キャリアの神様

就活失敗

就活失敗

就活失敗しても大丈夫な3つの理由・事前に回避する方法・失敗後の対応策を解説

突然ですが、この記事を開いたあなたは、

またESや面接に落ちた…
就活失敗するなんて考えられない…
もう人生普通に歩めないんじゃないか…

このように考えているのではないでしょうか。

たしかに、就活に失敗してしまうと人生そのものが終了しそうな気もするでしょう。

しかし、あなたが思っているより就活失敗は悪いストーリーではありません。安心しても良いです。

この記事では、就活に失敗しても大丈夫だと言える具体的な理由を3つご紹介します。

また、そもそも失敗しないための対策方法もお伝えします。

さらには仮に失敗したとしても大丈夫なように、就活失敗後の人生プランもご提案します。

この記事を読めば、就活に失敗するという焦りや恐怖を感じなくなり、将来に希望を持てるようになるでしょう。

※何としても内定がとりたいあなたへ

 

期間限定!超有名企業100社の選考を突破した先輩渾身のES集を無料でプレゼントしています。まずは、実際に内定を獲得している先輩のお手本を参考にしてみましょう。尚、以下の企業から実際に内定をもらった先輩のESになります。

 

ANA/JAL/トヨタ/日産自動車/花王/電通/博報堂/三菱UFJ銀行/みずほ銀行/三井住友銀行/伊藤忠商事/三菱商事/ 三井物産/NTTデータ/JR東日本/JTB/HIS/リクルート/サントリー/日清/明治/森永製菓/IBM/ゴールドマン・サックス/ モルガン・スタンレー/BCG/NHK/東京海上日動/三井住友海上火災/野村證券…(他)

 

\人気企業100社分!/

この記事の構成

この記事の結論
・まだ就活できる余地があるなら、社会人と会いまくろう
・既卒で時間が経っていないうちに大手就職エージェントを活用しよう

1.就活に失敗しても死ぬことはない!大丈夫な3つの根拠

もし仮に、あなたが就職活動に失敗したとしましょう。失うものは何がありますか?

答えを言うと、お金と時間(1年分)です。

既卒になってしまうと、入れる企業は限られてしまうわけですが、なにも死ぬわけではありません。

人間、完璧ではないので、1〜2年くらいのタイムラグがあっても良いでしょう。

むしろ多くの人がストレートで高校入試、大学入試、就職活動をくぐりぬけているのが凄いくらいです。あなたが就活に失敗するのは、何もおかしいことではありません。

とはいっても、まだ就活に失敗すると何か大きいデメリットがあるのでは?と不安に感じることでしょう。

むしろ、発想を転換しましょう。就活に失敗することで、メリットも得られる場合もあります。

就活に失敗しても大丈夫な理由は3つあります。

  1. 仕事について深く考えれる機会になる
  2.  大学や院など学校に在学していれば社会的信用がある
  3.  雇用先はいくらでもあるので死ぬことはない

就活失敗フラグから一発逆転するためのサービス

リアステージ面談 利用者の9割が内定獲得!速攻で内定保持者になれるサービス

1-1.仕事について深く考える機会を作れるから大丈夫

無理やり内定をもらった会社がブラック企業なんてケースは多いです。

そうならないためには、「自分が本当にやりたいこと」や「自分でもできる仕事とは何か」を突き詰めて考える必要があります。

就活に失敗することで、深く考える時間を強制的に作ることができるでしょう。

何も考えずに内定すると、入社してからの仕事が辛い

会社に入ってからは、ほとんどの人が深く考えません。

なぜなら、日頃の忙しさからか時間に流されていくからです。

そうなると毎日の仕事は、きっと「やりがい」なく、辛いものになってしまうはず。

とはいえ、就活時期のたった1年足らずで、自分の人生の仕事を考えれるのかというと、難しい。

やはり疑問が浮かびます。

であれば、時間をしっかりとかけて就職に向き合う方が、先の長い人生、きっと糧となるはず。

就活に失敗することは遠回りのように思いますが、むしろ考えようによっては近道にもなりうるのではないでしょうか。

就活失敗しても、キャリア観について深く思考できるので、1~2年なら大丈夫と言えるでしょう。

1-2.大学に在学しているうちは大丈夫

もし、あなたが行きたいと思っていた企業に早期で落とされ、就活に失敗したとしましょう。

その場合でも、大学を休学して、来年もう一度チャンスを作ることもできます。

ハッキリ言って就職留年程度であれば、多くの企業は問題としません。(難関企業除く)

