キャリアの神様

Wantedlyは就活に有利?評判・掲載企業の質・使い方などを徹底解説

この記事をご覧のあなたは

Wantedlyって名前は聞いたことあるけどどんなサービス?
転職で使うことが多そうだけど、実際就活では使えるの?
他の就活サービスとどう違うの?

この記事では、実際にWantedlyを利用し内定を2社獲得した私がWantedlyのよい部分も悪い部分も余す事なくお伝えします。

また、どのように利用すれば内定がもらえるのか、あまり知られていないちょっとしたコツなども解説します。

もしあなたがWantedlyを使う場合、希望する企業から確実に内定を得やすくなりますのでぜひ読み進めていただければと思います。

Contents

1.Wantedlyの特徴

運命のチームや仕事に出会えたり、人脈を広げ、ビジネスの情報収集に使えるビジネスSNS

1-1.ウォンテッドリー株式会社が運営

Wantedlyは、ウォンテッドリー株式会社が運営するビジネス版SNSです。SNSと言うくらいですのでチャットをすることも可能です。

ウォンテッドリー株式会社は「シゴトでココロオドル人をふやす」というミッションを掲げ、2017年に上場し、当時の時価総額は40億円相当。急成長のスタートアップ企業です。

創業者は、エンジニアであり、ゴールドマンサックス、Facebook Japan初期メンバーという比類なきキャリアを持つ女性が立ち上げたのも興味深い点です。

ウォンテッドリー株式会社 概要

社名 ウォンテッドリー株式会社
設立 2010年9月
資本金 2億4,000万円
代表取締役 仲 暁子
事業内容 ビジネスSNS「Wantedly」の企画・開発・運営
グループ会社 Wantedly Singapore Pte. Ltd.
コーポレートサイト https://wantedlyinc.com/ja

1-2.掲載求人数No.1多種多様な企業が登録

Wantedlyには37,000社もの企業が掲載されています。この数字は、マイナビ2022の掲載企業数24,215社を超えています。

しかも、IT系やWEB系のようなベンチャー企業が多く、中には社員が10人に満たない企業も。

Wantedlyほどベンチャー企業がたくさん載っている就活サービスはありません

まだ世に出ていないスタートアップや知る人ぞ知るIT企業、リクナビやマイナビでは見つからないベンチャー企業もあります。

あまり知られていない優秀な企業や、経営者と近い位置で仕事ができる企業を探している学生にとっては選択肢が広く非常におすすめです。

1-3.学生からも応募でき企業からも学生へオファーができる

学生からアプローチするだけの就活は終わりを迎えようとしています。

と言うのも、近年では逆求人系のサービスが登場するなど昔の就活とは明らかに姿が変化しているからです。

Wantedlyでは学生側からアプローチできるだけでなく、登録情報をみた企業側が学生側にスカウトをかけることも可能となっています。

企業も真剣に「自分たちと一緒に働く意味を知ってもらいたい」という思いを持って学生と向き合う姿が見られます

つまり、Wantedlyは今の時代に合わせたSNSを用いた新しい就活サービス。

この機能によって、あなたは企業と対等に就活ができるようになるでしょう。

1-4.中途だけでなく新卒採用の募集に利用する企業も多い

「Wantedlyは転職やインターンを探すためのSNS」と思っている人も少なくないのではないでしょうか。

Wantedlyを中途採用だけでなく、新卒採用で使用する企業が増えています

企業はWantedlyで求職者をスカウトする際、多くの登録者の中から候補者を探します。

候補者を探すときの絞り込み機能として新卒フィルターもあるため、企業側が卒年を選択して人材を探すことが可能。

登録者のステータスで絞り込みができスカウトもできることから、新卒者を対象とした採用をWantedlyで実施する企業も多いのです。

特に若い人材を企業に取り入れ、育成していきたいと考えるベンチャー企業が新卒採用で利用しています。

就活対策ツール
ジョブスプリング

2.Wantedlyの評判

2-1.レスポンスがフレンドリー

Wantedlyチャットでやり取りができるため、企業にも就活生にもメリットがあるといえます。

電話の場合は「相手に都合が悪く取れない環境だったらどうしよう」「初めての電話で何と言えばいいのか分からない」と感じたり、メールだと「読んでもらえなかったどうしよう」「敬語は合っているのか」と連絡が億劫になってしまいます。

