キャリアの神様

ベンチャー企業に就職ってあり?向いている人の特徴や新卒で就職する方法

・ベンチャー企業に興味があるけど、新卒で就職するのってあり?
・どうすれば新卒でも就職できるの?

ベンチャー企業への就職を考えている就活生のなかには、このような疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

なんとなくいいなという気持ちで志望して、入社後「こんなはずじゃなかった」と後悔したくないですよね。

そこでこの記事では、ベンチャー企業で働くメリット・デメリットや向いている人の特徴、新卒でベンチャー企業へ入る方法を解説していきます。

\ 大手・有名企業から特別オファー!/
キミスカ

ベンチャー企業とは

ベンチャー企業とは

ベンチャー企業に明確な定義はない

ベンチャー企業とは、革新的な技術やアイデアをもとに、世の中にはまだない新しい形態のサービスやビジネスを事業として展開している企業のことをいいます。ただ、実際には「資本金〇〇円以下、創業××年以内」などの明確な基準や定義があるわけではありません。

英語のVenture(冒険)から派生して、日本では「新規性」と「成長志向」を持って世の中にないサービスやビジネスを展開している企業をベンチャー企業と呼んでいます。

新しいサービスやビジネスを展開する企業

ベンチャー企業は「世の中にまだない新しいサービスやビジネスを展開している企業」を指しますが、その特徴としては次の傾向が挙げられます。

ベンチャー企業の特徴

  • 新たな分野を切り拓き事業を開始する起業家としての存在
  • 事業に新規性・革新性・創造性がある
  • 成長志向があること
  • 起業・創業からの時期が比較的短い
  • 事業・組織規模が比較的小さい

事業・組織規模は比較的小さな企業が多いですが、ベンチャー企業の定義は企業規模で決まるものではありません。その証拠に、メガベンチャーと呼ばれる大規模なベンチャー企業も存在します。

ベンチャー企業として定義されるのは、規模ではなく「新規性」「成長性」「革新性」といった特徴を持って世の中に新たなサービスやビジネスを生み出している企業といえるでしょう。

中小企業に分類される

ほとんどのベンチャー企業は、中小企業に分類されます。中小企業とは企業規模を表す分類方法のひとつです。中小企業とベンチャー企業を分けて考えがちですが、中小企業の中にベンチャー企業が含まれています。

また、中小企業基本法という法律で以下のように定義が決まっています。

「中小企業・小規模企業者の定義」
(参照:中小企業庁HP 「中小企業・小規模企業者の定義」)

大手とベンチャー大企業とベンチャーの違いは?どっちが良いかを徹底分析!
キミスカの自己分析ツール
キミスカの自己分析ツール

新卒でベンチャー企業に就職した人の口コミ

世の中に新たな革新的な商品やサービスを生み出しているベンチャー企業に対して、華やかなイメージを持つ人も多いのでは?

実際にベンチャー企業に新卒で就職した人はどのように感じているのでしょうか。新卒でベンチャー企業に就職した人の口コミをまとめてみました。

短期間で濃厚な経験を積めた

ベンチャー企業で働く魅力といえば、大手企業では味わうことができない「スピード感」と「個人の裁量の大きさ」といえるでしょう。

積極的に手を挙げれば、経験の有無に関わらず業務を任せてもらえるケースも多いです。

大手企業に就職すれば5~10年掛かりで経験するような業務を1年目で経験できてしまうベンチャー企業は、まさにスピード感を持って経験を積むにはベストな場所といえます。

編集部 橋本

大手から転職してくる人が多い


ベンチャー企業はスピード感を持って規模を拡大していきます。それに伴い、採用活動も急ピッチでおこなう必要があります。

成長がめざましく注目されているベンチャー企業には、大手企業から転職してくる人材も珍しくありません。大手企業からの転職組は仕事の基礎能力が高いことから、あっという間に活躍する人も多いでしょう。

いざ新卒で入社し「バリバリ働いて成長するぞ」と意気込んでも、周りの仕事のできる人を見てしまうと、自分との差に落ち込んでしまうこともあるようです。

編集部 橋本

マニュアルがないのに高度な知識を要求された


ベンチャー企業には、事業拡大のスピードに仕事の仕組み化やマニュアル化が追いついていないところも。スタートアップなどの創業間もないベンチャー企業では、その傾向がさらに高くなります。

