キャリアの神様

就活 めんどくさい 裏技 アイキャッチ

就活 めんどくさい 裏技 アイキャッチ

就活はめんどくさい!いかに楽して内定を取るか先輩が解説

自己分析とか業界研究とか意味あるの?
もう少し、なんか楽に就活する方法ないの?
どんだけ頑張っても落ちるんだけど
とにかく就活ってめんどくさい

この記事をご覧のあなたは、上記のように考えたことが1度や2度はあるのではないしょうか。ESやSPIに自己分析、業界研究、インターン……と就活はやるべきことを数えるとキリがないですよね。

そして、それらの多くは非常にめんどくさいプロセスです。企業にエントリーするだけなのに、長々しい文章を書いて提出しなくてはいけません。

この記事では、ぶっちゃけ就活がめんどくさくて、できる限りやりたくないと思っているあなたに以下のようなお話をしたいと思います。

  • めんどくさい人が使うべき神就活サービス
  • すべてアプリ1つで内定を勝ち取る方法
  • ほんとにめんどくさいときの気持ちの切り替え方

最後まで読んでいただければ、超効率よく就職活動を乗り切る方法について理解ができめんどくさいと思っているあなたでもそこそこの結果を出すことができるようになるでしょう。

80点以上はSランク!あなたの『就活力』知りたくありませんか?

就活力診断 6つの分野で判定!『就活力診断』

\ AIが最適な企業をマッチング!/
jobspring

就活がめんどくさい理由とおすすめの対処法

就活がめんどくさい理由

  1. やることが多すぎて何から始めていいのか分からない
  2. 企業説明会への参加しなくちゃいけない
  3. 履歴書・ESの作成
  4. 選考に落ちすぎて自暴自棄になる

就活がめんどくさい理由①やることが多すぎて何から始めていいのか分からない

就活がめんどくさいと思う理由のひとつに、やることが多くて何から始めていいのか分からないことが挙げられます。

就活は企業から内定をもらうまでに「自己分析」「業界/企業研究」「OB/OG訪問」「インターンシップ」「SPI対策」「エントリーシート」など多くの作業があり、何をどのように始めていいのかわからなくなりますよね。

「自力で多くのプロセスを通らないといけない」と考えてしまうと、就活がめんどくさくなってくるのは当然といえるでしょう。

しかし、就活は自力ですべてやろうとしなくてもいいんです。就活がめんどくさいと思っている人におすすめの方法を紹介します。

エージェントを利用すると自己分析から面接対策までサポートしてくれる

「自己分析」「業界/企業研究」「OB/OG訪問」「インターンシップ」「SPI対策」「エントリーシート」などのすべてのプロセスを自力でおこなおうとすると大変です。

何から始めればいいのかわからない人には、就活エージェントの利用をおすすめします。就活エージェントを利用すれば、自己分析・業界企業研究の効率的なやり方や、エントリーシートや面接対策に至るまで、プロの視点でアドバイスをもらえます。

就活のプロと一緒に就活を効率よく進めていけるので「何からやればいいんだ」という悩みを解消できるでしょう。

エージェントが徹底サポート『キャリアチケット』

おすすめの就活エージェントは「キャリアチケット」です。キャリアチケットを利用すれば、内定を獲得するまでエージェントがあなたの就活を徹底的にサポートをしてくれます。

自分専用の就活アドバイザーがサポートしてくれるので、就活の不安や悩みを抱え込まずに就活を進められるでしょう。

キャリアチケットでは、独自に厳選した優良企業の求人を扱っています。「自分の軸」に合った企業をきっと紹介してくれるので、ぜひ利用してみましょう。

就活がめんどくさい理由②企業説明会への参加しなくちゃいけない

就活がめんどくさいと思う2つ目の理由は、企業説明会に参加しなければならないという点です。

企業研究を進めるにあたり「その企業の事業内容・仕事内容・働き方・特徴や課題」など様々なことを知る必要があります。企業説明会に参加するのは、こうした企業情報を収集するためです。

