キャリアの神様

ユニスタイル評判

ユニスタイル評判

ユニスタイルって実際どう?特徴・評判・使い方を先輩が徹底解説!

ユニスタイルって実際どうなの?
ユニスタイルの評判は?
どんな風に活用すればいいの?

この記事をご覧のあなたはユニスタイルが就活においてぶっちゃけ使えるのか、どうやって使えばいいのかを知りたいのではないかと思います。

ということで、この記事では実際にユニスタイルを使っていた私がユニスタイルのリアルな評判やメリット、デメリットを本音でお伝えします。

ユニスタイルについて知りたい就活生は、ぜひ最後まで読み進めてください。

この記事の結論
  1. 大手企業に就職したい学生は使った方が効率的
  2. しつこいイベント勧誘などは一切ない
  3. 就活生からの評判はとても良い

1.ユニスタイルはどういう人にオススメか?実態とサービス概要

ユニスタイル

大手内定者ESの公開やES締め切り一覧を掲載しているので就活初期から登録しておくべきサイト

1-1.ユニスタイルとは

unistyle (ユニスタイル)とは、自己PR、志望動機、ESを書く際に役に立つ就職支援サイトです。ユニスタイルに登録している会員の80%以上がGMARCHや関関同立レベル以上の就活生ということもあり、総合商社、外資系コンサルなど有名企業の内定者が実際書いたESなど約4万枚を見ることができます。

また、業界を問わず様々な企業の選考情報やインターンに関する情報を一括で見ることもできます。

これにより、「あーES出すの忘れてた」というような就活生にありがちなミスを減らすこともできるようになりました。

ES締め切り情報はまじでつかえるぞ!

よしお

また、ユニスタイルを運営するUnistyle株式会社は株式会社ネオキャリアの子会社ということもあり、信頼度も高く安心して利用できるサイトだと言えます。以下に会社情報をまとめておきます。

Unistyle株式会社 概要

社名 Unistyle株式会社
設立 2011年10月3日
資本金 3,100,000円
代表取締役 中村陽太郎
事業内容 メディア運営事業
コーポレートサイト https://unistyleinc.com/

では、実際にどのような学生が使うべきなのでしょうか。

1-2.ユニスタイルを使ったほうが良い就活生の特徴

ユニスタイルを使ったほうが良い就活生の特徴を4つほどまとめてみました。

  1. 大手企業を狙っている就活生
  2. 難関企業に受かりたい就活生
  3. 周りと差を大きくつけたい就活生
  4. 「自己PR・ガクチカ・志望動機の質を高めたい」と考えている就活生

ユニスタイルは有名企業や大手企業を志望する学生向けのサービスとなっています。ですので、基本的には上位校の学生や情報感度の高い学生が使用している傾向があります。

ユニスタイル が主催するイベント等にも優秀な学生は比較的多く、周囲よりも一歩差をつけたいという学生にとっては非常に相性の良いサービスだと考えられます。

回答してギフト券ゲット!
ビズリーチキャンパス

2.ユニスタイルの評判は?利用者の声とは

実際にユニスタイルを利用した人の声をまとめましたので、是非参考にしてください。

2-1.就活戦争に負けない知識をつけられる

ユニスタイル 評判

「就活とは、情報戦だ」などと言われることが多々あります。有名大学に通う学生であれば、先輩などから強力な情報を提供してもらったり、場合によっては人事の方を紹介してもらったりということもあるでしょう。

しかし、中位以下の大学に通う学生はまず入ってくる情報量が少なすぎて気付いた時には遅かったということも少なくはありません。

就活においてはただ知っているか知らないかで大きく変わることがたくさんあります。能力や素養などは関係なく、ただ知っているという事実だけで結果が大きく変わるということがあります。

例えば、3年生の夏インターンに応募する学生は上位校生の方が多い訳ですが、そもそも夏にインターンに行った方が良いという価値観がないことが中位以下の大学では見られます。

もちろん、これには応募した方が良い訳ですがそういったことがいっぱいあるということです。ユニスタイルでは、自己PR・志望動機・ガクチカの書き方などの書き方だけでなく、学生間の情報格差を縮められるよう様々な情報を発信しています。

今までに数多くの有名企業内定者からESを集めている訳ですから、それなりに各企業に関する詳細な情報も持っていることは言うまでもありません。

就活に限らず貴重な情報は自ら集めにいかないと手に入らないんじゃ。ユニスタイルのように高学歴向けのサイトはより有益な情報が集まっているから積極的に使っていくと良いぞ。

キャリアの神様

2-2.大手志向の就活生には宝の山

ユニスタイル 評判 ES


大手企業の選考は、とんでもなく倍率が高くて選考を進むのが困難です。

ユニスタイルでは大手企業内定者のESや選考体験談などが閲覧し放題ですので、内定をもらったESを参考にすることで、周りのライバルと差をつけることができます。

その数なんと38,013枚です!

