キャリアの神様

OB訪問どうやって

OB訪問どうやって

OB訪問の4つの探し方|実戦すべきweb・人脈など今からできる方法とは

・OB訪問ってどうやるの?
・大学には良いOBがいない
・ツテがない人はOB訪問できないの?

OB訪問 どうやった

OB訪問の必要性は分かっていても、身近に頼れるOBがいない、OB訪問の始め方が分からない、などの理由で諦めてはいませんか?

この記事では、「OB訪問をどうやって始めたのか」実際の先輩から聞いたリアルな声を成功から失敗まで編集部が丸2日かけて調べ尽くしました。その結果である4パターンのOB訪問の探し方についてあなたにお伝えします。

目を通すことで、就職活動始めたてのあなたでもOB訪問のイメージを理解できるでしょう。

体験談が豊富に含まれたこの記事を読んで、OB訪問への一歩を踏み出すきっかけとしてください。

OB訪問の全体像を5つのステップで理解する(超初心者向け)

OB訪問の流れ 【OB訪問のやり方】流れを完全理解!5つのステップを把握して失敗しない方法

\ 大手・有名企業から特別オファー!/
キミスカ

1.OBの探し方①就活サービスで繋がる

OBの探し方でまずおすすめしたいのは、多様なOBと繋がれる就活サービスの利用です。OBと繋がれる数ある就活サービスの中でもおすすめのサービスは次に紹介する3つです。

1-1.ビズリーチ・キャンパス

ビズリーチ・キャンパス
OBと繋がれる就活サービスの中でまずおすすめなのは「ビズリーチ・キャンパス」です。ビズリーチ・キャンパスは学歴が高い人向けのサービスで誰でも使えるサービスではありませんが、対象大学に通っている人は必ず使っておきたいサービスといえます。

ビズリーチ・キャンパスの特徴は次の2点です。

  • 数多くのOBと出会える
  • 社会人との交流イベントがある
具体的には、サイト内からOB訪問の申請ができ、オンライン上でのOB訪問ができます。さらに、幅広い業界の社会人が登録しているので、数多くのOBと出会えるチャンスが広がります。

また、社会人と話すことに慣れておらず「いきなり1対1はちょっと……」という人には、ビズリーチキャンパス主催の交流イベントに参加することで、様々な業界の社会人と気軽に交流が可能です。
ビズリーチキャンパス学歴高いのに就活でビズリーチキャンパス登録してない人何なの?

1-2.HELLO,VISITS

HELLO,VISITS
OBと繋がれる就活サービスの2つ目のおすすめは「HELLO,VISITS」です。HELLO,VISITSは学生専用の社会人と繋がれるサービスで、社会人のOBを探すことのできるサイトとカフェ形式の実店舗があります。

実店舗では勉強やミーティング時にフリースペースを利用することが可能で、無料Wifiはもちろんのこと、ホワイトボードも利用可能です。さらに、無料でドリンク・ソフトクリーム・ポップコーンが用意されており、快適な空間です。

HELLO,VISITSを通じて出会える社会人は1万人以上おり、その全員が会社の公認を受けて登録している人なので安心して使えます。
HELLO,VISITSの評判とは?本気で内定を取りに行く就活生が使っているサービスの特徴

1-3.Matcher

Matcher
OBと繋がれる就活サービスの3つ目のおすすめは「Matcher」です。Matcherは学歴に関係なくOB訪問でき、出身大学のOB以外でも幅広く社会人と出会えるサービスです。また、アプリから簡単にOB訪問の申請をできるので、気軽にOB訪問をすることができます。

Matcherの特徴は学歴に関係なくOB訪問ができることに加え、学生の要望(OB訪問)を叶える代わりに社会人の要望を叶える等価交換のシステムを採用している点です。

社会人の要望は「学生の悩みを教えてください」や「〇〇(地域)のおいしいお店を教えてください」など、就活生からしてハードルの高い対価ではありません。

「忙しい社会人にOB訪問をお願いするのは気が引ける……」という人でも、MatcherであればOB訪問をさせてもらう代わりに社会人のお願いを叶えるので、気を使わずにOB訪問ができます。まさにお互いWin-Winの関係ですね。

マッチャー危険か・評判は?徹底的に解説マッチャーは危ない?評判は実際どう?特徴・デメリット・使い方を先輩が解説
キミスカの自己分析ツール
キミスカの自己分析ツール

2.OBの探し方②エージェントの紹介

2つ目のOBの探し方は、エージェントを利用して紹介を受ける方法です。

就活エージェントを活用することで、自己分析や自分に合った企業などのアドバイスをしてくれるだけでなく、OBを紹介してくれる場合があります。

就活エージェントは就活生に対して様々な企業を紹介することから、多くの企業とも繋がりがあるため、OB訪問をしたいと希望を伝えることでOBを紹介してくれる場合があります。

