キャリアの神様

OB訪問

OB訪問

OB訪問してる?圧倒的に有利に就活を進めれるOB訪問サービス7選

就活を有利に進めていくには、OB訪問を行っていく必要があります。特に、コネが必要な業界。例えば、商社や広告代理店、大手企業なら、OB訪問サイトを使うことによって特別枠で選考が進んだりします。

  • 「仕事とは何か?」を理解するために、視野を広げることができる。
  • 「就職した先の自分」をイメージできる
  • 社会人からの客観的なフィードバックが貰える

今、就活生の3人に1人はOB訪問しています。もし、あなたがOB訪問をしようと考えているなら、ぜひ、これから紹介するサービスを使ってみてください。

実際にOB訪問サイトを使い倒し、大手企業の社会人と会いまくった私が紹介するサービスなので、参考になるでしょう。周りの就活生には「え?そんなのどこで知ったの?」と言われることも多かったです。

注意

大学のキャリアセンターを通すより直接OB訪問しよう!

大学のキャリアセンターに相談しに行っても、学生は有意義な情報を手に入れることはできません。なぜなら、学生へアドバイスをしてくれる職員のモチベーションが低いからです。彼らは最低限の給与が確定している上で、就活相談に乗っているからです。

その上、彼らはキャリア形成・キャリアアドバイスにおいてのプロではないので、あたりさわりのない事務的な処理しか行ってくれない場合が多いです。せっかく自らの足を運んで、OB訪問をするのであれば、キャリアセンターなどはできるだけ使わないでおきましょう。これからご紹介するサービスを使用することをお勧めします。

「OB訪問の全体像を理解したい」という方は先にこちらをどうぞ

OB訪問 OB訪問5つのステップを把握して失敗せずに、就活を圧倒的に勝ち切る方法【これさえ見ておけば完璧】

1位 ビズリーチキャンパス

ビズリーチキャンパス

ビズリーチキャンパスは、学歴フィルターが存在してる分、良質なOB訪問が行えます。従来のOB訪問には、ある程度の強力なコネが必要だったりしますが、ビズリーチキャンパスを使えば、一発解決。同じ大学の後輩というだけで、先輩はめちゃくちゃ親切にしてくれます。

  • キャリアセンターを通すなどといった面倒なく、簡単にOBに会える
  • 採用活動ではないので、込み入った話がしやすい
  • 魅力的な企業がたくさん登録している上、連絡もつきやすい

該当する大学に在学している人は登録しないと損レベルです。

※登録だけしてれば自動で就活が進みます無料でビズリーチキャンパスに登録する

高学歴がビズリーチキャンパスを使わないと損する理由

学歴高いのに就活でビズリーチキャンパス登録してない人何なの?

2位 肉リーチ

ニクリーチ19卒

一言でいうと、まさに就活生のために就活生だけ受けることができる”一味違う”就活サービス。無料で人事の人と楽しくご飯を食べることができて、かつ、選考や企業研究、社会理解を深めることができる最高のサービスです。

メリットをまとめると以下3点。

  • 人事に気に入られると、そこから選考が始められるかもしれない
  • 社会人とのコネができるかもしれない
  • タダで肉や寿司を食べることができる(確定)

いかにも「選考」「面接」と行った場ではなく、カジュアルな感じなのでお互いの本音をざっくばらんに話すこともできます。学歴差別も行われることもないので、マジで弱者救済のサービスです。

現在は、売り手市場なので、あなたの学歴がどうであれ、現状、新卒の人出というだけで価値はあるのです。つまりあなたの存在価値を肉を食いながら存分に時間できるサービス。それが肉リーチ!学生のうちにしか享受することができない、社会人からの恩恵を受けておきましょう。

※実は賢い人は登録してる!ニクリーチに無料登録する

3位 マッチャー

マッチャー

「就活相談にのるので、◯◯してくれませんか?」という合言葉のもと、 「就活相談をしたい学生」と「お願い事をしたい社会人」を 大学・学年関係なくワンクリックで繋ぐ、OB訪問マッチングサービスです。

サービス開始されてから、たった数年で年間1万人の就活生が利用しているので、かなり使いやすく、ラフにOB訪問ができるのが魅力です。

MEMO
マッチャーを運営しているMatcher株式会社は、スタートアップとしても魅力的。プラットフォーム「マッチャー」という事業1つで、社員を人材紹介エージェントに変える、新しいビジネスモデルを構築しています。社員を人材紹介エージェントといっても、筆者の経験ではリクルーティング目的というよりか、気軽に話してくれる人が多かった印象です。

