キャリアの神様

LabBaseって実際どう?理系学生注目のスカウトサービスを徹底解説

・LabBaseを使うメリット、デメリットは何?
・LabBaseって他の就活サービスと何が違うの?
・どうやって登録するの?

この記事を見つけたあなたは、最近耳にするLabBaseについて気になっているのではないでしょうか。

LabBaseは理系学生にフォーカスした就活サービスです。

この記事では、専門要素の強い理系の就活生が効率よく就活を進めるためにおすすめのサービス「LabBase」について、特徴・メリット、デメリット、評判から登録方法まで詳しく解説しています。

この記事を最後まで読めば、今後あなたがLabBaseを活用すべきかどうか、判断することができるでしょう。

自己分析完了者には選考スカウトが届きます。

toiroworks 自己分析をもとにスカウトが届く!『toiroworks』

1.LabBaseは理系のスカウトサービス

理系学生のスカウトサービスLabBase

研究を頑張る理系学生のための就活サービス:LabBase

「LabBase(ラボベース)」は、理系学生のためのスカウト型就活サービスです。理系の大学生・大学院生に特化したもので、就活生は研究内容やスキルを登録します。企業は登録された情報から興味を持った就活生にスカウトを出し、承諾されると選考に入るという流れです。

学生が企業を選ぶのではなく、企業からアプローチを受けるという点がLabBaseの特徴であり、就活大手サイトとは利用法が異なります。

ここでは、LabBaseの概要や特徴、利用するメリットなどを紹介していきます。LabBaseの口コミも合わせてお伝えしますので、理系学生の皆さんはぜひ参考にしてみてください。

1-1.株式会社POLが運営

株式会社POLが運営
LabBaseは「株式会社POL」が運営しています。

LabBaseのほかにも、産学連携のための研究者プラットフォームのLabBaseX、理系化学生のためのオンラインイベントプラットフォームLabBaseNow、第二新卒向けのLabBase+など、多くの理学系学生や研究者のためのサービスを展開しています。

科学と社会の発展に向けて、研究とテクノロジーの領域を中心にさまざまな取り組みをおこなっている企業です。

株式会社POL 概要

会社名 株式会社POL
設立 2016年9月
資本金 613,130,500円(準備金含む)
代表取締役 CEO 加茂倫明
本社住所 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル 9F
事業内容 就活サービス・研究者プラットホームの運営
コーポレートサイト https://pol.co.jp/
インタツアー
offerbox

2.LabBaseの特徴

  1. 就活解禁前に特別ルートで企業に会える
  2. プロフィールを充実させるとスカウトがくる可能性大
  3. デンソーやソフトバンクなどの有名企業も利用
LabBaseは、理系学生に特化したスカウト型の就活サイトですが、どのような特徴があるのでしょうか。一般的な就活では、学生が仕事内容・待遇・労働条件などを考慮して選考を受ける企業を選んでいきます。

一方、LabBaseのスカウトサービスは、企業が就活生のプロフィールを見て選考を進めるスタイルです。企業のオファーを受け、学生が承諾してから選考が始まるため、学生と企業、双方にとって効率よく採用がおこなえます。

2-1.就活解禁前に特別ルートで企業に会える

スカウトを受け取ることで、就活解禁前に特別ルートで企業に出会うことができます。理系の学生は就活と並行して実習や研究をおこなうため、就活に充分な時間を使えず、企業研究やインターン先を探すことが困難な状況といえます。

LabBaseは、プロフィール登録さえしておけば企業からのスカウトを待つだけなので、効率的に時間を使え、忙しい中でも就活と研究を両立することが可能です。

また、LabBaseを利用している企業は、中小企業ばかりではありません。富士フイルムやNTTドコモといった大手企業も積極的に活用しています。登録企業数は400社を超えているため、自分に合う企業と出会えるチャンスも多いです。

就活解禁前に大手企業からスカウトを受け取り、特別ルートで選考を進めることができる一石二鳥の就活サイトといえるな。

キャリアの神様

2-2.プロフィールを充実させるとスカウトがくる可能性大

LabBaseのプロフィール充実度を60%以上まで高めた場合のスカウト受信率は91%。受け取るスカウト数が多ければ多いほど、多くの優良企業と出会えるチャンスが広がることでしょう。