3.OBの探し方③直接人脈をつくりに行く

主体的に連絡をとったり、足を運びさえすればゼロから人脈を作ることも可能です。就職活動では普段は知り合えない社会人と知り合える場が多くあるので、積極的に活用してみましょう。

3-1.説明会やインターンシップから

社会人の知り合いがおらず、かつWEBや名簿からではなく足を運んで人脈を築くのが向いている人におすすめです。

普段の就職活動にプラスアルファの労力でOB訪問のアポをとることができます。

一度会ったことのある相手にOB訪問することになるので、初対面よりはハードルが下がった状態でOB訪問できるというのが利点です。

3-2.SNSで直接コンタクトをとる

SNSによるOB訪問が最近ブームになってきています。Facebookを以前から使っている人は多いですが、Twitterもビジネス色が強くなり連絡を取り直接会う人も増えてきました。

SNSだと投稿でその人の人となりや価値観がわかり、フランクにコンタクトをとれるので、企業にアプローチするよりも気軽にOB訪問ができます。

もちろん、SNSであっても相手に失礼のないように節度を保って応対しましょう。

3-3.企業のHP・採用サイトへ直接連絡する

自分の興味のある業界や企業に知り合いがいない、キャリアセンターの名簿にもない場合は直接企業にアポイントを取って訪問させてもらうのも手段のひとつです。

そもそも大学のOBがいないことや、大きい企業だと訪問を断られる可能性もありますが、心広く受け入れてくれる企業もあります。

OB訪問ではなく社員面談や会社見学、人事面談に繋げるのもいいでしょう。

企業によってはOBの紹介をしていない場合もある

企業によっては、OB訪問の依頼をしても紹介してもらえない場合があります。

例として味の素株式会社は新卒採用情報に「OB・OGを紹介してない」と記載しています。

企業に問い合わせる前に、採用サイトなどを確認することをおすすめします。OBの紹介についての記載がない場合は、直接問い合わせてみてもいいでしょう。

編集部 橋本

3-4.アポなしで突撃訪問

よしお

ちょっ、これは…。って思ったけど注意喚起のためにも紹介しておくぜ!
通常「アポなし訪問」は社会的マナーから言うと失礼に値します。本人になにかしらの意図がない限りおすすめしません。とくに金融系などお堅い業種はナンセンス。

しかし、もしも自分自身が入りたいと言う本気度のアピールや、他の人がやらないくらいのインパクトを与えたい場合、ひとつの策として有効にはたらく可能性もあります。

4.OBの探し方④元ある人脈から探す

4-1.大学のキャリアセンターを活用

賛否両論はありますが、OB訪問でもっとも多く使われているのが大学のキャリアセンターです。

やり方としては、卒業生の名簿をみて自分で連絡する形です。知り合いがいなくても、同じ大学というだけで連絡先を入手できるのはメリットです。

ただ、電話・メールしても大学が同じというだけではOB訪問に繋がらないケースや、そもそも希望業界・企業のOBがいないことが多々。

また、大学によって力を入れている度合いが異なるので、中には「対応が遅い」という意見も。繁忙期にはキャリアセンターにどっと学生が押し寄せるので、どうしてもは対応が遅くなることが多いです。

4-2.知人(友人・家族・親戚)に頼むまたは紹介

興味のある企業や業界にアンテナを張って発信していれば、意外に身内から紹介してもらえる場合もあります。

友人や親戚に「最近就活どうなの?」と聞かれたときに、「こういう企業・業界見ていて実際の社員にイメージ湧かないから会いたいんだけど」と頼んでみることで、思わぬところから紹介してもらえるかもしれません。

4-3.教授や研究室・ゼミの先輩に紹介

教授やゼミの先輩の紹介によるメリットは、同じ研究分野に近い企業や業界のコネクションができることです。

とくに、理系や将来研究分野で飯を食う人が多いゼミだと「教授のコネ採用」が色濃く出てきます。

その場合、ただのOB訪問ではなくいきなり選考要素にも繋がってくるので注意が必要です。

4-4.部活・サークル・アルバイトの先輩に頼む又は紹介

所属しているかどうかやOB訪問を依頼できそうな先輩が中にいるかは人によって差が激しいです。

ただ、信頼関係を構築している場合は、リラックスした雰囲気で訪問活動ができます。ぶっちゃけトークのようなOB訪問で聞ける幅も増える可能性が高いです。

つてがあるのであれば、知り合いの先輩からOB訪問を初めてみるとハードルも低くスタートできるかもしれんぞ。

キャリアの神様

5.OB訪問は企業研究と選考対策を兼ねる

5-1.社風や職場環境などHPでは分からないことを質問する

OB訪問をする際は、社風や職場環境などHPでは分からないことを質問するようにしましょう。HPを見るなど、自分で調べれば分かるような内容の質問をすることは失礼にあたります。

