キャリアの神様

ジョブトライアウト

ジョブトライアウト

JobTryout(ジョブトライアウト)評判はどう?メリット・デメリット・参加方法について徹底解説

・ジョブトライアウトってどんなイベント?
・メリットやデメリットは?
・イベントの流れってどうなの?
・参加方法が知りたい…

もしかすると、この記事を見つけたあなたはJobTryout(ジョブトライアウト)について興味をお持ちなのでは無いでしょうか。

確かに、ジョブトライアウトは早期内定・難関企業内定を目指す就活生に人気のイベントとして知られています。

しかし、数あるイベントの中でもジョブトライアウトは就活解禁前に他の就活生より一歩早いスタートが切れるイベントです。

そのため、アンテナの高い就活生に認知されていますが、実際に参加した評判や印象、イベントの内容など気になる方も多いでしょう。

この記事では、ジョブトライアウトの特徴やメリット・デメリット、評判から実際の参加方法まで詳しく解説しています。

この記事を最後まで読めば、あなたがジョブトライアウトに参加すべきかどうか判断することができるでしょう。

追記
JobTryout(ジョブトライアウト)は、イベントの良さはそのままに、名称がジョブトラに変わりました。

1. JobTryout(ジョブトライアウト)とは早期内定に向けた6社合同選考会イベント

JobTryout(ジョブトライアウト)の予約方法

運営会社 株式会社リアライブ
イベント開催地 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡
参加料金 無料
服装 自由

JobTryout(ジョブトライアウト)の公式ページはこちら

JobTryout(ジョブトライアウト)とは、早期内定・難関企業内定を目指した就活解禁前に開催される6社合同選考会イベントです。

ジョブトライアウトは、単なる合同企業説明会だけではなく、難解なグループワーク・ビジネスゲームを通して、企業の人事から直接フィードバックが得られるため、より良い情報収集や自己分析ができることが特徴です。

運営会社の株式会社リアライブは『入社3年後のミスマッチをなくす』という経営理念の元、「発言ではなく、行動で自社に合う学生を見極める」という、より納得できる就活を応戦するイベント設計を行なっており、これまで20000人以上の就活生が参加してきました。

また、ジョブトライアウトは全国各地でイベントを開催しているので都市部の就活生に劣ることなく、就活を進めることができます。


おなじくリアライブ主催の人気イベント!

即日で内定獲得の可能性も!ト

2. JobTryout(ジョブトライアウト)3つの特徴

  • ビジネスゲームを通して人事からフィードバック
  • 順位づけが行われる
  • 早期内定・難関企業内定にフォーカス

ジョブトライアウトのイベントの特徴としては上記3点があります。

ジョブトライアウトでは有名企業も多数参加し、順位づけで高評価が得られれば早期内定のチャンスが獲得できます。

上記、ジョブトライアウトの特徴について以下で詳しく説明します。

2-1. ビジネスゲームを通して人事からフィードバック

ジョブトライアウト 特徴 人事 フィードバック

ジョブトライアウト一番の特徴といえば、グループでのビジネスゲームを通して企業の人事からフィードバックが得られることでしょう。

ジョブトライアウトで使われるビジネスゲームは難解なお題が多く、業界理解や経営者視点、時代背景などから利益を上げる「Industry」というゲームが過去に使われており、グループ形式で競う内容となっています。

このビジネスゲームの最中に、企業の人事の方が直接ウォッチし、終了後には一人一人にフィードバックがもらえます。

2-2. 人事から順位づけが行われる

ジョブトライアウト 特徴 順位付け

難解なビジネスゲームを行なった後は、直接ウォッチしていた企業の人事から一人一人の順位づけが行われます。

ここで順位上位にランクインできれば、第一次選考や最終選考権、人事の方と一対一で個別面談など特別優遇が得られるため、参加者は必死でゲームに臨みます。

2-3. 早期内定・難関企業内定にフォーカス

ジョブトライアウト 特徴 早期内定 難関内定

ジョブトライアウトは就活解禁前に行われるイベントであり、企業の人事からの順位付けで上位を勝ち取ることができれば、様々な優遇が受けられます。

そのため、難関企業の方から優遇が受けられれば早期内定を受けられる可能性もあります。

もちろん、順位上位者にランクインできなかった場合でも企業の人事から直接フィードバックを受けることができるので、参加者は今後、他の就活生よりワンランク上の成長が見込めるでしょう。