世の中にはたくさん仕事があります。まだ縁を掴めていないだけ。

1~2年の休学であれば、正当な理由を作れば企業側もむしろ前向きに採用を進めてくれるでしょう。

したがって、あなたが行きたかった企業への就活に失敗したとしても大丈夫。

大学の肩書きを持っている以上、MAX2回程度は再挑戦できますからご安心を。

1-3.既卒になっても、雇用先はいくらでもあるから大丈夫

既卒になってしまっても、働き先はいくらでもあります。

もちろんアルバイトなどの雇用形態になると、スキルも身につかない上にお金もたまりません。

正社員より不利になってしまうでしょう。

この日本に生まれて、就活に失敗して死ぬということは無いので就活に失敗しても大丈夫です。

できればスキルをつけてリスクヘッジを

働き先を自分でコントロールするという意味では、スキルを身につけておくのが一番です。

フリーランスエンジニアやデザイナーなど、具体的なスキルを身につけておけば、場合によっては正社員登用より高い給与をもらうことができます。

企業に入らない働きかたの選択も最終手段として残されているので、就活に失敗しても悲観する必要はないでしょう。

スキルを身につけることにおいて、大学生には社会人と比べて有利な点があります。

それは時間的余裕です。学生のうちは比較的スケジュールを自分でコントロールしやすく、スキルを身につけるための勉強やスクールに通う時間を確保しやすくなっています。

社会人になるとなかなか時間的余裕がない生活を送る人も多いものです。

時間に余裕がある大学生の内に自分の将来に役立つスキルを身に着けておくといいでしょう。

先に上げたエンジニアは今後も需要が高まり続ける職種と言われています。未経験や文系でもしっかりスキルを身につけられるプログラミングスクールもあるので積極的に活用しましょう。

2.事前に就活失敗を回避する方法

ベンチャーと大企業。それぞれの違いについて明確に答えられますか?
2年後、内定先の会社で自分が何をしていくのか、イメージできますか?

フランク

18卒の僕が、就活を終えることのできなかった友達を目にして思うことは、たった1つ

「企業に対するイメージが、自分の思うイメージと大きくズレている」コレです。

理想と現実とのギャップに悩まされています。なぜ、イメージがズレてくるのか。

それは、思っているより「社会を知らない」からです。

失敗しない就活を行うためには、まずは、「知らない」を「知ってる」に変えることです。

この記事では、あなたを「知ってる」状態にまで引き上げる、就活において大切にすべき最優先事項についてお伝えします。

企業の人事や就活サイトでは決して言ってくれない生の情報をお届けします。

2-1.楽しく就活を終える人と、就活に失敗して苦労する人

「失敗しない就活とは?」の本題に入る前に、少しこの記事を書いた人についてお話しておきます。

僕は18卒の大学生で、コネで大手広告代理店やコンサルに内定した高学歴ハイエンド学生には敵いませんでしたが、凡人学生の僕なりには頑張った方だと思っていますし、楽をした方だと思います。

しかし一方で、僕の友人は真面目にSPIの勉強をしていたのにも関わらず、納得のいく就活を行えていませんでした。

なぜか。それは一向に「体験しなかった」ために「企業を知れなかった」からです。

2-2.就活で失敗しないためには、机から離れ、体験し、知る量を増やすことである

「失敗しない就活」どうすれば実現できるのか?

その結論をいうと「社会人にたくさん会うこと、体験すること、社会の生を知ること」です。

これが一番の解決策です。

なぜ、失敗しない就活において社会人に会うことが必要なのか。

その理由を細かくお伝えする前に、再度1つ質問します。

あなたは冒頭に挙げた、ベンチャーと大企業の違いについて、答えられますか?

