと自体は悪いことでもなんでもありません。むしろ、全く不安な感情を抱かない方が問題があります。

不安を抱かないということはすなわち危機意識を感じていないということだからです。しかし、あなたは現に不安な感情抱きこの記事にたどり着きました。

すなわち、あなたは現状に危機意識を持っており何かしら現状を改善させるアプローチを打ちたいと考えているとも言えます。

まずは、そのことを誇りに思ってください。ただし、あまりにも過度に不安になってしまったり、しんどくなってしまうことは問題ですから、あなたの不安を緩和できるよう以下述べていきます。

 

不安という感情は緊張感を生んでくれる側面もある。緊張感は物事をうまく運ばせる上で大事な要素なのじゃ。

キャリアの神様

 

よしお

不安という感情もバランスよくコントロールするのが大事なんだね。

2.就職活動を不安に思う必要がない3つの理由

まず、タイトル通りなのですが、就職活動を不安に思う必要はありません。「そんなこと言われても不安なものは不安なんだよ」と言われるかもしれません。

しかし、それでも私は就職活動を恐れたり、ネガティブに捉える必要はないと伝えたいと思います。具体的な理由は以下の3点です。以下より具体的にお伝えします。

  • 思っている以上になんとかなる
  • 就活が不安と悩んでいるうちに時間がなくなっていく
  •  適切にサービスを利用すればいつでも良い企業から内定を獲得できる

2-1.思っている以上になんとかなる

就活 不安 なんとかなる 既卒 スキル

まず、一般的には就職活動で内定を取れなかったらヤバイという認識がされていることが多いと思います。しかしながら、この認識は必ずしも正しいとは言えません。

実際問題、仮に就職できなかったとしてもなんとかなります。というのも既卒として再度就職活動をすることもできますし、今ならクラウドソーシング等で仕事をすることもできるからです。

個人がいきていくだけならば日本に生まれた時点で困ることはありません。さらに失敗したとしてもあなたはまだ20代です。

どんな企業に入ったとしても能力があれば、仕事ができるのであれば大企業に転職することも可能です。

多少の努力は必要ですがプログラミングやウェブ系の知見、デザイン等々何かしら勉強すれば、就職することも個人で仕事をしていくこともそれほど難しいわけではありません。

この観点から考えるとむしろ、就職したとしてもなんのスキルも身に付かず、将来性がない企業を選択してしまっていることの方が危険と言えます。

さらに言うとあなたには休学するという手も残されています。休学をし、企業でインターンをしながらプログラミングを勉強したり学生のうちから市場価値を上げる方法は残されています。

そうして、ある程度知見ができた段階で来年に再度新卒として就職活動を行うこともできるのです。このように就職活動がうまくいかなくてもあなたには意外と多くの選択肢が残されているのです。

2-2.就活が不安と悩んでいる間に時間がなくなっていく

就活 不安 動けない 悪循環

就職活動において最も重要な1つがタイムマネジメントです。就職活動のメインの時期は12月から8月くらいまででしょう。特に人気の企業に関しては6月くらいまでに選考は終えてしまうことが多いです。

すなわち、比較的短期間に多くの企業にエントリーしたり、対策をしたり説明会に参加したりする必要があるということです。

結論を言うと就職活動の不安は就職活動をすればするほどなくなっていきます。そして、不安だと悩んでいれば悩んでいるほど実際に就職活動する時間がなくなっていきます。

そうなれば、時間がない→就活できない→不安で悩み動けない→もっと時間がなくなるという負のループに入ってしまうこともあります。

実際に私の周辺にも就活が不安で動くことがあまりできず、エントリーしておきたかった企業にエントリーできなかったり、選考を辞退してしまうということがありました。

不安に思っても思わなくても時間は過ぎ去ってゆくので、少なくとも自分が興味ある企業は少し無理してでも全て受けるようにしておくことをお勧めします。

2-3.適切にサービスを利用すればいつでも良い企業から内定は獲得できる

就活 不安 サービス エージェント就活

とはいえ、もしかするとどうしても内定を持っておかないと不安だと思う方もいるかもしれません。とにかく早期に内定が欲しいのであれば、エージェント等の就職サービスを使いましょう。

