キャリアの神様

【忘れ物厳禁!】内定式の持ち物は何が必要?準備すべき7つの持ち物・心構えをチェック!

【忘れ物厳禁!】内定式の持ち物は何が必要?準備すべき7つの持ち物・心構えをチェック!

【忘れ物厳禁!】内定式の持ち物は何が必要?準備すべき7つの持ち物・心構えをチェック!

・内定式って何を持っていけばいいの?
・バッグはやっぱりビジネスバッグ?
・「物」以外で準備しておくことは?
・忘れ物をしても大丈夫なの?

もしかすると、この記事を見つけたあなたは、内定式で必要な持ち物について気になっているのではないでしょうか。確かに、社会人第一歩目の内定式で、どんな持ち物が必要なのか、忘れ物がないか不安になってしまう人も多いでしょう。

この記事では、内定式で絶対に忘れてはいけない「持ち物」や、内定式までに準備時ておくべき「心構え」まで詳しく説明しています。

この記事を最後まで読めば、内定式の持ち物から心構えまで、忘れ物なく準備できるでしょう。

1. 内定式で忘れてはいけない4つの持ち物

内定式で持参すべき持ち物に関しては通常、会社から連絡があります。しかし、「会社から何も連絡が無い…」「他に何か必要なものがないか不安だ…」という方も多いでしょう。

そこで基本的に内定式で準備しておけば困ららない持ち物を整理しておきましょう。

  1. バッグ
  2. 会社への提出書類
  3. 印鑑
  4. 筆記用具

ほとんどの場合においては、上記4点の内定式の持ち物があれば内定式で困るということはありません。

1-1. バック

結論から言うと、内定式に持って行くバッグはビジネスバッグが好ましいでしょう。内定式では様々な書類を配布されることからも、A4サイズの書類が入るバッグがお勧めです。

特に準備していなければ、就活の際に使っていたバッグを持っていくと無難でしょう。お持ちのビジネスバッグが小さい方は、折りたたみ可能な手提げを一つ持っておくと便利です。

1-2. 会社への提出書類

内定式 持ち物 筆記用具

バッグの中に入れる持ち物で、絶対に忘れてはいけないものが会社への提出書類です。

  • 内定承諾書
  • 誓約書
  • 個人情報資料

など、会社から指定を受けた資料は忘れずに持っていきましょう。万が一、提出書類を忘れてしまうと、場合によっては自分の評判が落ちるだけでなく会社の人事にまで迷惑をかけてしまう恐れもあります。

内定式の前日までには必要書類を整理しカバンにしまっておくなどできるだけ早い段階で準備をしておくようにしましょう。

1-3. 印鑑

内定式 持ち物 印鑑

内定式は企業とあなたとの間で雇用契約を結ぶことが前提で行われます。契約の際には必ず印鑑が必要になります。そのため、内定式だけでなく日頃から印鑑を持参することが好ましいでしょう。

シャチハタはダメだと言われることも多いため、できればビジネス用に「実印」を一つ作っておくと良いでしょう。

1-4. 筆記用具

内定式 持ち物 筆記用具

内定式では書類やアンケートなど記入する場合もあるので、黒のボールペンを含む筆記用具も必ず持参しましょう。

また、社会人の基礎として大事な話や重要なことなど、一度言われたことは忘れずしっかり守るためにも「メモ」する癖をつけることが大事です。

そのため、筆記用具とセットでメモも持っておくと良いでしょう。

2. 持ち物以外で内定式までに準備しておくべき3つの事

内定式に準備しておくものは持ち物だけでなく、社会人としてこれからコミュニケーションスキルや思考も大事になります。

内定式で社会人生活のより良いスタートを切るために、「物」以外に内定式までに準備時ておきたい事として、以下3つを紹介します。

  • 礼儀・マナー
  • 簡単な自己紹介
  • 社会人としての心構え

上記3つについて、以下で詳しく説明します。

2-1. 礼儀・マナー

内定式 持ち物 マナー

社会人の基礎として、会社の人や上司と接する時のために最低限の礼儀やマナーを覚えておきましょう。礼儀・マナーでまず最初に大事なことは「言葉遣い」です。

特に社会人一年目は、上司から多くのことを学ぶ立場にあるため、敬語や感謝の言葉を適切に使えるようになりましょう。

また、社会人は会社内外で複数の人数とコミュニケーションを取ることも必要になるため、積極的な立ち振る舞いやビジネスマナーも必要となります。

「内定式ではまだ早い…」とは思わず、一通り予習しておくと周りよりも余裕が持てるでしょう。

2-2. 簡単な自己紹介

内定式 持ち物 自己紹介

内定式では様々な上司や同期と接する場面も予想されます。これから付き合っていく仲間として、簡単な自己紹介ができるように練習しておくと良いでしょう。

  • 自分の弱み・強み
  • 過去の経験
  • これからどんな社会人になりたいか

など、どんな内容でも構わないので自分自身がどんな人物なのか、簡潔に相手に知ってもらえるような自己紹介を準備しておきましょう。

2-3. 社会人としての心構え

内定式 持ち物 心構え

「社会人としての心構え」についても、何か一言でも言葉で表すことができると、これから社会人としての責任のある行動や思考をつける練習になるでしょう。

最近ではよく忘れがちな考えなのですが、現代は資本主義社会であり、価値と価値との交換で世の中が回っています。もちろん、働いてお金がもらえるのもあなた誰かの価値となっているため。

これから社会人としての思考をつけるためには、「自分は社会にとってどんな価値を提供できるか」ということです。

自分が働くことでどんな価値が生まれるのか、誰が喜んでもらえるのか。ただお金のために働くのではなく、「社会を回している実感」を持つことで、仕事への熱意や業績アップに近付くことができます。

内定式でも「これから社会人としてどうなりたいのか」一言でも心構えを持っておくと良いでしょう。

内定式で忘れ物は厳禁!

内定式で忘れてはいけない持ち物は以下の通りです。

  1. バッグ
  2. 会社への提出書類
  3. 印鑑
  4. 筆記用具

また、「持ち物」だけでなく、内定式までに事前に準備しておく事・心構えが以下の3点あります。

  • 礼儀・マナー
  • 簡単な自己紹介
  • 社会人としての心構え

上記を準備しておくだけで、他のどの同期よりも確実に社会人に必要な先見的な思考を最低限つけることができます。特に上記「持ち物」に関しては忘れ物厳禁なので、確実に準備しておきましょう。

この記事を最後まで読んだあなたが、忘れ物なく、他の同期よりも一歩前に進んだ内定式に臨むことができれば幸いです。

 

1位 キャリアチケット

プロのキャリアコンサルタントが、自己分析・面接対策・ES添削などの相談に乗ってくれるサービス。申し込み殺到!

\強者は勇気を出して人に頼る!/キャリアチケットの公式HPへ ※就活が進むにつれて混み合って対応が遅くなる可能性があります。申し込むなら今!

  2位 就職エージェントNeo

ES添削〜面接対策まで徹底サポート。業界大手だからこその安心感と圧倒的な求人数。短期間での内定獲得が可能です!

就職エージェントNeoの公式HPへ

  3位 ジョブコミット

ES、面接不要!最短4時間で当日内定を狙えるイベント

詳細・エントリーはこちら

 4位 digmee

LINE1つで就活を超効率化!優良ベンチャー多数と出会える最近話題のサービス

digmeeの公式HPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です