キャリアの神様

ウォンテッドリー就活

ウォンテッドリー就活

Wantedlyは実際就活に有利?掲載企業の質・使い方・評判など徹底解説

この記事をご覧のあなたは

Wantedlyって名前は聞いたことあるけどどんなサービス?
転職で使うことが多そうだけど、実際就活では使えるの?
他の就活サービスとどう違うの?

などWantedlyに関して詳しく知りたいと考えているのではないでしょうか。

この記事では実際にWantedlyを利用し内定を2社獲得した私がWantedlyのよい部分も悪い部分も余す事なくお伝えします。

また、どのように利用すれば内定がもらえるのか、あまり知られていないちょっとしたコツなども掲載してみました。

もしあなたがWantedlyを使う場合、希望する企業から確実に内定を得やすくなりますのでぜひ読み進めていただければと思います。

これ知ってる?20卒就活が有利になるおすすめ就活サービスをみる

就活支援サービス 19卒就活生の先輩である私が本当におすすめできる「20卒向け就活サービス」を10個厳選

Contents

20卒に人気のイベント!

ジョブコミット

1.Wantedlyの特徴・他サービスと違う強み

まずはWantedlyが他のサービスとどういった部分が異なるか確認しておきましょう。

よしお

いろんな就活サービスあるけど、どれもこれも似ているしよくわかんないや

まあ確かに似たような就活サービスは多いがWantedlyは他にはないユニークなサービスなのじゃ

キャリアの神様

1-1.運営企業はマザーズ上場の信頼できる企業

Wantedlyは、ウォンテッドリー株式会社が運営するビジネス版SNSです。SNSと言うくらいですのでチャットをすることも可能です。

ウォンテッドリー株式会社は、「シゴトでココロオドル人をふやす」というミッションを掲げ、2017年に上場し、当時の時価総額は40億円相当。急成長のスタートアップ企業です。

創業者は、エンジニアであり、ゴールドマンサックス、Facebook Japan初期メンバーという比類なきキャリアを持つ女性が立ち上げたのも興味深い点です。

1-2.掲載求人数No,1多種多様な企業が登録

Wantedlyは2017年11月時点で25,000社もの企業が掲載されています。この数字は、マイナビの掲載企業数約22,000社(2018年3月時点)を超えています。

しかも、IT系やWEB系のようなベンチャー企業が多く、中には10人にも満たない企業も。Wantedlyほどベンチャー企業がたくさん載っている就活サービスはありません。

まだ世に出ていないスタートアップや知る人ぞ知るIT企業、リクナビマイナビでは見つからないベンチャー企業もあります。

あまり知られていない優秀な企業や経営者と近い位置で仕事ができる企業を探している学生にとっては選択肢が広く非常におすすめです。

1-3.企業側と学生がお互いにアプローチしあえる画期的な就活サービス

学生からアプローチするだけの就活は終わりを迎えようとしています。と言うのも近年では逆求人系のサービスが登場するなど昔の就活とは明らかに姿が変化しているからです。

Wantedlyでは、学生側からもアプローチはできますが、登録情報をみた企業側が学生側にスカウトをかけることも可能となっています。

2018年時点ではWantedlyをつかった採用活動が活発です。企業も真剣に「自分たちと一緒に働く意味を知ってもらいたい」という思いを持って学生と向き合う姿が見られます。