例えば、この質問に対して、たいていの就活生は、以下のような答えを用意します。

ベンチャー=成長できる?

大企業=安定?

就活をし始めるとよく聞くこの言葉「ベンチャーか大企業どっちがいい?その違いは?」に対する答えですが、果たして、多くの就活生が持つ答えやイメージは、上記のようなもので正しいのでしょうか。

現実を言うと、ほとんどの就活生が持つ「企業に対するイメージ」は間違っていることがほとんどです。

そして、多くの学生は「企業の内情・真実」を知らないまま、勝手な妄想が暴走し、間違ったイメージで就活を進めてしまいます。

そうすると、もちろんミスマッチがどこかで生じてしまいます。就活に苦労する人の典型はコレ。

では、どうすれば間違ったイメージを持たないようにできるのか。

そして正しいイメージを持つ事ができるのか。それは、情報のソースを意識することです。

2-3.間違った企業イメージは就活を失敗へ導く

そもそも、なぜ、間違ったイメージを就活生は持ってしまうのか。

それは企業側の人事、あるいは就活サイト等が「学生を確保するために血眼になること」による弊害からです。

余談ですが、学生一人を採用するために企業がいくらお金をかけるか、あなたは知っていますか?

求人媒体や、人事への給料、その他様々な要素を含め、学生一人採用するための費用は100万は必要です。※企業にもよります

そのため、企業としては学生を確保するために必死になるわけです。

無駄なお金をかけるわけにはいきませんから。必死です。

例えば人事は学生の目を輝かせるためにプレゼンを練習するし、インターネットにある情報も、「ウチの企業へきてくれ〜」という意志が、どうしても介在します。

こうして出来上がった情報は、非常に狡猾なので、容易に学生は納得させられます。鵜呑みにしてしまいます。

そうすると学生はいともたやすく、メディアや企業に、「洗脳」され、ブラック企業にご招待〜となってしまうわけです。

もしくは「企業との認識のズレ」により内定が1つも取れない状態に陥る。か。これは僕の友達も同じパターンでした。

怖いですね。

頭でっかちになって、簡単に得られる情報しか手にせず、机の上で「面接対策」や「SPI」をせっせとこなしていたのが、僕の友人を見ていて感じた、就活における最大の失敗でした。

だからこそ僕は

  • 「企業の人事の言葉に惑わされてはいけない!」
  • 「インターネットにある情報を100%信じるな!」
  • 「とにかく社会人に生の声を聞きに行け!!」

と声高らかに言いたいのです。

2-4.企業のリアルを知らない人は、入社してから失敗する

もし、あなたの人生。あなたの将来に明かりを灯したいのなら、自らの判断で「企業の本質」を見極める意識を持つことです。

企業の本質とは、決して人事が声高らかに学生に対してプレゼンする内容ではありません。

決して、「就活生人気企業ランキング!」といった企画が掲載されている雑誌に書かれているような情報ではありません。

本質とは、リアルな現場の声です。

しかし、現実問題、就職活動を普通に行って知れる範囲は、企業の表側。だいたい人事。だいたい大手就活サイト。

その人事の一言二言で、インターネットの記事の1つで、コロっとその気になってしまうのが就活生であって、なかなか学生は本当の情報をつかみ、行動できていないのが現状です。

「二次情報」は信用できない。

なんども繰り返しましたが、自分がどう生きたいか、の「芯」を持たずに、与えられる情報ばかり吸収してしまうと、最悪の未来が待ってます。

きっと企業の言いなりの人生を歩んでしまう可能性が高まることでしょう。

OB訪問で現場の声をGET!

