キャリアの神様

学生時代力に入れたこと

学生時代力に入れたこと

企業側が絶賛する「学生時代に最も打ち込んだこと」完全攻略ガイド

この記事をご覧のあなたは、今まさに「エントリーシートどうやって書けばいいのだろう?」と試行錯誤しながら、上手く書けるようになるための方法を探しているのではないでしょうか。

企業の選考において「学生時代に最も打ち込んだことはなんですか」という質問は毎回のように聞かれる必須の質問です。

もちろん、多くの企業でこの質問が採用されるのには企業側の思惑が含まれています。

この記事では、なぜほとんどの企業がこの質問を就活生にしてくるのか?企業側の心理、意図を解き明かし

そして、企業側の心理にぴったりとはまる「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方、伝え方を伝授します。

この記事さえ読んでいただければ今まで苦労して書いていたエントリーシートが、書きやすくなるだけでなく、企業側に伝わりやすい、すなわち選考に通過しやすい伝え方ができるようになります。

1.「学生時代に頑張ったこと」を必ず聞く企業側の心理

1-1.企業が採用したい人物像とは?

企業が、欲しいと考える人材というのは会社によって全く異なると思われがちですが、実は根本的には同じです。

具体的には、「会社、事業に興味関心がある人」「志望する職種で発揮できる強み、能力を持っている人」「入社後にその強みをどうやって生かすのか理解している人」です。

しかし、ただストレートに「うちの事業に興味がありますか?」と聞いてしまうとすべての候補者が「はい!」と答えてしまうので志望動機という形に変えて質問してくるのです。

1-2.「学生時代に力を入れたこと」を必ずと言ってよいほど聞かれる理由

志望動機の例と同じように「あなたには我が社で発揮できる能力を持っていますか?」と質問すれば、100人中100人の学生が「はい!」と答えてしまいます。

それでは、誰が優れているのかわからないので、企業側は強みとなる知識や経験を発揮した具体的な経験を詳しく聞く必要があるのです。

営業職を例にした場合、中途採用であれば過去に同業で高い営業実績を達成している人を選べば良いのでわざわざ質問しなくても適性がある人を簡単に選ぶことができるでしょう。

しかし、新卒の学生を採用する際には過去の実績がないのでどういった学生が商品を売るのが上手いのか判断することは困難です。

そこで企業は過去に商品を売るのが上手かった人の持っているスキルや考え方、知識を分析しそれに近い能力を持っている学生を採用しようとします。

それらをチェックする目的で「学生時代に力を入れたこと」関連の質問が課されることが多いのです。

2.企業が「学生時代に力を入れたこと」を聞く真の意図

エントリーシートや面接で「学生時代に力を入れたことは何ですか?」と質問されたとします。採用担当者はどのようなことを確認したいと思ってこの質問をするのでしょうか?

先に答えを述べると活動を行う際や、成果を出す過程で発揮した知識や能力を採用担当者は知りたいと考えているのです。

この章では、就活生にありがちな誤った表現と企業側が評価する能力を理解していただきます。特に企業側がどのような能力を評価しているのかについては参考になるかと思います。

2-1.ESが通過しない就活生が陥る誤った表現

多くの就活生が失敗するケースとして知識や能力というものをなんとなくのイメージで捉えているという点が挙げられます。

例えば、友達が500人以上いるので協調性がある。
誰とでも気兼ねなく話ができるのでコミュニケーション能力がある
世界一周したので、行動力があります。

これらの表現は使われがちになっていますが、どちらも間違いです。強みを持っていることを証明するためには企業がどのように知識や能力を定義しているのかを知っている必要があります。