企業説明会では、企業ホームページや口コミなどのインターネット上で把握する情報よりも、濃密でリアルな情報を得ることができます。一方で、企業説明会に参加する際は、説明を聞きに行くだけにも関わらず、直接会場に出向かなければなりません。

選考ならまだしも、説明会のためだけに時間も交通費も費やすのはめんどくさいと思う人も多くいるでしょう。

よしお

わざわざでかけたのに収穫なしだった時には、ますます面倒くささが増すよなー

Web説明会は自宅に居ながら参加が可能

インターネットやスマホの広がりによって、Webで企業説明会を開催する企業も増えてきました。Web説明会であれば、わざわざ時間と交通費をかけて企業を訪問する必要がなく、自宅にいながら参加することができます。

就活大手のリクナビやマイナビでもWeb説明会を実施している企業を検索できますし、最近では動画メインで就活を進められるサービスも登場しています。Webを活用して就活を進めるには、自宅のインターネット環境を整えておくのが必須です。

日本初のアプリ1つで内定まで可能『ログナビ』

日本初の無料動画求人アプリ「ログナビ」は動画メインで就活を進めることができ、アプリ1つで内定まで完結する新しいサービスです。

「WEBセミナー」という形で企業の動画を視聴することができます。動画なので、いつでもどこからでも視聴可能です。

また、企業からスカウトがくることもあります。スカウトされた企業と面接をする際も、アプリでおこないます。就活の全プロセスがほぼ動画で完結するので、対面での面接が苦手という人にもおすすめです。

企業情報の収集や説明会に行くのが苦痛で「就活がめんどくさいな」と思っている人はぜひ利用してみましょう。

就活がめんどくさい理由③履歴書・ESの作成

就活がめんどくさいと思う3つ目の理由には、履歴書・エントリーシートを作成しなければならないことが挙げられるでしょう。

履歴書はどの企業も同じ形式ですが、書くのに手間と時間がかかりますよね。エントリーシートについては企業ごとに設問が異なるので、都度考えなければならないのは非常にめんどくさいです。

せっかく時間をかけて書いたのに、落ちてしまうと「あの時間は何だったんだ」とやる気がなくなります。

次の企業の選考に向けて新しく履歴書やエントリーシートを書かないといけないのに、めんどくさくなって後回しになる人もいるでしょう。

よしお

手書きの履歴書で最後の最後に間違えたときの絶望感と言ったら…。

1つ作成することで複数の企業へエントリーが可能『OpenES』

リクナビには、エントリーシートを1つ作成するだけで、あらかじめ登録した企業へエントリーできる「OpenES」というサービスがあります。

「OpenES」は6つの共通項目(企業によっては+αの質問あり)を一度記入するだけで、4,000社以上の企業に提出できるので手間と時間を省略することができます。

また、Web上で提出できるので郵送の必要がありません。紙のエントリーシートを郵送する場合、封筒や切手を買って宛名を書いて……とさまざまな工程を踏まなければならず、正直めんどくさいですよね。

OpenESならそれらの工程が一切不要ですし、封筒代や切手代も節約できます。

リクナビ『OpenES』の質問項目

  1. 氏名、現住所、休暇中の連絡先
  2. 学歴
  3. 保有資格・スキル、趣味・特技など
  4. 学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容
  5. 自己PR
  6. 学生時代に最も打ち込んだこと

プロフィールの作成により逆スカウトがある『OfferBox』

プロフィールを作成するだけで、企業から逆スカウトされる「逆求人型スカウトサイト」を利用することもおすすめです。そのなかでもおすすめできるサービスは、登録企業7,000社以上、大手企業からベンチャー企業までさまざまな企業のオファーを受けられる「OfferBox」です。

「OfferBox」では登録した学生の93.6%が企業からスカウトをもらっています。自分に興味を持った企業からのオファーだけあって、内定に近づきやすいといえますね。

