キャリアの神様

ユニスタイル評判

ユニスタイル評判

ユニスタイルのリアルな評判を19卒先輩が実体験をもとに徹底解剖

ねえ、ねえユニスタイルって知ってる?

京大生 ベントノール

よしお

ユニスタイル?何それおいしいの?www
知ってる人は知っている、物凄く便利な就活サイトのことなんだ

フランク

ということで、この記事では実際にユニスタイルを使っていた19卒の著者が、ユニスタイルのリアルな口コミや、使用感をお伝えします。

最後まで読み進めていただくことで、ユニスタイルのサービス、評判、口コミのすべてがお判りいただけるでしょう。

1.Unistyleは怪しいのか?実態とサービス概要

「ユニスタイル」とインターネットで検索してみると、「ユニスタイル」「怪しい」というワードが出てきます。

結論から申し上げると、ユニスタイルを使うことで就活生が受けるデメリットは一切ありません。当メディアとしてもユニスタイルは最もお勧めできる就活サービスの一つと考えています。

主なサービスとしては以下の4つがあります。

  1. 大手企業の内定者が実際に提出した22321枚のESが見放題
  2. – 各企業別の選考対策
  3. – 就活関連の記事も非常に充実
  4. – 選抜制就活サービス「Unistyle top students」

2.大手企業に就職するにはUnistyleを使った方が有利

次になぜ、就活生はUnistyleを利用した方が大手企業に内定しやすいかについて4点述べていきます。

就活に関する記事が豊富で就活の全体像を具体的にイメージしやすい
大手企業内定者のESが網羅されているので、非常に参考になる
各企業ごとの選考情報も見放題だから、情報戦で確実に負けることはまずない
選抜制サービスUnistyle top studentsに選ばれれば就活に勝ったも同然

2-1.就活に関する記事が豊富で就活の全体像を具体的にイメージしやすい

先ほど、Unistyleは高学歴の学生向けのサービスだと述べましたが、実は学歴に関係なく就活生にとって非常に使いやすいサービスです。

就活って何をすればいいの?という初級の内容から総合商社内定のため必須のスキルは?という上級の内容まであらゆるコンテンツがそろっています。

したがって、すべての就活生にとって使う価値があると言えます。

2-2.UnistyleのES情報は超有料級

Unistylには約1200社にわたる大手企業内定者のエントリーシート22321枚がわかりやすく業界業種ごとに整理されています。

あなたが、受けたいと考えている大手企業内定者のESならば、わずか2,3分あれば見つけられるでしょう。

ワンキャリアやみんしゅう、などにも内定者のESは存在していますが量も質も歴然の差があります。

2016年の時点ではUnistyleのサービスを利用するのに3000円ほど支払う必要がありました。どう考えても有料級なのですが現在はなぜかすべて無料で公開されています。

いつ、有料に戻るかわからないのでできれば早いうちに登録しておくことをおすすめします。

2-3.就活が情報戦で負けることがなくなる

Unistyleのコラムを見てみると読んでおいて損のないとても良いコンテンツが470ほど掲載されています。一部抜粋すると次のような記事がありました。

例えば、総合商社に内定した体育会系学生が就職活動で意識した三つの差別化方法
NTT対策の総まとめ。ーインターン攻略から内定まで主要10社を完全網羅ー
シグマクシスのGDでボコボコにされた就活生が考えるGD対策の重要性

実際にその企業を受けた人間がなぜ成功したのかあるいは何が悪かったのか客観的に言語化してくれています。

これを事前に読んでおくことで、各企業の選考に対してどのような対策をしなければならないか具体的にイメージしやすくなりますし

少なくともほかの就活生に情報量で不利になることはまずないと言えるでしょう。それくらい濃い内容が掲載されているということです。

また、内定者からよせられた情報のみを掲載しているため情報の質は当然高い上に、それぞれの内定者がどのように考え戦略を立てたのか。

そして、どういう部分が面接官から気に入られたのか、評価されたのかなど内定者にしかわからない情報がわんさか載っています。

2-4.選抜制サービスUnistyle top studentsに選ばれれば就活に勝ったも同然

こちらのサービスはUnistyleユーザーの中でも特によい経験を持っている学生を対象に不定期で企業の採用担当者とのイベントが開催されるというものになっています。

それも超大手企業の採用担当者です。このUnistyle top studentsに入れさえすれば大企業の関係者限定イベント当を通じて社員との面談ができます。

もちろんUnistyleのユーザはかなりハイクラスなこともあってここに入り込むことは簡単ではありません。

しかし、決してむりというわけでもありません。チャレンジすること自体はノーコストでできますので気になる方は応募してみてください。

3.unistyleを使わない方が良いと考えられる就活生

正直、ユニスタイルを使わない方が良い就活生はいないと書いてもよいくらいユニスタイルは優れたサービスなのですが、怪しまれる恐れがあるのでデメリットも記載しておきます。

3-1.地方の中小企業のESは少ない

当然かもしれませんが、地方の中小企業の内定者ESは数があまりない為、大都市を除いた地元の中小企業に就職しようと考えている学生さんは参考にならない可能性が高いです。

3-2.コンテンツのレベルはやや高め

Unistyleは内容がややハイレベルなので、就活をはじめたばかりの初心者は使いこなすのが少し大変だと思います。

ですので、そこまで就活に時間をかけたくない方や楽に終わらせたいと考える方は使うべきではないかもしれません。

4.まとめ

Unistyleを使っておいた方が、大手企業への就職はしやすくなります。実際に私はUnistyle使用者と非使用者それぞれ100名の大手企業内定率を調査しました。

すると、Unistyle使用者の方が39%も大手企業に内定していました。母数が少ないので数字は変動するかもしれません。

就活生が使って損することが何一つない珍しいサービスなので、大手に就職したいと少しでも思っている学生は是非利用してください。

これ知ってる?20卒就活が有利になる就活サービスランキングをみる

20卒就活サービス 19卒就活生の先輩である私が本当におすすめできる「20卒向け就活サービス」を10つ厳選

 1位 キャリアチケット

プロのキャリアコンサルタントが、自己分析・面接対策・ES添削などの相談に乗ってくれるサービス。申し込み殺到!

\強者は勇気を出して人に頼る!/キャリアチケットの公式HPへ ※5月になると混み合って対応が遅くなる可能性があります。申し込むなら今!

  2位 doda新卒エージェント

20卒限定!ES不要で選考へ進める就活サービス。業界大手だからこその安心感と圧倒的な求人数。行きたい企業が見つかる!

doda新卒エージェントの詳細はコチラ

 3位 digmee

ライン一つで就活を超効率化!優良ベンチャー多数と出会える最近話題のサービス

digmeeの公式HPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です