キャリアの神様

内定なくてもいける

内定なくてもいける

就活に失敗した無い内定が優良企業に逆転内定するたったひとつの方法

この記事にたどり着いてしまったあなたは、なかなか思っていたように就活が進まず気が付いてみたら少し精神的に追い込まれてような感覚を抱いているのではないでしょうか。

連続して選考に落ちるということが、どれほど精神的に悪影響を与えるかについては私自身も10社連続で選考に落ちた経験から理解しているつもりです。

しかし、就職活動で希望する企業から内定を得られなかったからといってそこであなたの人生が決まるわけではありません。

これを言ってしまえばそれまでですが、そもそも就職しなければならない訳でもないのです。

海外の多くの国々の大学生は、卒業後バックパックを背負い世界各国を旅したり好きに過ごしたのちに必要であれば企業で働くのが一般的です。卒業後就職しなくたって気にする人はいません。

この記事では、就活に失敗して辛いと感じているあなたにこれからどうやって生きていけばよいのか。これから、あなたが明るく生きていくために必要なことを点お伝えします。

※何としても内定がとりたいあなたへ

 

期間限定!超有名企業100社の選考を突破した先輩渾身のES集を無料でプレゼントしています。まずは、実際に内定を獲得している先輩のお手本を参考にしてみましょう。尚、以下の企業から実際に内定をもらった先輩のESになります。

 

ANA/JAL/トヨタ/日産自動車/花王/電通/博報堂/三菱東京UFJ銀行/みずほ銀行/三井住友銀行/伊藤忠商事/三菱商事/ 三井物産/NTTデータ/JR東日本/JTB/HIS/リクルート/サントリー/日清/明治/森永製菓/IBM/ゴールドマン・サックス/ モルガン・スタンレー/BCG/NHK/東京海上日動/三井住友海上火災/野村證券…(他)

 

有名企業100社に内定した先輩のESをチェックしてみる

1.先ずは一旦、就職について考えることを止めよう

ほとんどの学生は他の人と比べてしまいがちです。ですから就活というフィールドにおいて上手くいかなかった学生は、上手くいった学生と比較して不安を感じてしまいます。

しかしながら、内定を持っている学生の方が良いと断じてしまうのは間違いです。

既卒向け就職支援サービス「ハタラクティブ」が行った「就職先についてのアンケート」調査結果によると2018年新卒の59.8%が「入社を決めた企業への入社を後悔している」と回答したとのことです。

つまり、就職できたからといって幸福に生きていけるわけではなくむしろ不幸になっている人の方が多いのです。

ですので、まずは就職という枠にとらわれず、あなたが楽しく生きていける方法を考えることが重要なのです。

1-1.気持ちが沈んでいる時の決断は上手くいかない

まず、前提に気持ちがネガティブな状態での思い切った決断はほぼ確実に上手くいきません。このことは、プロ棋士の羽生善治先生のお話や数々の研究からも明らかになっています。

落ち込んでいる状態で無理に結果を残そうともがいても上手くいかない可能性の方が圧倒的に高いので、今はいかに平常心に戻すかという部分が重要です。

1-2.しっかり休み、外に出てリフレッシュしてみよう

落ち込んでいる状態から、抜け出すために必要なこととしては、まずしっかり休んでください。他の人間と比較して焦る気持ちもあるかと思いますが、まずは休むことが何より重要です。