忙しい社会人の貴重な時間を貰っていることを忘れず、調べても分からない企業の実情を聞くようにしましょう。

リアルな社風や職場環境を知れるおすすめの質問は次の通りです。

社風や職場環境を知れる質問例
  • 御社で働いている人はどのような特徴の人が多いでしょうか?
  • 上司や先輩との交流は多いですか?
  • 研修制度はどのようなものがありますか?
  • 若いうちから大きな仕事は任されますか?
【あの質問はNG!?】OB訪問をフルに活かせる質問20選!恥をかくNG例と対策

5-2.選考での質問内容や志望動機の添削をしてもらうのも◎

また、OB訪問時は社風や職場環境などの企業研究としての質問だけでなく、OBが実際に経験した選考での質問内容や、自分が作成した志望動機の添削をしてもらうことも非常におすすめです。

OB自身も数年前は就活生として企業の選考を突破しているので、選考の質問内容を聞くことは選考突破に向けた対策に繋がります。

さらに、志望動機を添削してもらうことで、社員から見て違和感のない内容かどうか、納得感のある志望動機になっているかどうか、など様々な角度から添削をしてもらうことが可能です。

このように、OB訪問を自分自身の選考対策にも繋げていきましょう。

5-3.事前に質問の概要をメールで送付しておくと当日スムーズ

OB訪問をする際は、事前に質問の概要をメールで送付しておくと当日スムーズに進められるでしょう。経験豊富な社会人といえども、事前情報なしに当日色々な質問をしてしまうと答えられない場合もあります。

せっかくOB訪問を通じて有意義な情報をもらおうとしても、的を射た回答が得られないと非常にもったいないです。

そのような状況を防ぐためにも、OBとのアポイントを取得した後には「当日聞きたい質問の概要」をメールで送付しておくと、OB側も準備がしやすくなります。

会う前から丁寧な対応をすることで、忙しい合間を縫って時間を作る社会人に敬意を示すことができます。

6.OB訪問の探し方は多数! 実施することでメリットがある

OB訪問のやり方は「実際に自分の足でやるか、WEBで賢くやるのか」「持っている人脈を最大限に活かすのか、新しく開拓するのか」人によってやりやすいスタイルがあります。

「みんながやっているからキャリセンでやる」という風に、周囲に流された就活をせずに、まずは色々試してみて自分にあったスタイルを確立してください。

OB訪問により、企業の表側だけでなく、働いてみた人のみが分かる雰囲気や、マイナス点も知ることができます。入社前に知っておくことでミスマッチを避けられます。

また、どうしても入社したいという思いが強くなる可能性も十分にあります。納得内定を得るためにも、ぜひここで紹介した方法を試してみてください。

OB訪問の全体像を5つのステップで理解する(初心者向け)

OB訪問の流れ 【OB訪問のやり方】流れを完全理解!5つのステップを把握して失敗しない方法

「まずは1社内定!」に強い就活サービス

キャリアチケット

就活中は、「どんな仕事が向いているのか」、なかなか内定が取れなくて「自分のどこが悪いのか」など、悩んでしまって先に進めなくなることもありますよね。

就活で悩みを抱えたとき、私は、就活のプロであるエージェントに相談していました。

エージェントは就活のプロですから、あなたを慰めるだけの適当な相づちではなく、
どうすれば内定を取れるのか、あなたに足りないものは何なのかなど、為になるアドバイスをくれるので、遠回りせず内定まで着実にたどり着けました。

様々なエージェントを使ってみた中でも、信頼がおけると感じたのは『キャリアチケット』です!
丁寧なカウンセリングはもちろん、紹介される企業はすべて、独自調査のうえでブラック企業が排除済みだったので安心できました。
就活エージェントは無料で利用できるので、気軽に相談してみるといいでしょう。

キャリアチケット|3つの特徴
  1. 最短2週間でスピード内定
  2. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠も多数
  3. 専任のサポータがマンツーマンであなたの就活を全力でサポート

\すでに1万人が利用!/
キャリアチケットを使ってみる!

就活生に人気のサービスTop3

高精度自己分析ツール
1位

【15分で完了】『大手/優良企業の選考に進める、自己分析&オファーツール!』

Meets Company_その他<22卒>
2位

最短1日で内定『株式会社DYM主催合同採用イベント』
“たった1枚のES”で最大8社の内定が狙える合同採用イベント

大手・有名企業からオファー!Lognavi
3位

大手・有名企業からスカウト!『Lognavi』
必要なのはプロフィール登録だけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です