一度充実したプロフィールを作るだけで、あとは企業からのスカウトを待つだけです。企業ごと履歴書やエントリーシートを作成することに比べたら、圧倒的に楽です。

逆求人サイト・オファー型就活  おすすめの逆求人サイト10選!実際に使った先輩100人が徹底比較

就活がめんどくさい理由④選考に落ちすぎて自暴自棄になる

就活がめんどくさいと思う4つ目の理由は、選考に落ちすぎてしまうことで「どうしたらいいのか」と考え込んでしまうことが挙げられます。

何度も選考に落ち続けることで自暴自棄になって、もはや就活のことを考えるのも嫌になりめんどくさくなってしまいます。落ちた企業が本命であればなおさらです。

選考に向けて自己分析や企業研究をしたりエントリーシートを書いたりと、多くの時間を掛けて準備したにも関わらず、あっさりと落とされてしまうとモチベーションを維持するのが難しいです。

こで、就活を続けるのにモチベーションが維持できない場合の対処法を紹介します。

一度就活から離れてみて思いっきりリフレッシュする

選考に落ちすぎて就活を続けるモチベーションが湧かないときは、一度就活から離れて思いっきりリフレッシュすることをおすすめします。

選考に落ちた状態が続くと次第に自分に自信がなくなり、何をやってもうまくいかない負の連鎖が続きがちです。それを防ぐためにも、一度就活から離れてストレスを発散しましょう。

「音楽を聴く」「読書」「カフェに行く」「運動する」など、自分の心が癒される行動をとってみてください。

また、いつも誰かといる人は1人で過ごす時間を作ってみてはどうでしょうか。1人で静かな時間を過ごすことで、焦りや不安で覆われていた自分の気持ちに気づけるかもしれません。

就活のモチベーションを上げるにはこんな方法もある
就活のモチベーションが下がった時はどうすれば良いのか対処法を徹底解説
就活対策ツール
ジョブスプリング

就活がめんどくさい人にやってほしい内定を取る3つの秘技

内定直結型の座談会への参加

就活がめんどくさいと思っている人にやってほしいことの1つ目は、内定直結型の座談会への参加です。内定直結型の座談会に参加することで、通常の選考ルートよりも短期間で内定に結びつきます。

例えば、株式会社DYMが運営する「Meetscompany」のように、複数社参加する内定直結型の座談会イベントもあります。1日に複数の選考を受けることもできるので、就活がめんどくさいと思っていてすぐに内定がほしい人におすすめです。

短期間で効率的に内定を獲得したい人は、ぜひ内定直結型の座談会へ参加しましょう。

インターンをするかビジネス経験を積む

就活 めんどくさい インターン ビジネス

この方法は人を選ぶ部分もあるのですが、非常に有効な方法です。

もし、あなたが就活は嫌だけど「仕事はある程度、頑張っていきたい」「スキルはつけたい」「多少は裕福な暮らしがしたい」などと思っている場合、この方法がおすすめです。

就活において企業とやりとりをし内定を得るのは、それほど簡単なことではありません。その時の印象だけで決められてしまいますし、1回勝負だからです。

しかし、事前によさそうな企業にインターンとして参画しておき、社内でそこそこ仕事をこなしていれば割と簡単に内定がもらえることがあります。

むしろ「うちに来ないの?」と誘われるケースも珍しくありません。

また、だいぶハードルが上がりますが、大学生のうちに自分で事業を起こすなどのビジネス経験を積んでいると、取引先の企業や関係者の企業に入社させてくれるケースは非常に多いです。