つまり、Wantedlyは今の時代に合わせたSNSを用いた新しい就活サービス。この機能によって、あなたは企業と対等に就活ができるようになるでしょう。

2.Wantedlyを使う4つのメリット

2-1.「募集要項に年収載せること禁止」で価値観や仕事内容にフォーカス

Wantedly運営側は、募集要項に時給や待遇のような条件をのせる事を禁じています。

理由は、福利厚生や給料だけで仕事をして欲しくないというWantedly運営側の想いがこめられています。

「年収がよさそう」「待遇がよさそう」といった判断軸で会社選びをするのは危険。

入社後に魅力的な働き方ができるかどうかは別問題でしょう。実際に、日本人が退職する一番の理由は”職場の人間関係”というデータもあります。

「一緒に仕事ができるのか?」といった、内定をもらったあとの重要な部分。

Wantedlyは、あなたが入社した先の職場環境を考えさせるための工夫をこらしています。

2-2.会ってすぐ選考でなく気軽に面談からコンタクトがとれる

実際に企業の中で働いている人と直接会うとなると、どうしても堅い雰囲気になりがち。OB訪問でさえ選考の基準にしている企業もあります。

あなたも、「選考要素があるのでは?」と、緊張してしまうのではないでしょうか。

そこでWantedly側が考えたのは、「話を聞きに行きたい」という応募ボタンです。

「話を聞きに行きたい」というのは、「まずは気軽にお話しましょう」と言う意味で、「興味があれば選考に進んでください」と捉えられます。

これによって興味のある企業と簡単にかつフランクな交流が可能になります。

テストを受けるような身構える感覚ではありません。

Wantedlyから直接会うことで、社員と話して価値観が合うかという、より本質的に「働く仲間探し」という観点から就職活動ができます。

2-3.本当にあなたと働きたいという企業からのみスカウトが来る

Wantedlyでは人事担当や会社のトップが、あなたのプロフィールを読み価値観を理解した上でにスカウトを送ってきます。

一方、他の逆求人の中には、手当たり次第にスカウトを送るが「実は説明会の案内だった」みたいなこともよく起こっています。

Wantedlyは、どんなことよりもまず「ビジョンや価値観」といった部分を重要視します。また、利用している企業側も「価値観が合わない人とは一緒に仕事ができない」と考えている方が多いです。

したがって、不特定多数の学生にスカウトを送るというよりかはあなたのプロフィールを見て「この子と一緒に仕事してみたいな」という学生に対してのみスカウトが送られることが一般的です。

2-4.「つながりリクエスト」「メッセージを送る」で企業の担当者と個人で繋がれる

Wantedlyの個人アカウントから気になる企業で働く人とつながれる機能が存在します。Wantedly運営もこうした「ゆるやかな繋がり」を推奨しております。

「企業と直接会うのはハードルが高い」「まだ選考とか考えていない」けれども「興味はある」というような方でもリクエストやメッセージを送ることで事前に繋がっておくことが可能です。

事前に繋がっておくことで、準備ができたタイミングで面談のお願いをしたり企業によれば自分のペースで選考のフローへ進んだりすることができます。

3.Wantedlyを使う前に気をつけたいデメリット4つ

3-1.見極め必須!立ち上げたばかりで労働環境の悪い企業も多い

企業の掲載費用が安く済むWantedlyはベンチャー企業が25,000社と選択肢が広がる分、当然ですが怪しいビジネスや労働環境の悪い企業も存在しています。

もちろん個人の軸によって企業の良し悪しは異なりますが、きちんと自分の軸で判断できない学生は危険信号。

いわゆる「やりがい搾取」をしていると言われかねないような企業も一定数存在しています。

「やりがい」は仕事をする上ですごく重要なのですが、「やりがい」だけで仕事を続けることはできません。

3-2.応募前にどんな条件か給与はいくらか分からない

Wantedlyの方針上「募集要項に年収・条件などを載せることは禁止」されています。

話し合いの結果、ビジョンや価値観が一致した企業から「じゃあ、月80時間分の残業代込みで月収20万で契約させていただいてもよろしいですか?」

と言われたらあなたはどうするでしょうか。Wantedlyを利用した場合、最終選考まで進んだのにも関わらず条件面で折り合いが付かないケースがよく見受けられます。

筆者もせっかく時間をかけて企業訪問に行ったのに条件があわなくて15分で面談が終了したということもありました。

条件の設定は企業は書いてはいけないことになっていますが事前の対応策として

・企業の公式HPで確認する
・チャット等で事前に聞いておく

という風に対策しておくとお互いにとって無駄な労力を割かずに済みます。

3-3.大企業に行きたい人には不向きなサービス

人材不足でデザイナーのような専門性のある人材を集めたいと考えWantedlyを利用する大手企業が増えていることも事実です。

しかし、現状は誰もが知っているような大手企業がWantedlyを利用している事例は珍しいです。

正直、大手企業に行くことが目的なのであれば別のサービスを利用することをお勧めします。企業にもよりますがナビサイトであれば定番のリクナビ、やマイナビが良いでしょう。

また、OB訪問系のサービス「マッチャー 」や「ビズリーチキャンパス」も大手企業志望者ならば必須のアイテムです。

3-4.Facebookと連携しているためプライベートを明かす必要がある

SNSとの連携が可能なWantedlyは、裏を返せばプライベートの投稿も見られる恐れがあります。

企業の担当者は面談に来る際、相手の情報を知りたいのであなたのSNSを見る可能性は十分に考えられます。普段の投稿内容が見られることで選考にマイナスの影響が生じる場合もあります。