しっかりと休息をとったら、1度友人や仲間と出かけてみたり、趣味にいそしんだりとにかく1日好きなように生きてみてください。

1-3.自分が目指す理想像をイメージする

これらのプロセスを踏む上で考えてほしいのは、あなたが本当に好きなことは何かということです。

少し具体的に言うと、あなたは何をしているときに楽しいと思えるのか、そして、あなたはどうなりたいのかということです。

ここで、重要なのはなぜ6割もの学生が就職したことを後悔しているのかということです。実は就職するという選択以外にも選択肢は沢山あります。

大学院に行く、留学する、旅をする、有給インターンに行く、料理人になる、ブロガーになる、劇団員になる等々探せばきりがないほど実は様々な選択肢があります。

1-4.敢えて、就職活動から離れてみることが重要

就職することであなたがなりたい自分になれるのであればそれでよいのかもしれません。

ですが、もしあなたの実現したいことは就職しなければ叶えられないのでしょうか。場合によっては、就職するという選択肢はベストな選択ではないと考えられます。

また、就職するという目的を達成するために1度インターンに行ってみたり海外に渡航したりすることは珍しい話ではありません。

就職したいと思うのならば、まずは就職活動から離れて全力で何かをやってみるということが、実は最も良い選択肢である可能性は高いです。

2.無い内定が内定を得るために必要な3つの

とは言え、やはり就職することが最善だと考える方もいらっしゃるかと思います。ですのでこの章ではどうすれば就職できるのか具体的な戦略をお伝えします。

2-1.就職活動を再考する

就職するためには就職活動とは何かについてきちんと知っておく必要があります。それが理解できていない、もしくは素でできていなければ就職することは難しいです。

では、就職活動とは何なのか。それは、企業のビジネスに対して貢献することを約束するということを証明する活動のことを言います。

ビジネスへの貢献の仕方は企業によって様々ですが、基本的にお金儲けが上手そうな人、人付き合いが上手い人、思考力がある人、経験値が多い人などは好まれます。

まずは、あなたがどうやって受ける企業のビジネスに貢献できるのか考えてみましょう。

2-2.わからなければプロに聞く

自分で考えてみてもどうやって企業の行うビジネスに貢献すればいいのかわからないという方は、思い切って他人に聞いてしまいましょう。

とは言え、いったい誰に聞いたらいいんだと思う方もいるかと思います。1つの選択肢としては、無料の就活コンサルタントに聞くということです。

特にキャリアチケットというサービスを利用すれば、優秀な就活コンサルタントがマンツーマンであなたが内定を獲得できるに至るまでサポートしてくれます。

もちろん、無料ですしあなたの希望に沿った企業を紹介してくれるという特典付きです。面接対策や選考対策も希望すればすべて行ってくれます。

さらに紹介される企業は、コンサルタントたちが自ら足を運んで対談した上で選定しているためブラック企業に当たることはありませんし、選考を受ける前からその企業に関する深い情報をもって面接に臨むことができます。

実際に内定が取れない学生にも継続してサービスを提供する体制が確立されているため自信がなくてもまずは相談してみるのがよいでしょう。

キャリアチケットに相談してみる

2-3.最強のスキルを身に着ける方法を知る

もしあなたが、正直、会社で働くのはいやだ、もしくは将来的に独立したいというような考えを持っているのならば、自分で生きていけるだけのスキルを身につける必要があります。

イベントを開催してお金を稼ぐ、インターネットでメディアを作るのもありかと思います。ただ、最もおすすめの方法はプログラミングを覚えることです。

少し難しそうと思うかもしれませんが、例えばProgate(プロゲート)というサイトを使っていただければ、自宅でもどこでも好きな場所で好きなだけプログラミングの勉強ができます。

また、GEEK JOBを利用すれば無料でプログラミング教室に通うことができプログラミングが会得できるだけでなく、就職の支援まで一貫して行ってくれます。

現状、IT業界は全体的にうなぎ上りで業績を上げ続けていますが、一方でプログラマーの需要があまりにも大きくなり不足しているという実情があります。

ですから、もしあなたがプログラミングを少しでも身に着けることができれば、他の人間にはない強みを持って企業を選択することができます。

3.まとめ

内定がないという現状はつらいですし、苦しいと思います。ですが、就職しないということは決して悪い選択肢ではないということも理解していただけたのではないでしょうか。

また、就職するにしても良いサービスを知り実際に利用すればあなたの現状は大きく変わる可能性を秘めています。

無理をする必要は全くないので、しっかりと休息をとり十分に考えた後に必要であれば利用していただければと思います。

これ知ってる?20卒就活が有利になるオススメ就活サービスをみる

就活支援サービス 19卒就活生の先輩である私が本当におすすめできる「就活サービス」を10個厳選

1位 キャリアチケット

プロのキャリアコンサルタントが、自己分析・面接対策・ES添削などの相談に乗ってくれるサービス。申し込み殺到!

\強者は勇気を出して人に頼る!/キャリアチケットの公式HPへ ※就活が進むにつれて混み合って対応が遅くなる可能性があります。申し込むなら今!

  2位 就職エージェントNeo

ES添削〜面接対策まで徹底サポート。業界大手だからこその安心感と圧倒的な求人数。短期間での内定獲得が可能です!

就職エージェントNeoの公式HPへ

  3位 ジョブコミット

ES、面接不要!最短4時間で当日内定を狙えるイベント

詳細・エントリーはこちら

 4位 digmee

LINE1つで就活を超効率化!優良ベンチャー多数と出会える最近話題のサービス

digmeeの公式HPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です