もし、少しでも挑戦してみたいという気持ちがある人は、インターンの選考を受けるか学生起業を支援する講座を受講するといいでしょう。

ウィルフ 学生起業スクールWILLFU(ウィルフ)ってどう?評判や口コミを徹底解説

リファラル採用を有効活用する

就活 めんどくさい リファラル採用

近年、増えてきている採用の方法がリファラル採用です。リファラル採用というのは、企業に所属する社員の紹介を通じて採用される方法のことを指します。

「実際に現場で働いている社員からの推薦」という形で選考を受けられるため、一部の選考が免除されるケースや面談だけになるケースもよくあります。

社員から推薦されるほどの実力がなければ、なかなか声はかかりません。さらに社員さんと知り合いでなければ、そもそもリファラル採用の対象にならないのでややハードルは高いです。

とはいえ、リファラル採用をやっている企業はどんどん増加しているので、イベントなどでいろいろな人と仲良くなっておけば可能性がないわけではありません。

近年は大企業でもリファラル採用を行なっているところが増えてるんだって!

よしお

就活がめんどくさくてもやっておくべき理由

就活は、やり方によっては負担を減らせるものの、やはりそれなりにめんどくさいものです。すでにやりたいことがある人からすると、就活は無駄だから早く終わらせたいと思うかもしれません。

しかし、やりたいことが明確に決まっていない人や多くの学生にとって、就活は大変重要な意味を持つ側面もあるのです。

まず、新卒採用というのは一生で一度のチャンスです。いわゆる新卒カードを行使できるのは今この瞬間だけなのです。

スキルもなく何もできないただの学生が、待遇がよく極めて優れた会社に入社できるのは、一生で新卒のときのみということです。

もし将来的に「もっとちゃんと就活をしておけばよかった」と後悔する可能性が少しでもあるのであれば、めんどくさくても今ちゃんと就活をすることをおすすめします。

就活はめんどくさいからこそ短期集中で

何度も述べているとおり、就活はぶっちゃけめんどくさいです。だからこそ、あなた自身の状況に合わせて、できるだけ効率のいい選択をする必要があります。

さらにいうと、就活が長期化すればするほど、めんどくさいことを続けなければいけません。

就活は「めんどくさいから」こそ、早い段階で少しだけ頑張って、さっさと結果を出してやめてしまう。結局、そうすることが一番めんどくさいことをしなくて済む方法です。

また、必要に応じて、就活サービスやインターン採用、リファラル採用の利用を検討していきましょう。選考が優遇される可能性が高いのでおすすめの手法です。

おすすめの就活エージェントをまとめました  19卒就活生の先輩である私が本当におすすめできる就活エージェントを10個厳選

口コミでも評判!実績ありの就活エージェント『キャリアチケット』

キャリアチケット

エージェントは企業紹介だけでなく面接対策も無料で行っている

 

キャリアチケットは最近人気の出ている人材会社レバレジーズが運営しており、「自己分析カウンセリング」から「企業別の面接アドバイス」まで専属のキャリアコンサルタントが個別でサポートしてくれます。

さらに、紹介する求人の全てをコンサルタントが職場訪問し、労働環境の悪い企業は紹介から除外しているので、ブラック企業を確実に避けられるのも嬉しいポイントです。

「一人での就活に不安…」、「ブラック企業につかまりたくない」という方はぜひ利用してみましょう。

キャリアチケット|5つの特徴

  • 最短1週間でスピード内定
  • 紹介するのは調査した企業のみ!だからブラック企業を避けられる
  • 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠も多数
  • 専任のサポータがマンツーマンであなたの就活を全力でサポート

\ 就活に不安がある人なら使って損はない!/

キャリアチケットを使ってみる
   

就活生に人気のサービスTop3

JobSpring
1位

手厚いサポートNo.1!
AI×キャリアカウンセリングで最適な企業を紹介!『Jobsprig』

自己分析
2位

【23卒】大手/有名企業からオファー!
10万人以上が使用する自己分析ツール『キミスカ』

【全国開催】限定ルートで最短即日内定
3位

就活生の4人に1人が登録する「キャリアチケット」
最短2週間で内定!
専任アドバイザーのサポートで内定率は39%もUP!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です