キャリアの神様

LabBaseって実際どう?理系学生注目のスカウトサービスを徹底解説

・LabBaseを使うメリット、デメリットは何?
・LabBaseって他の就活サービスと何が違うの?
・どうやって登録するの?

この記事を見つけたあなたは、最近耳にするLabBaseについて気になっているのではないでしょうか。

LabBaseは理系学生にフォーカスした就活サービスです。

この記事では、専門要素の強い理系の就活生が効率よく就活を進めるためにおすすめのサービス「LabBase」について、特徴・メリット、デメリット、評判から登録方法まで詳しく解説しています。

この記事を最後まで読めば、今後あなたがLabBaseを活用すべきかどうか、判断することができるでしょう。

\ 大手・有名企業から特別オファー!/
キミスカ

LabBaseは理系のスカウトサービス

理系学生のスカウトサービスLabBase

研究を頑張る理系学生のための就活サービス:LabBase

「LabBase(ラボベース)」は、理系学生のためのスカウト型就活サービスです。理系の大学生・大学院生に特化したもので、就活生は研究内容やスキルを登録します。企業は登録された情報から興味を持った就活生にスカウトを出し、承諾されると選考に入るという流れです。

学生が企業を選ぶのではなく、企業からアプローチを受けるという点がLabBaseの特徴であり、就活大手サイトとは利用法が異なります。

ここでは、LabBaseの概要や特徴、利用するメリットなどを紹介していきます。LabBaseの口コミも合わせてお伝えしますので、理系学生の皆さんはぜひ参考にしてみてください。

株式会社POLが運営

株式会社POLが運営
LabBaseは「株式会社POL」が運営しています。

LabBaseのほかにも、産学連携のための研究者プラットフォームのLabBaseX、理系化学生のためのオンラインイベントプラットフォームLabBaseNow、第二新卒向けのLabBase+など、多くの理学系学生や研究者のためのサービスを展開しています。

科学と社会の発展に向けて、研究とテクノロジーの領域を中心にさまざまな取り組みをおこなっている企業です。

株式会社POL 概要

会社名 株式会社POL
設立 2016年9月
資本金 613,130,500円(準備金含む)
代表取締役 CEO 加茂倫明
本社住所 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル 9F
事業内容 就活サービス・研究者プラットホームの運営
コーポレートサイト https://pol.co.jp/
キミスカの自己分析ツール
キミスカの自己分析ツール

LabBaseの特徴

LabBaseは、理系学生に特化したスカウト型の就活サイトですが、どのような特徴があるのでしょうか。一般的な就活では、学生が仕事内容・待遇・労働条件などを考慮して選考を受ける企業を選んでいきます。

一方、LabBaseのスカウトサービスは、企業が就活生のプロフィールを見て選考を進めるスタイルです。企業のオファーを受け、学生が承諾してから選考が始まるため、学生と企業、双方にとって効率よく採用がおこなえます。

デンソーやソフトバンクなどの有名企業も利用

LabBaseは、デンソーやソフトバンクなど大手有名企業も利用しています。

通常の就活では応募者が非常に多く、エントリーや書類選考を通過すのも難関だと言われている企業でも、LabBaseを使えばオファーが届く可能性があります。スカウト型就活サービスに参加しているのは中小企業ばかりというイメージがありますが、実は多くの有名企業もLabBaseで採用活動をおこなっています。

スカウト型就活サイトは、学生の採用意欲が高い企業が優秀な人材を探すために利用しているのです。思いもよらない有名企業からオファーが届くこともあり、新しい企業との出会いが期待できます。

ほかにも、NTT東日本、アマゾンウェブサービスジャパン株式会社、富士フィルム株式会社などの大手企業がLabBaseを導入しています。

よしお

へぇ〜聞いたことあるとこばっかじゃん!