ただ、公開範囲の設定はできるので、プライベートを公開したくない場合はしっかりと公開設定を変更しておきましょう。

ほかの優良逆求人サイトを見つけてみたい

逆求人サイト就活 19卒就活生の先輩である私が本当におすすめできる逆求人サイトを5つ厳選

4.Wantedlyの始め方!具体的な活用手順

4-1.アカウントを登録する

WantedlyはFacebookのアカウントを連携するだけで、すぐに会員登録が完了します。Facebookを登録していない人もEメールを使えば1分ほどで登録できます。

4-2.プロフィールを充実させる

案内にしたがって、自分のプロフィールを埋めていきましょう。プロフィールの埋まっている割合でスカウトの確率も上がります。

初めは適当でも良いのでまずは一旦埋めることから始めましょう。後にしっかりと書き込むなりしていけば問題はありません。

4-3.募集を見る

「職種・採用形態・地域・特徴・キーワード検索」5つのスタイルで検索することが可能です。上部のバナーにランダムでの募集も掲載されているので、そちらからみていっても構いません。

4-4.企業に応募する

企業の説明ページや、投稿記事をみて気になったら、「話を聞きたい」ボタンで実際に応募をしてみましょう。あとは企業側から返事が来るのを待つのみです。

企業によっては「話を聞きたい」ボタンを押しても連絡が返ってこない場合があります。

当たり前ですが企業も学生のプロフィールを見て選んでいるもしくは募集が多すぎて追いつかないので、マッチングが成立しない場合があります。

4-5.チャットで日程調整そして面談へ

運良くマッチングした企業からはチャットで連絡が来ます。それ以降は企業側と直接的に面談日の調整などが行えます。

5.Wantedlyで実際に内定は獲得できるのか?有利にする使い方・コツを伝授

5-1.スカウトのハードルは高め!プロフィールの実績に影響される

エンジニアやデザイナーの人ならば、「ポートフォリオ」欄に自分のプロダクトを載せられるのと、慢性的な人手不足から結構スカウトが来ます。

しかし総合職は相当な実績がないと、学歴や組織構築の経験などわかりやすい実績でふるいにかけられる場合がほとんどです。

Wantedlyは新卒就活であっても転職者と同様に「何をしたいか」ではなく「何ができるか」の要素がかなりの割合を占めています。

専門知識や周りと比べて集客や営業などわかりやすいビジネス実績をもつ人がスカウトをもらいやすいです。できることが少ない学生はスカウトにあまり期待しない方が良いかもしれません。

5-2.プレミアム会員になればスカウトが劇的に増える

Wantedlyには月額課金制のプレミアム版が存在します。月々2,980円となっており学生にとってはかなり厳しめの価格設定となっています。

では、実際に月額課金制にする必要があるのか。実際にプレミアム会員登録をした私が感じたことも交えながらプレミアム会員と通常無料会員との違いを端的にお伝えします。

まず、具体的な違いを示すと以下のようになります。

通常無料会員

  • スカウトする権利のある企業の数→300社
  • 実際に受け取るスカウト数→0か数える程
  • 直近の6名分のあしあとが閲覧可能

月額プレミアム会員

  • スカウトする権利のある企業の数→15,000社
  • 受け取るスカウトの数が約10倍になります
  • 過去90日間のあしあとをすべて閲覧できる

シンプルに言えば、プレミアム会員になると月に10件くらいのスカウトがもらえるということです。Wantedlyでしか出会えなかったような優秀な企業からスカウトを受けるケースもありました。