チャットツールの場合は「拝啓」などの堅苦しい文書を考えなくていいため、連絡が取りやすいという声が就活生からもあがっています

2-2.実名の登録に不安がある人も

Wantedlyの口コミには、実名の登録に不安があるという人もいます。

Wantedlyの登録に必要なのは、名前・年齢・職歴・学歴・自己紹介・この先やってみたいこと・資格の7点です。

登録企業であれば人物検索の際にこれらのプロフィールを見ることができるため、悪用されないのかと不安に思うのでしょう。

Wantedlyに登録しているのは、本気で採用を考える企業や本気で就職を目指す求職者です。

コンタクトがあった際には、連絡を取って企業に質問することや、ネットで企業の情報をしっかりと調べることが大切です

スカウトされたからといって、調べもせずに企業に訪問したりするのは控えた方がいいでしょう。

2-3.未経験でも実務経験が必要な企業から内定がもらえた

応募条件に実務経験の記載があっても、大学や独学での知識があれば選考を受けられる可能性があります。

職種によっては実務経験を持っている人材の希少価値が高く、採用力のある大手企業に就職を決めるケースが多いでしょう。

一方で、大手よりも採用力が劣るベンチャー企業は、実務経験を持った人材の採用に難航することがあります。

Wantedlyにはこのようなベンチャー企業が多数登録しているため、口コミのように経験がなくても技術があれば採用される可能性があるのです

実務経験が必須条件だったとしても、知識と技術あるのであれば、一度エントリーする価値はあります。

2-4.コスパよく内定がもらえた

就活では、インターンシップや企業説明会への参加回数が重要だと考えている人も多いかもしれません。

しかし、それは少し前の時代の就職活動です。

近年の就職活動では、Wantedlyのように企業側からスカウトがもらえるようなサイトがあるため、自分から動かずとも企業との接点を持ち、内定まで繋がることもあるのです

また、自分自身の興味関心のみで就職活動を進めてしまうと、 自身の可能性を潰してしまう可能性があります。

Wantedlyのスカウトでは、全く興味のなかった業界や職種からのスカウトがあり、自分では気づけていなかった自分自身の価値に気づくきっかけにもなります。

そのため、スカウトから選考を受けるつもりがなかったとしても、Wantedlyに登録し、自分自身の市場価値を知ることも就職活動では重要な機会です。

2-5.プロフィールを充実させるだけで差別化

Wantedlyにただ登録しておくだけでは、企業の目に止まることはありません。

企業に自分自身を見つけてもらうためには、プロフィールを充実させておく必要があります

Wantedlyのプロフィールでは、これまでに経験したことを詳細に記載できるようになっています。

学歴や資格、受賞歴はもちろんですが、好きな言葉・キャッチコピーなど、スキル・経歴以外にも人柄面でアピールすることも可能です。

就職活動ではインターンシップや説明会に行くなど動くことも重要です。

しかし、近年の就職活動では、プロフィールを魅力化して自らをブランディングすることも忘れてはいけません。

利用出来そうなツールは積極的に利用し、社会に対して自分自身をアピールしていきましょう。

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用しよう

自己PRの内容が薄いと、志望企業に採用されません。選考を突破するには、自己PRを作り込む必要があります。

そこで活用したいのが、自己PR作成ツールの「自己PRジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの自己PRが完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される自己PRを完成させましょう。

逆求人サービスに登録してスカウトをもらおう!

逆求人 おすすめの逆求人サイト10選!実際に使った先輩100人が徹底比較

3.Wantedlyを使う5つのメリット

メリット
  1. チャットで企業に連絡できるため気軽に採用担当者とコンタクトが取りやすい
  2. 掲載数が多いため志望業界以外の企業も知れる
  3. 企業からイベントや面談のスカウトをもらえる
  4. エンジニアやデザイナーなど専門職を募集する企業が充実
  5. 待遇以外に目を向けて企業選びができる

