キャリアの神様

有名ベンチャー企業に内定

有名ベンチャー企業に内定

優良ベンチャー企業に就職するために必ず使うべきサイト7選

あなたは、ベンチャー企業に興味があるけど、ベンチャー企業ってピンキリだし、良い企業を探すのって大変そう。そもそも、どうやって探せばいいの?と考えたことはないでしょうか。

就活生からすると、ベンチャー企業と一口に言ってもあまりにも膨大にある上、良い企業と悪い企業の待遇差が激しいという問題点もあります。

そこで、この記事では優良ベンチャー企業を見つけ出し、就職するために就活生が必ず使うべきおすすめサイトやサービスを点紹介します。

これらのサービスを併用して使用していただくことで、比較的簡単に優良ベンチャー企業と巡り合うことが可能になるでしょう。

【アプリで内定!?】人気企業からスカウトが届く就活アプリ!

次世代型選考アプリ『Lognavi』

あなたの強みと適職が分かる「最強の自己分析ツール」

キミスカ 強みと適職を診断する

\ 自己分析はコレでOK!/
キミスカ

1.Wantedly

ウォンテッドリー使える

今を時めく本格派ベンチャー企業を探したい方はWantedlyを利用するのがおすすめです。“シゴトでココロオドルひとをふやす”ことをビジョンに共感による出会いの場を提供しています。

すなわち、求職者はまず金銭等の条件面ではなく企業側の思いやビジョンに共感できるかどうかで応募する企業を選定するという仕組みです。

急成長中のまさにベンチャーと呼ばれし企業がこぞって新卒やインターン生を募集しています。

\ 最短2週間内定!/
jobspring
キャリアチケット

2.CheerCareer

パッションナビ

CheerCareer(チアキャリア)は「人生に情熱を、働きに熱狂を」をテーマとしてベンチャー志向の学生と、未来をつくる起業家の出会いをマッチングするキャリアサイトです。

一般的な就職サイトとは違って「就職」などで検索してもサイトは出てこないような仕組みとなっているため、本当にベンチャー企業に就職したい学生のみがたどり着けるサイトです。

「ベンチャー」「就職」などで検索すると上位に表示されます。CheerCareerに掲載されている企業のほとんどは普段聞き覚えのない企業ですが、成長企業も多いです。

良い企業とそうでもない企業をしっかり区別できる方は、数年後の大企業を見つけることができるかもしれません。

CheerCareerについてはこちらの記事に詳しく記載しています。
CheerCareer(旧:パッションナビ)って実際どう?評価・評判・使い方を先輩が徹底解説

3.Goodfind

Goodfind

スローガン株式会社が運営するグッドファインドはベンチャー企業の中でも比較的財務基盤が安定した企業を厳選している印象を受けます。

そのため、スタートアップや1から事業を作っていくというよりかは急成長している企業の成長を促進させたいという方に向いているでしょう。

また、グッドファインドはイベント等のサービスの質も高く、利用しておくに越したことはないサービスを提供しているので、大企業に就職することも検討している学生はチェックしておくべきです。

グッドファインドの評判についてはこちらの記事に詳しく記載しています。

Goodfindの評判・究極のセミナーの実態をすべてお伝えします

4.Rebe(リビー)

Rebe(リビー)

外資系企業から大手、ベンチャーまで幅広くの企業と繋がりたいと思う学生は、Rebe(リビー)を利用するのがおすすめです。

Rebe(リビー)が運営する、『優良・成長企業6社合同選考会』は延べ50,000人が参加しており就活解禁前においては開催回数NO.1イベントになっています。

早期に大手、外資、ベンチャーから内定を獲得したい、かつベンチャー気質もあるという学生は、多少体調が悪くても参加した方が良いレベルのイベントと言えます。

イベントにおいては、比較的難解なグループワークに挑戦し、その様子を見た各企業の人事が1人ひとりに合わせてフィードバックを行います。

ワークの評価が高かった学生は、最終選考権や1次選考免除等の特権が付与されます。

5.MeetsCompany

ミーツカンパニー

一度に多くの企業の大物と出会うならば、是非利用するべきなのが、このMeetsCompanyです。イベントは各回の参加企業によって質が変わってしまいますが、すごい企業も登場します。

