キャリアの神様

新卒未経験からエンジニア

新卒未経験からエンジニア

【新卒向け】未経験からプログラマーを目指すためにできる3つのこと

  • 未経験からプログラマーを目指したいけど、何をしたらいいかわからない。
  • 未経験で受け入れてくれる企業はあるのか。
  • その上で、理系やスキルを持っている人間と張り合えるのか?

あなたはそんな不安を抱えてこの記事にたどり着いたのではないでしょうか。

まず最初に、「新卒であれば学部や経験を問わず、プログラマーになれるチャンスはいっぱいある」という事実をお伝えします。

その理由は、多くの日系企業で新卒は即戦力ではなく、伸びしろが見られているからです。

  • 福利厚生がいい
  • 東京で働ける
  • プログラミングが流行っている

そんな理由からプログラマーを目指している人も多いのではないでしょうか。

ただし、どの職業にも向き不向きがあるように、プログラマーも向いていない人がなると、
ブラックな職場だと感じてしまうかもしれません。

キラキラした明るい面も多いプログラマーですが、

常に新しい技術を学び続けなければいけない
パソコンを眺め続けるので凝りや眼精疲労が辛い

など、知力と体力に自信がない人にはおすすめできません。

今までの自分を思い出して、学校の勉強が嫌いだった人やじっと座っているのが苦手な人は、
プログラマーを目指さない方がいいでしょう。

キミスカOfferboxなどの、あなたに向いている職業を企業が提案してくれるスカウト型就活サイトを活用した方が、自分に合ったキャリアを歩み、幸せになれる確率が高いです。

本当にプログラマーとして就職したいのか。

この記事を読み進める前に、自分の心にもう一度聞いてください。

それでもやっぱり新卒でプログラマーとして内定をもらいたいと思ったら、きっとこの記事はあなたの就活に役に立つでしょう。

プログラミング学んで人気企業に就職

プログラミング未経験 内定 プログラミング体験会に参加してみる

人気のエージェント!

就職エージェントneo

詳しくはこちら

1.そんなに簡単に新卒未経験からプログラマーになれるの?

新卒未経験からプログラマー

簡単に新卒プログラマーになれるの?

プログラマーに憧れる気持ちや、プログラミングに興味があっても、「そんなに簡単に未経験からプログラマーになれるのか」
と、不安に感じることもあるかもしれません。

まずは、なぜ企業は未経験でもプログラマーとして雇ってくれるのかその理由を正しく知りましょう。そうすることで、安心して新卒のプログラマー募集に応募できるようになるでしょう。

1-1.新卒プログラマーの需要は増えているからチャンス

理由はずばり、

プログラマーが足りないけどプログラマーの需要は増えている

からです。

現在世界ではスピードでIT業界が成長しています。

GoogleやAmazon、Twitterなど、あなたも日常生活で使うサービスの多くがITと関連していませんか?

日本も同様ですが、プログラマーを代表とするICT(情報通信技術)人材が特に不足しています。

プログラマー人材不足

(参照:総務省情報通信審議会配布資料)

2011年に103万人だった人材を2025年には202万人、ほぼ2倍に増やそうとしています。しかし、日本は人口減少もあり労働力不足に陥ることは見えています。

このプログラマーに対する需要の拡大は今後しばらく続きます。プログラミングに興味があるなら、真剣にプログラマーを目指してみる価値があるのが今の時代です。

2020年から小学校でもプログラミング必修化でプログラマーを目指す子供が増えたり、プログラマーに転職する社会人も増えてはいるのですが、需要の拡大に対して供給は全く追いついていません。

人材不足に悩む企業では、未経験であっても採用することは珍しいことではありません。つまり、企業はプログラマーが足りないのに需要は増えているから未経験でもプログラマーとして雇ってくれるのです。

2. 新卒・未経験からプログラマーを目指すためにできること

プログラマーが足りないのに需要は増えているという、売り手市場であることはわかっていただけたと思います。

次に、実際に新卒・未経験からプログラマーを目指すためにできることを知りたいですよね?