3-1.チャットで企業に連絡できるため気軽に採用担当者とコンタクトが取りやすい

Wantedlyを使う1番のメリットは、興味のある企業へ堅苦しさなく気軽に「話しを聞きに行きたい」とコンタクトが取れる点です。

一般的な就活サイトの場合、プレエントリー後にエントリーするための選考書類を作成して、ようやく採用担当者との接点を持つことができます。

Wantedlyでは登録後掲載企業を見ることができ、企業に興味をもったら緑色の「話しを聞きに行きたい」ボタンで意思表示をします

そうすることで興味を持っていることが企業に伝わり、チャットでコミュニケーションをとることができるようになります。

選考の前に企業の担当者と面談でき、納得したうえで選考に進むかどうか決められるのはメリットといえるでしょう。

インターンシップにも挑戦しやすい

Wantedlyのサービスのひとつ「Wantedlyインターン」は、日本最大級のインターンシップサービスで、様々な業界のインターンシップ情報が見つけられます。

インターンシップ情報を検索するのと同時に新卒採用のタグを追加すれば、並行して採用情報も得られます。スマホのアプリからでも手軽に応募できるの点も魅力です。

Wantedlyの場合、企業は不特定多数の学生に同時スカウトを送るのではなく、各就活生のプロフィールを見たうえで、自社の求める人材像とぴったり合う人にコンタクトを取ることが一般的です。

そのため、ミスマッチが少なく、価値観やビジョンを共有できるインターンシップ先を見つけることが容易であるのもWantedlyの特徴です

海外でのインターンシップ先を見つけることも可能なので選択肢が広がるでしょう。

3-2.掲載数が多いため志望業界以外の企業も知れる

Wantedlyの強みは何といっても求人情報掲載数の多さです。

大手の他の就活サイトと比べてもダントツの37,000社の情報が掲載されています。

中でもベンチャー企業の情報量が多く、ベンチャー企業志望ならば、気になる企業がきっと見つかるはずです。

特に情報通信関連業種が多いため、情報通信系を希望している就活生におすすめです。

プロフィールを見てコンタクトを取ってくる企業は、自分が志望している業界に限定されません。

そのため、思いがけない企業からのコンタクトで志望先の守備範囲が広がる可能性もあります。これは就活におけるチャンスです

自分でリサーチしていなかった企業と接点を持つことで、自分でも気づかなかった強みを見直すことになり、内定へ一歩近づくことになります。

3-3.企業からイベントや面談のスカウトをもらえる

Wantedlyは、掲載企業に就活生からコンタクトを取るだけでなく、企業側から登録している就活生にスカウトを送ることもできます。

採用を考える企業は、スカウトを送る人材を探すために、10万人をはるかに超える登録者の中からフィルターをかけて検索します。

フィルターの項目としては、職種や年齢、住んでいる地域、プロフィールの項目、そして何年卒の新卒か、最終ログイン時間などです

ヒットした人材のプロフィール内容を確認して、企業は説明会イベントや面談の打診といった内容のスカウトを送るのです。

スカウトされるためにはプロフィールの充実や細かなチェックが必要ですが、この機能によりこれまで興味を持っていなかった企業と出会える確率は高くなります。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

企業からオファーが届くサービスは他にも!

offerbox 適性検査×スカウトで就活を有利にすすめる!『Analyze+U』

3-4.エンジニアやデザイナーなど専門職を募集する企業が充実

専門性のある職務を募集する企業が多いことも、Wantedlyの特徴です。

一般的な就活サイトと比べて、エンジニア、デザイナーなどの専門職の求人情報が多くなっています。

そのため、専門職での採用を考える人はポートフォリオを掲載するのがおすすめです。

添付はPDFファイル以外であれば可能であり、自身のHPやYouTubeも掲載できます。

作品を掲載する際は、それだけを載せるのではなく作品の紹介も一緒に記載しましょう。

専門職を求める企業は作品を見てスカウトを検討する場合もありますし、面談になった場合に作品があったほうが話しやすくなります

専門職を求めるスタートアップの企業も数多く登録しており、一緒に起業をするためのメンバー、会社を大きくするためのメンバーを募っていることもあるため、興味のある人は是非チェックしてみましょう。

3-5.待遇以外に目を向けて企業選びができる

給与などの待遇以外に、働き方や人で企業選びができることもWantedlyを利用するメリットです。

Wantedly運営側は、募集要項に給与や福利厚生など条件面の記載を禁止しています。

理由は、給与で仕事を決めるのではなく、会社の思いへの共感や、企業で働く人への魅力といった部分でマッチングをしてほしいというWantedly運営側の想いがあります

「年収がよさそう」「待遇がよさそう」といった判断軸で会社選びをするのは危険です。

日本人が退職する一番の理由は、給与ではなく“職場の人間関係”というデータがあります。

つまり、どんなに給与が高くても、人間関係によって「(一緒に)仕事ができない」と思った結果転職に繋がるケースは多いのです。

そこでWantedlyは、あなたが入社してからの働き方や職場環境を考えさせるための工夫として、条件を記載しない形で求人を掲載しているのです。しかし、一方で待遇の非公開がデメリットとなることもあります。くわしくみていきましょう。

