キャリアの神様

内定承諾書 アイキャッチ

内定承諾書 アイキャッチ

内定承諾後でも辞退はできる!?先輩が真相を詳しく解説!

・内定承諾書を出した後に内定辞退ってできるの?
・内定承諾後に辞退を伝えたら怖い人が出てきたり裁判にかけられたりするんじゃないのか

この記事にたどり着いたあなたは、内定を辞退しようかどうか考えているのではないでしょうか。

内定承諾後の辞退は、内定を複数抱えたり、内定後にもアルバイト感覚で他社にインターンへ行ったりする人が抱えやすい問題です。

内定を貰った嬉しさから、ついつい承諾をしてしまったけれど、よくよく条件を見直すと「やっぱり働くことは難しい」と考える人もいるでしょう。

ここでは、内定承諾をする前に考えてほしい「内定承諾」とはどういうことなのか? から、内定承諾後に辞退することについても紹介します。

\ニトリやYKKAPなど、大手企業からスカウト届く!/
キミスカ

1.内定を承諾するということは入社意思を示すということ

内定承諾 辞退

内定を承諾するか辞退するか、自分自身でしっかりと選択しよう

内定承諾書とは、“内定を承諾するかの意思を確認するための書類”です。企業から内定をもらった場合、ほとんどの企業で内定承諾書の提出を求められるでしょう。

内定承諾書の提出が求められる一番大きな理由は、就活生の入社意思を確固たるものにさせるためです。

内定承諾書を出すことで就活生に入社意思を問いただす。
そして限りなく入社の可能性を確実にするというのが内定承諾書を書かせる理由じゃ。

キャリアの神様

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

キミスカの自己分析ツール
キミスカの自己分析ツール

2.内定辞退は可能?

2-1.承諾前はもちろんOK

「内定」とは、学生と企業の間で、入社してからの雇用関係について合意が得られている状態を言います。形式は様々ですが、一般的に企業からの内定の通知に、学生が承諾の返事をすることでお互いの意思を確認します。

内定の成立は、学生と企業の間には条件付きの雇用契約(始期付解約権留保付労働契約)が結ばれることを意味します。

内定承諾書が届き、承諾する前に辞退することはもちろん可能です。内定承諾書に記入する前に、辞退の旨を電話で担当者に告げましょう。

また、以下の場合の内々定の段階でも承諾前と同様に辞退が可能です。

  • 最終面接後、企業の採用担当者から電話で「内々定」を告げられた。
  • 企業からの「内々定通知書」と同封されていた「内々定承諾書」にサインをし、返送した。
  • 「内々定」を出す代わりに就活を辞めてほしいと言われて「はい」と答えてしまった。

2-2.承諾書に法的効力はないため辞退は可能だが注意が必要

内定が成立すると、企業の一方的な内定取消は認められない反面、学生は民法の規定(627条1項)により、いつでも解約の申し入れが可能です。学生の内定辞退を理由に、企業からの損害賠償請求が認められるケースは、限定的と考えていいでしょう。

しかし、企業は学生の内定承諾により入社意思を判断し、採用活動を終了します。内定辞退により、その年度の採用予定人数を割るようなことがあれば、再募集をかけることになり、多大なコストが発生します。

株式会社リクルートキャリアによる『就職白書2020』によれば、2020年卒の新卒1人あたりの採用コストは平均93.6万円にのぼります。

内定承諾後に内定辞退をする場合は、今までの選考や内定に対する感謝の気持ちを伝え、誠実な態度でしっかりと辞退する旨を述べましょう。

「内定承諾書」「誓約書」に法的効力はない

内定の通知や承諾について、書類の発行義務やその形式に関する法的な定めはありません。企業によっては口頭で内定を通知し、書面を出さないケースも。「内定通知書」は内定の証拠となるため、口頭で通知された場合は、内定通知書の発行について企業に確認しましょう。

また、学生が企業から提出を求められる「内定/入社承諾書」「誓約/宣誓書」といった書類は、企業から「入社意思の表示」として求められるもので、法的な効力はありません。上記の書類を提出していたとしても内定辞退は可能です。しかし企業との「約束」を反故にすることになるので、失礼のない対応を心がけましょう。

3.内定承諾後に辞退をする場合の注意点

内定承諾後の辞退の注意点
  1. 辞退は早めに!入社2週間前までには連絡する
  2. 辞退後の再入社は厳しい!よく考えて辞退をする
  3. 子会社や関連会社を志望している場合は影響がある可能性も…

