キャリアの神様

内定式とは新社会人一歩めの大事な儀式!失敗なく参加するために踏まえておきたい情報を網羅

内定式とは新社会人一歩めの大事な儀式!失敗なく参加するために踏まえておきたい情報を網羅

内定式とは新社会人一歩めの大事な儀式!失敗なく参加するために踏まえておきたい情報を網羅

・内定式っていつあるの?
・どんなプログラムが用意されてるの?
・どんな服装、髪色で出席すべき?
・持ち物は何が必要?
・欠席する場合はどんな対応が必要?

もしかすると、この記事を見つけたあなたは上記のように、内定式に出席するにあたって様々な懸念点をお持ちなのではないでしょうか。

確かに、内定式は新社会人第一歩となる大切な儀式であるため、失敗しないよう様々ことに気をつける必要があります。

この記事では内定式に関して、内容、失礼の無い服装や髪型、忘れては行けない持ち物、欠席する場合の対応方法など、あらゆる懸念点を網羅しています。

この記事を最後まで読めば、あなたの内定式に関する不安を解消し、胸を張って内定式に臨む事ができるようになるでしょう。

1. 内定式とは会社から正式に内定通知を受け取る場

内定式

内定式とは、企業から内々定をもらった就活生が内定通知を受け取り、正式に「内定者」となるための式典です。

参加者の学生は、代わりに入社承諾書を提出することによって、企業と内定者の労働契約を進めます。

そのため、内定式は社会人第一歩として大切な式典となるので、特別な事情がない限り参加する事が常識でしょう。

2. 内定式は基本的に10月以降

内定式の日程は、基本的に10月以降です。

この日程には「新規学卒者の採用・選考に関する倫理憲章」という決まりによって、内定日は卒業・終了年度の10月1日以降と定められているからです。

内定式の日程については企業によって違いがあり、大抵の場合は企業から連絡があります。

そのため、10月以降には内定式があることを見越して時間を使いましょう。

3. 内定式で行われる4つのプログラム

内定式の内容

  1. 内定授与式
  2. 社長・役員の挨拶
  3. 懇親会
  4. 事務手続き

内定式での一番の目的は内定者に内定通知を渡すただけでなく、上記のような主に4つのプログラムが準備されています。

内定式のコンテンツの中で一番の目的である内定授与式、いわば会社への合格通知となる「内定証書」の受け取りが行われます。

次に、会社の社長や役員からの挨拶も行われ、内定者に励ましの言葉や経営方針、会社のビジョンなど重役から直接話をいただきます。

内定授与式や挨拶が終わると、内定者や社員を交えた懇親会が行われるケースも多くあり、これから入社する内定者同士の交流や、上司と会話する場が用意されています。

内定式が終わると必要書類の提出を行います。「内定承諾書」「誓約書」など、事前に会社から通知があった必要書類を提出しましょう。

内定式の内容は、会社によって違いがありますが、主にどの会社も共通して行われるイベントとしては上記4つになります。あらかじめ内容を把握しておくと、より有意義に時間を過ごせるでしょう。

こんなことも行われるの?今のうちに内定式の内容を把握!
内定式って何をするの?内容・流れ・体験談・気をつけることを詳しく解説

4. 内定式の服装は「リクルートスーツ」で行けば間違いない

内定式の服装・スーツ

結論から言うと、内定式には基本リクルートスーツで行くことが好ましいでしょう。

内定式では、これから社会人としての意志や責任を引き継ぐ大切な儀式となるため、就活時同様に内定式でも礼儀正しくリクルートスーツで参加することが最も好ましいでしょう。

内定式の案内にて「服装自由」、「私服OK」と書かれている場合は、オフィスカジュアルでも参加可能でしょう。

しかし、ビジネスシーンにおいて「私服」とは普段着ではなく基本的に『オフィスカジュアル』を意味するため、私服OKの場合は「オフィスカジュアルでも参加可能」だと認識しておきましょう。

社会人一歩めとして大事な内定式でつまずいてしまわないためにも、失礼のない身だしなみを今一度考えておきましょう。

5. 内定式ので髪色は男性なら「黒髪」女性なら「暗めのトーン」

内定式の髪色・髪型

内定式での髪色は、男性の場合「黒髪」。女性の場合「暗めのトーン」が好ましいとされています。

髪色・髪型に関しては、男女で気をつけるべき点が異なりますが、内定式ではこれからお世話になる会社の方と初めて顔を合わせる場と言うことからも、第一印象が非常に重要になります。

