キャリアの神様

就活 出遅れ 対策 アイキャッチ

就活 出遅れ 対策 アイキャッチ

就活に出遅れた!取るべき対策と挽回法を先輩が徹底解説

受けたい企業の選考受付が終わっていた
気づけば友人達が就活を終えていた
部活や留学をして遅れてしまった

この記事をご覧のあなたは、上記のような状況下で少々焦り気味になってしまってはいないでしょうか。

確かに就職活動では、早期に活動していればしているほど有利になる部分があります。しかし、全ての学生が早期に動いて良い結果を残していたというわけでもありません。

この記事では実際に就活に出遅れたにも関わらず、大手企業から内定を獲得した学生の情報をもとに就活に出遅れたあなたの状況に合わせて最適な行動を提案していきます。

最後まで読んでいただき参考になる部分があれば、実践していただければ幸いです。

キャリアチケット

1.就活に出遅れた学生が早急にやるべきこと

特に留学や研究をしていたわけではなく就活に出遅れた場合、はっきり伝えると日系の有名大手企業への就職はかなり厳しい状況です。

複数内定者が辞退をする結果として夏から秋以降の期間にかけて一時的に再募集がかかりますが、募集人数はとても少ないため内定できる確率は低い傾向があります。

在学中の経験やウェブ試験でボーダを獲得できる学力があるかという部分が肝になりますので自信がある方は挑戦してみても良いでしょう。

ただ、挑戦するにせよしないにせよ確率が低いことは明白ですから別にアプローチを取ることが重要になってきます。

1-1.早急に自分の方向性を定める

就活 出遅れ やるべきこと

時間がないからといって適当に企業を選定し、適当に選考を受けても結果が伴わないケースが非常に多いです。

というのも企業は一貫性がない学生は採用しない傾向があるからです。すなわち、選考ではあなたはどんな基準で企業を選んでおり、どんな価値観を重視しているのか、どんな人生を歩みたいのか。

そして、その根拠となる経験があるかなどがチェックされます。さらにそれらはその会社で実現できそうなのかという点が少なからず考慮されます。

ですから、自分の軸となる考え方は仮に固めておくことが重要です。仮に固めておくと表現したのは、近い将来変化するからです。

人の価値観は環境や出会う人などによって案外簡単に変化します。変化はするものなのですが、現在の指針や考え方を整理しておくことによって対外的に一貫性を示すことができます。

そもそも『就活の軸』とは何なのか、どうやって作ればいいのかわからない人もいるのではないでしょうか。

そのような場合は『就職の軸作り方マニュアル』を参考にしてみましょう。ガイドをもとに書き込んでいけば簡単に就活の軸を作ることができます。

無料でダウンロードできますので使ってみましょう。

無料でダウンロードする

1-2.あなたの価値観を踏まえてできるだけ多くの企業を選定

就活 出遅れ やるべきこと

あなた自身の方向性を仮に定めたら続いてできるだけ多くの企業を選定します。この時に重要になるのがあなた自身にとって良い企業を選択するということです。

学生にとっては困ったことですが、企業側には企業側の都合があり目標採用人数を確保しなければなりませんから、自社について誇大にアピールする場合がよくあります。

よくある話でいうと残業時間は比較的少ないと宣伝しておきつつも実態はサービス残業をしなければならない空気があるというケース。

若手でも裁量権を持って経営に携わることができると伝えられていたのに蓋を開けてみたら、雑用と営業だらけというケースなどがあります。

学生なのだから社内の実態を知ることは難しいというのはあるかもしれませんが、これは工夫すればある程度状況を把握できます。私は、以下の4ステップで会社の実態について調べていました。

企業のホームページを確認し基本情報を確認します。
その企業について「会社の評判」「Open Work」等で口コミを調べます。
会社の業績とどうやって利益をあげているのかを確認します。
どれだけの部署があって、各部署にだいたいどれくらいの割合で人員が割かれているか確認します。

まずは、会社のホームページに記載されている情報を元に社員の客観的な口コミを把握します。

ただし、ここには企業について公平性に欠ける悪口もみられますし、企業側のいわゆるサクラとしての書き込みがみられることもあるので完全に信じてしまうのは悪手です。

参考にはしつつも会社の業績や構造から紐解いていくことが重要です。

例えば、あなたが「成長できる会社に行きたい!」と考えている場合、大事になるポイントはそもそも人を育てる余力がある会社なのか、優秀な社員はいるのか、成長できる部署に入れるかという点です。