3-1.辞退は早めに!入社2週間前までには連絡する

内定承諾後に内定辞退を決めたら、できるだけ早く企業にその旨を伝えましょう。

民法の規定(627条1項)により、いつでも解約の申し入れが可能であるとは言え、入社ギリギリでの内定辞退は企業に多大なる迷惑を掛けます。学生の内定辞退を理由に、企業からの損害賠償請求が認められるケースは限定的とは言え、トラブルに発展したケースがないわけではありません。

  • 入社直前に体調を崩し、勤務できない状態になってしまった
  • 元気だった親が急逝し、家業を継がなければならなくなった
  • 親の介護が必要となり、勤務地への転居ができなくなった

上記のように、万一予期せぬ事態が発生し、入社日直前に内定辞退しなければならなくなった場合も、なるべく早く内定先企業に相談しましょう。

企業によっては、入社日の延長や勤務地の検討など、対応を提案してくれることもあるかもしれません。

3-2.辞退後の再入社は厳しい!よく考えて辞退をする

「内定辞退の撤回」は基本的にできません。一度内定辞退を出すと、企業側としても志望度の低さが見えてしまいます。

内定の承諾や辞退は短い期間で決断しなければならないことが多く、場合によっては企業の担当者から強いプレッシャーを受けることも。

しかしここは重要な局面です。強い気持ちで臨むとともに、後悔のないように、内定辞退の検討は慎重に行いましょう。判断に迷う場合は、大学のキャリアセンターやハローワークに相談するなど、ノウハウのある人の意見に耳を傾けてみましょう。

当たり前だけど、内定承諾も内定辞退もよくよく考えて決定することが大事だな。

よしお

3-3.子会社や関連会社を志望している場合は影響がある可能性も…

内定辞退をしても、その企業の二次募集に応募しない限り、就活に対する影響は大きくないと思いがちですが、子会社や関連会社に応募するとき、影響は0ではないと考えておきましょう。

子会社が親会社の持株100%のときなど、採用担当者は親会社と同一人物である可能性もなくはありません。また、個人情報の取り扱いには十分に注意しながらも、採用について関連会社同士で人事の情報交換がされていることもあります。

そのため、内定辞退には慎重になる必要がありますし、辞退するからといって後腐れの悪いものにはせずに、誠実な対応をとらなくてはいけません。

4.内定承諾後に辞退する場合は誠意をもって伝える

4-1.辞退の理由は「一身上の都合」でもOK

内定辞退の理由については、詳細を伝える必要はありません。しかし、電話で伝えた場合などに「今後の採用活動のために」と内定辞退の理由を聞かれることもあるため、事前に答え方を考えておきましょう。

「他社の内定を受けることにした」と伝えることは問題ありませんが、企業名を明らかにすることは避けましょう。

企業に関するネガティブな情報は失礼に当たる他、詳細な辞退理由を話すことは慰留の材料を与えスムーズに内定辞退ができなくなる可能性もあります。また、「体調を崩した」などの極端な嘘をつくことは、信頼を損なうリスクがあるのでやめましょう。

繰り返しになりますが、内定辞退の理由とともに、今までの選考や内定に対する感謝と内定を辞退することへのお詫びの気持ちは忘れず伝えましょう。

立つ鳥後を濁さずってやつだな

よしお

電話での伝え方

内定辞退はできるだけ早めに伝えることがマナーです。また相手に確実に伝わる、誠意を伝えやすいという点から、連絡の手段は電話がベストです。

内定辞退の電話をかける時は、採用担当者の昼休憩や忙しい時間帯に重ならないように注意しましょう。大学名と氏名を名乗り採用担当者の都合を確認する、丁寧に謝意を伝え、相手が電話を切ってから切電する、などの流れをシミュレーションし、話す内容を事前にメモしておきましょう。

注意:相手方が忙しい可能性のある時間帯は避けて連絡する
一般的に仕事が忙しい時間帯は以下の時間帯です。

8時~10時頃:朝礼やメールのチェック等

12時~13時頃:お昼休憩

17時以降:帰宅済み、仕事の追い込みなど

つまり10時から12時、13時から17時頃が連絡の時間帯として適切であるということです。

また電話をかける環境にも配慮しましょう。騒音や雑音で落ち着くことのできない場所や、音が聞き取りにくい場所では電話をかけてしまうと会話がしづらいです。

電話をかける際は、必ず時間のある時に、落ち着いて話すことのできる場所から電話をかけることを心がけれておきましょう。

内定辞退を電話で伝えるには?先輩が電話した際の受け答え例文を公開

メールでの伝え方

メールは電話の後、重ねて謝意を示すとともに記録を残す目的で送信します。また、電話連絡したものの採用担当者が不在だった場合などは先にメールを送っておくのもいいでしょう。