口コミのように、十分な研修を受けられずに入社早々に即戦力を求められるケースもあるようです。
ベンチャー企業を志望する場合、研修制度や新卒社員に対する仕事の振り方がどうなっているのか確認しておいた方がいいでしょう。

編集部 橋本

ベンチャー企業に就職するメリット

実際にベンチャー企業で働く場合、どのようなメリットが得られるのでしょうか。
ベンチャー企業に就職するメリットは大きく分けて次の3つです。

ベンチャー企業に就職するメリット
  1. 経験を積んでスキルアップできる
  2. 若手でも裁量を持って働ける
  3. 柔軟な働き方を推進している企業が多い

①経験を積んでスキルアップできる

ベンチャー企業で働く1つ目のメリットは、経験を積んでスキルアップできる点です。ベンチャー企業は、実践を通じて成長していく働き方を推進する企業が多いです。若いうちから積極的に仕事に取り組むことで経験をどんどん積むことができ、自分自身のスキルアップに繋がっていきます。

ただ、経験を積んでスキルアップすることがゴールではない点は注意が必要です。企業はあくまでも利益を生んで欲しいと思っているからこそ成長を促しているので、結果を残すことが重要になります。仕事の結果を残すことで昇進スピードが早まる可能性があるので、若手ながら管理職を目指せるというメリットもあります。

②若手でも裁量を持って働ける

ベンチャー企業で働く2つ目のメリットは、若手でも裁量を持って働ける点です。ベンチャー企業は一般企業と比べて少人数の企業が多い分、個人が担当する仕事の範囲が広くなります。そのため、若いうちから責任感のある仕事を任される傾向があり、裁量を持って働くことが可能です。

また、ベンチャー企業の扱う事業やビジョンは変化が早い領域が多いため、常に最先端のサービスやビジネスを提供するスピード感を求められます。今まで世の中になかった革新的なサービスを提案できれば、若手の考案したものであっても受け入れられる可能性が高いです。

このように、若手でも事業の提案や責任感の大きな仕事ができることはベンチャー企業で働くメリットといえるでしょう。

③柔軟な働き方を推進している企業が多い

ベンチャー企業で働く3つ目のメリットは、柔軟な働き方を推進している企業が多い点です。ベンチャー企業は比較的新しく創業した企業が多いため、一般企業と比べるとフレキシブルな働き方ができる企業が多くあります。

例えば、オフィスへの出社は限定的でリモートワークがメインという働き方や、社員1人ひとりの希望に合わせた勤務時間に働くことができるフレックス制度を導入している企業は珍しくありません。また、副業を認めている企業もあり、本業以外の収入を確保できる点も魅力といえます。

独創的な働き方やルールのもとで柔軟に働くことができるのは、ベンチャー企業ならでのメリットといえるでしょう。

ベンチャー企業に就職するデメリット

ベンチャー企業に就職するメリットがある一方でデメリットも存在します。メリットだけでなく、デメリットも把握したうえで就職するかどうかを決めるといいでしょう。

デメリットについてはすべてのベンチャー企業に共通するわけではないので、志望する企業の情報を正しく把握することが大切です。

ベンチャー企業に就職するデメリットは大きく分けて次の3つになります。

ベンチャー企業に就職するデメリット
  1. 終身雇用ではないことがある
  2. 教育体制が整っていないことがある
  3. 給料や福利厚生の整備が不十分なことがある

①終身雇用ではないことがある

ベンチャー企業で働く1つ目のデメリットは、終身雇用ではないことがあるという点です。ベンチャー企業の多くは、日本企業の多くが採用する「終身雇用制度」や「年功序列」という形態を取っていません。むしろ、年俸制を採用している企業が多く、結果を残せば年収が上がる一方で、結果が出なければ年収アップは見込めません。

また、ベンチャー企業自体が企業を成長させるために常に勝負をしているため、終身雇用という考え方自体馴染みません。ベンチャー企業では「企業に入ったら定年まで勤める」という安易な考えは通用しないため、ベンチャー企業への就職は「安定志向」を持っている人にはおすすめできません。

