キャリアの神様

banner

banner

新卒採用イベントって実際どう?イベントの流れを先輩が解説します

よしお

内定出ない。不安…。何か良いイベントない?

そう思って、ミーツカンパニー(Meets Company)のイベントを知った方。即日内定や複数企業の選考をスタートすることができるうたい文句に惹かれて参加しようと検討しているのではないでしょうか?

この記事では、ミーツカンパニーについてと、ミーツカンパニーのイベント概要・流れを、実際に参加してきた19卒の私がお伝えします。当日行くか悩んでいる人にとって、何か参考になれば幸いです。

「イベントなんて面倒!すぐに内定を手に入れたい!」という方におすすめのサービス

キャリアチケット 就活エージェントにお願いしてすぐに内定までの攻略法を教えてもらえる!?就活のプロが提供する「キャリアチケット」

ミーツカンパニーについて

よしお

ミーツカンパニーって広告やHPがちょっと怪しい…。あんまり聞かない名前だし…。最短即日内定!社長と面接!その場で内定?実際どうなの?

ぶっちゃけて言うと、即日内定や選考を即日開始するというのは、よほど採用に積極的な企業がイベントに出現してくれない限りほぼ無いと言っても良いです。

ただし、選考開始時期(採用活動が活発な時期)であれば、イベント当日にて先行を開始してくれるのかもしれません。

ちなみに、僕が行った日は6社とも説明で終了しました…。

ただ、ここで落胆しないで下さい。ミーツカンパニーのイベント自体は、就活を進めていく上での1つの良い機会になることは間違いありません。決して怪しいリクルーティング会社ではありませんし、強引にブラック企業に紹介されることはありません。

正当にイベントを開催されていましたし、イベント後のサポートも充実したものでした。

「まだ、ちょっと信頼できないかも…。」と言う人へ、ミーツカンパニーを運営する株式会社DYM社の実績をお伝えしておきますね。

学生へのサポートについては実績あり

ミーツカンパニーを運営しているDYM社は、学生へのサポートに対して確固たる実績アリです。大きく以下3つの実績があります。

1.リクルーターは5万人ほどの学生を支援

2.イベントの開催数600以上

3.内定が決まった学生6000人以上

実際にこれだけのイベント開催数と、学生の動員を果たしているのは、リクルーティング会社として大きな実績です。

ここまで培われてきた取引先(紹介先企業への人脈)や、学生支援のノウハウも培われてきたのではないかと。

MEMO
有名所の企業紹介先には、サイバーエージェント・KLab・エイチーム・ワークスアプリケーションズ・健康コーポレーション・アイアールジャパン・opt・ビットアイル・エクセリ・日産センチュリー証券・ ジョルダン・TKP・日本経営・レバレジーズがあります。割と魅力的な企業さんも多いです

ミーツカンパニー当日のイベントの流れ

banner

さて、ここからは、実際に足を運んでミーツカンパニーの就活イベントに参加した僕が、当日の内容についてお伝えしましょう。

当日のイベントに参加しようかどうか悩んでいる人の参考になれば幸いです。

当日、私は関西のミーツカンパニー(就活終了に近い時期)に参加したのですが、午後14:00〜18:00の4時間でタイムスケジュールが組まれていました。

ちなみに、大阪、東京、福岡開催、全て確認しましたが、ほとんど午後の2〜6時開催でしたので、半日の時間さえ確保できれば参加できます。

半日ですが、時間を忘れるほど濃い内容

半日もあれば、たくさんの人とつながることができます。さらに、以下のスケジュールに沿って、進行を円滑に進めてくれるため、普段のコミュニケーションではつながりを持てない人とも繋がれることができます。

1.企業プレゼン(40分)
2.学生プレゼン(30分)
3.企業座談会(1時間30分)
4.面談•面接(1時間)

4時間という長丁場になるのですが、以下のように時間は細分化されています。休憩等とりながらなので、思ったより早く時間が過ぎます。

よしお

採用イベントはいつもと違う謎の緊張感があるから、時間経つの早いよね。

banner

実際に当日もらったタイムスケジュール資料です。

それでは、それぞれ詳しく解説していきましょう。

1.ミーツカンパニー参加企業によるプレゼンタイム

banner

私が参加した会では、合計6社の5分間のプレゼン。いわゆる普通の会社説明という感じでした。企業規模から、福利厚生。実際の業務などを簡単にまとめたものを人事の方から軽く説明してもらえます。