仮にとある企業が「成長したいという学生を求む」と伝えていたとしても人を育てる研修費が払えるだけの余力もしくは、優秀な社員を育成を任せることができる余裕がなければ難しいでしょう。

実は、そういう会社は結構多いのです。学生は業績なんかはほとんど見ませんから。

また、マーケティング部門で成長したいと考えているにも関わらず、その部署に入ることができずに結局ルート営業を任されるというケースもあったりします。

事前に会社の利益や業績、部門とその構造をしっかりと確認しておけばこういった悪い事例を未然に防ぐことができるかと思います。

1-3.できるだけ複数の就活サービスを使う

就活 出遅れ やるべきこと

企業の構造や業績をしっかりと確認することの重要性はご理解いただけたかと思います。ただし、ここで問題になるのが「時間」がないということだと思います。

ですので、複数の就活エージェント等に登録すると、希望する条件を伝えるだけで企業を検索して紹介してもらうことができます。

紹介してもらった企業の詳細な情報は自身でもしっかりと調査し、他のエージェントで紹介してもらった企業と比較してみます。

その中でも特によかった数社に関しては選考を受けるというスタンスにすれば、時間を一定短縮し身近い期間で内定を取ることができます。

たとえ就活に出遅れたとしても許容範囲の企業から内定を1つでも得られるとだいぶ落ち着いて活動をおこなうことができます。

その後は、志望度がより高い企業やもう少し条件が良い企業の選考に専念するなり就活を終えるなりインターンに行くなりご自身の状況に合わせて適切な選択が可能です。

以下におすすめの就活エージェントをまとめておきましたので、必要であれば参考にしていただければと思います。

おすすめの就活エージェントをまとめました  19卒就活生の先輩である私が本当におすすめできる就活エージェントを10個厳選

2.就活に出遅れても長期インターンは有効

就活 出遅れ インターン

就活に出遅れた際、インターンから就職へは繋がりやすいとはいえ、就活における自分にあった企業選びを飛ばして考えることはできません

たとえ、就活に出遅れたとしても企業のインターンを経て内定をもらうことは比較的可能なことが多い傾向にあります。

ただし、注意点もあります。まず、1つ目インターン中の評価があまりよくない場合などは当然ですが、選考を受けさせてもらえません。

2つ目、良い企業のインターンはたくさんありますが、安い賃金で学生を使えるとしか考えていない社会にとってのガンとしか言えないような企業も存在していることは事実です。

ですので、就職するのが目的となる場合、この2点に関しては絶対に回避しなければなりません。

インターン中に評価されるかどうかに関しては、あなたもモチベーションが湧く仕事が振られるかや人間関係が良好かという環境の要素とあなた自身の能力が大きく関わってきます。

個人的なおすすめは興味のある企業を複数選び、取り敢えずどちらも週2ペースで働きつつ、良さそうな企業にシフトしていくという方法です。

どちらの企業もイマイチスキルがつかないな、優秀な社員があまりいないなどと感じた場合はできるだけ早期に退職し、新たにインターン先を見つけるスタンスを取ることをおすすめします。

少し非情なように映るかもしれませんが、企業にとっても会社の雰囲気に合わない人材を抱えることはコストですので、長期的にはさっぱりと辞めてしまった方がダメージは少ないと思われます。

複数の会社で仕事を実際にやっているとそれなりに楽しく感じる環境がだいたい見つかるはずです。場合によっては休学し、さらに別の企業でインターンを経て、また就職活動を行う方も割といます。

しっかりと経験値を積むことができれば、来年の就活に武器を持った状態で臨こともできるのでやはり有効な手段の1つと言えそうです。

3.就活に出遅れた留学組はボスキャリがおすすめ

就職活動に乗り遅れた学生で留学に行っていたという方はボストンキャリアフォーラムに行ってみることをおすすめします。

ボストンキャリアフォーラムとは世界最大級の日英バイリンガルのための就職イベントで、参加企業には外資系の企業から日系大手企業まで有名企業が名を連ねています。

参加するためには以下の項目のうち1つ以上は満たしている必要があります。

・日本国外の大学の学士又はそれ以上(修士、博士等)の学位を保有又は取得予定であること。
・1年以上の交換留学経験があり日本の学士又はそれ以上の学位を保有又は取得予定であること。
・留学経験がある職務経験者もしくは海外での職務経験があること。