ただし、ベンチャー企業に就職をして結果が出せなくても、日本国内にある企業に就職する限りでは滅多なことがない限りクビになるわけではありませんので、そこは安心してください。

②教育体制が整っていないことがある

ベンチャー企業で働く2つ目のデメリットは、教育体制が整っていないことがあるという点です。そもそもベンチャー企業は創設間もない企業が多いことに加えて、新しい事業やビジネスを次々立ち上げているため、業務内容が整備されていない場合が多くあります。

誰かに教えてもらうというより、自分で仕事を進めながら業務を習得していくことになります。多くのベンチャー企業で「実践を通して成長をする」という働き方が必要です。ベンチャー企業で働く場合、即戦力として働きつつ、足りないところは自分で勉強しながら補う姿勢が求めれるでしょう。

③給料や福利厚生の整備が不十分なことがある

ベンチャー企業で働く3つ目のデメリットは、給料や福利厚生の整備が不十分なことがあるという点です。大手企業に比べると、ベンチャー企業は財務体力面で劣後します。そのため、安定的に昇給する企業と違って、成長途上にあるベンチャー企業の給料は低い傾向になります。

また、退職金制度や各種保険といった福利厚生面が整っていない場合も多いといえます。安定した給料や福利厚生を求めたい人がベンチャー企業に入社した場合、ミスマッチを感じるかもしれません。

一方で、事業が成長した場合にインセンティブを支給したり、最近では福利厚生の充実をはかる企業が増えてきているのも事実です。少人数のベンチャー企業であれば、自ら声を上げて必要な制度を導入することもできることでしょう。

ベンチャー企業に向いている人の特徴

ベンチャー企業で働くメリット・デメリットを紹介してきましたが、実際にベンチャー企業はどのような人が向いているのでしょうか。ベンチャー企業は特徴的で個性的な企業も多いため、誰でも向いているわけではありません。

ベンチャー企業に向いている人の特徴を踏まえて、ベンチャー企業へ就職するか考えましょう。

ベンチャー企業に向いている人の特徴は次の3つです。

ベンチャー企業に向いている人の特徴
  1. 自走できる
  2. チャレンジ精神が高い
  3. 数年後に管理職を目指すなどの野心がある

①自走できる

ベンチャー企業に向いている人の1つ目の特徴は、自走できることです。ベンチャー企業では指示をされて動くのではなく、積極的に動いてチャンスを作る働き方が求められます。状況に応じて自ら判断し、行動していく「自走力」が重要です。

上司・先輩からの指示を待っているだけでは、活躍するのは難しいです。何度も述べているように、ベンチャー企業は人員が限られているため、業務を手取り足取り教える時間はないに等しいと言えます。「新卒だから」という甘い考えは通じないと考えておいた方がよさそうです。

変化の激しいベンチャー企業で生き残って活躍できる人は、自主的に行動する「自走力の高い」人といえるでしょう。

②チャレンジ精神が高い

ベンチャー企業に向いている人の2つ目の特徴は、チャレンジ精神が高いことです。ベンチャー企業は、世の中にまだない新規性のある事業やビジネスを「0→1」に創造していく組織といえます。そのため、新たな領域を開拓していくチャレンジ精神が求められるでしょう。

常に世の中の動きに敏感になり、難しい課題にも意欲的にも取り組んでいかなければなりません。「とにかくやってみる」というチャレンジ精神がなければ、現状維持に留まってしまいます。「0→1」を創り出すためには根気強さも求められるので、勢いだけでなく継続的に取り組む姿勢も必要といえるでしょう。

③数年後に管理職を目指すなどの野心がある

ベンチャー企業に向いている人の3つ目の特徴は「数年後に管理職を目指したい」などの野心があることです。ベンチャー企業では若いうちから裁量のある仕事を任されるので、インパクトの大きい結果を残せば昇進が期待できます。

若手でも仕事の幅や量が多いので、優先順位付けやスケジュール管理などの自己の業務マネジメントスキルが必要不可欠になります。仕事で結果を残すことに加え、マネジメントスキルを若いうちから身につけておくことで、入社数年後の管理職昇進も夢ではありません。

