キャリアの神様

会社の評判

会社の評判

会社の評判は嘘?あてにならない?信憑性は?実態を徹底解説します

この会社に就職したいけど実際のところ給料は高いの、低いの?福利厚生は?雰囲気は?

フランク

就活生や転職者ならば、誰もがこの辺の正確な情報は欲しいと思うのではないでしょうか?実際に私も就職活動期間には企業評価サイトを食い入るように見ていました。

そこで、今回はエン・ジャパン(株)さんが運営するもっとも有名な企業の評価サイト「カイシャの評判」について実際の使用感や社会人の友人たちの話も踏まえて講評していきたいと思います。

この記事の結論:カイシャの評判の良い口コミは疑って見よ。悪い噂は受け入れよ。
あくまで参考程度として利用し鵜呑みにはしないこと

1.カイシャの評判とは?

【カイシャの評判】は就職、転職を希望する方々をターゲットとして作られた社風口コミサイトです。実際に働いている方や働いていた方の当該会社に対する口コミが投稿されています。

2.カイシャの評判の信憑性について

こういった会社を実際の社員が評価するシステムは求職者からすれば、もちろん便利ではあるものの、本当に信頼してもよいのか?少々いぶかしく思ってしまいがちです。

「書いてあることが嘘であるか本当であるかを判断する能力がなければネットを使うのは難しい。」

2チャンネルの創設者である西村博之氏はこのように述べていましたが、「カイシャの評判」を見る際にはこの能力がなければ少々痛い目に合ってしまう恐れがあります。

そこで、今回は信憑性の比較的高いコンテンツと信憑性の低いコンテンツの特徴について具体例を用いながら講評していきたいと思います。

2.1.信憑性がある投稿

まずは、信憑性の高い投稿内容の特徴を見ていきましょう。

 数字が具体的に示されている記述が多い
会社にとってネガティブな情報が含まれている
口コミが多い会社情報

これらの三つがそろっている企業の情報は信用してもらってほぼほぼ差し支えないかと思います。例えば、以下の投稿をご覧ください。

良い点年収・給与
「基礎給与が業界としては高いところ。非管理職には残業代が加算されていた。2017年の22時以降残業禁止制度の導入後は36協定遵守が目的化し非管理職の年収は「青天井」(2000万円オーバー)は無くなった。管理職は成果主義が徹底されたため高い成果によっては局次長で2000万円オーバーが出ていた。」

 

気になる点年収・給与
「評価制度は完璧なものはあり得なく、いわゆる長い主従関係などにより形成されるライン評価が生じて砂を噛む思いをするのは、非管理職、管理職に共通する不満を生んでいる。特に管理職以上はクライアントファーストから上司ファーストに走る者が得をする光景が下のモチベーションに悪影響を与えていた。」

このように具体性があり、かつメリットもデメリットも含まれた投稿は当然と言えば当然ですが、企業の内部情報を客観的に伝えているため、信用してその企業に入社しても事前に抱いていたイメージとの相違は起こりにくいと思います。

また、この企業に関しては投稿数が921と大変多いことからも、その信頼性は担保されているかと思います。ただし、もう一つ考慮しなければならない点があります。それに関しては3章で述べていきたいと思います。

2.2.信憑性がない、あるいは低い投稿

続いて、信憑性がない投稿は以下の通りです。

口コミが10件以下
抽象的すぎる内容
会社の評価が異常に高い☆90以上

これら三つのうち一つでも当てはまっていれば、その企業の情報は信用するに値しないと思ってください。例えば以下の投稿

気になる点
「業界的にも変化が速く、会社の規模の割りに多くの事業部があるためか、汎用的で必須の研修は少ないです。現場で育てていく感じです。上司や先輩など周囲に聞きやすい環境ではあると思います。主体的に必要な知識を求めて、調べたり聞ける人は働きやすいです。」

 

気になる点

「残業は業界全体的にそうですが多いと思います。しかしながら耐えられないほどではないですし、予定がある日は自分で調整すれば周りも気兼ねなく送り出してくれます。

 

また、少数精鋭でやってきた事もあり、1人1人に対する責任は重いと思います。しかしながらそれを乗り越えれば必ず成長できると確信できるし、実際周りにそういうメンバーがたくさんいるので「やる時はやる。」心構えで日々業務に取り組んでいます。」

気になる投稿では通常その企業のネガティブな部分が語られます。先ほどの投稿と比較してみるとなんだか企業のネガティブな部分がオブラートに包まれた感じがします。

というより擁護している感すらあります。よく考えてみてください。このサイトはあくまで口コミなのです。会社の目など気にする必要は全くないのです。

そんな中でわざわざ企業の肩を持つような投稿は本当にその企業が大好きな人間か、もしくは企業の評価を無理やり高く見せたい経営者や人事が意図的によい評判を書き込んでいるかの2択です。

サントリーの評価は☆80
トヨタ自動車の評価は☆76
ヤフーの評価が☆75

これらの三社は客観的に見て日本の企業の中でもトップクラスで待遇が良いと言えるでしょう。そんな優良企業であっても評価はせいぜい80点くらいなのです。

では、先ほども取り上げた上記の企業評価はいったい何点だったでしょうか?