どちらかというと、詳しくは後の座談会でってスタンスで、ホントに簡潔にまとめられていたので、長ったらしい印象は受けませんでした。学生もリラックスして、聞いていましたね。そんな堅苦しいものではありません。

よしお

眠くなるほどの長さでもないし、そこまで興味ない話でもなかったね(あっそもそも就活しに来てる人なので、基本興味ある内容かw)

2.学生自己紹介タイム

banner

企業と学生のコミュニケーションを円滑にするため、学生も企業に対して1分間の簡単な自己紹介をしました。20名くらいの参加者がいたので、全体でざっと20〜30分程度。

まあ、学生なのでプレゼンというより本当に軽い自己紹介。名前と趣味。シンプルイズザベストな自己紹介を淡々とこなされました。ここで、ちょっと気をひくプレゼンができれば、きっと企業から別のオファーをもらうこともできるでしょう。

選考にも直結しないし、あくまでフランク。ありのままの自己紹介で良いよ〜

フランク

3.ミーツカンパニー参加企業との座談会タイム

banner

座談会タイムでは、企業の人事と”直接”お話できます。形式は15分〜20分程度で、学生2〜3人に対して、人事が1〜2人といった形になります。

もちろん、この時点では選考が始まっているわけはなく、ざっくばらんに人事の方に質問を投げかけることができます。

私が参加した会では、人事が割と企業の説明をしたがりな、前のめりな感じでしたが、会場によっては、

  • 人事が永遠と大阪の観光について語りだす
  • ベンチャーを立ち上げた経緯について聞けた
  • 不動産の業界話を聞けた

こういった、全く選考や、自社の採用活動に関する話ではない雑談(学生にとってはとても価値ある情報)をしてくれる場合もあるそうです。

普段、面接官や選考官という立場からでしか学生と接してくれない人事も、この座談会に関しては学生に合わせてくれるので本音の話ができますよ。

4.選考会

banner

さて、最後にはお待ちかねの選考タイムです。6社全てに面接を受けることはできません。時間の都合上、気に入った3社にリクエストを投げて、面接が開始されます。ただし、ここからは2パターンに分かれます。

  1. 通常通り、面接が開始されるパターン
  2. 面接は後日に行われる。その案内を受ける

これは、時期によって異なりますが、選考活動に活発な年明け〜夏あたりまでは前者の面接が開始パターンに該当するでしょう。夏を過ぎてしまうと、面接はイベント内で完結しない場合が多いので注意です。

面接自体は、人事面接ということもあり、質問事項は基本的なものです。特に対策しないで、ありのままの状態で望む方が案外、次のステップに進めるような印象を受けました。

面接が終わると、イベントは終了。希望によってはリクルーターが専属で今後の就活のサポートを行ってくれます。内定先は前述した通りの魅力的な企業もあるので、実力があれば良い内定先も紹介してもらます。

これからの就活が不安な人は、前提知識など社会の全体像についても詳しく教えてくれるので、イベント参加の特典であるサポートを受けれることにはメリットがたくさんあります。

合わなかったら後日断ることもできますしね。少なくとも私は執拗に連絡はきていません。

「イベントなんて面倒!すぐに内定を手に入れたい!」という方におすすめのサービス

キャリアチケット 就活エージェントにお願いしてすぐに内定までの攻略法を教えてもらえる!?就活のプロが提供する「キャリアチケット」について

meets company 総評

僕の参加したイベントでは、以上4ステップでしたが、時期や開催場所によってはグループワークなどが行われるみたいです。いずれにせよ、ミーツカンパニーのイベントはそこまで堅苦しいイベントではなく、学生の中には私服で来場する人もいました。

また、大企業が数十社も集まって行われる合説のようなものでなく、人事との距離も近いので、質問もしやすく、とてもラフなイベントです。このイベントに参加すべきなのは、19卒の人の中でも特に、

  1. 就活イベントにまだ参加したことがない人
  2. 視野を広げたい人
  3. 人事と近距離でお話したい人
  4. 選考が面倒だと思っている人
などには特にオススメです。

少しでも興味のある方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。きっと何か新しい出会いがあることでしょう。

人事と接触することが、就活を攻略する上では大切だよね〜。あと、以外と優良IT企業が参加してるのがミーツカンパニー。

京大生 フランク

ミーツカンパニー以外で良いサービスがないか探している人へ

20卒 編集部厳選!就活サービス10選

当サイトから1ヶ月で
100名以上の就活生に登録されてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です