LabBaseのスカウトサービスでは、学生が入力したプロフィールや研究情報をじっくりと読み込んだ企業がスカウトを送るかどうか決めています。

また、プロフィールの入力欄は研究に関する項目が多いため、自分の研究内容を存分にアピールすることができます。プロフィールの充実度次第では、書類選考通過も難しいと言われるような有名企業からスカウトを受け取れるかもしれません。

2-3.デンソーやソフトバンクなどの有名企業も利用

LabBaseは、デンソーやソフトバンクなど大手有名企業も利用しています。

通常の就活では応募者が非常に多く、エントリーや書類選考を通過すのも難関だと言われている企業でも、LabBaseを使えばオファーが届く可能性があります。スカウト型就活サービスに参加しているのは中小企業ばかりというイメージがありますが、実は多くの有名企業もLabBaseで採用活動をおこなっています。

スカウト型就活サイトは、学生の採用意欲が高い企業が優秀な人材を探すために利用しているのです。思いもよらない有名企業からオファーが届くこともあり、新しい企業との出会いが期待できます。

ほかにも、NTT東日本、アマゾンウェブサービスジャパン株式会社、富士フィルム株式会社などの大手企業がLabBaseを導入しています。

よしお

へぇ〜聞いたことあるとこばっかじゃん!

3.LabBaseを利用するメリット

メリット
  1. 専門外や知らない企業との出会いが広がる
  2. スカウトをもらった企業の面談や説明会に参加できる
  3. 企業の担当者と話すことで自分の強みを確認できる

LabBaseは大手企業が利用しているだけでなく、登録することでさまざまなメリットがあります。

企業から直接オファーが届くのはもちろんですが、プロフィールを充実させると企業からスカウトがくる、選考通過者のESが資料として無料でもらえるなど、登録するだけで受け取れる特典が豊富です。

LabBaseを利用するメリットを知り、就活に役立てましょう。

では詳しく解説していくぞ。

キャリアの神様

3-1.専門外や知らない企業との出会いが広がる

LabBaseの魅力のひとつが、今まで知らなかった企業や、自分の可能性を広げる企業と出会えることです。

LabBaseの利用企業は多種多少です。誰もが名前を知っている有名企業からのスカウトもあれば、初めて目にする企業からのスカウトを受けることもあります。なかには、これまでの研究分野と異なる企業や名前を知らないベンチャー企業からスカウトが届くこともしばしば。今まで見ていなかった業界・企業の出会いで視野が広がるでしょう。

企業側は登録した研究内容に加え、課外活動などのプロフィールを熟読したうえでスカウトを送ってくれます。一人で就活をしていたら出会えなかったであろう企業と出会え、自分の可能性を広げることができるのもLabBaseの魅力です。

3-2.スカウトをもらった企業の面談や説明会に参加できる

LabBaseが実施したアンケートによると、LabBaseを利用する学生のうち、実に6割以上が名前を知らない企業からのスカウトに反応し、面談や説明会に参加しています。そのうち、7割以上が次の選考に進みたいと回答。

スカウトを受け取ることで、今まで知らなかった企業の面談や説明会に参加でき、より深くその企業を知ることも可能です。LabBaseを利用することで、名前を知らなかった企業と出会うことができ、今まで想像もしなかった自分の未来を切り開けるでしょう。

3-3.企業の担当者と話すことで自分の強みを確認できる

スカウトを受け取った企業の担当者との面談を通じて、自分をより知ることが出来るのもメリットのひとつです。企業の担当者は、学生のプロフィールを熟読してスカウトを送っています。

実際に担当者に会って話すことで、どのような点に注目してスカウトを送ったのかを知ることができます。

企業のことを知りながら、自分についてより深く知れるのもLabBaseのスカウトサービスならではの魅力といえるでしょう。

4.LabBaseを利用するデメリット

デメリット
  1. 学歴に負けないプロフィールを作成する必要がある

企業からスカウトを受けられるため効率的に就活が進められるLabBaseは、大手企業も利用しており登録するメリットは多くあります。

しかし、デメリットと感じられる点もありますので、事前に確認しておきましょう。登録してから「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、LabBaseを利用する際に気をつけておきたいポイントをご紹介します。