正解は。。。93点、、、うーん、正直聞いたこともない会社がこの点数っていうのは怪しいにおいがプンプンしてます。

全ての元凶はこの点数があるからなのかもしれませんが、点数に引っ張られて正常な判断ができなくなる求職者は非常に多いので、しっかりと投稿の内容に着眼点を充てるようにしてもらいたいと思います。

あとは、セカンドオピニオンを持つことも非常に大切です。すなわち一つの情報媒体からではなく複数の媒体から情報を仕入れる癖をつけているということが非常に重要です。

もし、あなたひとりで判断するのが難しいようでしたら、就活コンサルタントに「この企業どうですか?」と聞いてみるのもおすすめです。

就活コンサルタントに無料で相談してみる。

3.カイシャの評判の問題点

カイシャの評判は非常に便利なサイトなのは事実ですが、いくつか大きな欠点があります。まずは、運営元が公平性を担保できていないということです。

サイトの趣旨上、不特定多数の求職者に見られることから当然企業側は悪い噂を乗せられてしまっては困ります。しかし、口コミサイトである以上、ネガティブな情報も含まれていなければいけません。

しかしながら、企業側には削除依頼ができるという権利があります。この責任は運営元が負うことになり企業側の要求をのまなければ、場合によっては損害賠償責任が課させます。

このようにネット上の不特定多数に拡散されうる情報に関しては名誉棄損や侮辱罪の対象になりやすいというのは事実としてあるので、財政基盤の強い企業は多少の資金を投じてでも悪い噂や会社の闇のような情報は隠ぺいしようとします。

実際に大企業の実際におこったスキャンダル(過労死、セクハラ、パワハラ等)に関する記述はほとんどないです、不自然なくらいに。

結局、企業側は資金を積めば不利な記述を消してしまえる状況ではあるので、結果として削除できない小さな企業はボロクソ、大きな企業はそこそこ評価されているといった感じに落ち着くことは多いです。

次に欲しい企業の情報程手に入りにくいということが挙げられます。基本的に大企業や名の知れた企業に関してはあらゆる媒体を通して情報が流出しているので正直「カイシャの評判」がなくてもワンキャリア等でリサーチは可能です。

しかし、ベンチャーや小さな企業に関してはなかなか客観的な情報と触れ合えない為、カイシャの評判に依存したいわけですが、抽象度が高く(ex給料は同業他社と同じくらいです。)やっぱりなかなか良い情報はないです。

このようにサービス自体は面白いものの運用面においては結構課題も多い為、信憑性には欠けるというのが実体でしょう。もちろん企業によるとは思いますが、少なくとも社員の純粋な口コミのみでできているサイトでないことは事実です。

4.結論、まとめ

基本的にカイシャの評判は参考程度に見ることをお勧めします。信用してよい情報はその企業の悪い部分と具体的な数値と詳細が書かれた投稿についてのみです。

サクラなども多いため特に口コミが少なく☆が高い企業に関しては、完全に信用してはいけません。信じながらもちょっと疑うくらいの心持がちょうど良いと思います。

手軽に自分が行きたい企業の情報が手に入れられるということは非常に便利ではありますが、やはり実際に自分の足でその企業の人間に会って正直な話を聞く方が感じられることは多いです。

また、後々にあれこれ悩まなくてもよくなるので長期的な目で見れば、「カイシャの評判」を見る時間を他者との対話の時間にあてた方がコスパはいいのかなと思っています。

正直、私はあんまり見たことによる意義を感じてはいませんし、見なくても特に困らなかったと感じているので情報収集目的で「カイシャの評判」をみることは自分に合った企業を見つけるというベクトルとは少し違うように認識しています。

ですから、あくまで暇つぶしの読み物としてなら、面白いしいいかなっていうのが私の個人的な結論です。自分の就職先は他人の嘘かまことかわからない内容からではなく自分が動くことによって聞いた、見た情報を頼りに決めた方がむしろ早いルートで終えることができますよ。急がば回れってやつです。

必見!知らないと損する!19卒の先輩が厳選する就活サービスランキングTOP3

 1位 就職エージェントneo

就職エージェントneo プロのキャリアコンサルタントが、内定までを無料でサポートしてくれるサービス。特に大手の求人もあるので、大手志望は必見!

\強者は勇気を出して人に頼る!/NEOの詳細をみる
※4月になると混み合って対応が遅くなる可能性があります。申し込むなら今!

  2位 ビズリーチキャンバス

高学歴なら登録必須!大手企業のOBと繋がれる就活サービス。

ビズリーチキャンパスの詳細をみる

 3位ジョブスプリング

非公開求人1000社から内定先を紹介している就活エージェント。1人1人に合わせたサポートにより、内定率91.7%。早期退職率0.1%の実績!

ジョブスプリングの詳細をみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です