複数の就活エージェントに登録しておけばとりあえず内定は確保することができます。内定を保有した状態だと本命企業の選考を受ける際にも少し余裕を持って臨むことができるでしょう。

いくら保険で内定を取っておくとはいえできれば良い企業から内定を得ておきたいと思いますので、以下にオススメのエージェントをまとめておきました。
就活エージェントおすすめ 19卒就活生の先輩である私が本当におすすめできる就活エージェントを10個厳選

 

3.就活を不安に思わないための秘訣

就活 不安 解決策

就活への不安は危機意識なので、持ちつつもうまくコントロールする方法を実践しましょう。

基本的に人間は何か問題や壁があると不安を感じるようになっています。ですので、不安そのものを完全に捨て去ることは難しいでしょう。

しかしながら、不安という感情を軽減したりあるいは重くすることに関しては自身の意識しだいでコントロールすることが可能です。

ここでは、就活を不安に感じているあなたの不安を軽減し、就職活動自体を好転させる方法についてお伝えします。

3-1.楽観的にシンプルに考える習慣をつける

なぜ、就職活動が不安だと思うのかというと基本的には「うまくいかなかった時にどうしたら良いかわからない状態であるから」なのではないでしょうか。

すなわち、就職活動がうまくいくか、うまくかなかった場合にどうすればよいか事前に考えていれば、それほど不安を感じる必要はないのだと考えられます。

結論、就職活動でうまくいかなかったとしてもあなたが思っている以上にダメージはありません。もちろん、何にもしていなかったり、動けていない場合は危機感を持った方が良いです。

しかし、実際にある程度稼働して取り組んでいるのであれば問題はありません。

なぜなら、就職活動における結果というのは必ずしもビジネスにおいて必要な素質を評価されているわけではないからです。

就活は最終的に運の要素も強いです。たまたま出会った面接官と相性が悪くて落とされたり、その逆だったりはザラに起こっています。

ですが、結局社会に出た時に評価される点は簡単な話「仕事ができるか」という点です。仮にあなたの就職活動がうまくいかなかったとしてもビジネス戦闘力が高ければ大企業でも転職はできます。

就職活動がどうでもいいわけでは決してありませんが、結局はあなたが社会から需要のある仕事ができるかどうかが重要になってきます。

就職活動がうまくいかなくても大丈夫です。しっかりと仕事ができるようになる方法を考えて実行していきましょう。

3-2.既存の就活ルートだけに乗っからない

いわゆる一般的な就職活動を行なっているとどうしても重苦しく制約も多い環境になってしまいます。

ですが、就職活動は必ずしもエントリーシートを書いてSPIを受けたのちに面接を受けるという形式だけというわけではありません。

リクルータがついたり、インターンを通じて内定がもらえたり、リファラル採用であったり、逆求人など様々な形態があります。

また、私の例を出すと某イベントや町のお祭り等でたまたま出会った経営者の方と仲良くなったことをきっかけに「うちに来ないか」といって頂くこともありました。

就職活動とひとえにいっても色んな手法がありますし、そもそも就活自体が人間関係の延長戦場にあるとも言えます。

もう少しあなたに合った形で、自由な発想で就活をして頂くと不安を感じることも少なくなるのではないでしょうか。

3-3.動けるだけ動いて情報を収集する

もう少し簡単にいうとできるだけ予定をパンパンに入れるということです。もちろん、体調を崩してしまっては元も子もないので、体調管理は大切にする必要があります。

このことは当然前提だと認識しておいてください。ただ、その上で考えていただきたいことが不安を感じる時というのは基本的に「何もやっていない時」だということです。

何もやることがないからこそ「このままやっていて大丈夫なのか」「自分の能力でかなうのか」「うまくかないんじゃないか」などとどんどん悪い方向に深く考えてしまうようになる傾向があります。