「20代で管理職」「最年少役員」などの高い野心がある人は、年功序列の大手企業よりもベンチャー企業への就職が向いているといえるでしょう。

新卒でベンチャー企業に就職する方法

ベンチャー企業で働くメリット・デメリット、向いている人の特徴を踏まえて「ベンチャー企業に就職したい」と思った方も多いのではないでしょうか。しかし、どうすれば新卒でベンチャー企業に出会い就職できるのでしょう? マイナビやリクナビに登録しているのは大手企業が大半なので、ベンチャー企業を見つけるのはなかなか大変です。

そこでここからは、ベンチャー企業を見つけて就職する方法を紹介します。

逆スカウト型のサービスを利用する

逆スカウト型のサービスを利用する
新卒でベンチャー企業に就職するには、逆スカウト型のサービスの利用がおすすめです。逆スカウト型のサービスは、サイトにプロフィール登録をするだけで、企業側からスカウトがくる仕組みになっています。

逆スカウト型のサービスに参加している企業は、大手企業からベンチャー企業に至るまで幅広く存在しています。優良ベンチャー企業が多く参加していることから、普通に就活をしているだけではなかなか見つけられない企業との出会いも期待できます。

企業側は興味を持った学生にしかスカウト送らないので、通常よりもスムーズに選考が進む可能性が高い点が魅力です。
逆求人サイト・オファー型就活おすすめの逆求人サイト10選!実際に使った先輩100人が徹底比較

OfferBox

OfferBox
OfferBoxは、大手企業からベンチャー企業に至るまで、7,000社以上の企業が登録している逆スカウト型のサイトです。企業からのオファー率が93.6%と非常に高く、学生の利用率は3年連続でNo.1となっています。

また「AnalyzeU+」という優良な適性検査を無料で利用でき、自己分析に役立てられる点も嬉しいサービスといえます。OfferBoxの登録企業の85%が非上場企業で、その多くはベンチャー企業です。クラウド名刺管理ツールでお馴染みの「sansan」や、メガベンチャーに成長した「ATEAM」などの優良ベンチャー企業が登録しています。
OfferBox (オファーボックス)の評判は?利用のメリットデメリットと作成方法を紹介

キミスカ

キミスカ
キミスカは、プロフィールを登録しておくことで企業からスカウトを受け取れる逆スカウト型のサイトです。プロフィール情報を一度記入しておくだけで、スカウトされた企業の面接をエントリーシートなしで受けられます。

また、逆スカウト型のサイトでありながら、就活コンサルタントを利用できる点も特徴といえるでしょう。キミスカには、イモトのWiFiのサービスを展開している「エクスコムグローバル」やインターネット広告代理店の「アドウェイズ」などが登録しています。
キミスカ怪しい?キミスカって怪しい?評判やメリット、デメリット、有効な使い方を徹底解説

dodaキャンパス

dodaキャンパス
dodaキャンパスは、約6,200社以上の企業が登録している逆スカウト型のサイトです。企業からのオファー率は98%と圧倒的な数字を誇っており、登録したほとんどの学生が企業からスカウトを受けています。

また、他の逆スカウト型のサイトと異なり、学生側が気になる企業に対して「オファーリクエスト」を送ることができます。dodaキャンパスには、総合不動産のメガベンチャー企業である「ザイマックス」が登録しています。
dodaキャンパスの評判はどう?利用者の口コミやメリット・デメリットをまとめて紹介

就活エージェントを利用する

就活エージェントを利用する
就活エージェントを利用することでも、新卒でベンチャー企業に就職することは可能です。就活エージェントはプロの就活アドバイザーが就活の進め方・選考対策・自己分析の方法などの相談を親身に乗ってくれるサービスで、面談を通じて本人の希望や適性を踏まえて自分に合った企業を紹介してくれます。

就活エージェントの中にはベンチャー企業との繋がりが強い企業もあるため、自分にあったベンチャー企業を紹介してくれることでしょう。

また、企業紹介だけでなくベンチャー企業の選考を受けるにあたってのアドバイスやマインド持ち方など、有益な情報を教えてくれるでしょう。

キャリアチケット

キャリアチケット
キャリアチケットは「質より量」を重視する就活を目指していることから、企業を厳選して紹介しています。面談を通じて得られた情報をもとに自分の価値観に合った企業を厳選して紹介してくれる点が特徴です。