毎回、大体6社がMeetsCompanyのイベントに参加し、学生と直接対話します。企業側が気になった学生が現れるとその日のうちにスカウトがもらえることもあります。

参加企業はメガベンチャーから無名の優良企業、ハズレ企業とブラックボックスですが早期内定を獲得するためにはかなり良いサービスとなっています。

力試しに参加してみることをおすすめします。

MeetsCompanyについて詳しく知りたい方はクリック

ミーツカンパニーの評判は?知っておきたい就活での活用方法

6.キミスカ

キミスカ

自分でエントリーシート出すのが面倒な方はキミスカを使うのがおすすめです。キミスカに登録し、プロフィールさえしっかりと埋めておけばそれだけで様々な企業からオファーが来ます。

実際に使ってみた印象としては、大手の企業からバンバンスカウトが来るわけではありませんが、優良ベンチャーからはそこそこスカウトが来ます。

また、キミスカを利用することでキャリアアドバイザーがついたり、選考に落ちてしまったとしても評価されるなどかなりメリットがあります。

キミスカが気になる方はこちらをクリック

キミスカって怪しい?評判やメリット、デメリット、有効な使い方を徹底解説

7.サポーターズ

サポーターズ

サポーターズは、「カッコイイオトナを増やす」ことをミッションとした学生向けキャリア支援サービスを運営しています。

参加企業は、ラインや楽天など一流IT企業からスタートアップまで約200社が名を連ねています。また、なんといってもサポーターズを利用すれば企業の選考を受ける際に支援金が受け取れます。

金額は1,000円から10,000円で選考場所と学生の居住地が同一県内であれば1,000円、他県であれば最低3,000円が受け取れます。

優良ベンチャー企業の選考を受けられる上に支援金まで受け取れるという夢のようなサービスになっています。

サポーターズの詳しい解説は以下をクリック

説明会に行くだけでお金が貰える?サポーターズの特徴・評判

8.まとめ

いかがでしたか。意外と知らなかった就活サービスもあったのではないでしょうか。これら7つのサービスをうまく使いこなすことができれば、お金も時間も節約しながら上手に就活を行うことが可能です。

あなたのニーズに合うサービスを利用していただくことで、理想的な企業と出会っていただけることを祈っています。

追伸:就活が不安な人がこぞって使うサービス知ってますか?

就活を始めると、「自分に向いていることは何なのか」、「どうしたら内定取れるのか」など悩みも多くなりますよね。
私も就活中、漠然とした不安に襲われることが多々あり、その度に就活エージェントに相談していました。

就活エージェントは、キャリア相談からES添削、面接対策まで全部無料でしてもらえるので、
悩んでいる時間があったら、サクッとプロに相談したほうがいいです。

さまざまな就職エージェントを使ってきた私がおすすめできる就職エージェントは、『キャリアチケット』です。
丁寧なカウンセリングはもちろん、紹介される企業はすべて、独自調査のうえでブラック企業が排除済みだったので安心できました。

渋谷、秋葉原、池袋、大阪、横浜、福岡、名古屋、京都、神戸拠点での対面面談と、LINEを使ったオンライン面談をやっているので、現状に不安がある人はぜひ相談してみてください!

\ Web面談から気軽に相談してみよう!/ 最短2日で内定できるキャリアチケット

キャリアチケットに相談してみる(無料)

「他のサービスを知らないまま」というリスクを避けたい方はこちらの記事を

おすすめ就活支援サービス 賢い学生は使っている最新の就活サービス10選

就活生に人気のサービスTop3

丁寧な面談が好評のキャリアチケット
1位

最短2週間で内定!『キャリアチケット』
ブラック企業を避けたいならこのエージェント

Jobspring
2位

入社後早期離職率0.1%『JobSpring』
手厚いサポートが自慢!

高精度自己分析ツール
3位

あなたの強みと適職が丸わかり!『高精度自己分析ツール』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です