海外の大学に1年以上留学されていた方は、条件を満たすことになりますので参加することができます。イベント自体はアメリカのボストンだけでなく、東京、香港等でも行われています。

また、イベント自体の開催日も夏以降となりますので留学の関係で就活が遅れてしまったという方でも参加できる日程となっています。

メガベンチャーからソニー、任天堂、パナソニック、BCG、ゴールドマンサックス 、デロイトトーマツ等々日系外資問わずグローバル展開している企業だらけですので、一度確認してみてください。

4.就活に出遅れた場合はあらゆる手段を使うべき

就活 出遅れ 発想 考え方

「就活」というと常識のような方法が浮かびそうですが、俯瞰して考えて見ると様々な手段が考えられます。出遅れて追い込まれているメンタルを逆手にとり、なりふり構わず何でも試して見るのも良いでしょう。

タイトルが抽象的になってしまいましたが、特に就活に出遅れてしまった場合はできるだけ様々な手段を講じることが重要です。

例えば、各大学にはキャリアセンターといわれるような就職支援の施設があるはずです。そこの職員さんや各種就活サービス、エージェント等々はもちろん。

近年では誰しもSNSのアカウントを持っていることがため、企業の社長にメッセージを送ることも不可能ではありません。

社長は会社における最終決定権者ですから、ダイレクトメッセージで社長に「この子と会ってみたいな」と思ってもらうことができれば社長面談を特別に組んでいただける場合もあります。

実際に私も企業の社長にメッセージを送らせていただき、選考が終了したにも関わらず面談を組んでいただけたことがあります。

もちろん、無視されるケースや断られるケースもありますし、むしろ普通は無視されるくらいの心持ちの方が良いかと思いますが、こんな手段も取ることはできます。

「遅れてしまった!」と焦る気持ちはあるかと思いますが、会社のことはしっかり調査して地に足をつけて1歩ずつ進んで行くことが何よりも重要です。少しでも参考になっていれば幸いです。

スカウトを受けながら就活を続ける

ナビサイトに登録して興味のある企業を1社ずつ探していくのはなかなか骨が折れる作業です。

選考を受ける企業を探すだけでなく、自己分析やES作成を同時にすすめなければならない就活においては、どれだけ効率化するかが就活成功の鍵とも言えるのです。

必要だけど時間がかかる諸々の工程を一つにまとめられるサービスがあるのを知っていますか。それは就活の主流になりつつある逆求人サービス、『キミスカ』です。

キミスカに登録すると高精度の自己分析ツールを使うことができます。それを基に自己PRやプロフィールを完成させておけば、あなたのプロフィールを見た企業からスカウトが届くというサービスです。

すべての機能は使わなくとも、強みや適職などかなり高い精度で診断してくれますので、自己分析ツールだけでも利用してみるといいでしょう。

    キミスカのおすすめポイント

  • ノーマークだった穴場企業と出会える
  • あなたの強みが客観的に分かる
  • 診断結果をもとに企業からスカウトが届く
 

今人気の就活サービス!

みん就スカウト


楽天/ライオン/ソフトバンク/旭化成など実績多数

業界大手・一流企業からスカウトが届く!

一流企業からスカウトをGET!  

キャリアチケット


10月以降の就活も徹底サポート!
最速3日で内定獲得!

キャリアチケットを使ってみる

就活アンケート

Amazonギフト券 もらえる
就活に関するアンケートに答えると
もれなくAmazonギフト券がもらえる!

Amazonギフト券をもらう

digmee


選考スキップでスピード内定!LINEで必要な情報”だけ”手に入れよう!

\大量のメールはさよなら!/
digmeeの公式HPへ

  就職エージェントNeo


業界大手だからこその安心感と圧倒的な求人数。短期間での内定獲得が可能!

相談してみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です