キャリアの神様

TECH OFFER(テックオファー)の評判どう?理系学生が登録すべき理由や利用者の口コミを紹介

・TECH OFFER(テックオファー)ってどんなサービス?
・TECH OFFER(テックオファー)の評判を知りたい

この記事を読んでる人は「TECH OFFER(テックオファー)」について気になっていて、もっと知りたいと思っている人なのではないでしょうか? 

この記事では「TECH OFFER(テックオファー)」について特徴やメリット・デメリット、利用に向いている学生ってどんな人? など様々な情報をご紹介していきます。

\ 大手・有名企業から特別オファー!/
キミスカ

TECH OFFER(テックオファー)とは

TECH OFFER

工学系、情報科学、計算科学系などの理系学生が対象のオファーが届く理系学生専門就活サイト

TECH OFFER(テックオファー)は理工系学生のための就活サイトです。

就活生の研究分野や所属情報など、これまでの学びや経験をもとに企業からオファーが届くサービスを提供しています。

理工系学生が自分の分野に近い企業とマッチングできる場が提供されているのが大きな特徴です。

株式会社テックオーシャンが運営

TECH OFFER(テックオファー)は、株式会社テックオーシャンによって運営されています。

同社は理工系専用就活サイトTECH OFFERの運営だけでなく、企業と学生の交流の場を提供するTECH MEETの運営も手掛けています。企業概要は以下の通りです。

株式会社テックオーシャン 概要

社名 株式会社テックオーシャン
設立 2018年(平成30年)6月
資本金 5500万円
代表取締役 長井祐樹
認定 有料職業紹介許可番号 : 13-ユ-310385
事業内容 理工系専用就活サイト TECH OFFERの企画・運営
学生と企業の出会いを効率化するサービス TECH MEETの企画・運営
コーポレートサイト https://techocean.co.jp/
  \ 【最新】スカウトアプリ!/
キャリアチケットスカウト
  キャリアチケットスカウト

TECH OFFER(テックオファー)の特徴

  • 技術キーワードや性格的特徴などで企業との出会いを最適化
  • 登録後マッチする企業からオファーが届く
  • 企業がオファーした理由が明示される

技術キーワードや性格的特徴などで企業との出会いを最適化

技術キーワードや性格的特徴などで企業との出会いを最適化

TECH OFFERを通じて届くオファーには、以下の2つの仕組みがあります。

  • 企業が技術キーワードで研究室などを探し出して、技術共通点のある学生に声かけをするオファー
  • 技術共通点等に関わらず、学生の所属や希望業界、やりがいを感じる場面などに応じて声掛けをするオファー