3. JobTryout(ジョブトライアウト)4つのメリット

MERIT
  1. 難関企業の人事と直接意見交換できる
  2. 業界研究・自己分析ができる
  3. グループワークに強くなれる
  4. 早期内定のチャンスが得られる

ジョブトライアウトに参加するメリットとしては上記4つがあります。

無料で参加できるイベントでありながら、非常に多くのメリットを受けられる優良イベントとして知られている通り、以下で詳しいメリットについて解説します。

3-1. 有名企業の人事・経営者の方と直接意見交換できる

過去の参加企業

ユニ・チャーム株式会社、楽天株式会社、株式会社フォトクリエイト、株式会社マネジメントソリューションズ、株式会社オプト、株式会社オービック、ロート製薬株式会社、パーク24株式会社、株式会社パソナキャリアカンパニー、etc…

上記の通り、ジョブトライアウトでは有名企業・難関企業の人事が多数参加します。

グループでのビジネスゲーム後には、ゲーム内での立ち回りや強み弱み分析、など一人一人に人事からフィードバックをもらえる貴重な機会が得られます。

数々の優秀な人材を見てきた人事ならではの客観的分析を受けることで、コミュニケーションや思考力、発言力などを数値ベースで知ることができます。

また、イベントには企業方と気軽に交流できるスケジュールも組まれており、日頃対面できない経営者の方とも意見交換することが可能です。

3-2. 業界研究・自己分析ができる

ジョブトライアウト メリット 自己分析 業界研究

ジョブトライアウトには多種多様な業界の企業が参加します。

イベントのスケジュールでは企業のプレゼンも含まれており、一度で多様な有名企業の情報収集ができるため、業界・職種研究ができます。

また、ビジネスゲームや人事からの直接フィードバックでも、普段感じることのできない自分自身の考え・行動を客観的に知ることができるので自己分析に役立てることができます。

就活解禁前から、業界研究・自己分析が進められることで他の就活生よりも一歩リードした就活がスタートできることは間違い無いでしょう。

3-3. グループワークに強くなれる

ジョブトライアウト メリット グループワーク

ジョブトライアウトの醍醐味であるビジネスゲームは非常に難解なものが採用されており、グループで取り組むことでコミュニケーション能力や問題解決能力など、社会で必要なチームワークを鍛えることができます。

就活が解禁されるとグループワークの機会も多くなるので、難解なビジネスゲームを体験しておくことで、グループワークのコツや容量を把握することができるでしょう。

3-4. 早期内定のチャンスが得られる

ジョブトライアウト最大の魅力は、人事からの評価(順位)が高ければ特別優遇が受けられる点でしょう。

特別優遇には、一次選考免除や特別選考券。中には、人事や経営者の方と直接関われるランチ会など様々なメリットがあります。

就活解禁前イベントということもあり、優遇が受けられれば早期内定の可能性も格段に上がるでしょう。

もちろん、ジョブトライアウトでは無料で参加することができ、大きな特典も期待できるのでまさに参加しない理由がないイベントと言っても過言ではありません。

 

4. JobTryout(ジョブトライアウト)2つのデメリット

DEMERIT
  1. 参加企業が必ず自分に合うとは限らない
  2. 実力が全て順位で評価される

様々なメリットがある中、ジョブトライアウトでは実際に参加された方の意見として上記2つのデメリットが挙げられました。

上記のデメリットについて以下で詳しく説明します。

4-1. 参加企業に興味が持てない場合がある

ジョブトライアウトでは様々な有名企業・難関企業が参加することに間違いはありませんが、自分に合う企業であるかどうかは保証できません。

たとえ上位の順位をもらい企業から特別優遇がもらえたとしても、100%就活生自身の意思沿う可能性は決して高くはありません。

様々な有名・難関企業と関われることは間違いありませんが、ジョブトライアウト一つに就活を懸けることは『入社3年後のミスマッチをなくす』という理念からかけ離れたものになる恐れもあるの注意が必要です。