LabBaseを利用するメリット

メリット
  1. プロフィールを充実させると企業からスカウトがくる
  2. 選考通過者のESが資料として無料でもらえる
  3. 友達を紹介すると1,500円分のアマギフがもらえる

LabBaseは大手企業が利用しているだけでなく、登録することでさまざまなメリットがあります。

企業から直接オファーが届くのはもちろんですが、プロフィールを充実させると企業からスカウトがくる、選考通過者のESが資料として無料でもらえる、友達を紹介すると1,500円分のアマゾンギフト券がもらえるなど、登録するだけで受け取れる特典が豊富です。

LabBaseを利用するメリットを知り、就活に役立てましょう。

では詳しく解説していくぞ。

キャリアの神様

プロフィールを充実させると企業からスカウトがくる

スカウト型の就活サービスは、学生がプロフィールを登録をして企業からオファーが来るという流れです。通常なら登録後はオファーを待つだけとなりますが、LabBaseは逆求人型にもかかわらず就活生から企業へのアプローチが可能です。

プロフィールには多くの項目を記入することができ、基本的な自己紹介から研究概要、研究の意義、選んだ理由、研究から学んだことなどを記入することで企業へのアピールにつながるのです。

基本的な情報の他にも、求めるスカウトの種類、志望企業規模、職種、勤務地、企業へ求めることなど、自分の希望も伝えられます。

自分に合った企業からスカウトを受けるには、研究内容やスキル・能力はもちろん、希望面についてもしっかり記入することが必要です。

また、興味のある企業を示すボタンも表示されるため、企業に対してアプローチをかけることもできます。待つだけの就活ではなく、積極的にアピールしてみましょう。

選考通過者のESが資料として無料でもらえる

LabBaseに登録すると、選考通過者のESが無料でもらえます。選考を通過した実際のESをチェックできるため、ESをで企業にアピールすべきポイントが分かります。

また、LabBaseでは面接対策やESの添削もサービスに含まれており、理系ならではの就活のポイントをアドバイスしてくれます。

Twitter上でESの公開添削イベントもあり、LabBaseでは就活に役立つオンラインでの催しものを多数開催しています。

友達を紹介すると1,500円分のアマギフがもらえる

LabBaseでは、定期的に友達紹介キャンペーンを開催しています。LabBaseに登録し、10日以内にプロフィールを60%記入すると、紹介した人とされた人の両方にAmazonギフト券1,500円分がプレゼントされます。紹介する人は、何人紹介してもギフト券がもらえるので、多くの友人をLabBaseに招待すれば多くの特典が手に入るのです。

友達紹介キャンペーンは、登録してログインすると表示される招待コードを友達に送るだけで参加できます。Amazonギフト券がもらえるキャンペーンはその時によって内容が異なりますが、これまでは理系修士1年生のみが対象となっていたこともありましたので、キャンペーンの詳細をしっかり確認してみてください。対象となる大学院が決められていることもあります。

LabBaseを利用するデメリット

デメリット
  1. 学歴に負けないプロフィールを作成する必要がある

企業からスカウトを受けられるため効率的に就活が進められるLabBaseは、大手企業も利用しており登録するメリットは多くあります。

しかし、デメリットと感じられる点もありますので、事前に確認しておきましょう。登録してから「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、LabBaseを利用する際に気をつけておきたいポイントをご紹介します。

デメリットと感じられる点でも工夫次第でカバーできますので、参考にしてみてください。

編集部 橋本

学歴に負けないプロフィールを作成する必要がある

LabBaseに登録する際はプロフィールを詳しく書くことで、大手の企業からオファーを受ける可能性が高くなります。志望企業からスカウトをもらうためには、学歴だけでなく、魅力的なプロフィールを作成する必要があります。

LabBaseのプロフィール欄には自己紹介・研究についてのアピール・スキルなどを記入できます。プロフィールの60%を埋めるとLabBaseで企業からのスカウト確率が2.6倍に上がるので、記入率は高くしておきましょう。

特に論文・プロジェクトなど実績の欄が記入してあると、企業からスカウト率がぐっと上がります。実績に関する項目を記入している就活生は、能力・スキルが十分にあると判断されやすいのです。受賞歴がある場合は、必ず記入してアピールにつなげましょう。

研究充実度や書き方で見え方は大きく変わる

論文・プロジェクトでの受賞歴がなくても、「研究概要・研究を選んだ理由・研究の意義・研究から学んだこと」の研究に関する項目に記入があると、スカウト率が上がることが分かっています。自己紹介欄もしっかり書かれていると好印象です。

企業は学生がどのような人なのか、どのような研究をおこなっているのかを知りたいと思っています。その2つの項目で効果的にアピールすることで、スカウトを受けやすくなります。

また、研究の充実度やこれからやってみたいことは、企業が重視することが多い項目です。自分の強みや魅力を企業へ伝えられるように、工夫してプロフィールを書いてみましょう。自己紹介・研究に関すること・これからやってみたいことを埋めると魅力的なプロフィールになります。