また、できるだけ今すぐ動けるだけ動いて情報を収集しておくことで他の就活生よりも有利に就職活動ができますし、動いていれば動いているほど基本的に自己肯定感が高まっていきます。

結果として、就職活動において不安を感じる機会や不安感が現象することに繋がりますし、実際に動いているわけですから結果が出る可能性も高くなります。

極論を言うと「止まってはいけない」のです。止まってしまった瞬間、人間は余計なことをあれこれと考え出してしまうからです。

3-4.楽しく就活ができるように工夫する

とはいえ、しんどい、つらいと思って就職活動をしていてはどこかのタイミングで止まらざるを得ません。ですので、大切なことは立ち止まらないためにそれなりに楽しく就活を行うことです。

私も就職活動が不安でしんどいと思っていた時はそう考えることが難しかったのですが、少し見方を変えると就活は「いろんな人と出会い話ができる」という機会でもありました。

すなわち私にとって就活はだるい部分もあったものの、様々なイベントや就活仲間等、同じ大学では出会わないような方々と共に有意義な時間を過ごすことができる機会でもあったわけです。

ですので、結局就職活動自体をどのように見てどのように行いどう認識するかは本人次第というところもあります。

やらなければならない部分はこなしつつ、いかに楽しさを見出すことができるかといった点も不安感を克服する上では大切な要素です。

もっと言うと日頃から精神状態を良好に保つために、例えば生活習慣であったり食生活等を意識的に改善するように心がけポジティブに物事を捉えられる状態でいるよう務めた方が良いでしょう。

4.不安に思っている時間はとても勿体無い

就活 不安 時間の無駄

就活を不安がるせいでパフォーマンスを落としてしまうのは本末転倒です。自己管理の一環として心を調整しましょう

基本的に過度に不安になっている状態は積極的な行動を抑制したり、頭のキレが悪くなったりとあまり良いことが起こり得ません。

就職活動で大企業から内定を得るためには、やはりある程度エントリーしておく必要はあると思われます。中にはスッと内定を得られる学生もいますが、どちらかと言うと少数派でしょう。

時間が限られた就職活動期間中に過度な不安から動けなくなってしまうと、エントリーできたはずの企業にエントリーできなくなってしまったり、貴重なチャンスを逃すこともあり得ます。

やってみてうまくいかなかったことは納得もできますが、行動せずにうまくいかなかった場合どうしても後悔してしまう場合もあります。

そういう意味でも就活中はネガティブな状態ではなくポジティブな状態でいることがとても重要になってくるのです。

生活習慣、食生活、睡眠時間、ストレス、あるいはあなた自身の考え方や捉え方を少し意識して明るくするように努めていただくことで、結果として良い状態になる可能性が高まるでしょう。
就活エージェントおすすめ 就活が不安なあなたに内定率が高いおすすめ就活エージェントを10個厳選

1位 キャリアチケット

プロのキャリアコンサルタントが、自己分析・面接対策・ES添削などの相談に乗ってくれるサービス。申し込み殺到!

\強者は勇気を出して人に頼る!/キャリアチケットの公式HPへ ※就活が進むにつれて混み合って対応が遅くなる可能性があります。申し込むなら今!

  2位 就職エージェントNeo

ES添削〜面接対策まで徹底サポート。業界大手だからこその安心感と圧倒的な求人数。短期間での内定獲得が可能です!

就職エージェントNeoの公式HPへ

  3位 ジョブコミット

ES、面接不要!最短4時間で当日内定を狙えるイベント

詳細・エントリーはこちら

 4位 digmee

LINE1つで就活を超効率化!優良ベンチャー多数と出会える最近話題のサービス

digmeeの公式HPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です