 

4-2. 評価基準が曖昧な点や、順位が表示されるストレスがある

ビジネスゲームを通して得られる評価(順位づけ)は全て、人事からの評価によって決められます。

そのため、評価基準が独断で曖昧なものになってしまう可能性もあります。また、評価もはっきりとした順位が出てしまうので、劣等感を感じてしまうこともあります。

もちろん、ジョブトライアウトで結果が残せなかったとしても、就活全てに影響が出ることはありませんし、得られたフィードバックを参考により良い就活を進めていく糧にすることが大事となるでしょう。

たとえ評価・順位が低かったとしても心配する必要はありません。

なぜなら、ジョブトライアウトに参加するとこで、就活解禁前に他の就活生よりも確実に一歩先を進んでいるからです。

5. JobTryout(ジョブトライアウト)イベントの流れ

  1. 参加企業紹介・投票タイム(60分)
  2. グループワーク(150分)
  3. 座談会・フィードバック(60分)

ジョブトライアウトのイベントの流れとして、上記3つのスケジュールで構成されています。

上記3つのスケジュールについて以下で詳しく説明します。

  • Schedule.1
    参加企業紹介・投票タイム(60分)

    まず始めに、参加者が集まるとイベントの説明が行われます。

    ここでは、就活生同士のアイスブレイクや参加企業の紹介が行われ、最後に参加企業のプレゼンを元に、企業への人気投票などが行われます。

    就活解禁前から活動している意識の高い就活生が多く集まっていることからも、なるべく周りの人と会話を行い会場の雰囲気に慣れておくことをお勧めします。

    企業プレゼンでは、業界研究を進めるためにも勉強になった点や気づきたことを、なるべくメモに残しておくと良いでしょう。

  • Schedule.2
    グループワーク(150分)

    次に、ジョブトライアウト最大の見せ場であるグループワークが始まります。

    ここでは難解なビジネスゲームをチームで取り組みます。

    グループワークの最中は、企業の人事部の方がiPad片手に熱心に就活生の評価を行います。

    チームの人と調和を保ちつつも、積極的に行動を起こしコミュニケーションを取っていくこ良いでしょう。

  • Schedule.3
    座談会・フィードバック(60分)

    最後に、ゲームの結果発表から人事部の方からのフィードバックが受けられます。

    数々の就活生の相手をしてきた優秀な人事部から、客観的な意見をもらえるチャンスなので、今後の就活に活かせるようしっかりと話を聞きましょう。

    さらに、順位づけで評価が高かった就活生には、特別優遇として企業の方と一対一で面談できる特典が用意されています。

    うまくいけば、難関企業からの早期内定が目指せるチャンスが得られます。

    もちろん、特別優遇が受けられなかった就活生も落ち込む必要はありません。ジョブトライアウトで得られた特別な体験を元に今後の就活に活かしていきましょう。

6. JobTryout(ジョブトライアウト)の評判

 

 

 

 

7. JobTryout(ジョブトライアウト)への参加方法

  • STEP.1
    JobTryout(ジョブトライアウト)の公式ページへ
    JobTryout(ジョブトライアウト)の予約方法

    JobTryout(ジョブトライアウト)の公式ページはこちら

    ※JobTryout(ジョブトライアウト)は名称が『ジョブトラ』に変更になりました
    まず始めに、上記のボタンからジョブトライアウトの公式ページに進み、参加手続きを進めましょう。

    公式ページに進むと、上画像の画面が表示されます。

     

  • STEP.2
    参加したい開催地をチェック
    JobTryout(ジョブトライアウト)の予約方法

    公式ページに進み画面を下にスクロールしていくと、ジョブトライアウトの開催地が選べます。

    最寄りのイベント開催地をクリックしましょう。

  • STEP.3
    日程を調べる
    JobTryout(ジョブトライアウト)の予約方法

    開催地を選択すると、上画像のようにイベントの詳細が表示されます。

    参加したいイベントに間違いがないか確認し、画面下の「このセミナーの日程を確認する」をクリックしましょう。

  • STEP.4
    日程・時間をチェック
    JobTryout(ジョブトライアウト)の予約方法

    次に参加日程の時間を決めます。

    画面に表示された、参加したい時間にチェックを入れ「セミナーに予約する」をクリックしてください。

     