LabBaseの口コミ

LabBaseに登録する理系学生は多くなっていますが、実際に利用してみてどのように感じたのでしょうか。どんなメリット・デメリットがあったのか、使ってみてどのような効果があったのか気になるところですよね。

登録しようか迷っているときには、口コミを参考にしてみましょう。ここからは、ネット上で見つけたLabBaseを実際に利用した人の口コミを紹介していきます。

研究職は早めに就活を始めている

LabBaseは登録してプロフィールを埋めることで、企業からのスカウトを受けやすくします。忙しい時でも空き時間に就活ができるため、通常よりも早く始めることも可能です。

特に理系の学生は研究で忙しく、企業説明会などに参加する時間がなかなかとれません。LabBaseなら、就活に割ける時間が少ない人でも研究職を狙い、周りより早い段階で企業へアピールできるメリットがあります。

実際に多くの先輩が、研究職の就活をLabBaseで早くから始めています。エントリーシートや履歴書を送るよりも簡単に、効率よく就活ができます。

早めに就活を始めることで、意外な企業からスカウトが届いたりと、視野が広がる可能性も期待できるんじゃよ。

キャリアの神様

企業数が増えるともっと良い!

LabBaseに登録すると、企業といい感じ繋がりができるという口コミですね。しかし一方で、LabBaseを利用している企業数がもっと増えればさらに良いという意見もありました。

編集部 橋本

LabBaseで公表している企業数は200社以上。IT・通信業界やメーカー、専門商社などさまざまな業界の大手有名企業も多数登録しています。

ただ、大手就活サイトに比べると、その数は決して多いとは言えないため、「もっと企業数が多ければ良いのに」と思う学生の声が口コミで見受けられます。

理系学生をしっかり評価してくれる企業は少なくありませんので、LabBaseを通して採用活動に積極的に取り組んでほしいですね。

理系で効率的に就活を始めるならLabBaseに登録しよう!

LabBaseは、2017年2月のサービス開始から約2年で登録学生数1万人を突破した理系学生専門のスカウトサービスです。

自己紹介や研究概要、スキルなど登録するだけで企業からスカウトを受けられるのが特徴です。忙しく就活に時間をとれない理系の学生でも多くの企業とコンタクトをとれるため、効率よく就活をおこなうことができます。

また、企業側もLabBaseを利用すると自社の求める専門性を持つ就活生に直接アプローチできるため、妥協のない採用をしたい企業の利用も多いのが特徴的です。

就活生と企業、双方にメリットがあるLabBaseは、ネットでの口コミもよく、実際に利用している学生も多くなっています。理系で効率的に就活を始めたいと思ったら、ぜひLabBaseに登録してみましょう。

大学院生専門の就活エージェントサービス「アカリク」がおすすめ!

大学院生(修士/博士)・ポスドク専用の就職サイト

他にも使える理系のサイトはこちらをチェック!

理系におすすめの就活サイト10選! 内定を勝ち取る使い方を解説

スカウトサイトは複数登録するのもあり!

逆求人サイト・オファー型就活  おすすめの逆求人サイト10選!実際に使った先輩100人が徹底比較

【15分で完了】大手/優良企業の選考に進める、自己分析&オファーツール!

キミスカは150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かる自己分析ツールです。

さらに、大手・ベンチャー・優良企業の人事があなたのプロフィールを見て特別オファー。

内定直結の特別選考に進めます!

<オファー実績>あおぞら銀行 /湖池屋/ デジタルホールディングス/ POLA/ tutuanna/ YKKAP/ サイゼリア/ スズキ/ ニトリなど

高精度自己分析ツールのおすすめポイント

  • 大手や優良企業からオファーが貰える(特別選考に進める!)
  • ESに書けるに強みが分かる(明日提出のESも間に合う!)
  • 高精度な自己分析ができる!(70,000人以上が使用!)
 

就活生に人気のサービスTop3

高精度自己分析ツール
1位

【15分で完了】『大手/優良企業の選考に進める、自己分析&オファーツール!』

ワークスジャパン<23卒>
2位

【23卒】アンケートに答えて1,000円分のAmazonギフト券をGET!※抽選1,000名の方にプレゼント

大手・有名企業からオファー!Lognavi
3位

大手・有名企業からスカウト!『Lognavi』
必要なのはプロフィール登録だけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です