ただし、やはり全てのスカウトが質の高いスカウトかというとそういうわけでもありません。やはり、一定数は評判が悪い企業もいます。

よしお

金払ってスカウトwまじ資本主義経済w飲み会一回分我慢しよw
鋭い観点なのに発言がバカじゃのう

キャリアの神様

5-3.凡人が内定をもらうためにはインターンシップから

実績や経験がない学生は、インターン・アルバイトから始めてできることを増やしましょう。

自分の実績・経験があれば自分に自信が持てるし、なにより実績と経験により企業の信頼を獲得できます。

そもそも、プロフィールに書くことがないしプレミアム会員するほどでもないという学生は、仮にせっかくスカウトをもらえてもせいぜいブラック企業。

選考を受け続けて、採用されずNNT・就活難民になる前に早いうちにできることを増やしましょう。

6.Wantedlyでスカウト・内定をもらうためのちょっとしたコツを伝授

6-1.行きたい企業・業種から逆算したプロフィール

Wantedlyのプロフィールは就職活動でいうところのエントリーシートです。

自分の強みや実績を、自分が行きたい企業に貢献できる・価値を与えられるベースで伝え方を考えて作り込みます。

すると、「話を聞きに行きたい」というボタンを押した時にもし採用担当者がプロフィールをみたら「この学生はうちにあいそうだ」と考えるでしょう。

6-2.「あとでみる」ボタンで興味ありの意思表示をしてスカウト

「話を聞きに行きたい」ボタンとは別に存在する、ブックマーク機能と同様な意味の「あとで見る」ボタン。押すと相手の企業に通知が来ます。

企業は、どんな学生がうちに興味を持っているのか分析します。そのときに実際にプロフィールを見てスカウトが来るという事例も調べた結果わかりました。

ぜひ興味あるけど、実際どうなのか詳しく面談や選考を進めるほどでもないという企業は積極的に「あとで見るボタン」を押しましょう。

6-3.「あしあと機能」からリサーチしてアプローチ

自分のプロフィールが誰に見られたかが、あしあと機能によって閲覧できます。

あしあとの企業を分析することで、自分が企業にどのように検索されて自分のプロフィールにたどり着いたかの仮説を立てることができます。

仮説がある程度経てば、企業の求めているスキルや実績、経験をうまいことPRすれば、プロフィールで自ずとスカウトがもらえやすい仕組みができます。

7.総括 Wantedlyを使わないと卒業して後悔する?!

7-1.WantedlyのようなSNS型の就活はこれからの就職活動・転職活動で主流になる

大手企業もWantedlyを使い始めています。
従来のエントリーシートを書く就職活動は、まもなく終焉を迎えます。

WantedlyやMatcher、OfferBoxの例のように、コスパよくダイレクトに企業と個人が対等な形でつながっていく就職活動にシフトチェンジしていきます。

7-2.企業を見極める力がなければあなたは一生社会の奴隷

Wantedlyはベンチャー企業多いし、興味ないからいいや
自分のプロフィールを書くのはめんどくさい
ブラック企業とかあるからやめとこう

そうやってWantedlyから遠ざかるあなたは、大学を卒業したあとの転職活動でやや後悔することになります。

なぜなら、大学を卒業したら、あなたは自分の目で企業の良し悪しを見分け、実際に自分で足を運んで見極める必要があるからです。

Wantedlyを用いた就職活動を経験すれば「やばそうなブラック企業」や「スタートアップの今後伸びそうな企業」に触れることが可能になります。

企業のあるべき姿や教養を会得し、実態を知り、その企業が根本的にに何をやっているのかを学びます。

そうして、本当の意味で社会に問いを持ち、自分で意思決定する生き方を培うことができるのです。

7-3.新卒は内定がゴールではなく仕事に真剣に向き合うこと

今の就活生には表面的に将来を表面的に捉えて欲しくないです。

「本当に自分のやりたいことは何か」自分が生涯をかけてしたい仕事から考えてマッチした企業を選択することを望みます。

Wantedlyを通して就職活動をすることで、企業で働くことが一体どういうことかを考えるきっかけになれば幸いです。

これ知ってる?20卒就活が有利になるオススメ就活サービスをみる

就活支援サービス 19卒就活生の先輩である私が本当におすすめできる「就活サービス」を10個厳選

ほかの優良逆求人サイトを見つけてみたい

逆求人サイト就活 19卒就活生の先輩である私が本当におすすめできる逆求人サイトを5つ厳選

 

就活生に人気のサービス

1位 キャリアチケット


最短2週間の最速内定。手厚いサポートで利用者の95%が満足したエージェントサービス!

JobSprengの公式HPへ

  2位 ジョブトラ


早期内定直結型イベント!
⼈気企業やメガベンチャーの役員や⼈事担当者に直接、 ⾃分の魅⼒や”やる気”を伝えるチャンス!

イベント予約してみる

  3位 就職エージェントNeo


ES添削〜面接対策まで徹底サポート。業界大手だからこその安心感と圧倒的な求人数。短期間での内定獲得が可能!

就職エージェントNeoの公式HPへ

 4位 digmee


LINE1つで就活を超効率化!優良ベンチャー多数と出会える最近話題のサービス

\3年生に大人気!/
友だち追加してみる

  5位 ジョブコミット


ES、面接不要!最短4時間で当日内定を狙えるイベント

詳細・エントリーはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です