よしお

とりあえず年収と休日でエントリー企業選んでたww
何を基準に企業を選んだらいいかわからないときは、就活の軸を決めてみるんじゃ。
就活の軸作成ツール」を使えば、簡単に思考のの整理ができて就活の軸が作れるからおすすめじゃぞ。

キャリアの神様

\就活の軸作り方マニュアル/

4.Wantedlyを使う前に気をつけたいデメリット2つ

デメリット
  1. 応募前に福利厚生や給与が分からない
  2. Facebookと連携している

4-1.応募前に福利厚生や給与が分からない

先ほど紹介したように、Wantedlyの方針上「募集要項に年収・条件などを載せることは禁止」されています。

話し合いの結果、ビジョンや価値観が一致した企業から「じゃあ、月80時間分の残業代込みで月収20万で契約させていただいてもよろしいですか?」と言われたらあなたはどうするでしょうか。

Wantedlyを利用した場合、最終選考まで進んだのにも関わらず条件面で折り合いが付かないケースがよく見受けられます。

筆者もせっかく時間をかけて企業訪問に行ったのに、条件があわなくて15分で面談が終了したということもありました

条件の設定は企業は書いてはいけないことになっていますが事前の対応策として

  • 企業の公式HPで確認する
  • チャットなどで事前に聞いておく

という風に対策しておくとお互いにとって無駄な労力を割かずに済みます。

4-2.Facebookと連携している

SNSとの連携が可能なWantedlyは、裏を返せばプライベートの投稿も見られる恐れがあります。

企業の担当者が志望者の情報を知るためにあなたのSNSを見る可能性は十分に考えられます

普段の投稿内容が見られることで、選考にマイナスの影響が生じる場合もあるため注意が必要です。

Facebookの公開範囲は設定はできるので、プライベートを公開したくない場合はしっかりと公開設定を変更しておきましょう。

Facebookを公開しなくていい優良逆求人サイトを見つけたい

逆求人サイト おすすめの逆求人サイト10選!実際に使った先輩100人が徹底比較

5.Wantedlyの始め方!具体的な活用手順

5-1.アカウントを登録する

WantedlyはFacebookのアカウントを連携するだけで、すぐに会員登録が完了します。

Facebookを登録していない人もEメールを使えば1分ほどで登録できます。

5-2.プロフィールを充実させる

案内にしたがってプロフィールを埋めていきましょう。

プロフィールの埋まっている割合でスカウトの確率も上がります

はじめは適当でもいいので、まずは一旦埋めることから始めましょう。後にしっかりと書き込むなりしていけば問題はありません。

5-3.募集を見る

「職種・採用形態・地域・特徴・キーワード検索」の5つのスタイルで検索することが可能です。

上部のバナーにランダムでの募集も掲載されているので、そちらから見ていっても構いません。

5-4.企業に応募する

企業の説明ページや投稿記事を見て気になったら「話を聞きたい」ボタンで実際に応募をしてみましょう。あとは企業側から返事が来るのを待つのみです。

企業によっては「話を聞きたい」ボタンを押しても連絡が返ってこない場合があります

当たり前ですが、企業も学生のプロフィールを見て選んでいる、もしくは募集が多すぎて追いつかずにマッチングが成立しない場合があります。

5-5.チャットで日程調整そして面談へ

運良くマッチングした企業からはチャットで連絡が来ます。

それ以降は企業側と直接的に面談日の調整などがおこなえます

6.Wantedlyで実際に内定は獲得できるのか?有利にする使い方・コツを伝授

6-1.スカウトのハードルは高め!プロフィールの実績に影響される

エンジニアやデザイナーの人ならば「ポートフォリオ」欄に自分のプロダクトを載せられる上に、慢性的な人手不足企業から結構スカウトが来ます。

しかし、総合職は相当な実績がないと学歴や組織構築の経験などわかりやすい実績でふるいにかけられる場合がほとんどです。

Wantedlyは新卒就活であっても転職者と同様に「何をしたいか」ではなく「何ができるか」の要素がかなりの割合を占めています

専門知識がある人や、集客や営業などわかりやすいビジネス実績をもつ人がスカウトをもらいやすいです。

できることが少ない学生はスカウトにあまり期待しない方がいいかもしれません。

6-2.プレミアム会員になればスカウトが劇的に増える

Wantedlyには月額課金制のプレミアム版が存在します。

  • クレジットカード決済:月額 2,980円(税別)
  • AppleID決済:月額 3,000円(税別)