OBトーク  OBトークをダウンロード

2-5.自分の人生自分で考えないと就活は失敗する

誰だって、赤の他人の「企業の人事」によって、自分の人生を悪い方向に変えられたくはないと思うはず。。。

本当の本当に気づいて欲しいのは、あなたの人生を生きるのはあなた自身だということです。

この記事では、企業の人事が立場上言えない話をしました。未来に悩む、就活生のあなたにとって、何か少しでも参考になればと思って書きました。

誰の意志も介在していません。最後に意思決定するのはあなたです。

最後に念を押して、僕の体験談を交えて、就活を成功に導くための秘訣をお伝えします。

2-6.ビジネス就活に巻き込まれると失敗する

就活を失敗させないために僕が取った行動、秘訣は、「変わった形でのOB訪問」です。

変わった形でのOB訪問とは、以下のサイトを介して人に会うことです。

僕は、就活を有利に進めていく上で、上記のプラットフォームを利用し、様々な場所に足を運びました。

いろんな現場の声から「生の声」を聞き出したのです。

それも、徹底的に、100人強の社会人の現場の声を聞いてきました。

中には、リクルート出身、G社出身。大手外資証券会社勤務、大手IT企業勤務、ベンチャー企業、の社長などの大物もいました。

多種多様な角度からの声を聞いた結果、インターネットにある情報や会社説明会にある情報には偏りがあることに気づきました。

“直接”お話を”たくさん”伺った経験から、僕は真実を知ることができたのです。

20卒のあなたが、失敗しない就活をするためにすべきこと、それは与えられる情報だけに左右されず、自らによって道を切り開くこと。すなわち、たくさんの社会人に主体性を持って会うこと。(できれば1対1で)です。

人は1人では生きれませんし、まだ僕ら若造なんて世間からすればペーペーです。

だからこそ、誰かの築いた知恵を貰いながら成長すればいいのです。

臆する必要はありません。社会人からの知恵を乞いましょう!

アポイントとって、とにかく人にガシガシ会っていくこと。これができれば、新しい境地に至ります。エンジンがかかれば、もはや楽しくなりますよ。

わりとご飯をご馳走してくれる社会人も多いですから、学生の特権を活かしましょう!

この情報があなたにとって何か少しでも原動力となれば幸いです。良い就活ライフになりますように。

OBを探すなら!マッチングアプリ『OBトーク』

OBトーク  OBトークをダウンロード

3.就活失敗後の対応策おすすめランキングTOP7

もし仮に、あなたが就活に失敗してしまったとしても、就職以外の道は沢山残されています。

なんども言いますが、就活に失敗しても死ぬわけではありません。

むしろ、失敗を経て大きく成長して、のちに大きく成功するケースもあります。
(具体的にはフリーランスとして月収50万〜100万ほどまでなるひとも)

もし、仮に就活に失敗してしまった場合、以下のような対応を取るとよいでしょう。

3-1.休学して来年度に就活を行う

これが一番おすすめです。

企業の人事も1〜2年であれば大きく疑問に思うこともありません。

真っ当な理由さえあれば、あなたをしっかりと受け入れてくれるでしょう。

できれば、一年後までにインターンなどで何かしらの結果を出しておくこと。

そうすると、満を持して選考に再挑戦できます。

3-2.進学して知識を蓄える

費用面としては沢山かかりますが、

専門学校
大学院

などに進学する方法があります。

何か勉強したい学問があったり、実務で使える専門性を身に付けたい人にとってはこれ以上ない選択です。

デメリットは、やはり時間と費用になります。

院進学なら、大企業などに就職できるチャンスを残す事ができます。

費用対を考えて、うまく決断できれば明るい未来が待っているでしょう。

3-3.既卒として就活エージェントを使う

休学や進学の選択を取れなかった場合はどうなるのか?