おすすめの対策は時系列順に以下の3つです。

  1. OB訪問で未経験からプログラマーになった先輩の話を聞く
  2. IT系の勉強をできる範囲でする
  3. 企業の募集要項を確認し、いざ本選考

2-1. OB訪問で未経験からプログラマーになった先輩の話を聞く

OB訪問 新卒プログラマー

業界分析や企業研究でも行ったほうがいいよと言われることの多いOB訪問ですが、特に新卒・未経験からプログラマーを目指す時には、しっかり有効活用しましょう。

訪問すべきは、新卒・未経験からプログラマーになった先輩です。

詳しくどんなことを聞けばいいかわからない場合は、「未経験から新卒プログラマーになった先輩の経験談」で紹介するような、「どんな経緯をたどってプログラマーの内定を得て、入社前までどんなことをしてきたのか」を具体的に聞くと、自分が内定までにできることなど役に立つ情報が得られますよ。

「プログラマー未経験歓迎」としている企業でも、実際はどれくらい未経験へのサポートがあるのか先輩に聞いておくことは、入社後のギャップを最小限にし、ブラック企業を避けるという意味でも有効です。

2-2. IT系の勉強をできる範囲でする

未経験からプログラマー 知識

今あなたが大学でITとは関係ない学部で勉強していても、実は大学内でプログラミングやITに関連する講義が開講されている可能性があることは知っていますか?

もし、卒業までに単位に余裕がある場合、多くの総合大学で一般教養として開講されている「プログラミング基礎」や「情報処理入門」といった科目がないか探してみましょう。

プログラミング基礎で、プログラミングを学ぶことも重要ですが、WordやExcelの基礎的なことからパソコンの仕組みまで、直接プログラミングと関係していなさそうな内容も実はプログラマーを目指すにあたって必要な知識になってきます。

もし、大学で講義を受講することがむずかしい場合。IT系の資格試験に挑戦することも有益でしょう。「ITパスポート」は独学十分合格可能な入門の試験としておすすめです。

実際に18卒でIT系企業に入社した先輩も、1年目に必ず「ITパスポート」には合格するようにと言われ、学生時代に取得しておいてよかったと言っていた価値のある資格です。

企業へ応募時にも、プログラミング未経験だったとしても、資格試験の勉強を頑張って合格できる人材であることを証明できたらアドバンテージになることまちがいないでしょう。

最近は文系や未経験からでもプログラミングを学べるスクールも増えています。このようなスクールを利用して、時間のある学生の内にプログラミングに触れておきましょう。

2-3. 企業の募集要項を確認し、いざ本選考

新卒プログラマー選考

リクナビやマイナビなど、どの就活サイトでも必ず、企業の募集要項が細かく書かれたページがありますよね。

一度は見たことがある人も多いのではないでしょうか。

応募年度によって募集要項が変わることもあるので、本選考に応募する前に最終確認をしましょう。

未経験からプログラマーを目指す場合、

  • OB訪問で得た情報を活用して志望企業を選ぶ※
  • 応募年度の募集にプログラマー職があるかどうか確認
  • 学部不問といった経歴の制約がないかチェック

この3つを行なった上で、本選考に応募しましょう。

※プログラマーの企業選びでは、OB訪問だけでなく以下の記事も参考にして、できるかぎりブラック企業を避けて、ホワイト企業に応募することをオススメします。

プログラマーになりたい就活生必見!先輩が教えるホワイト企業を見抜く方法

内定までの道のりは、企業の規模により異なりますが、まずは募集要項をきちんとチェックすることが内定への1歩です。

そして、

短期インターンしかやっていない企業の場合、通常選考で内定をもらう。

長期インターンも受け入れているような企業の場合、インターンとして認めてもらって内定をもらう

というルートでプログラマーとして内定を得ることができるでしょう。

3. 未経験から新卒プログラマーになった先輩の経験談

就活は学生1人1人異なるように、新卒で未経験からプログラマーになる方法も、就活生の数だけストーリーがあります。

就活する人はちがっても、企業の募集は毎年それほど大きな変化はなく、内定をもらった先輩の経験談から学ぶことは多いです。

特に文系の学部や未経験で、周りにプログラマーを目指して就活する人がいないと不安になりますよね。

どんな経緯をたどってプログラマーの内定を得て、入社前までどんなことをしてきたのか、先輩の事例を2名紹介します。

3-1.プログラミング未経験から新卒でベンチャー企業内定

未経験からプログラマー 新卒 就活 流れ

未経験から就活してIT系に入社した事例

Nくん
文系(法学部)・プログラミング未経験からマーケティング関連のIT系ベンチャー企業に内定

– 就職活動でプログラマーの仕事に興味をもつ
– 3年生の3月に内定をもらい、内定先で週2程度有給インターンを開始
– 4年生の10月ごろにITパスポート(IT系の国家試験)に挑戦し、合格
– 4年生の3月、入社前にスキルを定着させるためプログラミングスクールに1ヶ月参加
– 入社、社内研修でさらにプログラミングを学ぶ