また、紹介企業についても自分に合った企業を紹介してくれることから、ベンチャー企業への就職にマッチしていると判断された場合はベンチャー企業の紹介を受けられるでしょう。代表的なベンチャー企業としてフリマアプリを開発した「メルカリ」なども参加企業に含まれています。

さらに、キャリアチケットでは「人事や面接官が何を見ているのか?」という観点から改善点のアドバイスをおこなっており、しっかりと面接対策にも力を入れてくれるエージェントです。
キャリアチケットキャリアチケットとは?実際に使った20卒の体験談、評判・口コミをまとめました キャリアチケット体験談キャリアチケットは怪しい?実際に利用した私の体験談とおすすめの利用法を解説します

JobSpring

JobSpring
JobSpringは、就職することを目的とせず、入社後のキャリア形成を見据えてアドバイスからサポートまでを徹底してくれるエージェントです。JobSpringは、エージェントとの面談結果と、独自のAIマッチングを元に自分に合った企業を約1,000社の中から紹介してもらえる点が特徴といえます。

JobSpringではAIマッチングを元にミスマッチのない企業提案をしている結果、入社後のミスマッチが限りなくゼロ(入社後の早期離職率:0.1%)に近いです。また、約1,000社の紹介企業の中にはITコンサル関連のベンチャーやの求人を多く取り扱っているので、ベンチャー企業に就職したい人は利用する価値はあるでしょう。
【手厚いサポートNo1】JobSpring(ジョブスプリング)の特徴と利用するメリット

キャリセン就活エージェント

キャリセン就活エージェント
キャリセン就活エージェントは、自分の適性や希望に合った企業紹介してもらえるエージェントサービスです。

キャリセン就活エージェントのコンサルタントはコンサル歴10年と経験豊富なことから、的確なアドバイスが期待できます。紹介企業の中には、キーエンスの社内ベンチャーとして発足した「IPROS」などのベンチャー企業も含まれています。

さらに、コンサルタントから選考後のフィードバックを受けることができる点も魅力です。選考の評価結果を知ることで次回以降の選考に役立てられるので、内定を獲得できる確率を少しずつ上げられるでしょう。
キャリセン就職エージェント特徴や評判キャリセン就活エージェントの特徴と評判を徹底解剖【内定まで最短1週間】

メリットデメリットを把握した上で就活サービスを使って内定を獲得しよう

革新的な技術やアイデアをもとに、世の中にはまだない新しい形態のサービスやビジネスを事業として展開しているベンチャー企業。ベンチャー企業に就職することで、成長速度が加速できる可能性があります。

「ベンチャー企業働きたい」という就活生は、逆スカウト型のサービスや就活エージェントなどを活用して内定獲得を目指しましょう。

優良ベンチャーを探せるサービスをもっと知りたいならこちらの記事をチェック!

有名ベンチャー企業に内定 ベンチャー企業の探し方|優良企業が見つかる就活サイト14選

【15分で完了】大手/優良企業の選考に進める、自己分析&オファーツール!

キミスカは150問の質問に5択で答えるだけで、あなたの強み・職務適性が客観的に分かる自己分析ツールです。

さらに、大手・ベンチャー・優良企業の人事があなたのプロフィールを見て特別オファー。

内定直結の特別選考に進めます!

<オファー実績>あおぞら銀行 /湖池屋/ デジタルホールディングス/ POLA/ tutuanna/ YKKAP/ サイゼリア/ スズキ/ ニトリなど

高精度自己分析ツールのおすすめポイント

  • 大手や優良企業からオファーが貰える(特別選考に進める!)
  • ESに書けるに強みが分かる(明日提出のESも間に合う!)
  • 高精度な自己分析ができる!(70,000人以上が使用!)
 

就活生に人気のサービスTop3

高精度自己分析ツール
1位

【15分で完了】『大手/優良企業の選考に進める、自己分析&オファーツール!』

ワークスジャパン<23卒>
2位

【23卒】アンケートに答えて1,000円分のAmazonギフト券をGET!※抽選1,000名の方にプレゼント

大手・有名企業からオファー!Lognavi
3位

大手・有名企業からスカウト!『Lognavi』
必要なのはプロフィール登録だけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です