丸パクリするのは避けたほうが良いですが、実際に内定している人のESを見てどういった点が評価されているのか分析することで、あなたのESも高い再現性を持って高いクオリティーのものとなります。

3.ユニスタイルを利用するメリット

次に、就活生がunistyleを利用するメリットについて4点述べていきます。

  1. 大企業内定者のESが36217枚以上読み放題
  2. 大企業の選考内容が丸わかり
  3. 就活対策が完璧にできる
  4. 就活イベントの企業のレベルが高い

3-1.大企業内定者のESが38,013枚以上読み放題

ユニスタイル 評判 メリット

ユニスタイルでは約1,200社にわたる大手企業内定者のエントリーシート38,013枚が読み放題です。

総合商社、銀行、証券、IT、外資系コンサル、外資系メーカーなど就活生が受ける企業のエントリーシートはほぼ全種類揃っています。

あなたが、受けたいと考えている大手企業内定者のESならば、わずか2,3分あれば見つけられるでしょう。志望動機の書き方などあなたの見本となるエントリーシートを見つけることができます。

3-2.大企業の選考内容が丸わかり

ユニスタイル ES取り扱い企業

人気業界の大手企業内定者ESが集まっているので受けたい企業は大抵見つかる

ユニスタイルでは、ESだけではなく各企業ごとの選考レポートも読むことが出来ます。大手企業の選考の内容からインターンの内容まで企業についての様々な情報が載っています。

選考レポートには「本選考での質問内容・筆記試験の形式・選考のフロー」などが詳しく書かれています。志望企業の選考レポートを読みさえすれば、内定をもらう近道になること間違いなしです。

3-3.就活対策が完璧にできる

ユニスタイル 評判 メリット

ユニスタイルには内定者ESや選考レポートだけでなく、選考対策や内定辞退の実体験など就活対策コンテンツも用意されています。そして、640ほど掲載されているコンテンツはどれも質が高く参考になるものばかりです。

一部抜粋すると次のような記事がありました。

  1. 総合商社に内定した体育会系学生が就職活動で意識した三つの差別化方法NTT対策の総まとめ
  2. GDでボコボコにされた就活生が考えるGD対策の重要性
  3. インターン攻略から内定まで主要10社を完全網羅

「選考突破テクニック・自己分析・企業研究・グループディスカッション・総合商社や銀行などの実態」などノウハウやテクニックだけでなくあらゆるコンテンツがそろっています。

ユニスタイルの記事の特徴の一つは、大手企業や難関企業を狙っている就活生向けの情報が多いことです。大手志望の就活生は一度読んでみることを強くおススメします。

3-4.就活イベントの企業のレベルが高い

ユニスタイル 評判

ユニスタイルの就活イベントの大きな特徴は参加企業のレベルがとても高いことです。

三菱商事・IBM・資生堂・野村証券・ホンダ・NEC・メルカリ・JAL・NHK・電通・JR東海

このように参加企業は質が高いです。

大手企業や難関企業を目指している就活生にとっては超重要のイベントです。ESを書くためにも情報材料として企業情報は必要です。

イベントに行かなくてもHPに情報は記載されていますが、イベント担当は採用担当者の場合が多いのでイベントに参加することで顔を覚えてもらえる可能性があります。

例えば、面接官の立場から考えると面接の時にまったく知らない学生と顔見知りの学生とでは面接のやりやすさが違うのではないでしょうか。それによって、面接の雰囲気が良くなって学生側もいつも通りの力を出せると考えられます。

それだけではなく、最新の生きている情報を知れるという意味でもイベントに行く価値はあるのではないでしょうか。

4.ユニスタイルのデメリット

ユニスタイル 評判 デメリット

ユニスタイルは大手向けには有利ですが、他では使いづらい場合があります

正直、ユニスタイルを使わない方が良い就活生はいないと書いてもよいくらいユニスタイルは優れたサービスです。しかし、良いことばかり書いていても怪しまれる恐れがあるので、利用するときに気をつけておくべきことも記載しておきます。