これらのマッチングを最適化するためにTECH OFFER独自のマッチング技術が適用されています(特許出願済み)。

さらに、学生へのオファー精度を向上させるためにオファーが妥当かどうかを評価する仕組みもあります。

自分にとって適切なオファーが届くように、会員登録で自分の研究内容や研究キーワードなどのプロフィールを充実させておくことが大切です

登録する際は、自分のPRに繋がるようなプロフィールを意識してくださいね。

編集部 橋本

登録後マッチする企業からオファーが届く

録後マッチする企業からオファーが届く

会員登録時に、自分の研究分野や所属、研究のキーワードなどを登録します。登録された研究内容やキーワードを企業が見て、学生にオファーを送信する仕組みです。

参加企業は一斉にメール案内ができないため、「選ばれた特徴を持つあなた」にだけオファーが届くようになっています

オファー企業の中には書類選考がパスとなり、必ず面談をしてもらえるという準推薦のような特別待遇の企業もあります。

理工系に特化したTECH OFFERだからこそ、求める学生を優遇してもらえるようなオファーが届くようになっているのです。

企業がオファーした理由が明示される

TECH OFFERから届くオファーは、企業が学生とマッチングを希望する理由が明示されて届くのがポイントです。

「どうしてオファーしたのか」を企業が明示してくれていて、オファー受諾後は書類選考がパスになるケースもあります

企業のオファー理由を見て関心が出たら、ぜひ受けてみましょう。

企業との通点が確認できるから、業界・企業研究、志望動機作成に役立つぞい。

キャリアの神様

TECH OFFER(テックオファー)の口コミ・評判

オファーを通じて研究内容を活かせる企業に出会えた

最初は、自分の研究内容いかせなくてもいい、どこでもいい、活かせなくてもいいとも思っていましたね。自分の研究テーマがどう仕事で活かせるかの調べ方がわからなかったからこそ、少し諦めていた面もありました。でも、9.10月TECH OFFERに出会ってから、「せっかくなら自分の研究内容上手く生かしたい」に変化していきました。経験があるからこそ生かせるなら活かしたい!と変わっていきましたね。
どこから手をつけていいか分からないだったので、TECH OFFERを利用して知らなかった企業や仕事に出会えて良かったです!
実際、内定先のセコムは、物体追跡はまさに自分のやっていた部分でもあるので嬉しかったです。

(引用:【岐阜大学の理系学生】学びを活かす就職活動の決め手はTECH OFFER!?)

TECH OFFERの参加企業は自社に合う学生に対して一斉に連絡を取ることができないため、1人ずつプロフィールや研究内容などを見てオファーを送信しています

インタビューにもあるように意外な企業からオファーが届くこともありますが、結果的に自分の研究内容と最も合う企業だったというケースもあります。

ECH OFFERはこうした自分の研究内容に近い企業との出会いを逃さないようなマッチングの仕組みが用意されているので、まずは会員登録をして自分のプロフィールを充実させてみることが始めてみることをおすすめします。

第一志望の企業からオファーがきた

いくつかの企業からオファーがきましたが、中でも元々自分が志望していた企業からオファーが来て、実際にその企業の人事の方と最終面接の前にお会いすることができました。親身になって相談に乗ってくださったのでとても心強かったです。
あとは、自分の研究分野に基づいてオファーが送られてきているので、どのオファーもマッチしている内容だなと思いました。

(引用:【九州大学の理系学生】第一志望の地元企業へ就職を勝ち取った方法とは?)

見事、第一志望の企業からオファーが来たという利用者のインタビューです。

TECH OFFERを利用したところ第一志望の企業からオファーが来て、オファー内容もマッチしたものだったとのこと。

TECH OFFERの参加企業は学生の登録内容(研究内容やキーワードなど)を個別に見てオファーを送信しています。届くオファー内容は自分の研究内容に興味を持っていたり評価してくれたりするものがほとんどなのです。

TECH OFFER(テックオファー)のメリット

メリット
  1. 理工系の技術や研究・学習プロセスを評価してくれる企業と出会える
  2. 複数のキーワードを登録することで幅広い分野の企業からオファーをもらえる

理工系の技術や研究・学習プロセスを評価してくれる企業と出会える

TECH OFFERのメリットは、自分が学んでいる理工系の技術や研究、また学習のプロセスを評価してくれる企業とマッチングできることです

TECH OFFERのマッチングは独自のマッチング技術として特許出願中であり、参加企業が個別に興味のある学生にオファーを送信できる仕組みになっています。

また、会員登録時に最短5分で自分の研究内容や関連するキーワード等を登録できます。

より自分に合う企業からオファーをもらう秘訣は、自分のプロフィールを充実させておくことです。プロフィールや自己PRにも自分の研究内容や技術内容をアピールする内容にしておきましょう。

複数のキーワードを登録することで幅広い分野の企業からオファーをもらえる

TECH OFFERでは自分の関連分野のキーワードを複数登録しておくことで、より幅広い分野の企業からオファーをもらうことができます。

新卒採用では基礎的な素養や技術的な興味があるというだけでも一定の評価を得られ、入社後に習得・成長していくことが前提となっています

まだ自分が必要な技術を即戦力のように自由に使いこなすことが出来なくても、まずは企業からオファーを受けるために自分に関連するキーワードを多めに登録しておくことをおすすめします。

よしお

遠慮はいらないぜ!