メールを送信する際は、要件が分かるよう件名を設定し、簡潔で丁寧な内容を心がけましょう。また自分の名前、連絡先は忘れず明記してください。

メールでの連絡は、既読確認できないデメリットがあります。返信がない場合は採用担当者に電話をし、確認をしましょう。

5.その他知っておきたい内定承諾後の辞退Q&A

上記の説明だけでは不十分な点もあったかもしれん。そのためここによくあるQ&Aをまとめた。

これを読めば内定承諾後の内定辞退にまつわる疑問が全て解決するはずじゃぞ。

キャリアの神様

5-1.内定辞退の際は内定承諾書は返送するべきですか

内定辞退の際は内定承諾書は返送するべきですか

内定承諾書を返送するのは内定を承諾するときのみです。そのため内定を辞退する場合に内定承諾書を返送してはいけません。内定辞退の連絡の際、内定承諾書を返送するよう指示された場合のみ返送を行いましょう。

署名のされていない承諾書を返送されても企業にとっては邪魔になるだけじゃ。

内定承諾書を返送するのは承諾するときのみにしておこう。

キャリアの神様

5-2.承諾書の提出期限が切れたら自動的に辞退になりますか?

承諾書の提出期限が切れたら自動的に辞退になりますか?

内定承諾書の提出期間は、一般的に2週間前後とされています。そのため発送から2週間を過ぎた場合、自動的に内定取り消しになるという可能性もありえます。

しかしその2週間の間、企業側はあなたの動向が一切わからず動くことができません。内定を辞退するにしても受け入れるにしても、連絡が遅くなることで企業側へ多大な迷惑をかける事になります。ですから内定承諾書を受け取った後は、どちらにせよ早めに連絡するようにしましょう。

6.内定承諾は内定承諾書+電話連絡でOK!

内定承諾

もう一度内定承諾の方法をおさらいしておきましょう

内定承諾を行う際は、

  • 内定承諾書の提出
  • 内定承諾の連絡

を並行して行うことが望ましいと言えます。

また、承諾の連絡をする際は一連の流れに沿うことで失敗を防げます。内定承諾書を提出する際には添え状を忘れないようにしましょう。

ビジネスマナーに則った電話で、入社前に企業側へ良い印象を与えることもできます。

7.内定承諾後でも辞退できるが慎重に対応しよう

内定承諾後でも辞退することができますが、出来るだけ早めに連絡しましょう。

2週間前までには連絡しておくのが理想的です。電話かメールで伝えればいいですが、感謝の気持ちと謝罪を忘れずに伝える必要があります。

まちがっても内定承諾の連絡を無視し続けたり、雑に対応するのはやめましょう。

社会人になった後、採用担当者と接点を持つ可能性も0ではありません。辞退するからこそ、誠意を持った対応を心がけてください。

編集部 橋本

おすすめの就活エージェントをまとめました  19卒就活生の先輩である私が本当におすすめできる就活エージェントを10個厳選

「まずは1社内定!」に強い就活サービス

キャリアチケット

就活中は、「どんな仕事が向いているのか」、なかなか内定が取れなくて「自分のどこが悪いのか」など、悩んでしまって先に進めなくなることもありますよね。

就活で悩みを抱えたとき、私は、就活のプロであるエージェントに相談していました。

エージェントは就活のプロですから、あなたを慰めるだけの適当な相づちではなく、
どうすれば内定を取れるのか、あなたに足りないものは何なのかなど、為になるアドバイスをくれるので、遠回りせず内定まで着実にたどり着けました。

様々なエージェントを使ってみた中でも、信頼がおけると感じたのは『キャリアチケット』です!
丁寧なカウンセリングはもちろん、紹介される企業はすべて、独自調査のうえでブラック企業が排除済みだったので安心できました。
就活エージェントは無料で利用できるので、気軽に相談してみるといいでしょう。

キャリアチケット|3つの特徴
  1. 最短2週間でスピード内定
  2. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠も多数
  3. 専任のサポータがマンツーマンであなたの就活を全力でサポート

\すでに1万人が利用!/
キャリアチケットを使ってみる!

就活生に人気のサービスTop3

JobSpring
1位

手厚いサポートNo.1!
AI×キャリアカウンセリングで最適な企業を紹介!『Jobsprig』

自己分析
2位

あなたの強みと適職が丸わかり!『高精度自己分析ツール』

【全国開催】限定ルートで最短即日内定
3位

就活生の4人に1人が登録する「キャリアチケット」へご案内!
最短2週間で内定!
専任アドバイザーのサポートで内定率は39%もUP!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です