4-1.地方の中小企業のESは少ない

ユニスタイルは大手企業のESがメインとなっています。

ですので、地方の中小企業の内定者ESは数があまりない為、大都市を除いた地元の中小企業に就職しようと考えている就活生には参考にならない可能性が高いです。

4-2.コンテンツのレベルはやや高め

ユニスタイルは内容がややハイレベルで、さらにレベルアップしたい学生をメインターゲットにしているので、就活をはじめたばかりの初心者は使いこなすのが少し大変だと思います。

ですので、そこまで就活に時間をかけたくない方や楽に終わらせたいと考える方は使うべきではないかもしれません。

もちろん初心者は使ったらダメというわけではないので、「就活ってどんなことを考えないといけないのか」など全体像を把握するために一度見てみるのはオススメです。

4-3.就活イベントは大手志望者向け

ユニスタイルでは、就活ノウハウの記事だけではなく就活イベントの案内もしています。しかし、「上位校生のための業界研究イベント」などの大手企業メインのイベントばかりです。

大手企業を狙っていない学生には、しっくりくるイベントは少ない可能性高いです。

5.ユニスタイルを実際に利用してみよう

5-1.ユニスタイルの登録手順とは?

登録にかかる時間:3分以下

  • STEP.1
    unistyle公式HPにアクセス
  • STEP.2
    「無料会員登録」にアクセス

  • STEP.3
    手順に従って入力をすすめる【3分】
  • STEP.4
    メールに届いたURLにアクセス

    登録が完了するとメールアドレスに仮登録メールが届きます。URLにアクセスすると本登録が完了します。

  • STEP.5
    以上の手順をもってunistyleを利用することができます

これだけで、大手企業内定者のエントリーシートを38,013枚、就活対策コンテンツを660以上読み放題です。

6.ユニスタイル は就活サービスの中でも最優秀ランク

ユニスタイルを使っておいた方が、大手企業への就職はしやすくなります。実際に私はユニスタイル使用者と非使用者それぞれ100名の大手企業内定率を調査しました。

すると、ユニスタイル使用者の方が39%も大手企業に内定していました。母数が少ないので数字は変動するかもしれません。

就活生が使って損することが何一つない珍しいサービスなので、大手に就職したいと少しでも思っている就活生は是非利用してください。

これ知ってる?就活が有利になる就活サービスランキングをみる

21卒就活サービス 20卒就活生の先輩である私が本当におすすめできる「就活サービス」を10個厳選

【22卒必見】優良インターンが探せる神サイト

インターンシップガイド
3年生のうちからできる就活対策って何か知ってますか?
それは、インターンシップです。

インターンは企業の実業務を体験して企業理解を深められるだけでなく、インターンで得た経験やビジネススキルを就活でのアピールポイントにすることもできるのです。

また、インターンで社員さんに仕事ぶりや顔を覚えて貰えることもあり、志望度の高さをアピールするにはもってこいの機会でしょう。
インターンに参加することは早期内定の近道といっても過言ではありません!


「人気の企業はいつからインターン募集しているの?」
「有給のインターンってあるの?」
「長期じゃなくて短期のインターンってどうやって探せばいいの?」
など、優良インターンの探し方がわからないあなたには、
日本唯一のインターンシップ総合サイトインターンシップガイドがオススメ!

インターンシップラボは、全国47都道府県、日本最大の掲載企業数を誇るインターンシップ総合サイトです!
大学1・2年生から参加できるインターンや有給インターンなどを、都道府県別、職種別など様々な切り口から探すことができます。

インターンシップラボ|おすすめのポイント
  1. アサヒ/パナソニック/楽天 etc. 人気企業のインターン情報がまとめて手に入る
  2. インターン締め切りカレンダーでエントリー忘れが防止できる!
  3. バイト代わりになる有給インターンも探せる!
  4. 登録すれば内定者のESも見られる!
登録は無料!今のうちからインターンに参加して早期内定を狙いましょう。

就活生に人気のサービスTop3

ビズリーチキャンパス
3位

頼れるOBが探せる!
就活の不安はOBに相談して解決!『ビズリーチキャンパス』

Jobspring
3位

入社後早期離職率0.1%『JobSpring』
手厚いサポートが自慢!

offerbox
2位

あなたの強みと適職を特定!
適性診断の結果を基に業界大手・一流企業からスカウトが届く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です