2-2.企業が評価する知識や能力の定義を理解する

ということで、具体的に企業側は数ある能力をどのように定義しているのでしょうか。わからないという方のために企業側が評価する能力一覧を作成しました。

学生時代頑張ったことを書く際には、以下の定義にあなたの経験を交えて書いていくことになります。

営業力:商品の販売に必要な知識や能力を発揮できる

応用力:入手した知識やノウハウを関連付けて利用したり、基礎知識を複雑なケースに活用できる

語学運用能力:外国人との業務を遂行するにあたって何ら障害なく会話できる

課題認識能力:発生した問題の原因を理解し、取り組むべき課題を導き出すことができる

企画力:情報や素材を整理し、目的に合わせて新しいものを作り上げることができる

危機管理能力:生命や財産に影響を与えるリスクを想定し、回避方法を準備して実行できる

気配り:相手の立場を理解し、業務や交渉をスムーズに運ぶための配慮ができる

客観性:誰もが納得できる視点を持ち、それを表現できる

協調性:相手と協力し合いながら作業を進めることができる

計画性:目的達成までの道のりを描き、着実に実行していくことができる。

好奇心:未知の物事に対して

交渉力:意見や立場が異なる相手と話し合い、より自分の意図に近い合意形成ができる

行動力:必要な行動を自発的にできる

顧客視点:顧客の視点で物事を考えることができる

コミュニケーション能力:相手の意図を理解し、理解度に応じて話し方を変え的確に情報を伝えられる

柔軟性:自分と異なる意見に対して否定的にならず、まずは聞き入れ、その中でよい部分を取り入れる

状況対応能力:予期しない状況に遭遇した際に機転を利かせて上手く対応できる

情報収集能力:必要な情報を様々な手段を用いて効率的に入手できる

迅速性:やるべきことにすぐに取り組み、素早く結果を出す。

ストレス耐性:不利な状況においても平常心を保つことができる

正確性:作業を間違うことなく遂行できる

責任感:常に責任を意識し、与えられた役割をやり遂げることができる

接客能力:接客や外部からの電話において、相手に好印象を与えることができる

説得力:相手を納得させるような話し方、論理展開行動ができる

創造力:過去に存在しないものや考え方を、固定概念にとらわれず発送できる

探求心:未知のもの対して好奇心を抱き、その背景にある現象や原理を知ろうと努力できる

チームワーク:チームメンバーと協力し合いながら、目標を達成するために行動できる

調整力:利害の異なる関係者全員が納得できるような、バランスの取れた結論に導くことができる

人間関係構築能力:業務や交渉をスムーズに運ぶために、信頼関係を構築することができる

粘り強さ:困難な業務や交渉、大量の処理を行う必要がある際に、あきらめずに取り組むことができる

判断力:物事を正しく認識し、迅速な意思決定ができる

ビジネスマナー:仕事を行う上で、相手を不愉快にさせないための基本的なマナーを備えている

プレゼンテーション能力:伝えたいことを相手に理解させ、相手の行動を促すことができる

プロジェクト管理能力:プロジェクトを成功させるための各活動の計画立案、マネジメントができる

文章力:文章で読み手に伝えたいことを的確に表現できる

分析力:目的に応じて情報や事象のメカニズムを解き明かすことができる

マーケティング知識:ニーズがある商品や、お客様が購入したくなるような方法を理解している

向学心:常に新しい知識や、実践によるノウハウを収集している

マネジメント能力:必要な人、モノ、金、情報を効率的に調達し、目的を達成できる

目的意識:与えられた役割を果たすためにあらゆる手段を検討し、それらを実行に移すことができる

要点整理能力:収集した情報を枠組みなどにあてはめ、短い言葉でまとめることができる

リーダーシップ:チームの目標達成に向け、主体的にチームを導くことができる

理解力:得た情報や相手の言葉を、別の言葉で正確に表現できる

論理的思考能力:物事の関係性や問題の原因の構造を理解し、筋道立てて説明できる

これらの定義に則して「学生時代に頑張ったこと」のエピソードを通じてあなたの能力というのは具体性を伴って証明させるということになります。

3.まとめ

企業側が聞きたいことというのは、案外シンプルなものです。ですのでそのポイントさえつかめれば企業にアピールすることはそれほど難しいことではありません。

しかしながら、多くの学生は能力やスキルというものをなんとなく捉えてしまっているため、企業側が考える能力と認識がずれていることも少なくありません。

企業が評価するのはどのような能力どのように定義した時なのか理解しておくこととで企業側に適切にアピールするにはどうすればいいのかイメージがつきやすいと思います。

 

当サイトから1ヶ月で
100名以上の就活生に登録されてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です