TECH OFFER(テックオファー)のデメリット

デメリット
  1. 直接アピールはできずオファーを待つだけしかできない

直接アピールはできずオファーを待つだけしかできない

TECH OFFERのデメリットは、オファーを待つことしかできないという点が挙げられます。

自分から企業を検索して登録するという仕組みではないため、企業から興味関心を持ってもらいオファーを待つ必要があります

しっかり自分の研究内容や関連するキーワードなどを登録しておくことで、TECH OFFER参加企業の目に止まりやすくなります。

TECH OFFER(テックオファー)がおすすめな学生

  • 就活を始めるのが遅れた人
  • 研究内容をどんな業界・企業で活かせばいいかわからない人

就活を始めるのが遅れた人

就活を始めるのが遅くなった人にはTECH OFFERの利用がおすすめです。特に研究が忙しくて就活のスタートが中々切れなかった学部生、大学院生はぜひTECH OFFERに登録してみてください

企業から届くオファーには自分の研究内容とのマッチ度が高いものも多く、考えてもいなかった意外な企業からのオファーが届くこともあります。

研究内容をどんな業界・企業で活かせばいいかわからない人

大学や大学院で研究している内容を、どんな業界や企業で活かせるかわからない人もいるかもしれません。

そういった人にもTECH OFFERの利用をおすすめします。

TECH OFFERには学生の研究内容と企業をマッチングさせる独自のマッチング技術が使われていて、より納得度の高いマッチングが成立しているからです。

オファーを出した企業の中には、オファー受諾後は書類選考なしで進めるなど特別選考ルートを準備している企業もあります。登録時には自分の研究内容をアピールできるプロフィールを作成しましょう。
理系におすすめの就活サイト10選! 内定を勝ち取る使い方を解説

TECH OFFER(テックオファー)の利用方法

  • STEP.1
    会員登録する(無料)をタップ
    会員登録する(無料)をタップ
  • STEP.2
    メールアドレス・パスワードを入力
    メールアドレス・パスワードを入力
  • STEP.3
    学んでいる分野・詳細、指導教員について選択
    学んでいる分野・詳細、指導教員について選択

TECH OFFER(テックオファー)を利用してマッチする企業と出会おう

理工系学生で就活を考えている人は、ぜひTECH OFFERを利用してみてください。手軽に登録完了できる上に自分の研究内容にマッチする企業からのオファーが届きます。

想像もしていなかった企業からの意外なオファーが、あなたの将来を決めるかもしれません。

まずはTECH OFFERに会員登録して、自分の研究内容をアピールするプロフィールを作ってみませんか? きっとあなたにぴったりな企業からのオファーが届くはずです。

自己分析の第一歩!50万人が使った適職診断テスト「AnalyzeU+」

offerbox 自己分析

時間がかかりがちな自己分析が簡単にできるツールがあるって知ってましたか?

パッと自己分析を終えたい時に使えるのが、使えるのが適職診断「AnalyzeU+」です。

「AnalyzeU+」は、251問もの設問に答えていく本格的な適職診断です。設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。

偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。自分の向き・不向きがわかるので、自己分析で適職について考える時にとても役立ちます

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への無料会員登録が必要です。OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

「AnalyzeU+」を活用して、最速で自己分析を終わらせましょう。


就活生に人気のサービスTop3

キャリアチケット
1位

最短2週間で内定!
就活生の4人に1人が登録する「キャリアチケット」

OfferBox
2位

あなたの強みと適職を特定!
適性診断の結果を基に業界大手・一流企業からスカウトが届く!

女子キャリ
3位

仕事もプライベートも充実させたいなら!
女子のための就活サービス『女子キャリ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です