  • STEP.5
    登録
    JobTryout(ジョブトライアウト)の予約方法

    ここで、ジョブトラの会員登録を済ませていない方は、画面左の「初めての方」より新規登録を済ませましょう。

    すでに会員お方は、画面右よりログインを行なって下さい。

  • STEP.6
    個人情報の入力
    JobTryout(ジョブトライアウト)の予約方法

    会員登録を行なっていない新規の方は、画面に表示された個人情報を入力しましょう。

    そして入力が終わったら、画面下の「予約する」とクリックしましょう。

  • STEP.7
    予約内容の確認

    「予約する」をクリックすると最後に、予約内容の確認が行われます。

    予約内容に間違いがなければ、これでジョブトライアウトへの参加予約は完了です。

まとめ|他の就活生よりも早くスタートを切りたいならJobTryout!

早期内定・難関企業を目指す方なら間違いなくジョブトライアウトに参加するとことで、他の就活生よりも早くスタートを切れること間違い無いでしょう。

ジョブトライアウトの特徴としては以下3点。

  • ビジネスゲームを通して人事からフィードバック
  • 順位づけが行われる
  • 早期内定・難関企業内定にフォーカス

特に、見所としてはビジネスゲームを通して企業の人事部から直接フィードバックが得られることがでしょう。

他のイベントでは得られない、企業の方と対話できる環境はジョブトライアウトの何よりも大きな特徴と言えます。

他にも、ジョブトライアウトに参加することで得られるメリットは以下4点があります。

MERIT
  1. 難関企業の人事と直接意見交換できる
  2. 業界研究・自己分析ができる
  3. グループワークに強くなれる
  4. 早期内定のチャンスが得られる

やはり、就活解禁前から有力な情報・特別優遇が得られることで、賢い就活生は確実に一歩リードしています。

まさに、「参加しない理由はない」と言うべきイベントでしょう。

しかし、実際にジョブトライアウトに参加した就活生からは、下記のようなデメリットがあるとの意見が見受けられます。

DEMERIT
  1. 参加企業が必ず自分に合うとは限らない
  2. 実力が全て順位で評価される

確かに、人事部と言えども人間なので感情面や独断な意見が含まれてしまうことは仕方ないとも言えます。

また、順位で評価されてしまうことで劣等感を感じてしまう方もいると思います。

しかし、ジョブトライアウトだけでなく就活全般で考えると、より多くの事を学べる場であることは間違い無いので、受けたフィードバックは今後に活かす言う事さえ守れば、今後成長できる環境となるでしょう。

  1. 参加企業紹介・投票タイム(60分)
  2. グループワーク(150分)
  3. 座談会・フィードバック(60分)

ジョブトライアウトのイベントスケジュールとしては上記、3部で構成されています。

イベントへの参加はジョブトラの公式ページから、ネット上で簡単に行うことができます。

この記事を最後まで読んだあなたが、早期内定・難関企業内定に向けてジョブトライアウトの良し悪しを理解し、他の就活生よりも一歩進んだ就活ができれば幸いです。

\21卒は参加でスタートダッシュ!/
JobTryout(ジョブトライアウト)の公式ページはこちら

 
※JobTryout(ジョブトライアウト)は名称が『ジョブトラ』に変更になりました

1位 キャリアチケット

プロのキャリアコンサルタントが、自己分析・面接対策・ES添削などの相談に乗ってくれるサービス。申し込み殺到!

\強者は勇気を出して人に頼る!/キャリアチケットの公式HPへ ※就活が進むにつれて混み合って対応が遅くなる可能性があります。申し込むなら今!

  2位 就職エージェントNeo

ES添削〜面接対策まで徹底サポート。業界大手だからこその安心感と圧倒的な求人数。短期間での内定獲得が可能です!

就職エージェントNeoの公式HPへ

  3位 ジョブコミット

ES、面接不要!最短4時間で当日内定を狙えるイベント

詳細・エントリーはこちら

 4位 digmee

LINE1つで就活を超効率化!優良ベンチャー多数と出会える最近話題のサービス

digmeeの公式HPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です