そのため、基本的には就活k時と同様に「黒髪」で参加する事が好ましいとされています。

しかし、女性の場合では内定式で「7トーン以内」の暗さであれば茶髪でも参加可能だとも言われています。

髪色の「トーン」とは、髪色の明るさを表す指数であり、数字が大きくなるにつれて明るさが増します。

「7トーン」までとなると、かなり黒髪に近い茶髪くらいの色合いですが、女性の場合は完全な黒髪出なくても参加可能です。

地震の髪色がきになる場合は、一度美容室を訪ねてみると良いでしょう。

6. 内定式で忘れては行けない4つの持ち物

内定式の持ち物

内定式で持参すべき持ち物に関しては通常、会社から連絡がありますが、基本的に準備しておくべき持ち物が下記の4点あります。

  • バッグ
  • 会社への提出書類
  • 印鑑
  • 筆記用具

内定式では、様々な書類を受け取ることからもA4サイズの書類が入るビジネスバッグが好ましいでしょう。

また、内定式で一番忘れては行けないも物が「会社への提出書類」になります。内定式では、内定通知を受け取るだけでなく、誓約書や個人情報を記入する書類なども必要になる場合がありますので、忘れないように準備しましょう。

印鑑に関しては、シャチハタなどではなくビジネス用に「実印」を持っていきましょう。

さらに、内定式の内容についてメモできるように筆記用具を持っていく必要もあります。

内定式で忘れ物をしてしまうと、自分の評価だけでなく会社の人事の方にも迷惑をかけてしまう恐れがあるので、十分に気をつけましょう。

7. どうしても内定式に参加できない場合は欠席も可能

内定式の欠席

冠婚葬祭、重度の体調不良、大切な授業と被った場合など、やむを得ない事情により内定式に参加できない場合は、欠席することも可能です。

しかし、注意する事として内定式の欠席理由で嘘は厳禁、「正当な理由が必要」ということです。

さらに、内定式を欠席する場合、原則として「電話」で人事の方に連絡することがマナーです。

誠実に内定式の欠席を伝えるポイントとしては、まず欠席する事がわかったら早めに連絡を入れることです。メールではなく人事の方と直接言葉で理由を説明することが印象良く欠席を伝えられます。

一般的に内定式を欠席することは「非常識」とされているため、どうしても参加できない場合は失礼のないように連絡しましょう。

まとめ|失礼の無く内定式に参加するため今一度チェックしよう!

企業から正式に「内定者」という通知を受け取るために大切な内定式。

内定式は、新社会人一歩めとしての決起や責任について学ぶためにも、絶対に参加しておくべき式典となります。

内定式の日程については10月以降、詳しい日程については会社側から連絡が来るでしょう。

内定式で行われるプログラムについては、主に以下4点があります。

  1. 内定授与式
  2. 社長・役員の挨拶
  3. 懇親会
  4. 事務手続き

内定通知を受け取るだけでなく、重役の話や会社の方と直接関われる懇親会も用意されているので、参加することで多くのことを学べる場でもあります。

内定式での服装・髪色に関しては、リクルートスーツで、男性は黒髪、女性は暗めのトーンの髪色で参加する事が好ましいでしょう。

しかし、内定式に出席するにあたって注意する事が一点。「忘れ物は厳禁」と言う事です。

  • バッグ
  • 会社への提出書類
  • 印鑑
  • 筆記用具

上記4つが、主に内定式で必要な持ち物となります。その他、必要なものは会社からの連絡を待ったり、人事に尋ねてみると良いでしょう。

この記事を最後まで読んだあなたが、内定式について必要な情報を網羅でき、失礼なく胸を張って内定式に参加できる事ができれば幸いです。

 

1位 キャリアチケット

プロのキャリアコンサルタントが、自己分析・面接対策・ES添削などの相談に乗ってくれるサービス。申し込み殺到!

\強者は勇気を出して人に頼る!/キャリアチケットの公式HPへ ※就活が進むにつれて混み合って対応が遅くなる可能性があります。申し込むなら今!

  2位 就職エージェントNeo

ES添削〜面接対策まで徹底サポート。業界大手だからこその安心感と圧倒的な求人数。短期間での内定獲得が可能です!

就職エージェントNeoの公式HPへ

  3位 ジョブコミット

ES、面接不要!最短4時間で当日内定を狙えるイベント

詳細・エントリーはこちら

 4位 digmee

LINE1つで就活を超効率化!優良ベンチャー多数と出会える最近話題のサービス

digmeeの公式HPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です