デメリットと感じられる点でも工夫次第でカバーできますので、参考にしてみてください。

編集部 橋本

4-1.学歴に負けないプロフィールを作成する必要がある

LabBaseに登録する際はプロフィールを詳しく書くことで、大手の企業からオファーを受ける可能性が高くなります。志望企業からスカウトをもらうためには、学歴だけでなく、魅力的なプロフィールを作成する必要があります。

LabBaseのプロフィール欄には自己紹介・研究についてのアピール・スキルなどを記入できます。プロフィールの60%を埋めるとLabBaseで企業からのスカウト確率が2.6倍に上がるので、記入率は高くしておきましょう。

特に論文・プロジェクトなど実績の欄が記入してあると、企業からスカウト率がぐっと上がります。実績に関する項目を記入している就活生は、能力・スキルが十分にあると判断されやすいのです。受賞歴がある場合は、必ず記入してアピールにつなげましょう。

研究充実度や書き方で見え方は大きく変わる

論文・プロジェクトでの受賞歴がなくても、「研究概要・研究を選んだ理由・研究の意義・研究から学んだこと」の研究に関する項目に記入があると、スカウト率が上がることが分かっています。自己紹介欄もしっかり書かれていると好印象です。

企業は学生がどのような人なのか、どのような研究をおこなっているのかを知りたいと思っています。その2つの項目で効果的にアピールすることで、スカウトを受けやすくなります。

また、研究の充実度やこれからやってみたいことは、企業が重視することが多い項目です。自分の強みや魅力を企業へ伝えられるように、工夫してプロフィールを書いてみましょう。自己紹介・研究に関すること・これからやってみたいことを埋めると魅力的なプロフィールになります。

5.LabBaseの口コミ

  1. 研究職は早めに就活を始めている
  2. 企業数が増えるともっと良い!
  3. インターンに落ちたことのある企業からスカウトがきた
  4. 社会人と話せる機会に救われる
  5. スカウトから選考までの流れがスマート
LabBaseに登録する理系学生は多くなっていますが、実際に利用してみてどのように感じたのでしょうか。どんなメリット・デメリットがあったのか、使ってみてどのような効果があったのか気になるところですよね。

登録しようか迷っているときには、口コミを参考にしてみましょう。ここからは、ネット上で見つけたLabBaseを実際に利用した人の口コミを紹介していきます。

5-1.研究職は早めに就活を始めている

LabBaseは登録してプロフィールを埋めることで、企業からのスカウトを受けやすくします。忙しい時でも空き時間に就活ができるため、通常よりも早く始めることも可能です。

特に理系の学生は研究で忙しく、企業説明会などに参加する時間がなかなかとれません。LabBaseなら、就活に割ける時間が少ない人でも研究職を狙い、周りより早い段階で企業へアピールできるメリットがあります。

実際に多くの先輩が、研究職の就活をLabBaseで早くから始めています。エントリーシートや履歴書を送るよりも簡単に、効率よく就活ができます。

早めに就活を始めることで、意外な企業からスカウトが届いたりと、視野が広がる可能性も期待できるんじゃよ。

キャリアの神様

5-2.企業数が増えるともっと良い!

LabBaseに登録すると、企業といい感じ繋がりができるという口コミですね。しかし一方で、LabBaseを利用している企業数がもっと増えればさらに良いという意見もありました。

編集部 橋本

5-3.インターンに落ちたことのある企業からスカウトがきた

過去にインターンに落ちた企業からスカウトをもらったという口コミがあります。

LabBaseのプロフィールは、さまざまな角度からアピールできるよう多くの項目が準備されています。プロフィールをしっかりと入力することで、今まで気づかなかった自分の強みを表現することが可能です。そのため、過去にインターンでご縁がなかった企業からもスカウトを受け取れる可能性があります。

プロフィールを埋めていくうちに、自然と今までの研究内容や課外活動を棚卸しでき、自分で気づかなかった強みもアピールできるのは、数多くのプロフィール項目を用意しているLabBaseならではですね。