Nさんは、早めに内定をもらったことで入社までの1年間でプログラミング経験やITに関する知識をたくさん得ることができたんだね。

よしお

有給インターンは10:00~19:00勤務で、時給¥1,300もらえたんだって。
内定者インターンは正社員に近い環境で働くことに慣れることができる。時給面でも待遇がいいことも多いのじゃ

キャリアの神様

よしお

プログラミングは未経験でもIT関係の資格ももっていると、好印象かもしれないね。

3-2.プログラミング未経験からコンサル企業に内定

プログラミング未経験からコンサル企業に内定

Kさん
理系(生物系)・プログラミング未経験から大手のIT・コンサル企業に内定

– 大学の友人がプログラミングをしていたことで、プログラマーの仕事に憧れる
– 本選考は幅広い業界に30社応募、その中で5社ほど未経験からプログラマーになれる企業に応募
– プログラマーになりたかったが、向いているかわからなかったので、選考で落ちたら適性がなかったと思って諦めようと思っていた
– 4年生の6月に内定をもらう
– 入社前に、未経験者向けの研修を会社が用意してくれて3週間ほど参加してプログラミングを学んだ
– 入社、プログラミング経験を加味してグループを組んで新人研修が組まれていたので、メンバーに助けてもらいながらがんばれた

よしお

プログラマーという職業が自分に向いているかわからない時は、選考結果に身を委ねてしまうという方法もありかもしれないね。
NさんもKさんも、会社がしっかり研修を用意してくれていたことで、安心して入社後の業務にも取り組めたみたいじゃのう

キャリアの神様

よしお

企業説明会やOB訪問で、プログラマー向けの研修がどれくらい充実しているのか聞いておくことも大事だろうね

4. まとめ

未経験からプログラマーを目指したいけど、何をしたらいいかわからない。
未経験で受け入れてくれる企業はあるのか。

そんな不安から新卒で未経験からプログラマーになることに悩んでいたあなたも、

・プログラマーとして雇ってくれるのは需要が増えてる(むしろ足りてない)
・新卒・未経験でもOB訪問や勉強すれば全然目指せる
・先輩の体験談からも、未経験からIT系内定は可能

これらを知って、これからの就活に役立つヒントを得られたはず。

あとは行動するのみ!

プログラマーをはじめとするIT人材の需要はこれからもますます高くなります。あなたも未経験からプログラマーとして内定をもらいましょう。

ITエンジニアの就活では最強のエージェント!

レバテックルーキー 『レバテックルーキー』 に相談してみる

 

すでに700,000人が利用!無料の高精度自己分析ツール

自己分析 スカウトも届く

質問に答えるだけの簡単自己分析なのに高精度

就活を始めると絶対行うのが自己分析。あなたの自己分析は主観のみに頼ったものになっていませんか。

自分自身のことを的確に分析できる人はなかなかいません。どうしても贔屓目に見てしまったり、反対に卑下する結果になったりしてしまいがちです。

偏った結果を基に就活を進めたところで内定は遠のくばかりでしょう。内定まで最短距離で進むためにも、自己分析ツールを使って客観的に自分を分析してみましょう。

高精度自己分析ツールのおすすめポイント

  • 質問に答えていくだけの手軽さ
  • あなたの強みが客観的に分かる
  • 診断結果をもとに企業からスカウトが届く

人気のサービスTop3

1位

【女子学生限定】『女子キャリ』
ANA/コーセー/キリンなどが参加!女性専用の就活サービス

内定者ES
2位

ANA/サントリー/伊藤忠など
人気企業のES&選考レポート17,000枚以上が無料!

キミスカ
3位

あなたの強みと適職を特定!
適性診断の結果を基に業界大手・一流企業からスカウトが届く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です