キャリアの神様

くだらない就活 早く終わらせる

くだらない就活 早く終わらせる

就活の抜け道・裏技?くだらない就活をすぐに終わらせる秘策

よしお

就活なんてめんどくせーくだらねーやりたくねえーwww。

まあまあ、くだらないって気持ちはわからなくもないけどさ。

よしお

何か楽に内定とれる方法教えてよwww
まあ、最低限のことはしなければならないが上手く立ち回ればかなり楽に内定を取る方法はあるぞ。

フランク

一般的に就活というものは、業界分析や企業研究をしたりエントリーシートを書いたりと非常にめんどくさい作業が延々と続きます。

はっきり言って、「なぜこんなことしないといけないのか」と思うような作業も多いですよね。

しかし、この記事を読んでいただければ、今までの就活とは一味違う就活の裏技を知ることができ、就活を終えたころには「案外就活楽だったな」と思えているでしょう。

無駄なことに時間を使わず、効率的にサクサク就活を進めていただければと思います。

あなたの強みと適職が分かる「最強の自己分析ツール」

キミスカ 強みと適職を診断する

女子学生だけが使える会員制就活サイト『女子キャリ』

女子キャリ ANA/コーセー/キリンなどが参加!

1.くだらない就活はあえてしない

「そんな、ムチャクチャな~」と思ったあなた安心してください。なにも就活自体をするな!と言っているわけではありません。

くだらない”既存の就活”はやらなくてもいいということです。

くだらない既存の就活の例
  • 黒いスーツを着てぞろぞろと大名行列に加わる
  • 20社、30社それぞれにエントリーシートを書く
  • 手書きで履歴書を書く
  • ドアノックの回数などどうでもいいことをいちいち悩む
大手の就職サイトや雑誌を見るとお辞儀の角度やドアノックの回数などマナーと称してさも社会常識のように書かれていることもあります。

この章では、そんなくだらない就活をしなくても内定がもらえる方法を点お教えします。

1-1.行きたい企業の長期インターンに行く

長期インターンに行くことは、くだらない就活をしなくて済む最善の選択かもしれません。インターンに行って業務をある程度覚えておけば、そのままその会社に就職することは難しくありません。

企業側の立場からすれば、新卒で採用した人間に1から業務を教えなくて済むうえ、もう既に職場の人間関係が構築されているため、人間関係上のリスクを負わなくて済みます。

ですので、選考自体も非常にゆるいことが多く、適性検査等が免除されることも多いのでただの面談だけで内定になることもよくあります。

もちろん、人気大手企業に関してはインターンの選考もかなり厳しいですが、優良ベンチャー企業などは人員を募集していることが多いです。

また、一度インターンにさえいってしまえば、他の企業とのかかわりができるので、その際に「君、ウチに来ないか?」とお誘いを受けることもあるわけです。

特にGoodfindは、トップクラスで優良な企業が厳選されているので長期インターン先を探すのにはもってこいです。

実際に体験した先輩が解説
グッドファインドについて詳しく

1-2.イベントに参加して企業の人と仲良くなる

とにかく直接会いに行くということ以上に大切なことはありません。直接的に気軽にお話しして気が合えば、結構「君、うちにおいでよ」と言われたりします。

「そもそも、そんな機会がない?」と思う方もいるかもしれませんが、企業の役員クラスの人が参加しているイベントは毎日のように開催されていますよ。

特にFacebookでは、そういった情報は素早くキャッチできますし、なんなら阿波踊りなどの地域の行事でも結構すごい方とお話しできたりします。

それでも、厳しいと思う方は以下のサービスを使っていただくと企業の役員と話せるので、利用してみてはいかがでしょうか。

1-3.いっそのことスカウトされてしまう

自分から企業にエントリーしてESを書いて適性検査を受けるという形で就活するからめんどくさいのであって、企業からスカウトされればそのようなことはありません。

具体的には、Offerboxキミスカを使っていただき、プロフィールだけ記載していただければ、あとは待っているだけで勝手に企業からオファーが来ます。

キミスカについて詳しく知りたい方は以下をクリック

キミスカの自己分析ツール
キミスカの自己分析ツール

2.くだらない就活はほかの人にさせる

タイトルだけでは、少し意味が分かりづらかったかもしれません。しかし、今の時代就活は自分でやらなくてもエージェントと呼ばれるプロたちがあなたの代わりにあなたを売り込んでくれます。

これにより、企業を探し、エントリーし、試験を受けるという工程を省くことが可能になります。

また、企業ごとの面接対策が組まれたりグループディスカッション対策が行われたりするため、自分でやらなければならないことを極限まで減らせます。

私が利用した中で、最もよかったと思えるエージェントサービスは圧倒的にdoda新卒エージェントです。

とは言え、すべての就活生が利用すべきサービスかと言われればそうではないので、doda新卒エージェントのメリットデメリットを記載し、使うべき就活生と使わなくてもよい就活生を選別しました。

3.くだらない就活はエージェントを使って一瞬で終わらせよう

今の時代まじめにリクルートスーツを着て、まじめに適性試験を受けなくても良い企業から内定をもらうことは、難しくなくなってきています。

大体、就活市場は50万人の就活生を380万以上ある企業が取り合うわけですから、皆が目をつけていない良い企業というのは山のように存在しているのです。

すなわち、あなたのことを欲している企業は思っているより多く存在するということです。

もちろん大手に行きたい方は、一筋縄でいかないことも多いです。インターンからの採用は就活っぽいことをせずとも内定を獲得できることが非常に多いです。

インターンなど参加しておらず、春頃から就活を始めた方は、就活エージェントに頼ってみるのが一番おすすめです。


おすすめの就活エージェントをまとめました  19卒就活生の先輩である私が本当におすすめできる就活エージェントを10個厳選

「まずは1社内定!」に強い就活サービス

キャリアチケット

就活中は、「どんな仕事が向いているのか」、なかなか内定が取れなくて「自分のどこが悪いのか」など、悩んでしまって先に進めなくなることもありますよね。

就活で悩みを抱えたとき、私は、就活のプロであるエージェントに相談していました。

エージェントは就活のプロですから、あなたを慰めるだけの適当な相づちではなく、
どうすれば内定を取れるのか、あなたに足りないものは何なのかなど、為になるアドバイスをくれるので、遠回りせず内定まで着実にたどり着けました。

様々なエージェントを使ってみた中でも、信頼がおけると感じたのは『キャリアチケット』です!
丁寧なカウンセリングはもちろん、紹介される企業はすべて、独自調査のうえでブラック企業が排除済みだったので安心できました。
就活エージェントは無料で利用できるので、気軽に相談してみるといいでしょう。

キャリアチケット|3つの特徴
  1. 最短2週間でスピード内定
  2. 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠も多数
  3. 専任のサポータがマンツーマンであなたの就活を全力でサポート

\すでに1万人が利用!/
キャリアチケットを使ってみる!

就活生に人気のサービスTop3

丁寧な面談が好評のキャリアチケット
1位

最短2週間で内定!『キャリアチケット』
ブラック企業を避けたいならこのエージェント

Jobspring
2位

入社後早期離職率0.1%『JobSpring』
手厚いサポートが自慢!

高精度自己分析ツール
3位

あなたの強みと適職が丸わかり!『高精度自己分析ツール』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です