Matcher

4位 ビジットOB

VISITS OBとは、最前線で活躍する社会人と学生をつなぐサービスです。公開されている多くの素敵なプロフィールの中から会ってみたい社会人を選んで、話を聞きに行こう。

引用:https://vis-its.com/

こちらのサービスは、筆者も使ったことがあるのですが、正直あまりパッとしない印象でした。というのも、明らかにリクルーティング目的の人からスカウトメールがきたからです。

ただ、良いところは、自分のプロフィールを見てくれた人の数(PV数)を知ることができる点と、「いいね」機能があることです。

OBの熱量が感じられるイメージ

主観ですが、VISITS OBの一番の特徴と思われるのは、OBの熱量です。OBの中には、「今後の目標」が詳細に明記されていて、会社を選ぶ際の1つの指標として、会うまでしなくとも、プロフィールを見てみるだけでも良いかもしれませんね。

VISITS OB

5位 茶会人訪問

茶会人訪問について

社会人が学生に時間を作ってまでご飯を奢るというのは、社会人側としてはかなり負担になります。そこで、お茶会として運営すれば、社会人側の経費が削減されるので、より多くの社会人と会えるといった提案から生まれたサービスです。

茶会人訪問のメリットは、社会人側のプロフィールが他の就活サービスに比べて詳細に書かれている点です。また、社会人もボランティアとして動いている部分も多く、優しい人が多い印象です。

茶会人訪問

CoffeeMeeting(コーヒーミーティング)

CoffeeMeeting(コーヒーミーティング)

こちらはオマケです。OB訪問といえばそうですが、どちらかというとカジュアルにお話してみるだけといった印象です。共通の趣味からでも相手を探すことができるので、学生もカッチリとした就活に疲れた時に使うと良いかもしれませんね。

コーヒーミーティング

6位 Recme(レクミー)

レクミー

レクミーは、東早慶の約3人に1人が利用し、上位校学生13,000名以上が登録している、上級学生向けのOB訪問サービスです。

レクミーは、国内最大級・最高精度の上位校学生データベースをもとにした、就活・採用プラットフォームです。一般的なナビ媒体と異なり、いままで巡り会えなかった上位校の優秀学生と「出会える」サービスを、様々な形で展開しています。

企業向けの資料を読みましたが、ターゲットはやはりハイエンド学生向け。加えて、大手企業とのマッチング実現に重点をおいたサービスだとということがわかりました。高学歴で、いわゆる「THE・大手」に就職したい人は、使ってみても良いサービスかもしれません。

合同説明会「レクミーLIVE」も行っている

レクミーはOB訪問の他に、1000人を超えるハイレベル学生向けの合同説明会も行っています。レクミーLIVEは、上位校学生を対象とした国内最大級の合同企業説明会で、以下のような日系大手の企業さんもたくさん参加しています。

レクミー

京大生 ベントノール

大手志望、ハイエンドな学生にはお勧めだ。

7位 ジョブカレ

ジョブカレ

ジョブカレは学生と社会人が空いてる時間を使い、
所属大学や居住地にとらわれることなくOB・OG訪問を
開催・申込を行うことが出来るサービスです。

それだけにサービスの質が高く、利用しやすいのが特徴。ジョブカレもマッチャーのように、社会人が好き好んで登録しているケースがほとんどなので、リクルーティング目的の場合は少ないです。

また、所属大学によって縛られることもなく、スカイプ対応もしてくれるので、地方の情報弱者、低学歴大学生にも優しい印象です。

ジョブカレ

よしお

低学歴で、地方すみのワイ、歓喜wwww

OB訪問は、学生にしか使えない特権

7つ(+α)のOB訪問サービスをご紹介しました。

脅しではありませんが、社会人になると思ったよりカジュアルに人と会うことができなくなります。なぜなら、社会人になると、暗黙のルールやビジネス的なしがらみが、どうしても生まれてしまうからです。

有名企業の中の人にフランクに会いに行きやすいのは間違いなく学生のうちだけ。思い立ったら吉日ということで、紹介したサービスに今すぐ登録しておきましょう。

今すぐ登録しておくメリットとしては、一回プロフィール入力さえ済ませておけば、企業からのアプローチも期待できるからです。サクッと登録して、他の学生に先を越されないうちにOB訪問し尽くしてやりましょう!

当サイトから1ヶ月で
100名以上の就活生に登録されてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です