結論としては、既卒として就活を行うことになります。

ここでも悲観しなくても大丈夫です。

大卒資格を持っていれば、雇用先はいくらでもあります。

もちろん就活に失敗したという事実を消すことはできませんが、「就職して真っ当に生きていきたい」という強い意志さえあれば、受け入れてくれる企業は多いです。

頑張りによっては待遇も上がっていくことでしょう。

ただし、1人で既卒として就職活動することは難易度が高いので、エージェントを利用すると楽です。

おすすめの就活エージェントはハタラクティブ。未経験者の就職に利用すると良いでしょう。

あくまでエージェントをうまく利用する形をとって、ブラック企業かどうかはしっかりと調査しましょう。

エージェントをうまく利用する

プログラマーになる道はコスパが良い

やや難易度が上がりますが、プログラマーとして既卒で就職する方法もあります。

スクール費用が18万円ほどかかりますが、転職者は年収平均60万ほどアップとのこと。

未経験からでも、なんとか食らいついて頑張れば、フリーターになるよりも人生勝ち組になれるでしょう。

プログラミングスクールをうまく活用する

3-4.ギャップイヤーをとる

ギャップイヤーとは、卒業後に進学や就職をせずに、自由に過ごす時間のことだ。 高校を卒業してから大学に入るまでの1年間をマリアさんがどう過ごすか、今世界が注目している。 ギャップイヤーを取るのは、アメリカでもまだ珍しいことだが、多くの大学がギャップイヤーを取った学生の受け入れに積極的になってきている。

進学する前に、余白期間を残すこともおすすめです。

近年では、ギャップイヤーを受け入れる風潮も少しずつ広まってきています。

進学する前に余白の時間を設けることもアリでしょう。

本来

高校→大学
大学→大学院

海外・近年の傾向

高校→ギャップイヤー→大学
大学→ギャップイヤー→大学院

3-5.インターンシップを行う

進学するのも無理。既卒として就活するのも嫌。

となった場合は、企業でインターンシップを行いましょう。

今ならWANTEDLYやインターンバイトなどで優良なベンチャーがインターン採用してます。

やる気さえあれば採用されるので、フリーターになる前にインターンとして社会との関係は保ち続けることを推奨します。

3-6.フリーランスとして下克上する

難易度は高いですが、

  • デザイン
  • エンジニアリング
  • ライティング
  • マーケティング

などのスキルが突出していれば、就活に失敗しても、個人事業主としてサラリーマンより自由に働く事ができます。

ただし、凡人には難しく、就活に失敗した人がここで大きなスキルを身に付けれるかというと微妙なので、あまりおすすめしません。

どうしても下克上したい。みんなをアッと驚かせたい、見返したい。

そう思うのであれば、プログラミングスクールなどに身銭切って入会するなどしないとキツイでしょう。

3-7.全てを諦めフリーターになる道を選ぶ

これはあまりオススメではありません。

なぜなら、時間を捧げないといけない代わりに、スキルや人脈など資産が残らないからです。

最終的な手段として残しておきましょう。

どうしても不安な人は『キャリアチケット』に相談しよう

キャリアチケット

キャリアチケット|5つの特徴

  1. 最短1週間でスピード内定
  2. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠も多数
  3. 個人個人に合わせてオリジナルの就活支援サービスを提供
  4. あなたに合った企業をエントリーすることなく自動的に紹介
  5. 専任のサポータがマンツーマンであなたの就活を全力でサポート

\ 就活に不安がある人なら使って損はない!/
キャリアチケットに相談する

これ知ってる?21卒就活が有利になる就活サービスランキングをみる

20卒就活サービス 19卒就活生の先輩である私が本当におすすめできる「就活サービス」を10個厳選

 

今人気の就活サービス!

キミスカ


全150問の質問があなたの強みを特定!

適性診断の結果を基に業界大手・一流企業からスカウトが届く!

強みと適職を診断する  

  2位 マスナビ


大手内定者続出!
広告・マスコミ志望なら登録必須!

詳しくはこちら

  3位 ジョブトラ

ジョブトラ
詳細なフィードバックが人気の内定直結型イベント!
役員・人事部長面接権が手に入る!

残席わずか!急げエントリー

 4位 digmee


選考スキップでスピード内定!LINEで必要な情報”だけ”手に入れよう!

\大量のメールにはさよなら!/
友だち追加する

  5位 みん就スカウト


楽天/大正製薬/ソフトバンク/旭化成etc.!
誰もが知るあの企業からスカウトが届く!

スカウトを受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です