編集部 橋本

5-4.社会人と話せる機会に救われる

人生の先輩である社会人とフラットに話ができたという口コミがあります。

編集部 橋本

社会人経験のない学生にとって、経験豊富な社会人との面談は非常に貴重な機会です。

研究テーマの話や技術者として今後求められることなど、就活にとどまらず、今後のキャリアや人生について、幅広くアドバイスをもらえる機会はなかなかありません。

スカウトを受け取った際には、時間が許す限り面談や説明会に参加し、多くの先輩方から学びを得てみてはいかがでしょうか。

5-5.スカウトから選考までの流れがスマート

LabBaseでスカウトを受け取ると、選考が短縮されるなどのメリットがあります。

プロフィールで研究内容や課外活動をアピールしているので、企業も学生のことをある程度知った上で選考を進められます。

忙しい理系学生にとっては、研究の時間をやりくりし、何度も足を運ぶ必要がないのでメリットが大きいですね。

編集部 橋本

意中の企業がある際にも、スカウトを受け取ることで短期間で選考を終えられる可能性があるのもLabBaseの魅力のひとつです。

LabBaseで公表している企業数は200社以上。IT・通信業界やメーカー、専門商社などさまざまな業界の大手有名企業も多数登録しています。

ただ、大手就活サイトに比べると、その数は決して多いとは言えないため、「もっと企業数が多ければ良いのに」と思う学生の声が口コミで見受けられます。

理系学生をしっかり評価してくれる企業は少なくありませんので、LabBaseを通して採用活動に積極的に取り組んでほしいですね。

6.理系で効率的に就活を始めるならLabBaseに登録しよう!

LabBaseは、2017年2月のサービス開始から約2年で登録学生数1万人を突破した理系学生専門のスカウトサービスです。

自己紹介や研究概要、スキルなど登録するだけで企業からスカウトを受けられるのが特徴です。忙しく就活に時間をとれない理系の学生でも多くの企業とコンタクトをとれるため、効率よく就活をおこなうことができます。

また、企業側もLabBaseを利用すると自社の求める専門性を持つ就活生に直接アプローチできるため、妥協のない採用をしたい企業の利用も多いのが特徴的です。

就活生と企業、双方にメリットがあるLabBaseは、ネットでの口コミもよく、実際に利用している学生も多くなっています。理系で効率的に就活を始めたいと思ったら、ぜひLabBaseに登録してみましょう。

他にも使える理系のサイトはこちらをチェック!

理系におすすめの就活サイト10選! 内定を勝ち取る使い方を解説

スカウトサイトは複数登録するのもあり!

逆求人サイト・オファー型就活  内定者の実体験記事 おすすめの逆求人サイト10選!実際に使った先輩100人が徹底比較

【24万人以上の就活生が利用中】企業からオファーが届くスカウトサイト!

offerbox

OfferBoxはプロフィールを登録しておくと企業からオファーが届くスカウトサイトです。
プロフィール入力率が90%以上の場合、平均24.6社からのオファーを受け取ることができるんです。※

さらに、OfferBoxでは適性診断『Analyz+U』を無料で受験可能!
『Analyz+U』は25項目の診断結果で自分を詳細に分析でき、社会に出た時に活かせる強みが分かります。
診断結果には強みや特性だけでなく、アドバイスも記載されているので、自己PR文作成にも役立ちますよ!

<OfferBox参加企業> ・資生堂、マイクロソフト、グリー、朝日新聞、JCB、経済産業省など
OfferBoxの特徴
  1. 企業からオファーが届く!大手・ベンチャー・官公庁など、9,411社以上が登録
  2. 高精度の適性診断『Analyz+U』が無料で受検可能!
  3. 診断結果のアドバイスから自己PR文を作成できる

 OfferBoxを使ってみる! 

※OfferBox 2020年卒利用実績データより

就活生に人気のサービスTop3

インターンシップガイド
1位

ソニー/アクセンチュア/資生堂etc.
大手内定を狙うなら!インターン掲載数No1の『インターンシップガイド』

OfferBox
2位

あなたの強みと適職を特定!
適性診断の結果を基に業界大手・一流企業からスカウトが届く!

自己分析
2位

【23卒】大手/有名企業からオファー!
10万人以上が使用する自己分析ツール『キミスカ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です