では、実際に月額課金制にする必要があるのか。

実際にプレミアム会員登録をした私が感じたことも交えながらプレミアム会員と通常無料会員との違いを端的にお伝えします。

まず、具体的な違いを示すと以下のようになります。

通常無料会員

  • スカウトする権利のある企業の数→300社
  • 実際に受け取るスカウト数→0か数える程
  • 直近の6名分のあしあとが閲覧可能

月額プレミアム会員

  • スカウトする権利のある企業の数→15,000社
  • 受け取るスカウトの数が約10倍になります
  • 過去90日間のあしあとをすべて閲覧できる

シンプルに言えば、プレミアム会員になると月に10件くらいのスカウトがもらえるということです。

Wantedlyでしか出会えなかったような優秀な企業からスカウトを受けるケースもありました

ただし、やはり全てのスカウトが質の高いスカウトかというとそういうわけでもありません。やはり、一定数は評判が悪い企業もいます。

よしお

金払ってスカウトwまじ資本主義経済w飲み会一回分我慢しよw
鋭い観点なのに発言がバカじゃのう

キャリアの神様

6-3.凡人が内定をもらうためにはインターンシップから

実績や経験がない学生は、インターン・アルバイトから始めてできることを増やしましょう。

自分の実績・経験があれば自分に自信が持てるし、なにより実績と経験により企業の信頼を獲得できます

そもそも、プロフィールに書くことがないしプレミアム会員するほどでもないという学生は、仮にせっかくスカウトをもらえてもせいぜいブラック企業。

7.Wantedlyを使ってミスマッチをなくそう

Wantedlyにはベンチャー企業を始めとした多数の企業が登録しており、上場している企業もあります。

従来のエントリーシートを書く就活は、まもなく終焉を迎えるでしょう。

これからの就活は、WantedlyやMatcher、OfferBoxの例のように、コスパよくダイレクトに企業と個人が対等な形でつながっていく就活にシフトチェンジしていくことが予想されます

Wantedlyを使うことで気軽に企業とコンタクトが取れ、カジュアル面談によって企業を知ることができるため、ミスマッチなく選考に進めます。

また、企業からのスカウト機能により、自分の知らなかった企業と出会い、効率的に就活が進む場合も。

上手に使って効率的かつミスマッチのない就活をしましょう。

結局どれがいい?逆求人サイトを徹底比較!

逆求人 おすすめの逆求人サイト10選!実際に使った先輩100人が徹底比較

口コミでも評判!実績ありの就活エージェント『キャリアチケット』

キャリアチケット

エージェントは企業紹介だけでなく面接対策も無料で行っている

 

キャリアチケットは最近人気の出ている人材会社レバレジーズが運営しており、「自己分析カウンセリング」から「企業別の面接アドバイス」まで専属のキャリアコンサルタントが個別でサポートしてくれます。

さらに、紹介する求人の全てをコンサルタントが職場訪問し、労働環境の悪い企業は紹介から除外しているので、ブラック企業を確実に避けられるのも嬉しいポイントです。

「一人での就活に不安…」、「ブラック企業につかまりたくない」という方はぜひ利用してみましょう。

キャリアチケット|5つの特徴

  • 最短1週間でスピード内定
  • 紹介するのは調査した企業のみ!だからブラック企業を避けられる
  • 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠も多数
  • 専任のサポータがマンツーマンであなたの就活を全力でサポート

\ 就活に不安がある人なら使って損はない!/

キャリアチケットを使ってみる
   

就活生に人気のサービスTop3

JobSpring
1位

手厚いサポートNo.1!
AI×キャリアカウンセリングで最適な企業を紹介!『Jobsprig』

自己分析
2位

【23卒】大手/有名企業からオファー!
10万人以上が使用する自己分析ツール『キミスカ』

【全国開催】限定ルートで最短即日内定
3位

就活生の4人に1人が登録する「キャリアチケット」
最短2週間で内定!
専任アドバイザーのサポートで内定率は39%もUP!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です